公開日:2020/08/31 

「レギュレーション」とは?類義語や「ルール」との違いについても解説

会社に入社してすぐ「レギュレーション」という言葉を座学でよく聞くのではないでしょうか?
レギュレーションとはそもそもどういう意味なのかなどを解説していきます。
しっかり学んでいきましょう。

レギュレーションとは?

「規則、規定」などの意味があります。
ビジネスでよく活用される言葉ではありますが、業界によって若干意味が違う場合があり
注意が必要です。
「レギュレーション」はどういった使い方をする言葉なのか解説していきます。

レギュレーションの使い方

上記で説明をした通り、レギュレーションに関しては規定や規則を意味しておりますが、
会社によってはレギュレーションを社内規定や就業規則と呼ぶケースがあります。
レギュレーションとされるものについては基本的に守らなくてはならないものとなります。
また、レギュレーションと近い言葉で「ルール」があります。

「レギュレーション」と「ルール」の違い

ルールについてはレギュレーションと同じく規則に含まれるものではありますが、
ルールは守るべき規則、レギュレーションは絶対に守らなけれいけない規則になります。
つまりは、ルールは守るべきものだが、守れなかったとしても大きな問題はありません。
しかしながらレギュレーションを守れなかった場合は法律などに触れてしまい、大変な問題が
おきてしまう可能性があるということを認識して覚えておきましょう。

業界別のレギュレーションの使い方

業界によってレギュレーションの内容が異なります。
各業界のレギュレーションの内容を解説していきます。

IT業界のレギュレーション

IT業界でよく使われるレギュレーションのうち、例えば広告分野だと
リスティング広告において各媒体がレギュレーションを定めており、文字制限や禁止ワードなどがあります。
またディスプレイ広告でも媒体のイメージを壊さないためのサイズやデータ量が定められております。

F1業界のレギュレーション

F1においてレギュレーションはレースをするための規定を指し、レースをするにあたって内容の把握は欠かせないものになります。
世界選手権ではスポーティングレギュレーションとテクニカルレギュレーションでわかれており、
毎年レギュレーションが変わりそのたびF1ファンの間で話題になるくらい重要なものとなります。

ゲーム業界のレギュレーション

ゲーム業界ではゲームの遊び方や使い方を表します。
そのゲームの本筋から離れないために使われることが多くあります。

スポーツ業界のレギュレーション

競技の運営にあたるすべてに関わる規定や規則を意味します。
競技のなかでの規則や規定はルールとなります。
例えば、サッカーではレギュレーションの違反行為がされた場合などは出場停止や参加資格を失ったりする場合があります。

まとめ

レギュレーションについて解説しましたが、様々な業界やシーンによって使いわけがされていることが理解できたと思います。
一番重要なことはレギュレーションを違反しないことです。
レギュレーションを深く理解し守っていきましょう。

橋場
はしばこの記事の執筆者
営業の見える化、生産性向上を実現!クラウド型営業支援ツール ネクストSFA
ページ先頭へ戻る