公開日:2021/06/14 

上司に喜ばれるホウレンソウ・ザッソウのポイントを解説していきます。

営業活動の無駄を減らしませんか? 営業活動の無駄を減らしませんか?

「報連相を徹底しよう」とよく上司が部下に言われている光景を目にすることが多くあります。
そんな報連相がまだ苦手という方にこの記事では、上司に喜ばれるホウレンソウとザッソウについて
解説していきます。

報連相とは?

報連相とは、「報告」「連絡」「相談」の略称で、ビジネスの要となる基本動作のひとつです。
まずは上司に対しての「報告」「連絡」「相談」の方法について解説していきます。

報告の方法

自身がおこなった行動や上司の指示でおこなった行動に対しての進捗状況を伝えることです。
例えば、「上司にプレゼン資料を〇月×日までに作成してほしい」と言われた場合に
その進捗状況やその資料の構成などを伝えたりすることが報告になります。
ちなみに業務終了後の日報もそのひとつです。

連絡の方法

連絡は決定事項や事実を伝える行動となります。絶対にねじ曲げてはいけないものです。
例えば、業務においての問題が発生したとき、事実をまげて連絡した場合更なるトラブルになる場合があります。
連絡に関しては事実を伝えるのみ自分の感情は入れずに連絡するようにしましょう。

相談の方法

ビジネスにおいて自分では解決できない問題が多数発生します。
その場合には上司や先輩に知恵を貸してもらい、意見を求めることで、問題を解決していきます。
例えば、「〇〇のプレゼン資料を作成してますが、××の構成案でいこうと思うのですが宜しいでしょうか?」などを聞くことで判断材料が増えます。

報連相が重要な理由

組織において、報連相とは最も重要な動作です。
一人でビジネスをおこなう場合は全て自身で把握することができますが、チームや組織の場合は全ての人の行動を把握することができません。一人一人の行動を把握し報連相を徹底しましょう。報連相を徹底することで組織としての意思決定が円滑におこなえます。

ザッソウとは?

報連相はちょっと社風に合わず、固すぎると思う方も最近多いのではないでしょうか?
報連相に変わる雑談+相談を合わせた行動が雑相(ザッソウ)といいます。
具体的にザッソウとはどのようにおこなうのか解説していきます。

雑談+相談

雑談のなかで報告や連絡をおこない、部下や後輩が相談しやすい環境をつくっていくことで
報連相を円滑ににおこなっていく方法となります。
最近このザッソウを取り入れている会社は多くありますが、これは上司などの協力が必要となり会社全体での取り組み必要があります。

なぜ報連相じゃないのか?

報連相はビジネスの基本ではありますが、報連相が主流だった時代のビジネスが大きく変化し、ビジネスの多様化によって変化のスピードも早くなったため、なかなかマニュアル化が難しくなりました。
そのため、自分だけで解決するのではなくチームで解決する動きに変化し、報連相ではなくザッソウを取り入れる会社が増えてきております。

報連相ができる人、できない人の特徴。

報連相ができる人の特徴は報告を習慣化している人です。
実はこの記事を書いている私も報連相ができないと当時の上司に怒られた経験があります。
しかしながら習慣化したことでできるようになり改善されました。
では実際にできない人はなぜできないのか、実際に私がなにをしてできる人になったのかを実践した内容をもとに説明していきます。

報連相ができない人の特徴

報連相ができないときに考えてたいた私の考え以下のとおりでした。

  • スケジュール通り業務が進んでおり、わざわざ報告する必要がないと自身で考えていた。
  • 報告する相手が離席や忙しそうにしてて、報告は後回しでいいと考えていた。
  • 人に聞くことは自分ができないと言っているみたいで嫌だと考えていた。

上記を見ていただいてもわかるように、報告できない当時の私は組織のことを考えているのではなく、自分のことを中心に考えているのがわかります。
しかしながら、私は当時の上司に報連相の義務化を命じられ、どんな状況でも報告するようにと強制で習慣化されました。
そうすることで自然に報連相が身に付き習慣化され、報連相ができる人に晴れてなれました。

報連相の習慣化

  • 朝礼後のミーティングで当日の業務スケジュールの報告と相談
  • 昼礼後に進捗の中間報告と相談
  • 終礼後に当日の最終報告と翌日のスケジュールの相談
  • トラブルが発生した場合は、直ちに上司に報告し包み隠さず報告(連絡)

※トラブルの場合は緊急性が高い為、口頭だけではなく口頭での報告と文章(チャット、メール)での報告を徹底しましょう。
上記を意識してやることで、できない人もできる人に変化しますので実践してみましょう。

まとめ

ホウレンソウやザッソウについて解説しましたが、重要性がわかっていただけたかと思います。
とくに報告は上司に嫌がられても徹底していけば、報告のし過ぎで怒られることはありませんし、
上司にむしろ喜ばれ親しまれていくでしょう。
さっそく上司に喜ばれるホウレンソウやザッソウを実践してみましょう。

橋場
はしばこの記事の執筆者
営業の見える化、生産性向上を実現!クラウド型営業支援ツール ネクストSFA
営業活動の無駄を減らしませんか?
ページ先頭へ戻る