更新日:2023/01/19 公開日:2022/12/20

SalesforceのSales Cloudってどう?メリット・デメリット、導入が向いている企業までご紹介

「使いやすさ」「見やすさ」を徹底追求!案件管理、メール配信、フォーム生成機能まで、営業管理とMAが融合したSFA! 「使いやすさ」「見やすさ」を徹底追求!案件管理、メール配信、フォーム生成機能まで、営業管理とMAが融合したSFA!

SalesforceのSales Cloudって有名ですよね。営業マンであれば使ったことがある方も多いのではないでしょうか。今回はそんなSalesforceのSales Cloudについて価格や機能、導入におすすめの企業までご紹介します。

【Salesforce(Sales Cloud)とネクストSFAの違いが気になる方におすすめの資料】
Salesforce(Sales Cloud)とネクストSFAを比較した資料もございます。ぜひ合わせてご覧ください。

SalesforceとネクストSFAの比較

Salesforceとは

Salesforceは営業支援・CRMツールとして全世界ナンバーワンを誇ります。またSFA、MA、CRMなど、どの領域で使いたいかでサービスが分かれているため、それぞれにあったサービスを選択することが出来ます。

SalesforceのSales Cloud料金一覧と機能

料金一覧

料金はプランによって異なりますが、下記のようになっています。注意点としては初期費用やサポート費用が非掲載のため、実際はどのくらい費用がかかるのか導入前に問い合わせてみることをおすすめします。

ツール名Sales Cloud
提供株式会社Salesforce・ドットコム
初期費用非掲載
基本利用料非掲載
ユーザー利用料税抜/月額/年間契約が必要
・Essentials:3,000 円/ユーザー
・Professional:9,000 円/ユーザー
・Enterprise:18,000 円/ユーザー(最も利用されているプラン)
・Unlimited:36,000 円/ユーザー
サポート費用非掲載
最低契約期間12カ月

機能

SalesforceのSales Cloudは非常に多機能なため、自社用にカスタマイズできることが特徴です。またAI機能を搭載させることで、Salesforceで蓄積したデータを使って分析を行い、売上予測などが可能になります。主な搭載機能は下記で、多様な機能で営業活動の効率化を図ることができます。

・顧客管理
・案件管理
・見込み客管理
・レポートとダッシュボード機能
・モバイル対応
・売上予測機能など

Salesforce(Sales Cloud)のメリット・デメリット

メリット

・さまざまな機能のツールがあるので、1つのプラットフォームでMA・SFA・CRMを完結でき、データの共有ができるため、営業部門とマーケティング部門などの連携がスムーズに行える
・高度なセキュリティシステムで安心して使える
・モバイル対応のアプリもある
・AI機能も搭載されている

デメリット

・開発費用やサポート費用などがどれくらいかかるのかは問い合わせる必要がある
・多機能なために逆に使いこなせないこともある
・ドラッグ&ドロップのような直感的な操作はできないため、使いにくさを感じる可能性もある
・プランによっては費用が高くなる

Salesforce(Sales Cloud)の評判・口コミ

上記のようなメリットも有するSalesforceですが、実際の評判はどうでしょうか。評判・口コミを確認してみましょう。

良い評判・口コミ

・自社用に柔軟にカスタマイズできる
・導入実績が多く、信頼性がある
・セキュリティが高く安心

悪い評判・口コミ

・ランニングコストが高い
・多機能すぎて使いこなせない
・ヘルプなど完全には日本語化されていない箇所もあり、分かりにくい

Salesforce(Sales Cloud)の導入が向いている企業

良い面も悪い面もあるSalesforceのSales Cloudですが、どのような企業が導入することで成功しやすいのか、見てみましょう。

部門間で連携して使いたい企業

SalesforceにはCRM、SFA、MAとさまざまな機能が搭載されています。そしてそのほとんどを1つのプラットフォームで完結できます。そのため営業部門だけでなく、マーケティング部門でも連携して使いたい場合にも活用できます。

比較的大規模な企業

既存の管理ツールでは管理しきれないほどのデータがある場合は、SalesforceのSales Cloudなら一元管理できるためおすすめです。また大量の顧客データを保有している企業は、比較的企業規模も大きいことが想定されるため、小規模の企業よりも大規模な企業の方が向いていると言えるでしょう。

専任の担当者をおける企業

新しいツールを導入する際には相当のリソースがかかります。そのため、専任の担当が置けない場合は、成功まで導くのは難しいかもしれません。もし専任担当を置けないという場合はサポートが手厚いツールをおすすめします。

まとめ

SFAを活用することで営業活動が効率的に行えるようになるのは大きな魅力です。その中でも有名なSalesforce(Sales Cloud)は多機能でカスタマイズできる一方で、多機能ゆえのデメリットもあるため、そういった面も考慮した上で、自社にあったツールを検討してみてくださいね。

【Sales CloudとネクストSFAの違いが気になる方におすすめの資料】
Salesforce(Sales Cloud)とネクストSFAを比較した資料もございます。ぜひ合わせてご覧ください。

SalesforceとネクストSFAの比較

SFAは活用されてこそ意味がある

「使いやすさ」「見やすさ」を徹底追求!案件管理、メール配信、フォーム生成機能まで、営業管理とMAが融合したSFA!
営業活動の無駄を減らしませんか?
ページ先頭へ戻る