東証スタンダード上場企業のジオコードが運営!営業組織を強くするWebマガジン

更新日:2024/06/04 

リクルートエージェントの評判は本当にひどい?|リアルな口コミの真相を徹底調査

【PR】

ルクルートエージェント バナー

出典:株式会社リクルート 「公式」リクルートエージェント https://www.r-agent.com/ (2023-12-21)

リクルートエージェントは株式会社リクルートが運営している転職エージェントサービスです。

  • 転職支援実績1位(※)
  • 豊富な求人数を保有
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザー

など転職エージェントサービスの中でもクオリティの高い転職サポートが受けられます。

しかし、リクルートエージェントの口コミを探すと、「担当者がひどい」「良い求人を紹介してくれなかった」などの悪い口コミもいくつか見つかりました。

本当にリクルートエージェントの転職サービスに問題があるなら、転職支援実績1位などはありえません。

良い口コミも併せて見つつ、リクルートエージェントの転職サービスを検討しましょう。

※参考:厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数 https://jinzai.hellowork.mhlw.go.jp/ (2023-12-21)

この記事の目次はこちら

リクルートエージェントは担当によって評判が変わる

リクルートエージェントを実際に利用した人の口コミを見ると、サポートをしてくれた担当者によって評判がとても異なります。

評判の悪い口コミ大半は「担当者の対応が悪かった」などのマイナス意見がほとんどです。

一方で担当者のアドバイスや対応に好印象を持っている方もおり、担当者の評価とリクルートエージェントの評価が直結しています。

もし、リクルートエージェントの担当者に問題がある場合は、遠慮なく担当者を変更してもらいましょう。

良い担当者・相性が合う担当者ならリクルートエージェントの高い転職サポートを受けられるため、希望通りの転職活動を進められます。

リクルートエージェントの良い評判と口コミ

実際にリクルートエージェントを利用した方の良い評判を次の5つの項目に分け、X(旧Twitter)から紹介します。

  • 幅広く求人を扱っているので求人数が多い
  • 丁寧に希望条件を聞いてくれて、適格なアドバイスをしてくれた
  • 面接対策での指導がとても役に立った
  • 自分では探しきれない求人を紹介してくれた
  • 不採用になった理由を教えてくれる

幅広く求人を扱っているので求人数が多い

転職エージェントはいろいろ使ったけど、人におすすめするならリクルートエージェントかなぁと思います! やっぱりアドバイザーの質が高いし、求人数も多い!


出典:X(旧Twitter)https://twitter.com/ (2023-12-21)

業種専門のエージェントはいるけど、結局求人数が段違いだから、リクルートエージェントしか勝たんと思ってる。


出典:X(旧Twitter)https://twitter.com/ (2023-12-21)

リクルートエージェントは約30万件の非公開求人を有しており、実際に利用した方からも求人数の多さを評価する声が多く見られました。

求人数の多いリクルートエージェントなら、自分の希望条件にあった求人を紹介してもらえる可能性が高くなります。

丁寧に希望条件を聞いてくれて、的確なアドバイスをしてくれた

リクルートエージェント今使ってますけど、相談するとしっかり答えてくれますし、たまに面接後の企業とのフィードバックもしてくれるので、丁寧な印象です

出典:X(旧Twitter)https://twitter.com/ (2023-12-21)

リクルートエージェントのお兄さんみんな優しい困ったことあってメールしたらすごく丁寧にアドバイスしてくれる

アンケートもちゃんと見てくれてて、電話でもフォローしてくれるしほんとありがたい

出典:X(旧Twitter)https://twitter.com/ (2023-12-21)

リクルートエージェントでは一人ひとりに専任のキャリアアドバイザーがつき、転職をサポートしてもらえます。

自身の希望する職種や勤務先などの条件を詳細に伝えておくと、キャリアアドバイザーがぴったりの求人を紹介してくれる点も強みです。

リクルートエージェントは適切な求人を紹介してくれるため、初めて転職活動を行う方も安心して利用できる転職エージェントです。

面接対策での指導がとても役に立った

とにかくリクルートエージェントはメッチャオススメ。履歴書経歴書の添削やアドバイスもしてくれるし面接対策もめっちゃ手伝ってくれるよ。


出典:X(旧Twitter) https://twitter.com/ (2023-12-21)

リクルートエージェントの模擬面接めっちゃ良かった。 模擬面接やと思って舐めてたけどしっかりと観察してくれるしいいアドバイス貰えるし最高や


出典:X(旧Twitter) https://twitter.com/ (2023-12-21)

リクルートエージェントでは専任のキャリアアドバイザーによる面接対策も受けられます。

面接対策では第三者の視点も必要であるため、キャリアアドバイザーによる客観的な評価を受けられるサポートは非常に有益です。

模擬面接による実技指導や面接に必要なアドバイスが受けられるため、面接が苦手な方も安心です。

自分では探しきれない求人を紹介してくれた

リクルートエージェント→◎ めっちゃ求人紹介してくれる。面談の時に希望勤務地と職種で約50件くらい紹介してくれた。すげぇ。(一部抜粋)

出典:X(旧Twitter)https://twitter.com/ (2023-12-21)

俺はリクルートエージェント使ったけど、他に手が回らないくらい大量の求人紹介してくれたし、担当さんもよく相談に乗ってくれたし良かったよ。(一部抜粋)

出典:X(旧Twitter)https://twitter.com/ (2023-12-21)

リクルートエージェントでは専任のキャリアアドバイザーが自分では探しきれない求人情報を紹介してもらえます。

あなたが行うのはキャリアアドバイザーとの面談時に希望条件を伝えておくだけです。

そのため、リクルートエージェントを使えば効率的に転職活動を進められるので「無職期間ができた」「なかなか転職できない」といったことも防げます。

不採用になった理由を教えてくれる

リクルートエージェントさんは落ちた理由をふわっと教えてくれるところが独特かもなと思う(企業からのコメントで)。あと、担当者さんのサポートも結構細やか。

出典:X(旧Twitter)https://twitter.com/ (2023-12-21)

リクルートエージェントでは不採用になった理由を教えてくれる点が特徴です。

選考後には企業からのコメントという形で不採用理由を伝えてもらえるため、自身に足りていない部分の把握ができます。

また、次回の面接や履歴書の改善にもつなげられるため、採用理由は次回の転職活動に活かしましょう。

リクルートエージェントの悪い評判と口コミ

実際にリクルートエージェントを利用した方の悪い評判を次の5つの項目に分け、X(旧Twitter)から紹介します。

  • 希望条件に合わない求人を紹介された
  • 担当によって対応の質が悪い
  • 担当と連絡が取れなくなった
  • 担当からの電話やメールがしつこい
  • サポート期間に期限があるので、転職活動を急がされる

リクルートエージェントのサービスを利用する前に良い面ばかりでなく悪い面も知っておくと、利用時のギャップ低減にもつながります。

希望条件に合わない求人を紹介された

なんで私のリクルートエージェントはやたらとスクエニを入れてくるのか。全然、募集条件にもあってないし、希望条件にも職種も被ってないよ?

出典:X(旧Twitter)https://twitter.com/ (2023-12-21)

リクルートエージェントを利用したことあるけど、希望条件と全然違う『ワタミ』を推してきたから、エージェントにはハズレもいるよ

出典:X(旧Twitter)https://twitter.com/ (2023-12-21)

リクルートエージェントでは担当者による求人紹介が行われますが、希望条件に合わない求人が紹介されるケースもあります。

リクルートエージェントの担当者から紹介された求人が自身の希望条件とは異なる場合、担当者に改めて希望条件を伝えましょう。

それでも担当者から自身の希望に合わない求人のみが紹介される場合、お問い合わせ窓口に状況を伝えて担当者の変更を申し出るのも一つの手です。

担当によって対応の質が悪い

リクルートエージェントの対応が悪すぎる!! メールの返信遅すぎる…

出典:X(旧Twitter)https://twitter.com/ (2023-12-21)

リクルートエージェントの電話対応してきた奴、上から目線で嫌味っぽい態度取ってきて久々にムカついたわ。

流石有名なだけあって良い教育されてきたんだな?くだらない人間だった

出典:X(旧Twitter)https://twitter.com/ (2023-12-21)

リクルートエージェントでは担当により対応の質が異なります。

リクルートエージェントの担当者の態度や対応に疑問を抱いた場合には、担当者へ直接意見を伝えて改善の有無をチェックしましょう。

また、担当者との話し合いに抵抗がある方はリクルートエージェントのお問い合わせ窓口へ担当者変更を申し出てみてください。

無理に我慢してストレスを溜めながら転職活動を行うよりも、早めに相性の良い担当者を見つける方が大切です。

担当と連絡が取れなくなった

リクルートエージェントさん、これ連絡くるのか? はよ連絡してなたのむで

出典:X(旧Twitter)https://twitter.com/ (2023-12-21)

リクルートエージェント全然連絡こんやん 書類の添削なりなんなりはよやってや

出典:X(旧Twitter)https://twitter.com/ (2023-12-21)

まれにリクルートエージェントの担当者と連絡が取れなくなるケースもあります。

担当者からの連絡待ち状態が続いている場合、まずはメールや電話でコンタクトを取りましょう。

担当者と連絡がつく場合には、次に連絡してもらえるタイミングを聞いておくと安心です。

電話やメールなどでも連絡がつかない場合は、リクルートエージェントのお問い合わせ窓口へ状況を説明して担当者の変更を希望してください。

担当からの電話やメールがしつこい

リクルートエージェント、 中途半端な時間に何回も電話かけてくるし、しつこい 他はメールだけのやりとりなんだけど

出典:X(旧Twitter)https://twitter.com/ (2023-12-21)

リクルートエージェントめっちゃしつこい 腹立って折り返し連絡した ちゃんと答えたよ

出典:X(旧Twitter)https://twitter.com/ (2023-12-21)

リクルートエージェントの悪い口コミからは、担当からの電話やメールをしつこいと感じている意見が目立ちました。

電話やメールの頻度が多いと感じる場合は、一度担当者へ意見を伝えましょう。

特に電話は仕事中で取れない時間帯やタイミングを伝えておくと、連絡もスムーズに進みます。

直接意見を伝えると大半は改善されますが、それでも担当者からの連絡がしつこい場合にはリクルート―エージェントのお問い合わせ窓口へ相談しましょう。

サポート期間に期限があるので、転職活動を急がされる

リクルートエージェントのスピード感はすごいな。びっくりするくらい、急かされるし早く進むw

出典:X(旧Twitter)https://twitter.com/ (2023-12-21)

転職したくてリクルートエージェントに登録したけど、面談の催促しんどすぎる

面談って早くしたほうがいいのかな? メールもすごいしなんか逆にやる気無くしちゃう

出典:X(旧Twitter)https://twitter.com/ (2023-12-21)

リクルートエージェントの転職サポート期間は約3カ月です。

そのため、サポート期間内に転職を成功させるため担当者に転職活動を急かされるケースもあります。

リクルートエージェントの担当者からの電話やメールによる催促が頻繁にあると、焦りが生まれて希望以下の条件で転職してしまう危険があります。

担当者に振り回されず、自分のタイミングとペースで転職活動は進めましょう。

【結論】リクルートエージェントがひどいといわれる理由

リクルートエージェントがひどいと言われる理由は、主に担当者の対応です。

担当により対応の仕方に大きく差が出る、希望条件に合わない求人を紹介されるなどが原因です。

そのため、リクルートエージェントのサービス自体に問題があるわけではない点を理解しておきましょう。

担当者の対応に不満がある場合には改めて自身の希望を伝え、それでも改善されない場合には担当者の変更を申し出ましょう。

担当によって対応の仕方に大きく差が出る

リクルートエージェントの担当者による対応は、サービス自体の評価に直結します。

優秀な担当者は求職者のニーズを理解したうえで的確な情報の提供が可能です。

しかし、一部の担当者はコミュニケーションが不足していたり希望条件と合わない求人情報を提供することもあります。

対応の悪い担当者に当たった方により「ひどい」という評価が多く見られました。

担当者の対応は求職者のストレスにもつながるため、転職活動をスムーズに進めるためには担当者との相性も重視しなければなりません。

担当者の対応に不満を感じた場合にリクルートエージェントのお問合せ窓口に相談し担当者の変更も検討しましょう。

希望条件や今までのキャリアとは全く異なる求人が送られてくる

リクルートエージェントの担当者から希望条件や今までのキャリアを加味していない求人紹介が行われるケースも見受けられます。

利用者が転職エージェントに求めているのは、希望条件を正確に把握した適切な求人紹介です。

そのため、まず利用者は正確な希望条件を担当者に明確に伝えましょう。

しかし、担当者に明確な希望条件を提示してもAIが機械的に判断し、希望条件を無視した求人が送られてくる場合があります。

自身の希望に合わない求人紹介により、結果的に「ひどい」という評判につながっています。

リクルートエージェントの特徴5つ

リクルートエージェントの特徴を次の5つの項目に分けて紹介します。

  • 業界内でも求人数が圧倒的に多い
  • 幅広く求人を扱っている
  • 一般公開されていない非公開求人を持っている
  • キャリアアドバイザーに転職の相談ができる
  • 書類作成から面接までサポート

リクルートエージェントでは豊富な求人情報を取り扱っているだけではなく、求人紹介から面接対策まで幅広いサポートが受けられます。

「ひどい」と評判のリクルートエージェントでも登録するメリットは複数あるため、まずはサービス内容を詳しく確認しましょう。

業界内でも求人数が圧倒的に多い

リクルートエージェントは転職エージェントのなかでも圧倒的に多くの求人を保有しています。

業界でNo1の求人数を誇るため、実際に利用した方の評判や口コミからも求人数の多さを評価する声が多く見られています。

さまざまな業種や職種を網羅できる求人情報が集約されており、求職者は自身のスキルや経験に合致する最適な求人紹介を受けられやすい点がメリットです。

求人数の多さはさまざまなニーズに対応できるだけでなく、新たなキャリアの可能性を発見する手助けにもなります。

リクルートエージェントの活用によりエージェント業界全体の求人のトレンドや多様なキャリア情報を得られるため、転職活動をスムーズに進められます。

幅広く求人を扱っている

リクルートエージェントは幅広い求人を取り扱っている点も強みの一つです。

求人情報の多様性は求職者が自身のスキルや経験、興味に合致した仕事を選ぶ際の大きなメリットとなります。

異なる業種や職種、経験レベルに対応した求人を取り揃えているため、第二新卒からハイクラスまでの幅広いニーズに応えられます。

また、多様な業界の求人がリクルートエージェントで一元管理されているため、利用者は効率的に求人情報の閲覧や紹介を受けられる点もメリットです。

リクルートエージェントが保有する幅広い求人は、求職者の選択肢を広げながらキャリアプランに合致する仕事探しに役立てられています。

一般公開されていない非公開求人を持っている

豊富な求人情報を保有しているリクルートエージェントは、一般公開されていない非公開求人も多数取り扱っています。

非公開求人は企業が公に募集をかけていないポジションや、特定のエージェントを通じてのみ公開されている求人などが該当します。

一般公開されている求人よりも好条件の案件が含まれているため、なるべく非公開求人を紹介してもらいましょう。

リクルートエージェントは一般公開されていない約30万件の非公開求人を取り扱っており、その中からキャリアアドバイザーが厳選した求人紹介が受けられます。

そのため、リクルートエージェントでは通常の求人検索では見逃す可能性のある好条件の仕事が見つかりやすいです。

キャリアアドバイザーに転職の相談ができる

リクルートエージェントではプロのキャリアアドバイザーへ転職に関する相談ができます。

キャリアアドバイザーは転職市場のトレンドや企業のニーズに精通しているため、希望している職種や企業の疑問は積極的に質問しましょう。

自身のキャリアプランや経験、スキルなどを詳細に伝えておくとキャリアアドバイザーによる最適なアドバイスも受けられます。

キャリアアドバイザーとの相談を繰り返すとより適切な求人紹介につなげられる他、自己ブランディングを向上させて面接時に役立てられます。

キャリアアドバイザーは求職者のポテンシャルを発揮させるプロでもあるため、転職に関する疑問は遠慮せずに適宜尋ねてみてください。

書類作成から面接までサポート

リクルートエージェントは求職者の転職活動を成功させるために書類作成から面接までの包括的なサポートを実施しています。

専任のキャリアアドバイザーによる履歴書や職務経歴書などの添削はもちろん、長所や経験を最大限に引き出すためのアドバイスも受けられます。

また、リクルートエージェントのアドバイザーとの模擬面接による面接対策の利用も可能です。

模擬面接では実際の面接における雰囲気を味わえる他、自信を持って実際の面接に臨むための丁寧な指導やアドバイスも実施されています。

リクルートエージェントの総合的な転職サポートにより求職者が自分のポテンシャルを十分に発揮できるようになり、転職活動をスムーズに進められます。

リクルートエージェントでは手厚いサポート体制が整えられているため、初めて転職活動に挑む方も安心して利用できます。

参考:株式会社リクルート 転職エージェントの概要 https://www.r-agent.com/service/aboutagent/ (2023-12-21)

リクルートエージェントはこんな人におすすめ

リクルートエージェントは次の4つの項目に該当する方におすすめです。

  • 転職活動をこれから始める
  • キャリアアドバイザーにサポートをしてほしい
  • たくさんの求人の中から選びたい
  • 地方の求人を探している

リクルートエージェントでは幅広い業界や職種に対応した求人情報が魅力です。

また、プロのキャリアアドバイザーによるサポートが受けられるため、転職活動を始めたばかりの方も安心して利用できます。

転職活動を成功させたい方にとってリクルートエージェントは強力なサービスの一つです。

転職活動をこれから始める

リクルートエージェントは転職活動をこれから始める方におすすめの転職エージェントです。

転職を成功させるためには計画的かつ効率的に転職活動を進めていかなくてはなりません。

まずは自身の強みやキャリアプランを整理し、企業へのアピールポイントを明確にしておきましょう。

また、リクルートエージェントなどの転職エージェントサービスを活用すれば幅広い求人情報を手に入れられます。

転職活動に関する悩みや不安はプロのキャリアアドバイザーへ相談できるため、適宜アドバイスを参考にしましょう。

リクルートエージェントは求人紹介から書類作成、面接対策に至るまでのサポートが受けられるため、どこのエージェントを使おうか迷っている人にもおすすめです。

キャリアアドバイザーにサポートをしてほしい

キャリアアドバイザーのサポートを受けたい方にもリクルートエージェントはおすすめです。

転職活動を成功させるためにはキャリアアドバイザーによるサポートが重要な鍵を握ります。

キャリアアドバイザーはさまざまな職種や業界に精通しているため、転職に関する経験も豊富で専門的な知識を持っています。

そのため、一人ひとりのキャリアプランや長所を理解し、転職活動に関する最適な戦略の提案が可能です。

リクルートエージェントではキャリアアドバイザーからの的確な求人紹介をはじめ、履歴書や職務経歴書の作成や添削、面接対策などのサポートを受けられます。

また、転職に関する悩みや不安はいつでもキャリアアドバイザーに相談できるため、転職活動に慣れていない方も安心です。

参考:株式会社リクルート 転職エージェントの利用の流れ https://www.r-agent.com/ (2023-12-21)

たくさんの求人の中から選びたい

リクルートエージェントはたくさんの求人の中から自身にぴったりの職場を選びたい方にもおすすめのエージェントです。

リクルートエージェントは業界内でも最大級の求人情報を保有しており、キャリアアドバイザーが一人ひとりに合わせて紹介する求人を厳選しています。

そのため、キャリアプランや経歴を整理してキャリアアドバイザーへ詳しく伝えておけば、より希望に沿った求人紹介が受けられます。

また、求人紹介を待っている間にもリクルートエージェントの検索機能をうまく活用して求人検索を行えばより効率的な転職活動も可能です。

求人数が多ければ多いほど自身の希望に合致した職場を見つけられる可能性が高まるため、未経験の転職や職種の幅を広げて転職活動をしたい方にもおすすめです。

地方の求人を探している

地方の求人を探している方にもリクルートエージェントのサービスは大いに役立ちます。

働きたいエリアをキャリアアドバイザーに伝えておくと、指定した勤務地の求人紹介が受けられます。

また、勤務地を指定して求人検索を行えば特定の地方や都市にある企業情報へもアクセス可能です。

地方の求人は地方ならではの魅力や特色がある他、生活の質を向上させるポジションや働き方に合致する求人も多く存在します。

リクルートエージェントを通じて地方の企業や組織が提供するさまざまな求人を知ると、キャリアプランの見直しにつながるケースもあります。

希望の勤務地や職種などを明確にして求人情報を収集し、地方ならではの働き方や地方企業の情報もチェックしてみましょう。

リクルートエージェントを上手に活用するコツ4つ

リクルートエージェントを上手に活用するコツは次の4点です。

  • 転職理由を明確にする
  • 希望条件を担当としっかり話し合う
  • 安心してサポートを任せられる担当を選ぶ
  • 複数の転職エージェント・サイトを併用する

転職理由や希望条件を明確にしたうえで担当と話し合いましょう。

また、担当者の対応や反応を見ながら安心してサポートを任せられるかどうかも吟味しなければなりません。

そして、リクルートエージェント以外の転職エージェントも併用すればより効率的に転職活動を進められます。

①:転職理由を明確にする

転職活動を成功させるためには、まず自身の転職理由を明確にしておきましょう。

転職動機や今後の目標などを整理し、キャリアプランへどのように結びつけられるのかを自身でも理解しておく必要があります。

転職理由を明確にしておけば、リクルートエージェント利用時に担当者へのスムーズな説明が可能です。

自身の価値観や就業目標を詳細に伝えておくと、担当者が求人を探す中で希望条件に合致するかどうかを判断しやすくなります。

また、転職理由は企業との面接や面談で尋ねられるケースもあります。

転職理由を明確に伝えられれば、企業側にモチベーションや適応力のアピールも可能です。

転職理由を明確にしたうえでリクルートエージェントを利用すれば、よりスムーズな転職活動を行えるでしょう。

②:希望条件を担当としっかりと話し合う

リクルートエージェントを活用する際には、まず自身の希望条件を担当者としっかり話し合いましょう。

転職活動を成功させるためには、担当者とのコミュニケーションが非常に大切です。

勤務先に求めている条件や今後のキャリアプランをあらかじめ担当者へ伝えておくと、より適切な求人情報を提供してもらえます。

そのため、自身の経験やスキル、希望する働き方など担当者への要望を洗い出しておきましょう。

希望が具体的で明確であるほど、担当者は求職者にマッチする仕事を見つけやすくなります。

リクルートエージェントの担当者とは密なコミュニケーションを意識し、話し合いを重ねながら転職活動を進めましょう。

③:安心してサポートを任せられる担当を選ぶ

リクルートエージェントの担当者が安心してサポートを任せられる相手であるかどうかも意識しましょう。

転職エージェントを利用して転職活動を成功させるためには、担当者の選択が非常に大切です。

信頼できる担当者を見つけるためにはまずコミュニケーションを重視しましょう。

面談や電話での対話、メールでのやり取りを通じて担当者の理解力やコミュニケーションスキルを確かめておくと安心です。

リクルートエージェントでは担当者変更も可能であるため、担当者が「自分と合わない」と感じた場合には遠慮せずに担当者変更を依頼しましょう。

安心してサポートを任せられる担当者を見つけられれば、転職活動もよりスムーズに進められます。

参考:株式会社リクルート 転職エージェント選びのポイント https://www.r-agent.com/ (2023-12-21)

④:複数の転職エージェント・サイトを併用する

転職活動を成功させるためには、複数の転職エージェントやサイトの併用が効果的です。

転職サービスを複数利用すれば、同時に複数のキャリアアドバイザーからのサポートやアドバイスを受けられます。

そのため、自身のニーズや目的に合った最適な転職サイト・エージェントを見つけられます。

また、サービスごとの強みを享受できるだけでなく、多くの求人情報にアクセスできる点もメリットです。

リクルートエージェントだけではなく複数の転職エージェントと求人を比較しましょう。

ただし、同じ内容の求人が複数の転職エージェントで重複している場合、一か所からしか応募ができない点には注意しておきましょう。

リクルートエージェントを利用する際はここに注意

リクルートエージェントを利用する際には次の4点に注意が必要です。

  • サポート期間は3カ月
  • 担当と連絡が取りにくいこともある
  • 担当は遠慮なく変えてもらう
  • 希望に合わない求人を紹介されることもある

リクルートエージェントではサポート期間が約3か月と限られているため、効率的に転職活動を進めなければなりません。

また、リクルートエージェントの担当と連絡がつかなかったり希望に合わない求人を紹介されたりするケースもあるため、担当者の変更も視野に入れておきましょう。

サポート期間は3ヵ月

リクルートエージェントのサポートを受けられる期間は基本的に3カ月です。

約3カ月を目安にしている背景のひとつに、実際に多くの方が約3カ月程度で転職先を決定していることが挙げられます。


出典:リクルートエージェント 転職エージェントの登録の時期 リクルートエージェントのサービスはいつまで受けられる? https://www.r-agent.com/ (2023-12-18)

リクルートエージェントもあくまで利益を追求する企業なので、転職が見込めない求職者に時間を割いてはくれません。

サポート期間を無駄にしないために、リクルートエージェントを積極的に活用しましょう。

3ヶ月が経過してサポート期間が終了した場合は、他の転職サイト・転職エージェントに登録して転職活動を再開してください。

担当と連絡が取りづらいこともある

リクルートエージェントの利用者には専任のキャリアアドバイザーがつきますが、担当と連絡が取りにくい場合もあります。

転職活動を成功させるためには担当者との円滑なコミュニケーションが重要です。

電話やメール、ビデオツールなど双方にとって都合の良い方法をあらかじめ共有するとスムーズなやり取りにつながります。

また、連絡の頻度や最適な連絡のタイミングについては最初に相談しておくと安心です。

まずは担当者とのコミュニケーションルールを構築し、円滑な連絡手段を確保しておきましょう。

参考:株式会社リクルート 転職エージェントとの担当者との電話やメールのやり取り https://www.r-agent.com/ (2023-12-21)

担当は遠慮なく変えてもらう

リクルートエージェントの担当に不満がある場合には遠慮なく担当者変更を希望しましょう。

スムーズに転職活動を進めるためには、担当者のコミュニケーション能力や対応が非常に重要です。

担当者は利用者のニーズに応え、的確なサービスを提供する能力が求められています。

「自分とは相性が悪い」「サポートの質が悪い」と感じる場合は遠慮なく担当者を変更してもらいましょう。

担当者変更を希望する際には、担当者への不満や不足に感じている部分などを説明できるようにまとめておくと安心です。

転職活動を成功させるためには最適なサポートが必要となるため、適切な担当者を選ばなくてはなりません。

自分にとって最適なサービスを提供してもらうためにも、担当の変更は遠慮なく検討してください。

希望に合わない求人を紹介されることもある

リクルートエージェントを利用していると時折希望に合わない求人を紹介されるケースもあります。

自身の希望にそぐわない求人紹介は担当者が把握した情報に誤りがあったり、不足があったりするために起こりがちです。

適切な求人紹介を受けるためにも自身の希望や条件を具体的に伝えて理想の職場像を明確に示しましょう。

また、紹介された求人が希望に合致していない旨を遠慮せず担当者に伝えることも大切です。

フィードバックにより、以降の求人紹介がよりマッチング度の高いものになります。

転職活動は担当者とのコミュニケーションが重要であるため、自身の明確な要望を伝えてより良いマッチングを目指しましょう。

リクルートエージェントの利用登録から内定までの流れ

リクルートエージェントの利用登録から内定までの流れは次の5つのステップです。

  1. リクルートエージェントに登録・基本情報の入力
  2. キャリアアドバイザーとの面談日程の打ち合わせ・面談
  3. 応募書類添削
  4. 応募・書類選考・面接
  5. 内定・入社日調整

事前に流れを把握して、転職活動をスムーズに進めましょう。

Step1:リクルートエージェントに登録・基本情報の入力

リクルートエージェントの申し込みフォームに、基本情報や転職希望時期などを入力して登録します。

同時に同じリクルートのサービスである「リクナビNEXT」のスカウトサービスにも登録可能です。

スカウトサービスに登録すると、あなたの登録情報を確認した企業やヘッドハンターから条件の良いオファーが届く可能性があります。

リクルートエージェントとレジュメを共有できるので、忘れずに同時登録しておきましょう。

Step2:キャリアアドバイザーとの面談日程の打ち合わせ・面談

申し込みから2~7日程度で転職エージェントから電話かメールで連絡があるため、サービス内容や面談日程を確認します。

リクルートエージェントのオフィスで対面面談の他、電話やオンラインでも面談は可能です。

面談ではキャリアアドバイザーがこれまでのキャリアやスキルの整理、キャリアプランの提案など転職の方向性を定めるサポートをしてくれます。

Step3:応募書類添削

エージェントから求人の紹介を受けたら応募書類を作成します。

リクルートエージェントでは採用担当者の関心を引く職務経歴書の書き方や、内定率を高める面接テクニックをアドバイスしてくれます。

応募書類ができたら企業へ応募する前に、キャリアアドバイザーに応募書類をしっかり添削してもらいましょう。

また、リクルートエージェントが開催する「面接力向上セミナー」では、面接成功のノウハウも学べます。

Step4:応募・書類選考・面接

企業の事業内容や働き方、口コミを調べるなど理解を深めて応募の意思が固まったら、キャリアアドバイザーから企業への推薦を受けましょう。

面接の日程調整や、応募した企業の内定時期をできるだけ揃えるなどの調整もキャリアアドバイザーが行ってくれます。

また、リクルートエージェントでは、転職活動をサポートする専用ページ「Personal Desktop(PDT)」で応募の意思確認や選考状況をチェックできます。

在職中の方も無理なく転職活動を進められる点もリクルートエージェントの魅力です。

Step5:内定・入社日調整

内定が決まった後も自分からは言い出しにくい年収や待遇の交渉、入社日の調整をキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。

円満退社のために必要な手続きや引継ぎのアドバイスもしてくれるため、退職に関わる困ったことや不安もキャリアアドバイザーに相談しましょう。
内定獲得から入社まで手厚くサポートしてくれるリクルートエージェントなら、転職後も不安なく新たなキャリアをスタートできます。

リクルートエージェントの便利な転職サポート機能

リクルートエージェントには4つの便利な機能があります。

  1. 転職活動に役立つオンラインイベントやセミナーの開催
  2. 職務経歴書エディター
  3. Personal Desktop(PDT)
  4. 面接力向上セミナー

ツールやセミナーを活用して、転職活動をスムーズに進めていきましょう。

①転職活動に役立つオンラインイベントやセミナーの開催

リクルートエージェントは転職のコツやノウハウが学べるオンラインイベント、セミナーを随時開催しています。

  • 求人・企業の選び方セミナー
  • 自己PR・志望動機作成セミナー
  • 未経験業種・職種への転職セミナー
  • 適職診断セミナー
  • 職務経歴書作成セミナー

転職活動のフェーズや希望職種、年代に合わせたイベントやセミナーも開催しており、参加者の85%が満足しています。

転職活動に不安がある方や、転職で希望を叶えたい方は参加してみてください。

現地開催のイベントやオンラインでのライブ配信の他、都合の良いタイミングで視聴できるアーカイブ配信もあります。

②職務経歴書エディター

リクルートエージェントの職務経歴書エディターは、転職活動で重要な職務経歴書を簡単に作成できるツールです。

ガイドに沿って入力していくだけでスキルや強みをアピールできる職務経歴書が作成できます。

スマートフォンからでも作成できるため、パソコンを持っていなくても問題ありません。

リクルートエージェントの職務経歴書エディターはログインしなくても使用できますが、入力内容を保存するためにログインして利用しましょう。

③Personal Desktop(PDT)

リクルートエージェントでキャリアアドバイザーとの面談を終えると、Personal Desktop(PDT)が利用できるようになります。

PDTは転職活動をサポートする専用ページで、主に次のような機能があります。

  • キャリアアドバイザーから求人の紹介
  • キャリアアドバイザーへ応募手続きの依頼
  • 職務経歴書エディターの利用
  • 選考状況の確認

リクルートエージェントなら忙しい転職活動中も、スムーズなスケジュール管理が可能です。

④面接力向上セミナー

リクルートエージェントの面接力向上セミナーもまた、キャリアアドバイザーとの面談後に利用できるサービスの一つです。

面接官の立場をシミュレーション体験して企業が求める人物像を理解し、面接官のチェックポイントを把握することで面接通過率が上がります。

面接が苦手な方でも自分のスキルや強みを企業にアピールできる面接必勝法が身につくでしょう。

人材業界大手リクルートのノウハウが詰まった面接力向上セミナーは、参加した方の95%が満足しています。

リクルートエージェントと併用すべき転職サイト・エージェント5選

リクルートエージェントだけでなく、他の転職エージェントや転職サイトも併用して登録することで、転職成功率を上げることができます。

当サイトのおすすめの転職エージェント・転職サイトは下記の5つです。

転職サイト求人数強みターゲット層
doda(デューダ)約22万5,000件キャリアアドバイザーによるサポート全ての方
リクナビNEXT約8万件スカウトサービス全ての方
③type転職エージェント約2万9,000件キャリアアドバイザーとクライアントサービスによるダブルサポートキャリアアップ希望者
④マイナビエージェント約4万8,000件
キャリアアドバイザーによるサポート
全ての方
ワークポート約8万7,000件コンシェルジュによるサポート全ての方


出典:パーソルキャリア株式会社 【公式】doda https://doda.jp/ (2023-12-21)
出典:株式会社リクルート 【公式】リクナビNEXT https://next.rikunabi.com/?leadtc=top_logo (2023-12-21)
出典:株式会社キャリアデザインセンター 【公式】type https://type.jp/ (2023-12-21)
出典:株式会社マイナビ 【公式】マイナビエージェント https://mynavi-agent.jp/ (2023-12-21)
出典:株式会社ワークポート 【公式】ワークポート https://www.workport.co.jp/ (2023-12-21)

①:doda(デューダ)

doda 公式サイト

出典:パーソルキャリア株式会社 【公式】doda https://doda.jp/ (2023-12-21)

dodaはパーソルキャリア株式会社が運営する転職エージェントサービスです。

大手からベンチャーまで幅広い業種や職種を取り扱っており、掲載求人数は約22万5,000件と非常に多い点も特徴です。

随時追加更新されている求人の中から専任のキャリアアドバイザーが一人ひとりの希望に合致した求人紹介を行います。

求人検索では勤務エリアや勤務形態など複数の条件から求人を絞り込めるため、求人紹介との併用でより効率的な転職活動が可能です。

特徴・強み・転職サイト機能も兼用
・スカウト機能がある
・イベントやセミナーを多数開催
求人数260,063件(非公開求人を含む)
対応エリア全国・海外

参考:doda https://doda.jp/ (2023.11.27)|許可番号:13-ユ-304785

②:リクナビNEXT

出典:株式会社リクルート 【公式】リクナビNEXT https://next.rikunabi.com/?leadtc=top_logo (2023-12-21)

リクナビネクストは日本最大級の転職・求人情報サイトです。

海外にも対応した求人情報を幅広く取り扱っている点が強みです。

また、自身が興味を持っている企業や転職エージェントから直接オファーが届くスカウトサービスも利用できます。

匿名で登録してオファーを待つだけでよいため、在職中でなかなか時間の取れない方にもおすすめです。

その他、転職に関するノウハウや実際の体験談などがまとめられたコラムも多数掲載されているため、転職活動の参考にできます。

特徴・強み・企業からの直接スカウト
・AIがおすすめ求人を提案
・自分の強みが分かるグッドポイント診断
求人数143,727件※2024年3月時点
対応エリア全国・海外

参考:リクナビNEXT.https://next.rikunabi.com/.(2024-3-19)

③:type転職エージェント

出典:株式会社キャリアデザインセンター 【公式】type https://type.jp/ (2023-12-21)

type転職エージェントは株式会社キャリアデザインセンターが運営する転職エージェントサービスです。

サービス開始から25年以上の蓄積されたノウハウを活かし、34万人以上の転職支援実績を有しています。

ハイクラス転職に強く、特にITエンジニアの転職支援では利用者の約80%が年収アップを実現させています。

また、キャリアアドバイザーとクライアントサービスによるダブルサポートもこのエージェントの特徴です。

特徴・強み・「転職力診断」「市場価値診断」という診断ツールあり
・企業からのスカウトメールあり
・転職支援コンテンツが豊富
求人数27,824件※2024年3月時点
対応エリア全国

参考:type転職 https://type.jp/ (2024-3-19)

④:マイナビエージェント

出典:株式会社マイナビ 【公式】マイナビエージェント https://mynavi-agent.jp/ (2023-12-21)

マイナビエージェントは株式会社マイナビが運営する転職エージェントサービスです。

キャリアアドバイザーに自身の希望やスキルなどを伝えておくだけで、適切な求人情報を提案してもらえます。

履歴書や職務経歴書などの添削や作成に関するアドバイスも受けられるため、転職活動が初めての方にもおすすめです。

また、応募や内定後の条件交渉など転職活動に必要な諸々の手続きを全てキャリアアドバイザーに一任できるため、時間の取れない方も安心して利用できます。

特徴・強み・第二新卒や20代~30代向けの求人に強い
・業種、職種に精通した専任アドバイザー
・企業担当アドバイザーのサポートも受けられる
求人数467,319件
対応エリア全国・海外

参考:マイナビエージェント https://mynavi-agent.jp/ (2023-11-27)|許可番号:13-ユ-080554

⑤:ワークポート

出典:株式会社ワークポート 【公式】ワークポート https://www.workport.co.jp/ (2023-12-21)

ワークポートは株式会社ワークポートが運営する転職エージェントサービスです。

転職活動のプロであるコンシェルジュが多数の求人の中から求職者の希望に合致した求人を紹介しています。

また、コンシェルジュによる応募書類の添削や面接対策なども可能であるため、初めて転職活動を行う方も安心です。

企業への応募手続きや推薦もコンシェルジュに代行してもらえるため、現職中で忙しい方にもおすすめのエージェントです。

特徴・強み・未経験からのITやクリエイティブ系転職に強い
・エンジニア系無料スクール制度あり
・転職相談人数67万人以上の実績
得意な業種・職種IT・ゲーム・クリエイティブ
求人数86,266件+非公開求人
対応エリア全国・海外

参考:株式会社ワークポート【公式】workport https://www.workport.co.jp/ (2023-11-27)

リクルート系列の転職エージェント・サイトを比較

転職サイト求人数特徴ターゲット層
リクナビNEXT約8万件高精度AIによる求人情報の抽出全ての方
リクルートダイレクスカウト約7万件ダイレクトスカウトシステムハイクラス転職希望者

出典:株式会社リクルート 【公式】リクナビNEXT https://next.rikunabi.com/?leadtc=top_logo (2023-12-21)
出典:株式会社リクルート 【公式】リクルートダイレクトスカウト https://directscout.recruit.co.jp/ (2023-12-21)

リクナビNEXT

出典:株式会社リクルート 【公式】リクナビNEXT https://next.rikunabi.com/?leadtc=top_logo (2023-12-6)

リクナビNEXTは日本最大級の転職・求人情報サイトです。

約8万件の求人情報が掲載されたデータベースから希望条件を絞り込んで検索できるため、理想の仕事を見つけられる確率が高まります。

求人層は非常に幅広く、中小企業の求人が多めである点も特徴の一つです。

全国各地の企業をはじめ、海外に拠点を持つ企業にも対応しているためグローバル転職を検討している方にもおすすめです。

また、独自の高精度AIにより自分では探しきれない求人もピックアップできます。

特徴・強み・企業からの直接スカウト
・AIがおすすめ求人を提案
・自分の強みが分かるグッドポイント診断
求人数143,727件※2024年3月時点
対応エリア全国・海外


参考:株式会社リクルート リクルートエージェントとリクナビNEXTの違い https://www.r-agent.com/service/chigai/ (2023-12-21) 
参考:リクナビNEXT.https://next.rikunabi.com/.(2024-3-19)

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト バナー

出典:株式会社リクルート 【公式】リクルートダイレクトスカウト https://directscout.recruit.co.jp/ (2023-12-21)

リクルートダイレクトスカウトは株式会社リクルートが運営する日本最大級の転職サイトです。

企画やコンサルタント、エンジニア、外資系など幅広い求人層に対応しており、年収800万円から2,000万円の求人を多数取り揃えているのが特徴です。

そのため、ハイクラス転職やキャリアアップを目指す方におすすめのサービスです。

また、企業の担当者から直接スカウトを受け取れるダイレクトスカウトシステムを採用している点が特徴です。

特徴・強み・年収800万〜2,000万円のハイクラス求人多数
・企業やヘッドハンターからのスカウトが届く
・幹部や顧問クラスの求人が豊富
求人数257,508件+非公開求人
対応エリア全国・海外

参考:株式外社リクルート 【公式】リクルートダイレクトスカウト https://directscout.recruit.co.jp/ (2023-11-27)

リクルートエージェントについてのよくある質問

リクルートエージェントに関するよくある質問は次の6つの項目です。

  • リクルートエージェントは登録に費用がかかりますか?
  • リクルートエージェントに登録したら簡単にバレますか?
  • リクルートエージェントに登録だけしてもいい?
  • 未経験でも求人はありますか?
  • リクルートエージェントの退会方法が知りたい
  • リクルートエージェントのアプリはありますか?

リクルートエージェントを安心して利用するために、サービスに関する不安や疑問は一つでも解決しておきましょう。

リクルートエージェントは登録に費用がかかりますか?

リクルートエージェントの登録や利用に費用は一切かかりません。

転職エージェントサービスは成功報酬型と呼ばれるビジネスモデルを採用しており、基本的に企業からの報酬によって事業が成り立っています。

転職エージェントのマッチングにより企業と求職者が雇用契約を結んだ場合にのみ、企業から転職エージェントへ報酬が支払われる仕組みです。

企業と求職者のマッチングを転職エージェントが担うと応募者が集まりやすくなる、内定辞退を軽減できるなど企業側にもメリットが生じます。

そのため、求職者は一切の費用を支払わずに求人紹介から応募書類の添削、面接対策などのさまざまなサポートを受けられます。

リクルートエージェントに登録したら簡単にバレますか?

リクルートエージェントに登録しても利用状況が第三者にバレる心配はありません。

転職エージェントは求職者と企業を仲介する存在であるため、利用者の転職活動の状況が在職中の会社にバレないシステムになっています。

また、リクルートエージェントに在籍している全てのスタッフは情報守秘に関する厳しい教育を受けています。

口頭での情報漏洩はもちろんコンピュータの情報管理体制も徹底しているため、利用者に関する情報が外部に漏れる心配はありません。

利用者本人の了解を得ないまま求人先に情報を公開されるケースもないため安心して利用できます。

また、求人探しや応募先との連絡はキャリアアドバイザーが全て代行しています。

利用者が求人企業と直接やり取りする必要がない点も安心です。

リクルートエージェントに登録だけしてもいい?

リクルートエージェントは登録だけでもかまいません。

転職エージェントに登録したからといって必ず転職しないといけないわけではないため、転職するかどうか迷っている方も気軽に利用しましょう。

また、登録後には一度キャリアアドバイザーとの面談がおすすめです。

キャリアアドバイザーとの面談は対面や電話、ビデオツールなどで実施できるため地方にお住まいの方も安心です。

リクルートエージェントでは多数の非公開求人を保有していますが、面談をしないとキャリアアドバイザーも希望条件がわからず適切な求人紹介が行えません。

ニーズに合致した求人紹介を受けるためにも、キャリアアドバイザーへ希望条件を伝えておくとよいでしょう。

未経験でも求人はありますか?

リクルートエージェントでは未経験でも求人紹介を受けられます。

未経験業種への転職の際には、できるだけ多くの求人を持つ転職エージェントがおすすめです。

リクルートエージェントでは保有している多くの求人の中からキャリアアドバイザーが希望に合致した求人を厳選しています。

未経験歓迎の求人の場合には応募数が多く早期に募集終了となる可能性もありますが、自身にマッチする求人をスピーディに探してもらえます。

また、書類選考を通過するための応募書類の添削や面接対策などにも対応可能です。

未経験ゆえの不安がある方は細やかなサポートに対応可能なリクルートエージェントはおすすめです。

リクルートエージェントの退会方法が知りたい

転職活動を中止したい、就職先が決定したなどの理由でリクルートエージェントを退会したい場合には、まず担当のキャリアアドバイザーに相談しましょう。

キャリアアドバイザーに退会の旨を伝えると、運営側で随時退会処理が進められます。

リクルートエージェントを通じて作成や提出を行った書類やデータに関しては、運営側が責任を持って厳重に管理し一定期間経過後に破棄されます。

なお、登録から日数が経過していて担当者の連絡先を忘れた方や担当者と連絡がつかない方は専用の退会フォームを利用しましょう。

「転職支援サービスお申し込みの退会(キャンセル)」ページに必要事項を入力すれば退会手続きが行えます。

リクルートエージェントのアプリはありますか?

リクルートエージェントではスマートフォン用のアプリを提供しています。

アプリでは紹介求人の確認やメール返信が行えるためインストールしておくと便利です。

iPhone用、Android用のアプリにわかれているため、利用端末に応じて専用ストアでのダウンロードが必要です。

iPhoneを利用している方はApp Store、Androidを利用している方はGoogle Playへアクセスしてダウンロードしましょう。

また、リクルートエージェントではスマートフォンアプリの操作に関するFAQがまとめられています。

アプリの操作に関する困りごとはアプリ専用FAQを参考にしてみましょう。

キャリアアドバイザーとの面談時の服装や持ち物は?

キャリアアドバイザーとの面談時は、特に指定がない限り服装や持ち物に決まりはありません。

面接ではないので私服で問題ありませんが、服装や身だしなみのアドバイスがほしいときは面接同様スーツを着用すると具体的にチェックしてもらえます。

また、持ち物は筆記用具とA4書類が入る大きさのカバンを用意するとスムーズです。

履歴書や職務経歴書は用意するように言われていなくても、できるだけ事前に記入して送付しておきましょう。

書き方が分からない箇所や気になる点をメモしておくと、面談でアドバイスがもらえて効率的です。


リクルートエージェントの評判|まとめ

リクルートエージェントの悪い評判は担当者の対応に関する内容が大半を占めていました。

担当者の対応や態度に不満がある場合は遠慮せずに担当者変更を申し出ましょう。

優れた担当者からは的確な求人紹介や丁寧なアドバイスを実施してもらえるため、転職活動をスムーズに進められます。

希望条件や今後のキャリアプランなどを担当者とうまくコミュニケーションを取りながら転職活動を成功させましょう。

SFAは活用されてこそ意味がある

ページ先頭へ戻る