東証スタンダード上場企業のジオコードが運営!営業組織を強くするWebマガジン

更新日:2024/06/06 

風評被害対策とは? 重要性や方法、風評被害が発生するきっかけを解説

【監修】株式会社ジオコード マーケティング責任者
渡辺 友馬

風評被害対策とは、風評被害を未然に防いだり、事態を収束したりする手段です。風評被害は自然災害やSNSのデマなど、さまざまなきっかけで起こります。

企業が風評被害は遇えば、会社の存続を揺るがす事態にもなりかねません。そのため、リスクマネジメントの一貫として、日頃から風評被害対策を進めることが大切です。

本記事では、風評被害対策とは何か、重要性や具体的な方法、風評被害が発生するきっかけを解説します。

【2024年版】人気の風評被害対策サービス

scroll →

会社名 特徴 費用 主なサービス
株式会社エルテス 株式会社エルテス 詳細はこちら
  • デジタルリスク対策業界を代表する老舗の有力企業! 東証グロース上場、業界屈指の信頼性。
  • 1,300社以上の実績! 官公庁や金融機関、大手(NTTドコモ、ANA等)など、難易度が高い案件も多数経験
  • AI × 有人監視で24時間365日モニタリング! リスクを見逃さない体制を実現
  • 15年の経験で培われた幅広い対策ノウハウ! 評判管理、モニタリング、内部脅威検知、金融犯罪対策までデジタルリスク全体に対応
要お問い合わせ 検索エンジン対策
Webリスクモニタリング
SNSリスク研修
株式会社エフェクチュアル 株式会社エフェクチュアル 詳細はこちら
  • 対策実績19,000件以上、目視によるリスク検知~リスクコンサルティング・予防まで対応
  • 初期費用0円で導入可能! X(旧:Twitter)5ch、ブログ・掲示板など幅広い媒体に対応
  • 最短翌日から対策開始! 現在発生中の炎上・機会損失にも素早く対応
  • 日本最大級の法律相談サイト(弁護士ドットコム)などと業務提携し、リスク対策を支援
  • お手頃な料金も魅力! 一般的な対策費用と比較して年間コスト最大72%カットの実績あり
要お問い合わせ ネガティブサイト対策
ネガティブキーワード対策
リスク検知ツール
株式会社BLITZ Marketing 株式会社BLITZ Marketing 詳細はこちら
  • 創業10年以上、1,000社以上の風評被害・誹謗中傷対策の豊富な実績
  • 誹謗中傷対策専用メディア16個への掲載が可能
  • ネットの風評を365日AIが収集・監視
  • 即日で着手可能
  • 初期費用が0円
  • 利用満足度98.6%
要お問い合わせ 逆SEO
サジェスト対策
SNS、掲示板対策
Googleマップ口コミ対策
Webモニタリングツール
SNS投稿監視ツール
株式会社リリーフサイン 株式会社リリーフサイン 詳細はこちら
  • 累計1,200社超、国内約2,000メディアのリスク監視を24時間365日有人×AIで実施
  • X(旧:Twitter)・2ちゃんねるの全データをリアルタイムで保持
  • 追加料金なしリスク発生時の助言提供が可能、論調分析やレポート作成等で鎮静化まで徹底サポート
  • 風評被害の炎上リスクに対して、最大300万円の費用補償ができる保険を標準装備
炎上モニタリングサービス
:月額5万円~

炎上アラートサービス
:1キーワード5.5万円/月

e-miningサービス
:3キーワード16.6万円/月~
炎上モニタリングサービス
炎上アラートサービス
e-miningサービス
株式会社アールエーネクスト 株式会社アールエーネクスト 詳細はこちら
  • ブログ関係の非表示実績 約1,000件
  • 2ちゃんねる(ミラー含む) 1,500記事
  • 誹謗中傷サイトからの書き込みをピンポイント非表示 3,000件
  • ヤフーの虫眼鏡対策キーワード 2,000キーワード
  • グーグルネガティブワード 非表示ワード 1,200件
要お問い合わせ 逆SEO対策
サジェストクリーニング
ネガティブサイト対策
株式会社ブランドクラウド 株式会社ブランドクラウド 詳細はこちら
  • 米国発のORM手法を用いて世界基準の風評被害対策を実現
  • PR TIMESAmebaなどの第三者メディアと連携し、ポジティブなコンテンツを拡散
  • 独自のノウハウにより対策成功率94%! 提案内容満足度など3つの顧客満足度でNo.1(※)を獲得
  • ※調査概要:誹謗中傷対策コンサルティング10社を対象にしたサイト比較イメージ調査
  • 提供元:ゼネラルリサーチ
要お問い合わせ 風評被害クラウド
ブランドリフティング
株式会社アクシアカンパニー
  • 削除だけでなくドメインを強くする施策を行える
  • 自社メディアとの連携が図れる
逆SEO:10万円~/月額
サジェスト対策:3万円~/月額
逆SEO
サジェスト対策
株式会社ライフデザイン
  • 完全成果報酬
  • SNSや口コミの常時監視が可能
要お問い合わせ 逆SEO
キーワード対策
インターネット監視
株式会社エルプランニング
  • 施策以外の費用は0円
  • 最短1日のスピーディな解決が可能
要お問い合わせ 風評被害対策
炎上監視ツール
エクスファクション株式会社
  • 最短翌日にサジェストを削除
  • 削除成功率99.9%
要お問い合わせ サジェスト対策
株式会社ジールコミュニケーションズ
  • 伴走支援型のサポートが充実している
  • 4,000件を超える取引実績
要お問い合わせ 逆SEOサジェスト対策
Webモニタリング
SNS研修
SNSルール策定
株式会社SORIX
  • 下層ワードのサジェスト対策も可能
  • 関連キーワードは成果報酬型
要お問い合わせ サジェスト対策
株式会社ロードマップ
  • 検索エンジンから高評価を得やすいノウハウを持っている
  • 弁護士との連携が可能
要お問い合わせ 逆SEO
サジェスト対策
Webモニタリング
アディッシュ株式会社
  • SNSや動画、コメント、口コミなどの常時監視が可能
  • 企業の炎上リスク診断を受けられる
ソーシャルリスニング:10万円/月額
SNS監視:8万5,000円/月額
口コミレビュー監視:16万円/月額
ソーシャルリスニング
SNS監視
動画監視
口コミレビュー監視
シエンプレ株式会社
  • 風評被害の予防~対策まで広く対応
  • さまざまな業種、業界の実績あり
要お問い合わせ 逆SEO
サジェスト対策
Webモニタリング
SNS研修
SNSルール、マニュアル策定
有限会社アスプロ
  • 成果報酬型
  • 独自の書き込み監視ツールがある
要お問い合わせ 逆SEO
サジェスト対策
サイト監視
書き込み者特定
株式会社プロモスト
  • サジェスト対策や関連キーワード対策ができる
  • サジェストチェックツールで常時監視が可能
要お問い合わせ サジェスト対策
関連キーワード対策
ソルナ株式会社
  • 内閣府認証資格をもつスペシャリストが対応
  • 世界レベルのSEO技術を活用
要お問い合わせ Web監視サービス
Web適性化サービス
Web顧問サービス

また、おすすめの風評被害サービスの比較は、以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

風評被害対策とは風評被害の防止や収拾などの取り組みこと

風評被害対策とは、企業が実施する風評被害を未然に防いだり、経済的損害を回避したりするための手段です。具体的には、以下のような取り組みが挙げられます。

  • 未然に風評被害が発生しないようにする
  • 風評被害が生じたときは事態を収拾する
  • 風評被害で生じた経済的損害を回復する

情報メディアの発展により、現代では新聞やテレビ番組だけでなく、個人もSNSなどを通じて容易に情報発信ができるようになりました。結果として、有益な情報だけでなく、根拠のないデマも瞬く間に拡散され、企業経営を左右するほどの影響力を持つまでになっています。デジタル化が進めば、情報の拡散性はさらに高まると予想されます。

風評被害対策サービスの導入など、風評被害対策は企業のリスク管理の一つとして欠かせない取り組みになっているといっても過言ではありません。

風評被害対策は企業の信頼や従業員を守るためにも重要

風評被害は企業に社会的・経済的ダメージを与えるだけでは留まりません。場合によっては従業員やその家族もバッシングされるなど、悪影響がおよぶ可能性があるためです。

また、多くの経済活動は“信頼”をベースに成り立っています。風評被害の程度によっては企業に対する信頼を根幹から揺るがし、企業活動の停止を余儀なくされる可能性も否めません。

経済活動や企業活動を円滑に回し、従業員の安全を守るためにも、風評被害対策の重要性は増しています。

風評被害が発生するきっかけ

風評被害とは「事故や事件の後、根拠のない噂や憶測などで発生する経済的被害」と定義されています(※)。本来無関係であるはずの企業や個人まで悪影響を受ける点も特徴です。風評被害が発生するきっかけには以下の4つがあります。

  • 災害や事件・事故
  • ニュースなどメディアの発信
  • 個人の噂や口コミ、思い込み
  • 悪意のあるデマ

事件や事故、それらに関する報道は大々的な風評被害に発展しやすいです。一方、SNSなどでは単なる思い込みに基づく発信が拡散されたり、悪意のあるデマをあえて広げたりしたことが、風評被害のきっかけとなっています。

※参考:参議院.「いわゆる「風評被害」に関する質問主意書」

災害や事件・事故

大規模な自然災害や事件・事故があると、人々の関心が一気にそれらの出来事に集中します。不安も高まることから、危機感を煽る情報が一気に拡散されやすくなるため、風評被害も大きくなりがちです。災害などに起因する風評被害は根深く、払拭するのも容易ではありません。

事件や事故が原因の風評被害は未然に防ぐことも困難です。もし被害にあったときは国や行政、専門業者の力を借りて収束を目指しましょう。具体的な事例では、東日本大震災時の原発事故に起因する被害が挙げられます(※)。

※参考:首相官邸.「放射線の健康影響~「風評被害」について再び、福島の高校生のフランスでの発表~」

ニュースなどメディアの発信

新聞やニュースなど、マスメディアの発信がきっかけで風評被害が生じることもあります。報道する側が誤った情報を発信しているわけではないものの、情報に偏りがあったり、過度に不安を煽ったりすることが原因の一つです。また、視聴者側が報道の内容を誤解したため、風評被害につながることもあります。

具体例としては、新型コロナウイルス感染症報道があります。医療機関で定期利用者が減少する、医療従事者が暴言を吐かれるなどの被害があり、これはマスメディアの連日の過度な報道が少なからず影響したと考えられます(※)。

※参考:公益社団法人 日本医師会.「新型コロナウイルス感染症に関する⾵評被害の緊急調査」P4~9

個人の噂や口コミ、思い込み

口コミやSNSなどから生じる風評被害では、個人の思い込みや噂が原因のことがあります。インターネットやSNSの普及により、個人でも簡単に意見を投稿できるようになりました。

しかし、個人が発信する情報の中には明確な根拠があるわけではなく、憶測で投稿しているものもあります。その憶測が不特定多数の人の目に止まり簡単に拡散できるようになったため、本人に悪意はないものの風評被害を生むことがあります。

例えば、ある飲食店が長期休暇を取ったところ「食中毒が発生したから」「従業員が新型コロナウイルスに感染したから」など、根拠のない噂を立てられるなどです。

悪意のあるデマ

風評被害の中には、相手を陥れる目的でデマを拡散するケースもあります。「フェイクニュース」もその一つです。最近では画像合成技術も高度化しており、事実とは異なる虚偽の内容であっても真実のように見せることが容易になっています。

これらのニュースに騙された人が情報を拡散することで、風評被害や炎上につながることもあります。悪意のあるデマは企業イメージを低下させるだけでなく、選挙結果や政治に影響を与えかねません。

風評被害が企業活動に及ぼす影響

風評被害が生じると、企業活動に以下のようなさまざまな悪影響がおよびます。

  • ブランドイメージの低下
  • 取引先との取引の停止
  • 既存顧客の減少
  • 新規顧客の獲得困難
  • 人材採用の難航
  • 売上・利益の低下
  • 株価下落、株主の減少

これらの事態が続けば、会社の存続に関わることもあります。しかし、風評被害が原因であると特定できなければ、事態の回復にも時間が掛かってしまいます。常に情報を収集し自社の評判に目を向け、風評被害が確認できればすぐに対処できるように準備しましょう。

企業ができる風評被害対策

風評被害対策では、以下の3つの段階でそれぞれ対処が必要です。

  • 発生前:風評被害を未然に防ぐ
  • 発生中:風評被害を収拾する
  • 発生後:風評被害で生じた損害を回復する

具体的な方法を紹介します。

発生前:風評被害を未然に防ぐ

風評被害を未然に防ぐ方法では以下が挙げられます。

  • ソーシャルメディアポリシーの策定
  • 従業員へのSNS教育
  • 風評被害対策サービスの導入

ソーシャルメディアポリシーの策定

ソーシャルメディアポリシーとは、ソーシャルメディアの利用方法をまとめたガイドラインです。内容はSNSに関する企業の立場や公式SNSアカウントの運用ルール、従業員のSNSの利用方法などです。これらを事前に取り決め社内に浸透させることで、自社の行動が原因の炎上を防ぐ役割があります。

従業員へのSNS教育

従業員や退職者のSNS投稿が原因で、風評被害につながることもあります。ソーシャルメディアポリシーを策定した後は、インターネットやSNSをどのように利用するのか、従業員教育を徹底しましょう。教育をするときは、アルバイトや管理職など職位別にあった内容に変えることも大切です。

風評被害対策サービスの導入

風評被害対策サービスとは、インターネット上の風評被害を未然に防げるサービスです。具体的にはインターネットメディアの24時間365日モニタリングがあります。風評被害につながるリスクをいち早く確認でき、速やかな沈静化が可能です。

他にも、キーワード・逆SEO対策、炎上事案に対して専門家からアドバイスを受けられる、風評被害の社内研修を受けられるなど、各種サービスがあるため自社に適したものを導入するとよいでしょう。

発生中:風評被害を収拾する

風評被害の発生中はあらかじめ定めたルールに則り、初期対応を迅速に進めることが大切です。

風評被害の発生に備え、事前に初期対応手順を定めておきましょう。ネット炎上は一気に広がるため、手順を定めていないと対応が後手後手になり、さらに批判が拡大するためです。

状況の把握は誰が行うのか、どの段階で誰に報告するのかなど「エスカレーションフロー」をまとめておくとよいでしょう。場合によっては、専門の対策チームを事前に結成しておくのも方法です。

発生後:風評被害で生じた損害を回復する

風評被害で生じた損害を回復する方法では以下が挙げられます。

  • 事実関係の確認と真実の発信
  • 弁護士や専門家への相談
  • 法的措置の検討

事実関係の確認と事実の発信

風評被害に対する声明文を出す前に事実関係を確認しましょう。万が一、投稿された内容が事実であった場合、否定をすればさらなる炎上を招くためです。

風評被害で間違いのないときは声明文を発表し、事実を明らかにしましょう。また、自社に問題があったときは、問題の経緯や今後の対処法などを発表します。

行政や専門家への相談

風評被害の内容によっては自社のみでの解決が難しく、行政や弁護士などの専門家の力を借りる必要もあります。特に、大規模な災害や事件などが原因であれば、行政の対策窓口に相談しましょう。

デマの内容が悪質であったり、違法性の高いものであったりしたときは、弁護士や警察などに相談し法的措置を検討しましょう。

法的措置の検討

SNSへの書き込みや動画の投稿など、内容によっては風評被害を招いた個人に対し、以下のような法的措置を取ることもできます。

  • 名誉棄損罪
  • 信用毀損罪
  • 侮辱罪
  • 業務妨害罪

SNSなどは運用会社に対し、IPアドレスの開示請求ができます。IPアドレスとは各機器に割り当てられた番号のことで、この情報を元にプロバイダが分れば、投稿者の氏名や住所などの個人情報の特定が可能です。これを「発信者情報開示請求」といい、多くの場合、裁判により手続きをします(※)。

※参考:裁判所.「11. 発信者情報開示命令申立て」

企業のリスクマネジメントとして風評被害対策を進めよう

風評被害対策とは、風評被害の発生を未然に防ぎ、発生時は被害をできるだけ小さく抑え、迅速に損害を回復する仕組みです。インターネットが発達した現代では、リスクマネジメントの一つとして風評被害対策に取り組むことが求められます。

とはいえ、SNSの監視や自然災害時の対応など、自社だけで風評被害対策を進めるのは困難なこともあります。対策方法に悩んでいるなら、風評被害対策サービスの導入や専門家へ相談してみるとよいでしょう。

また、おすすめの風評被害サービスの比較は、以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

【2024年版】人気の風評被害対策サービス

scroll →

会社名 特徴 費用 主なサービス
株式会社エルテス 株式会社エルテス 詳細はこちら
  • デジタルリスク対策業界を代表する老舗の有力企業! 東証グロース上場、業界屈指の信頼性。
  • 1,300社以上の実績! 官公庁や金融機関、大手(NTTドコモ、ANA等)など、難易度が高い案件も多数経験
  • AI × 有人監視で24時間365日モニタリング! リスクを見逃さない体制を実現
  • 15年の経験で培われた幅広い対策ノウハウ! 評判管理、モニタリング、内部脅威検知、金融犯罪対策までデジタルリスク全体に対応
要お問い合わせ 検索エンジン対策
Webリスクモニタリング
SNSリスク研修
株式会社エフェクチュアル 株式会社エフェクチュアル 詳細はこちら
  • 対策実績19,000件以上、目視によるリスク検知~リスクコンサルティング・予防まで対応
  • 初期費用0円で導入可能! X(旧:Twitter)5ch、ブログ・掲示板など幅広い媒体に対応
  • 最短翌日から対策開始! 現在発生中の炎上・機会損失にも素早く対応
  • 日本最大級の法律相談サイト(弁護士ドットコム)などと業務提携し、リスク対策を支援
  • お手頃な料金も魅力! 一般的な対策費用と比較して年間コスト最大72%カットの実績あり
要お問い合わせ ネガティブサイト対策
ネガティブキーワード対策
リスク検知ツール
株式会社BLITZ Marketing 株式会社BLITZ Marketing 詳細はこちら
  • 創業10年以上、1,000社以上の風評被害・誹謗中傷対策の豊富な実績
  • 誹謗中傷対策専用メディア16個への掲載が可能
  • ネットの風評を365日AIが収集・監視
  • 即日で着手可能
  • 初期費用が0円
  • 利用満足度98.6%
要お問い合わせ 逆SEO
サジェスト対策
SNS、掲示板対策
Googleマップ口コミ対策
Webモニタリングツール
SNS投稿監視ツール
株式会社リリーフサイン 株式会社リリーフサイン 詳細はこちら
  • 累計1,200社超、国内約2,000メディアのリスク監視を24時間365日有人×AIで実施
  • X(旧:Twitter)・2ちゃんねるの全データをリアルタイムで保持
  • 追加料金なしリスク発生時の助言提供が可能、論調分析やレポート作成等で鎮静化まで徹底サポート
  • 風評被害の炎上リスクに対して、最大300万円の費用補償ができる保険を標準装備
炎上モニタリングサービス
:月額5万円~

炎上アラートサービス
:1キーワード5.5万円/月

e-miningサービス
:3キーワード16.6万円/月~
炎上モニタリングサービス
炎上アラートサービス
e-miningサービス
株式会社アールエーネクスト 株式会社アールエーネクスト 詳細はこちら
  • ブログ関係の非表示実績 約1,000件
  • 2ちゃんねる(ミラー含む) 1,500記事
  • 誹謗中傷サイトからの書き込みをピンポイント非表示 3,000件
  • ヤフーの虫眼鏡対策キーワード 2,000キーワード
  • グーグルネガティブワード 非表示ワード 1,200件
要お問い合わせ 逆SEO対策
サジェストクリーニング
ネガティブサイト対策
株式会社ブランドクラウド 株式会社ブランドクラウド 詳細はこちら
  • 米国発のORM手法を用いて世界基準の風評被害対策を実現
  • PR TIMESAmebaなどの第三者メディアと連携し、ポジティブなコンテンツを拡散
  • 独自のノウハウにより対策成功率94%! 提案内容満足度など3つの顧客満足度でNo.1(※)を獲得
  • ※調査概要:誹謗中傷対策コンサルティング10社を対象にしたサイト比較イメージ調査
  • 提供元:ゼネラルリサーチ
要お問い合わせ 風評被害クラウド
ブランドリフティング
株式会社アクシアカンパニー
  • 削除だけでなくドメインを強くする施策を行える
  • 自社メディアとの連携が図れる
逆SEO:10万円~/月額
サジェスト対策:3万円~/月額
逆SEO
サジェスト対策
株式会社ライフデザイン
  • 完全成果報酬
  • SNSや口コミの常時監視が可能
要お問い合わせ 逆SEO
キーワード対策
インターネット監視
株式会社エルプランニング
  • 施策以外の費用は0円
  • 最短1日のスピーディな解決が可能
要お問い合わせ 風評被害対策
炎上監視ツール
エクスファクション株式会社
  • 最短翌日にサジェストを削除
  • 削除成功率99.9%
要お問い合わせ サジェスト対策
株式会社ジールコミュニケーションズ
  • 伴走支援型のサポートが充実している
  • 4,000件を超える取引実績
要お問い合わせ 逆SEOサジェスト対策
Webモニタリング
SNS研修
SNSルール策定
株式会社SORIX
  • 下層ワードのサジェスト対策も可能
  • 関連キーワードは成果報酬型
要お問い合わせ サジェスト対策
株式会社ロードマップ
  • 検索エンジンから高評価を得やすいノウハウを持っている
  • 弁護士との連携が可能
要お問い合わせ 逆SEO
サジェスト対策
Webモニタリング
アディッシュ株式会社
  • SNSや動画、コメント、口コミなどの常時監視が可能
  • 企業の炎上リスク診断を受けられる
ソーシャルリスニング:10万円/月額
SNS監視:8万5,000円/月額
口コミレビュー監視:16万円/月額
ソーシャルリスニング
SNS監視
動画監視
口コミレビュー監視
シエンプレ株式会社
  • 風評被害の予防~対策まで広く対応
  • さまざまな業種、業界の実績あり
要お問い合わせ 逆SEO
サジェスト対策
Webモニタリング
SNS研修
SNSルール、マニュアル策定
有限会社アスプロ
  • 成果報酬型
  • 独自の書き込み監視ツールがある
要お問い合わせ 逆SEO
サジェスト対策
サイト監視
書き込み者特定
株式会社プロモスト
  • サジェスト対策や関連キーワード対策ができる
  • サジェストチェックツールで常時監視が可能
要お問い合わせ サジェスト対策
関連キーワード対策
ソルナ株式会社
  • 内閣府認証資格をもつスペシャリストが対応
  • 世界レベルのSEO技術を活用
要お問い合わせ Web監視サービス
Web適性化サービス
Web顧問サービス
ページ先頭へ戻る