東証スタンダード上場企業のジオコードが運営!営業組織を強くするWebマガジン

更新日:2024/04/17 

マネジメント研修とは?利用するメリットや注意点の紹介と、おすすめのマネジメント研修会社を比較

組織の管理職やプロジェクトチームのリーダーを担う人材には、マネジメントスキルが必須です。マネジメント研修はそんなマネジメントスキルを養い、組織に必要な人材を育成するために行われます。マネジメント研修にはさまざまなメリットがありますが、自社で一から準備を行うと手間がかかりますので、マネジメント研修会社の利用も検討してみましょう。

本記事ではマネジメント研修の基礎知識や研修を実施するメリットと注意点、おすすめのマネジメント研修会社の比較について解説します。

マネジメント研修とは?

マネジメント研修とは、マネジメントに関する知識やスキルを習得する目的で実施される研修のことです。マネジメント(management)とは、英語で管理や経営を意味します。ビジネス用語では、会社の経営に必要な資源(ヒト・モノ・カネ)を効率的かつ効果的に活用し、リスク管理を行いながら組織の目標達成を目指す行為です。マネジメントを行うと、目指すべき目標が明確化され、それを達成するために必要な環境を整えたり、必要な人材を育成したりすることが可能です。

企業のマネジメントは管理職やプロジェクトのチームリーダーを中心に行われるため、これらの人材は必要なマネジメントスキルを習得する必要があります。マネジメントスキルの習得にはさまざまな知識や実践的なスキルを学ぶ必要があるため、多くの企業ではマネジメント研修を実施し、人材の養成・育成に取り組んでいます。

マネジメント研修を行う方法

マネジメント研修を行う方法は大きく分けて3つあります。

対面研修

講師と研修を受ける人が一堂に会し、対面で研修を行う方法です。参加者が複数に亘る場合は集合研修とも呼ばれています。対面研修はさらに、社内から講師を選ぶ方法と、社外から研修講師を招く方法、社外で実施されるマネジメント研修に参加する方法の3パターンに区分されます。対面研修のメリットは、講師と質疑応答しやすいことと、参加者同士で交流できるところです。後者に関してはプログラムの中にグループワークを採り入れているケースも多く、ディスカッションなどを通じて実践的なスキルの習得を目指します。

オンライン研修

Web会議ツールなどを利用し、オンライン上で研修を受ける方法です。オンライン形式のマネジメント研修の場合、講師が映る画面がメインとなり、受講者はインターネットを介して研修を視聴する仕組みになっています。オンライン研修のメリットは、インターネット環境とインターネットに接続できる端末があれば、場所を問わず研修に参加できるところです。Web会議ツールに搭載されているマイク機能やチャット機能などを利用すれば、講師と質疑応答したり、参加者同士でコミュニケーションを取ったりすることも可能ですが、対面研修に比べるとグループワークやディスカッションがやりにくいところが難点です。

eラーニング研修

あらかじめ録画された映像コンテンツを視聴することで研修を受ける方法です。インターネットやパソコン等の端末を利用した研修方法という点はオンライン研修と共通しています。リアルタイム配信されるオンライン研修と異なる大きな特長は、eラーニング研修は既存の映像コンテンツを好きなときに、好きな場所で視聴できるところです。コンテンツは繰り返し再生できる上、必要に応じて倍速や巻き戻し、スキップなども行えますが、リアルタイム配信ではないため講師に質問したり、他の受講者とコミュニケーションを取ったりできない点がネックです。

おすすめのマネジメント研修会社10選

マネジメント研修を実施している会社は複数あり、それぞれサービス内容や研修方法などに違いがあります。マネジメント研修会社を選ぶ際は、目的やニーズを考えた上で内容を比較することが重要です。

ここではマネジメント研修会社の中からおすすめのサービスを10個ピックアップしてご紹介します。

株式会社識学

株式会社識学は、独自のマネジメント理論「識学」を用いて、全ての社員がストレスなく自らの役割に集中できる組織作りをサポートする企業です。

特長

この企業の特長は組織運営理論の一種である意識構造学を体系化した「識学」を基盤とするマネジメント手法を採用しているところです。人が物事を認識し、行動するまでの思考の働きを5つの領域で説明することで、組織運営に問題をもたらす原因となる誤解や錯覚の発生要因を特定できるスキルを養います。

法人向けサービスのうち、識学を組織に浸透させるための土台となる基本サービスでは、プロジェクトマネージャー1名とカスタマーサクセスマネージャー1名によるチームが、面談やクラウドの活用を通じて識学の浸透をサポートしています。その上で、必要に応じて経営者や幹部クラス向けのマンツーマンサービスである「マスタートレーニング」や、幹部・中間管理職向けの対面研修「浸透パック」、中間管理職や一般社員向けの「集合研修」などを実施することで、それぞれの役職に適したマネジメント研修の受講が可能です。

費用

基本サービス:月額20万円~60万円(研修の時間やサポート体制によって異なる)

機能

  • 基本サービス
  • マスタートレーニング
  • 浸透パック
  • 評価制度構築
運営会社株式会社識学
URLhttps://corp.shikigaku.jp/consultation?utm_source=owned&utm_medium=owned&utm_campaign=owned


4,000社を超える企業のマネジメント改善の支援実績

こんな悩みがあれば 一度無料相談を受けてみてください
・会社の成長に比例して売上が伸びていない
・優秀な社員の離職が続く
・入社後、短期離職の頻発

株式会社インソース

株式会社インソースは年間受講者74万人以上、オンライン受講者30万人以上を誇るマネジメント研修会社です。

特長

ここのマネジメント研修の特長はマネジメントの正解は組織ごとに異なるという考えのもと、普遍的なマネジメントスキルの習得を目指すと共に、組織ごとの応用をプログラムに採り入れているところです。組織ごとのマネジメントの正解を追求し、課題解決に必要となる適切な研修プランを提供してくれるので、自社のニーズ・目的にぴったり合った研修を受けられます。

研修のプログラムは、業界や職種に合わせてカスタマイズすることも可能です。学んだことをすぐに現場で活かせる実用的なスキルの習得を目指します。研修の内容も豊富で、基本を学べるプログラムの他に、階層・ニーズ別のプログラム、ワークショップなど、多種多彩なプランを用意しています。動画教材やeラーニングなども充実しているため、マネジメント研修の目的や社員のライフスタイルなどに応じた研修のチョイスが可能です。

費用

公開講座:13,000円~/1名(プランによって異なる)

機能

  • マネジメント研修
  • プロジェクトマネジメント研修
  • リーダーシップ研修
  • 判断力・決断力強化研修
  • リモートワークマネジメント研修
  • 労務管理研修
  • 怒りのマネジメント研修

株式会社リクルートマネジメントソリューションズ

株式会社リクルートマネジメントソリューションズは、法人向け公開型研修サービス「リクルートマネジメントスクール」を提供している研修会社です。

特長

この研修会社の特長は50年以上にわたって培ってきた社員教育・社員研修などを基に、「気づき」と「実践」を促すマネジメント研修を実施しているところです。受講者同士で気づきを促すケース演習やグループワークなどを採り入れることで、学びの効果を最大限に高めています。また、多彩なニーズに対応するため、階層別研修や選択型研修など複数の研修をラインナップしています。

選択型研修を利用すれば、個々の目的に応じて自由に研修を選ぶことができるため、自律的な学びを実現可能です。研修時間は最短3時間~3日間と幅広く、目的やスケジュールに応じた研修を受けられるところも魅力です。特に3時間研修コースは100コース以上を取りそろえ、そのほとんどがオンライン受講に対応しています。場所や時間にとらわれず、効率的に受講することが可能です。受講後は、具体的な取り組みや課題などを問うアンケートを実施しています。受講翌日と、受講1カ月後の計2回アンケートを実施することで、学習の定着と実践を促します。

費用

マネジメントの基本を学ぶ 管理職基礎研修:15万円/名

プレイングマネジャーのための実践マネジメント研修:55,000円/名

シニアマネジメント研修:20万円/名

機能

  • マネジメントの基本を学ぶ 管理職基礎研修
  • プレイングマネジャーのための実践マネジメント研修
  • シニアマネジメント研修

アチーブメントHRソリューションズ株式会社

アチーブメントHRソリューションズ株式会社は、人の行動メカニズムを解明した「選択理論心理学」とベースに、社員研修の設計サービスを提供している会社です。

特長

ここの特長は組織の目標達成や部下の育成に必要な「支援のあり方」と、組織活性化を促進する「マネジメントスタイル」の両方を体得できるマネジメント研修を実施していることです。選択理論心理学に基づいて部下を複数のタイプに区分けし、それぞれに応じた効果的なコミュニケーション手法を学ぶことが可能です。また、管理職やチームリーダーに欠かせないリーダーシップの源になる価値観の明確化にもフォーカスしています。なぜこの仕事をするのか、この仕事を通じてどのようなビジョンを成し遂げたいのかなどを明確化し、会社の理念やビジョンと融合させることで、優れたリーダーシップの養成を目指します。

マネジメント研修の実施にあたっては、担当コンサルタントが丁寧にヒアリングを行い、プログラムやカリキュラムを設計するため、より自社の状況やニーズに適した研修の受講が可能です。

費用

内定者~中堅社員研修:26万3,000円~/半日、40万5,000円~/日

管理職~役員向け研修:32万3,000円~/半日、50万5,000円/日

テーマ別研修:26万3,000円~/半日、40万5,000円~/日

機能

マネジメント研修

株式会社ウィル・シード

株式会社ウィル・シードは、若手人材の育成研修や、マネジメント・管理職研修などを実施している会社です。

特長

こちらのマネジメント研修の特長としては、将来に向けてのステップアップを支援する「役割認識研修」を実施していることです。同じような立場にある人材と、今後求められる役割を議論し、認識していくことを目指します。

研修を受ける人材によってさまざまなアプローチを組み合わせた取り組みを採用しています。例えば若手社員向けなら、視野を広げていく必要性や具体的なアクションを考える機会を与える研修です。中堅社員向けとしてはチームリーダーとしての役割についての共通認識を作り、自分に期待されていることやできること、チームの成果を高めるためにとるべき行動などを具体化する研修をそれぞれ実施します。また、中堅社員向けには「プレ・マネジメント研修」も実施しています。この目的は部下を持たない管理職層や、管理職に昇格する前のプレ・マネジャーなど、実地でマネジメント力を高めることが難しい層に対し、体感型のアクティビティやマネジメントで陥りがちなケーススタディを通し、マネジメントそのものへの理解を深めることです。

費用

要問い合わせ

機能

役割認識研修

ALL DIFFERENT株式会社

ALL DIFFERENT株式会社は、これまで13,000社もの企業研修・人材育成に携わってきた組織開発・人材育成会社です。

特長

この会社の特長は新入社員から経営トップまで、幅広い階層と職種に対応した研修をこれまで300以上開催しているところです。ベーシックなテーマの他、旬な特別企画研修なども含め、年間4,000回にもわたる研修を実施しています。

マネジメント研修では、リーダーシップスキルを磨く「リーダーシップ養成研修」や、今後リーダーになるために必要なスキルを養う「次期リーダー養成研修」、中間管理職向けの「主任・係長研修」など、役職や目的に応じたコースを多数ラインナップしています。研修時間は2時間~1日ですが、短時間でありながら質の高い内容は受講者からの評価も高く、満足度は97.6%です。また、業界初の定額制集合研修を採用しているところも大きな特長です。何人でも、何回でも受講できるので、研修にかかるコストを節約できます。

費用

定額制集合研修:7万円~21万円/月(地域、正社員数によって異なる)

チケット制ビジネス研修:36万円~100万円(チケット枚数によって異なる)

講師派遣型研修:要問い合わせ

機能

  • リーダーシップ養成研修
  • 次期リーダー養成研修
  • 後輩指導力向上研修
  • 先輩社員としてのメンター研修
  • OJTトレーナー研修
  • 主任・係長研修

株式会社日本能率協会(JMA)

株式会社日本能率協会(JMA)は、経営革新の推進機関として、教育・研修やものづくり支援、展示会、審査・検証などさまざまな事業を展開している会社です。

特長

JMAトップマネジメント研修プログラムの特長は、30年以上の歴史と、1万人を超える受講者数を誇る経営者・取締役向けの研修です。実務経験豊富な一流の講師陣が、企業事例の紹介やケーススタディを盛り込みながら、実践的な学びの場を提供します。プログラム終了後は、受講者同士によるグループディスカッションやコミュニケーションの時間を設けており、新たな視点や気づきの発見を促すと共に、ネットワークや人脈の形成にも役立ちます。一方、次世代リーダー選抜研修であるJMAマネジメント・インスティチュートは、リーダーに求められる理念や実現力、創造的克服、洞察力などのスキルを効率的に養えるプログラムです。

費用

JMA トップマネジメント2024研修プログラム:28万6,000円~84万7,000円(プログラムによって異なる)

エグゼクティブ・マネジメントコース:348万7,000円~/名

プロフェッショナル・ビジネスリーダーコース:196万3,500円~/名

アドバンスト・ビジネスリーダーコース:110万円~/名

エグゼクティブ・ビジネスリーダーコース:165万円~/名

機能

  • JMA トップマネジメント2024研修プログラム
  • エグゼクティブ・マネジメントコース
  • プロフェッショナル・ビジネスリーダーコース
  • アドバンスト・ビジネスリーダーコース
  • エグゼクティブ・ビジネスリーダーコース

NECマネジメントパートナー株式会社

NECマネジメントパートナー株式会社の研修サービスは、ITやネットワークを組み合わせた学習スタイルを採用しているサービスです。

特長

こちらの研修サービスの特長はこれまでの受動的な研修受講とは異なり、能動的かつ主体的な学びを促す学習スタイルを採用しているところです。ICTを活用することで時間や場所にとらわれない学習環境を整えつつ、講師が中立的なファシリテーターの役割を担うことで、受講者の能動的な学習をサポートします。学習スタイルは、Web会議システムを活用した遠隔ライブ、講師動画など主体的な学びを促すeトレーニング、教室でのワークショップや実機演習などを採り入れたクラスルームなど、多彩なスタイルを用意しています。ニーズや目的に応じた学習を行えるため、多忙な毎日を送りながらも着実なスキル習得とステップアップを目指すことが可能です。

有料の特別セミナーの他、無料セミナーも随時開催しており、コストをかけずにマネジメントスキルを習得したい方や、セミナーを体験してみたいという方にもおすすめです。

費用

プロジェクトマネジメント-入門編-:33,000円/名

プロジェクトマネジメント基礎:154,000円/名

プロジェクト・マネジャー養成講座:11万円/名

機能

  • プロジェクトマネジメント-入門編-
  • プロジェクトマネジメント基礎
  • プロジェクト・マネジャー養成講座

株式会社アガルート

株式会社アガルートは、さまざまな教育事業を手掛けている会社です。長年培ってきた教育ノウハウを活かし、企業研修や法人研修を実施しています。

特長

この会社の特長は、組織マネジメントに求められる戦略・ヒト・カネの3領域をカバーする研修を実施していることです。これら3つの要素を柔軟に組み合わせてパッケージ化し、さまざまなマネジメント課題に応じた提案を行います。研修を担当するのは、各分野におけるスペシャリストです。数多くの企業で実務指導を行ってきたプロたちは現場の現実を豊富にインプットしており、実務的なスキルの養成をサポートします。

研修では実務スキルを養うための演習を数多く採用しています。演習そのものの効果もさることながら、受講生同士のネットワーク構築といった副次的な効果にも期待で可能です。研修プログラムは業種や業界、社内環境、受講生の職種・業務特性・職務・階層などに応じて柔軟にカスタマイズできます。

費用

要問い合わせ

機能

  • 経営戦略・経営企画研修
  • 組織マネジメント研修
  • リーダーシップ研修
  • アカウンティング研修
  • 育成マネジメント研修
  • 人事考課研修
  • 管理職ラインケア研修
  • 階層別研修

株式会社デフィロン

株式会社デフィロンは、豊富な企業で高い満足度評価を誇る研修サービスを提供する会社です。

特長

こちらの大きな特長は、受講者の主体性を引き出せるよう、心の満足度を重視した研修を実施しているところです。メンタルケアに精通したカウンセラーが研修を行うことで、「楽しく学べた」「積極的に発言できた」など、ポジティブな姿勢で研修を受けられる仕組みになっています。研修後は個別カウンセリング面談も実施しており、受講者の悩みや課題に寄り添ったアドバイスを提供します。

最新の学術的なマネジメント理論とマネージャーとしてのケーススタディを学びながら、組織における人間関係の課題解決を模索する研修を実施しているのが、マネジメント心理学研修です。心理学的なマネジメント手法を採り入れることで、従来とは異なるマネジメントスタイルの習得を実現します。研修内容は企業ごとの課題に応じてカスタマイズできるため、必要なスキルを無駄なく身に着けることが可能です。

費用

PCM研修:27,500円/名

機能

マネジメント心理学研修

マネジメント研修を利用するメリット

マネジメント研修を利用する主なメリットは4つあります。

管理職・リーダーとしての自覚が高まる

マネジメント研修を受けることで、管理職やリーダーは自分たちが担う役割への自覚が高まります。管理職やチームリーダーは、自分の管理下にある業務やプロジェクトを円滑に遂行するため、部下やメンバーを先導していく役割を担っています。その役割を正しく理解していないと、リーダーとしての決定・判断・指導の軸がぶれ、業務やプロジェクトに遅延が生じてしまいかねません。管理職・リーダーとしての自覚が高まれば、適切な指導や教育、管理を行えるようになります。

コミュニケーション力の向上

マネジメント研修を受ければ、管理職やリーダーに求められるコミュニケーション能力を効率的に習得することができます。組織やプロジェクトの上に立つ管理職やリーダーは、部下やメンバーとこまめにコミュニケーションを取り、信頼関係を構築していく必要があります。ただ、やみくもに話しかけるのではなく部下やメンバーが自分に何を求めているのか、タスク遂行にあたって悩みや課題を抱えていないかなどを正しく把握し、適切な対応を行わなければなりません。

<h3>適切な人材育成

組織の資源の一つであるヒトを、組織に必要な人材に育てるためには、適切な指導・教育・育成を行うのが重要です。マネジメント研修を行えば、管理職やリーダーに必要なマネジメントスキルをスムーズに習得しやすくなります。また、マネジメントスキルを持つ管理職およびリーダーが部下やメンバーの指導・教育に当たれば、組織が求める人材を効率よく育てていくことが可能となります。

労働生産性の向上

労働生産性の向上もメリットの一つです。業務やプロジェクトの成功率は、上に立つ人間の管理力に大きく左右されます。優秀な人材が管理職・リーダーとして采配を振るえば、ヒト・モノ・カネを効率よく動かせるようになります。少子高齢化が加速化する現代日本において、人手不足の解消は大きな課題です。社員一人あたりの労働生産性を向上させることは人手不足の解消にも役立ちます。

時間と手間の節約

マネジメント研修会社を利用すれば、研修にかかる準備を丸ごと委託できるため手間と時間の節約になり、本業に支障を来すリスクを低減できます。マネジメント研修を自社で行う場合、講師を務められる人材の確保やカリキュラム・プログラムの設計など、さまざまな準備を行わなければなりません。必要な人材を探して確保するのは容易なことではありませんし、一からカリキュラムやプログラムを設計するとなるとかなりの手間と時間がかかります。

マネジメント研修を利用する際の注意点

マネジメント研修を利用する際に気を付けたいポイントを3つご紹介します。

自社のニーズに合った研修方法を選ぶ

自社のニーズに合った研修方法を選ぶのは大切です。前述のとおり、マネジメント研修にはさまざまな方法があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。例えばグループワークやディスカッションに力を入れたいのなら対面研修、テレワーク中の社員も参加させたいならオンライン研修を選びましょう。また、受講者のライフスタイルに合わせて実施したいのならeラーニングを選ぶなど、ニーズや目的に合った研修方法を選ぶことが大切です。どの方法に対応しているかはマネジメント研修会社によって異なりますので、希望する方法がある場合はあらかじめ研修スタイルをチェックしておきましょう。

オンライン研修の場合は事前準備を万端に

事前にインターネット回線の接続テストや機材の動作確認などを実施し、不備や不具合がないかどうかチェックしておくことが大切です。オンライン研修ではインターネット回線やパソコン、モニター、マイクなどの準備が必要になります。事前準備に不備があると、インターネット回線や機器の不具合によって映像が停止したり、講師とコミュニケーションを取れなくなったりすることがあります。

達成感だけで終わらせない

マネジメント研修を実施した、受けたという達成感だけで終わらせてしまっては意味がないため、研修を終えたらなるべく振り返りを行いましょう。マネジメント研修を利用すると、研修を実施した企業側も、受講した社員側も達成感を覚えます。しかし、マネジメント研修の本来の目的は研修を最後まで受けることではなく、そこから必要な知識やスキルを身につけることにあります。今回の研修でどのような成果を挙げられたか、きちんと必要な知識・スキルが身についたかなどを確認することが大切です。具体的には、研修後に受講者へアンケートやレポートの提出を求める、研修を受ける前と後で業務効率やプロジェクト達成率にどのような変化があったのか調査・分析するなどのプロセスを採り入れると、マネジメント研修の効果が分かりやすくなります。研修後の振り返りで課題や問題が見つかった場合は、何がいけなかったのか検討すると共に、マネジメント研修の選び方の見直しなどを行うとよいでしょう。

マネジメント研修に関するQ&A

マネジメント研修でよくある疑問・質問をQ&A形式でまとめました。

Q1.マネジメント研修はどのように選べばよい?

A.まずは研修の目的やニーズを明確にするのが重要です。マネジメント研修の内容やテーマ、実施方法には複数の種類があるため、どの研修を選べばよいか悩んでしまう方は多いでしょう。

マネジメント研修に求める要素は、「マネジメント研修を通して実践スキルを身につけてほしい」「できるだけ短い時間で受講させたい」「費用を節約したい」など、企業によって大きく異なります。マネジメント研修を実施する目的・ニーズがはっきりすれば、研修の選定基準も明確になり、研修会社やプランを絞り込みやすくなるでしょう。

Q2.カリキュラムやプログラムの変更は可能?

A.マネジメント研修によっては変更可能です。マネジメント研修の多くは、あらかじめプログラムやカリキュラムが設定されています。幅広いニーズに対応できるよう、さまざまなプログラム・カリキュラムを採り入れた研修が実施されていますが、個々の企業のニーズにぴったり合った研修を見つけるのはなかなか困難です。

マネジメント研修会社によっては、企業が抱える課題や悩みに沿ったカリキュラム、プログラムを設定するカスタマイズ研修に対応しているところもあります。よりニーズや目的に合った研修を実施したいのなら、柔軟に対応してくれるマネジメント研修を選ぶとよいでしょう。

Q3.すぐにマネジメント研修を実施できる?

A.すぐにマネジメント研修を実施するのは可能ですが、なるべくゆとりを持って計画するのがおすすめです。マネジメント研修を実施するには、企業からのヒアリングに始まり、適切なプランの選択、会場のセッティング、講師の確保など、さまざまな準備が必要になります。依頼から研修の実施まで、一週間程度で対応してくれるところもありますが、その場合、プログラムやカリキュラムのカスタマイズは不可になるケースがほとんどです。ヒアリングや打ち合わせの時間も十分に取れない可能性があるため、マネジメント研修を利用する際はスケジュールに余裕を持って計画した方がよいでしょう。

自社のニーズや目的に合ったマネジメント研修を実施しよう

マネジメント研修は、管理職やチームリーダーなど、マネジメントスキルを求められる人材の養成を目的とした研修です。マネジメント研修を実施すると、管理職・チームリーダーの役割の自覚や、コミュニケーション能力の屋上、適切な人材育成の実現、労働生産性の向上など、さまざまなメリットが期待できます。

またマネジメント研修会社を利用すれば、自社で一から講師の確保やプログラム・カリキュラムの設計を行う必要がなくなるため、手間と時間の節約になります。マネジメント研修の内容や実施方法は複数あるため、内容を比較して自社のニーズや目的に合った研修を選ぶようにしましょう。

SFAは活用されてこそ意味がある

ページ先頭へ戻る