東証スタンダード上場企業のジオコードが運営!営業組織を強くするWebマガジン

更新日:2024/02/28 

リクルートダイレクトスカウトの評判は悪いのか|特徴とリアルな口コミをもとに徹底解説

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)は国内最大級のハイクラス転職スカウトサービスです。

オリコン顧客満足度ランキング転職スカウトサービスでも1位を獲得(※)しており、人気もある転職サービスと言えるでしょう。

口コミ・評判を調査したところ年収800万円以上の求人が多数あり、年収アップを実現した方も多く見られました。

リクルートダイレクトスカウトで効率良く転職活動を進めるには、他の転職サイトとの併用がおすすめです。

リクルートダイレクトスカウトとともに複数の転職サイトを活用して効率良く転職活動を進め、理想の転職を叶えましょう。

※参考:オリコン顧客満足度ランキング.「転職スカウトサービス 総合ランキング」.https://career.oricon.co.jp/rank-job-change/scout/.(2023-12-20)

この記事の目次はこちら

リクルートダイレクトスカウトの評判は人それぞれ

出典:株式会社リクルート 【公式】リクルートダイレクトスカウト https://directscout.recruit.co.jp/ (2023-12-20)

リクルートダイレクトスカウトの評判をXで調査したところ、以下のような口コミが多く見られました。

良い口コミ・評判悪い口コミ・評判
・企業やヘッドハンターからスカウトが来る・自分の市場価値がわかる・年収800~1200万円のハイクラス転職が狙える・希望の条件やそれ以上の求人と出会えた・スカウトだけではなく自分でも希望の求人を探すことができる・希望条件とは違う求人が送られてくる・エージェントからのスカウトメールが大量に届く・年収やスキルによってスカウトメールが来ないことがある・地方の求人が少ない・専任のキャリアアドバイザーがいない

リクルートダイレクトスカウトの良い評判と悪い評判は同じくらいあり、利用する方によって評価が大きく異なります。

求職者のスキルやキャリアにまつわるさまざまな条件によって、企業やヘッドハンターからのスカウトの数や質が変わるのが理由として挙げられるでしょう。

リクルートダイレクトスカウトの登録や利用は無料なので転職を考えられている方は、登録してみてどのようなスカウトが届くのか確認するのがおすすめです。

リクルートダイレクトスカウトは保有求人数が多いため、質の高いオファーが届く確率も高く、登録する価値は十分あります。

マッチする企業とタイミングが合えば、期待以上に好待遇での転職も見込めるでしょう。

リクルートダイレクトスカウトの良い評判と口コミ

リクルートダイレクトスカウトの良い口コミや評判では、以下のような好感の声が見られます。

  • 企業やヘッドハンターからスカウトが来る
  • 自分の市場価値がわかる
  • 年収800~1200万円のハイクラス転職が狙える
  • 希望の条件やそれ以上の求人と出会えた
  • スカウトだけではなく自分でも希望の求人を探すことができる

企業やヘッドハンターからスカウトが来る

リクルートダイレクトスカウトは登録するだけで、企業やヘッドハンターからスカウトメールが届くと評判です。

ビズリーチとか、リクルートダイレクトスカウトって、中小下請け企業した経験したことない僕には縁遠いものかと思っていたけど、登録したらちゃんとした企業からも普通にオファーくるな。


出典:X(旧Twittter) https://twitter.com/ichikawa322/status/1613832822485286912?s=20 (2023-12-20)

リクルートダイレクトスカウト レジュメを本気出して書いた途端、一求入魂増えたな。でも企業から直接来ないから気持ち的に微妙。盆休みだからと思っておく。


出典:X(旧Twittter) https://twitter.com/t84837514/status/1559356877229944832?s=20 (2023-12-20)

キャリアやスキルに自信がない場合でも、レジュメを登録しておくと意外なオファーが届く可能性もあります。

また、リクルートダイレクトスカウトではスカウトに「一求入魂」などのランクがあり、ヘッドハンターの本気度がわかる仕組みです。

企業やヘッドハンターの目に留まる魅力的なレジュメを作成し、リクルートダイレクトスカウトから条件の良いオファーが来るのを待ちましょう。

自分の市場価値がわかる

リクルートダイレクトスカウトを「自分の市場価値を把握するために活用する」という口コミも多く見られました。

リクルートダイレクトスカウトに登録してみた。自分の市場価値どんなもんかなぁ的な目的。


出典:X(旧Twittter) https://twitter.com/reo3588/status/1698520840474685887?s=20 (2023-12-20)

レジュメを元に企業やヘッドハンターからスカウトが届くため、オファーの質や提示される年収で今の自分の市場価値がわかると評判です。

転職する予定がない方でも、自分の市場価値を把握するためにリクルートダイレクトスカウトを利用するのもおすすめです。

スキルアップするごとにスカウトのレベルが上がることがモチベーションにつながる場合もあり、転職活動以外のキャリア形成にも有用と言えるでしょう。

年収800~1200万円のハイクラス転職が狙える

リクルートダイレクトスカウトはハイクラス向けの転職スカウトサービスとして評判が良く、高年収を狙う方にもおすすめです。

ハイクラス転職するなら、ビズリーチが有名だが、リクルートが運営している「リクルートダイレクトスカウト」も登録しておこう。転職後の平均年収が950万円なので、800~1200万円くらいは狙える求人が多数ある。ハイクラス特化型転職エージェントの共通点でもあるが、求人数は多くはないので、他社を併用しよう。


出典:X(旧Twittter) https://twitter.com/cowboy19620626/status/1689306638992429056?s=20 (2023-12-20)

むむ、何ヶ月か前なら仲間になれたやつ…
育休復帰せず転活して、フルフレフルリモ年収1割アップ出来たよ。ビズリーチとリクルートダイレクトスカウトでご縁頂いた!
 #WM転職ツイオフ


出典:X(旧Twittter) https://twitter.com/Qooo_mama/status/1689650839542263808?s=20 (2023-12-20)

リクルートダイレクトスカウトは年収のボリュームゾーンが800万~1,200万円なので転職前より年収が上がった方も多く、収入面に満足する口コミも見られました。

ハイクラス転職を希望する方は、ビズリーチやリクルートエージェントなど複数のハイクラス向け転職サービスを併用すると可能性の幅が広がります。

希望の条件やそれ以上の求人と出会えた

非公開求人を多く保有するリクルートダイレクトスカウトは、一般には出回らない魅力的な求人に出会えると評判です。

リクルートダイレクトスカウトに登録しているのですが(転職したいというより、自分の市場価値確認のため)、素敵な特別オファー頂いたので、お話聞こうと思います。社風とか合いそうだったら転職しようかな。


出典:X(旧Twittter) https://twitter.com/haru_2006ppe/status/1708028114641813698?s=20 (2023-12-20)

今回入社を決めた企業はリクルートダイレクトスカウトでのスカウトメール。
正直この方以外のスカウトは全部私は興味わかなかった。ちゃんと経歴見てくれたのこの方だけ。
それ以外の内定や最終面接結果待ちで終わったのは4社。indeedで直接応募1、ワークポート1、リクルートエージェント2。


出典:X(旧Twittter) https://twitter.com/cha_co0111/status/1709927769642254368?s=20 (2023-12-20)

リクルートダイレクトスカウトに登録するだけのつもりが、思わぬ魅力的なオファーが届いてとんとん拍子で転職したケースもあります。

職種や業種の幅も広いため、年収以外の面でも興味をひかれる意外な求人に出会える可能性も高いでしょう。

スカウトだけではなく自分でも希望の求人を探すことができる

リクルートダイレクトスカウトは企業やヘッドハンターからのスカウトを待つだけではなく、自分で求人を探してアプローチすることも可能です。

結論。転職するときはビズリーチとリクルートダイレクトスカウトに登録。面倒だが、履歴書や職務経歴書も埋める。一度作れば手直しだけでずっと使える。直接応募も検討しながら良好な案件を持っていそうなエージェントと関係を作る。応募と面接を繰り返して、自分の希望と企業のすり合わせをする。


出典:X(旧Twittter) https://twitter.com/PPBOOOOO/status/1586176591679606785?s=20 (2023-12-20)

リクルートダイレクトスカウトでは気になる求人に応募すると、企業やその求人情報を保有しているヘッドハンターから連絡が来ます。

スキルや経歴によっては応募する前に断られるという口コミも見られますが、スムーズに選考に進めるケースもあるため積極的に活用するのがおすすめです。

リクルートダイレクトスカウトの悪い評判と口コミ

リクルートダイレクトスカウトを実際に利用した方から悪い評判と口コミを集めた結果、以下の点に不満を感じる方が多いようです。

  • 希望条件とは違う求人が送られてくる
  • エージェントからのスカウトメールが大量に届く
  • 年収やスキルによってスカウトメールが来ないことがある
  • 地方の求人が少ない
  • 専任のキャリアアドバイザーがいない

希望条件とは違う求人が送られてくる

リクルートダイレクトスカウトでは、希望とマッチしない求人が届くという口コミが見られました。

とりあえず、リクルートダイレクトスカウトに登録してみたものの「それじゃない感」の求人オファーが多すぎるなぁ。やっぱりカジュアル面談とかして内情知った上でとかの活動が良さげ。


出典:X(旧Twittter) https://twitter.com/HaiSai008/status/1524171589612617728?s=20 (2023-12-20)

やっぱハイクラス媒体としてはビズリーチが一歩抜けてるのかね…。リクルートダイレクトスカウト、DODA-X辺りは「え?300万?ハイクラスサイトで何言ってんの?」みたいなオファーが飛んでくるし、往々にして全然マッチしてないオファーが飛んでくるやっぱ大手の名前がついてても買収した媒体だから…


出典:X(旧Twittter) https://twitter.com/yuitin_business/status/1646038203026255873?s=20 (2023-12-20)

特にエージェントからのスカウトでは、希望から離れたオファーが届くことが多いという評判があります。

また、リクルートダイレクトスカウトはハイクラス向けを謳いつつも年収の幅が広く、年収300万円程のスカウトが届くことに不満を感じる口コミも見られました。

リクルートダイレクトスカウトは2023年12月のリニューアルで、求職者と企業双方の情報や希望を精査してマッチングを行うAIシステムを導入しています。

スカウトのミスマッチを減らし、より精度の高いオファーが期待できるでしょう。

エージェントからのスカウトメールが大量に届く

リクルートダイレクトスカウトは、登録直後にエージェントからのスカウトメールが大量に届くという口コミもあります。

チェックが嫌になってリクルートダイレクトスカウトのマイページをしばらく見ないでおくともっと見たくなくなる通知が真っ赤に輝いている…せめてマッチしてるスカウトオファーならいいんだけどねえ…適当に量送るの止めて欲しい…


出典:X(旧Twittter) https://twitter.com/yuitin_business/status/1592017801396785152?s=20 (2023-12-20)

自分の市場価値や今転職したらどんな案件にアサイン出来るのか知りたくて、リクルートダイレクトスカウトに登録してみたけど大量のメールが届くので疑心暗鬼になっている。


出典:X(旧Twittter) https://twitter.com/windbell0317/status/1582333494545743874?s=20 (2023-12-20)

リクルートダイレクトスカウトからのマッチしない内容の定型文オファーも多く、レジュメを作成する意味があるのか疑問を感じる口コミも多く見られます。

ただ、少し前にリクルートダイレクトスカウトはリニューアルし、レジュメを元にしたAI分析を導入したため、今後はマッチング率の向上が期待できるでしょう。

年収やスキルによってスカウトメールが来ないことがある

リクルートダイレクトスカウトに登録してもスカウトメールが全然届かないという評価や、期待するほど好条件のオファーが来ないという口コミも見られました。

リクルートダイレクトスカウトとか登録してみたけど、やっぱあんまりいいスカウトとか来ないな


出典:X(旧Twittter) https://twitter.com/bbaa05437462/status/1616768414709862401?s=20 (2023-12-20)

昔登録して放置してたリクルートダイレクトスカウト、職歴をちゃんと更新したら結構オファー届くようになった。いくつか話聞いてみよ。#転職活動


出典:X(旧Twittter) https://twitter.com/jobchange34/status/1656257170370084865?s=20 (2023-12-20)

リクルートダイレクトスカウトでは登録したレジュメを元にマッチングするため、年収やスキルなど記載内容によっては適した求人がない場合もあります。

内容を充実させるとスカウトの質も高まるため、待遇の良いオファーを期待する方は魅力的なレジュメになるようしっかり作り込みましょう。

企業やヘッドハンターの目に留まるよう、こまめに実績やスキルアップを反映させて更新頻度を上げるのもおすすめです。

地方の求人が少ない

リクルートダイレクトスカウトは全国に対応したサービスですが、地方の求人が少ないという不満の口コミも見られました。

転職するいうて田舎には職がないから全然良いとこなくて明日転職フェスタあるから行ってみるかと気軽に申し込んでみたリクルートダイレクトスカウトも登録したけど………🤔やっぱ都会進出した方がええんか?


出典:X(旧Twittter) https://twitter.com/thurumaruta/status/1695122136464302536?s=20 (2023-12-20)

地方で転職活動をする場合は、地域特化の転職サイトやハローワーク (※)を活用するのがおすすめです。

とはいえ、全国区で好待遇の地方管理職を募集する大企業もあります。

企業やヘッドハンターから思わぬオファーが届く可能性もあるため、リクルートダイレクトスカウトにも転職活動の際には登録しておくと良いでしょう。

参考:ハローワーク.https://www.hellowork.mhlw.go.jp/index.html.(2023-12-20)

専任のキャリアアドバイザーがいない

リクルートダイレクトスカウトには専任でキャリアの相談に乗ってくれるアドバイザーがいません。

仕事が暇だから前々から興味のあった、リクルートダイレクトスカウトに登録してみた企業の採用担当から直接オファーが来るかと思えば、エージェントと求職者のマッチング…業界最大手のダイレクト求人サービスの登場に期待してただけに残念


出典:X(旧Twittter) https://twitter.com/sk_gaha/status/1491666959960002560?s=20 (2023-12-20)

企業からダイレクトオファーが来た場合は自分で連絡を取り、面接日程の調整や待遇交渉をする必要があります。

また、リクルートダイレクトスカウトのヘッドハンターのサポート対応も、エージェントによりさまざまです。

自分のキャリアプランや選考対策に自信がなくサポートが必要だと感じる場合は、転職エージェントも併用するのがおすすめです。

リクルートダイレクトスカウトの仕組み

リクルートダイレクトスカウトは株式会社リクルートが運営する、ハイクラス向け転職スカウトサービスです。

リクルートダイレクトスカウトの基本情報(※)
公開求人数120,128件
対応地域全国・海外
料金無料
運営会社株式会社リクルート

リクルートダイレクトスカウトは以下の4つの仕組みで、求職者に質の高い求人情報を届けています。

  • 求人情報は一般公開されていない
  • 企業が特定のスキルを持つ求職者を見つける
  • 企業が求職者にスカウトメールを送る
  • 求職者が企業からのスカウトを受ける

※出典:株式会社リクルート 【公式】リクルートダイレクトスカウト https://directscout.recruit.co.jp/ (2023-12-20)

求人情報は一般公開されていない

リクルートダイレクトスカウトの求人情報は基本的に非公開で、企業のダイレクトオファーやヘッドハンターが独自で保有している求人が大半です。

非公開求人は企業の重要なポストや大きなプロジェクトの主要ポジションなど、重要度の高いハイクラス求人が多い傾向があります。

限られた人材にのみ開示される希少な求人に出会える可能性があるのは、リクルートダイレクトスカウトの魅力と言えるでしょう。

リクルートダイレクトスカウトに登録するレジュメの内容を充実させると、企業やヘッドハンターから好待遇のオファーが届く確率が上がる仕組みになっています。

ポジションや待遇に明確な希望があればレジュメに明記しておきましょう。よりマッチした求人に出会いやすくなり、希望の仕事に就ける可能性が高まります。

企業が特定のスキルを持つ求職者を見つける

リクルートダイレクトスカウトでは登録したレジュメを元に、求めるスキルや経験を持つ人材を企業やヘッドハンターが見つける仕組みです。

リクルートダイレクトスカウトは高精度AIが求職者と企業双方の条件を分析してサポートするため、精度の高いマッチング力を実現しています。

自分で求人を検索するよりも新しいキャリアに巡り合う機会が広がり、転職の成功につながるでしょう。

企業やヘッドハンターに見つけてもらいやすくするには、レジュメにスキルや専門性を記載しアピールすることが大切です。

リニューアルでは「気になる」機能が実装され求職者から企業にアプローチできるようになったため、上手くマッチングすればより希望に合う転職が叶うでしょう。

企業が求職者にスカウトメールを送る

求める人材に合致する求職者に対して、企業やヘッドハンターがスカウトメールを送ります。

求職者は興味がひかれた場合のみ返信する仕組みです。届いたスカウトの内容をよく検討し、少しでも興味をひかれたら話だけでも聞いてみるのがおすすめです。

リニューアルでチャット機能が追加され、面談よりも気軽に交流できるようになりました。

スマホで気兼ねなくコメントできるためお互いの意見が伝わりやすく、転職後のミスマッチを防げます。

求職者が企業からのスカウトを受ける

企業からのスカウトを受けると決めたら選考に進みましょう。一般的にスカウトの場合は書類選考が免除されて面接から選考が始まります。

ただしリクルートダイレクトスカウトでは、企業のダイレクトオファーでも書類選考する場合もあることを認識しておきましょう。

特に、リクルートダイレクトスカウトのヘッドハンターからのオファーは大半が書類選考から始まるため、応募書類を用意する必要があります。

書類選考を避けたい方は面接確約のオファーのみを受けるようにするのがおすすめです。

企業やヘッドハンターからスカウトを受けたからと言って入社が確約されるわけではないので注意してください。

リクルートダイレクトスカウトはこんな人におすすめ

リクルートダイレクトスカウトのサービスが向いている・おすすめの方は以下の通りです。

  • キャリアアップを目指している
  • 仕事が忙しく自分で転職活動する時間が少ない
  • 自分の市場価値を明確にしたい
  • 転職を急いでいない
  • 特定のスキルや実績を積み上げている

キャリアアップを目指している

リクルートダイレクトスカウトはハイクラス求人が多く年収が上がる可能性が高いため、キャリアアップ転職を目指している方におすすめです。

マネジメント経験のある方や専門技術を持っている方は、スキルや経験を活かしてより高いキャリアを目指せるでしょう。

また、キャリアアップが目指せる環境やスキル習得を支援する制度の有無によって、将来的な年収やキャリアプランが異なります。

キャリアアップを転職の目的とする場合は転職直後の待遇だけではなく、入社後の長期的なキャリアの方向性も確認しておくことをおすすめします。

仕事が忙しく自分で転職活動する時間が少ない

リクルートダイレクトスカウトは待機型のサービスなので、転職活動をする時間が少ないビジネスパーソンにもおすすめです。

あなたのスキルや専門性を求める企業やヘッドハンターからオファーが届くため、気になるものだけ返信すれば良いでしょう。

リクルートダイレクトスカウトでは自分で求人情報を検索する必要がなく、転職活動にかかる時間を大幅に減らせます。

レジュメをしっかり作り込んでおくと企業やヘッドハンターとのマッチング精度が上がり、より効率的な転職活動が可能です。

面倒でも時間を割いて、丁寧にレジュメを作り込んでおきましょう。

自分の市場価値を明確にしたい

リクルートダイレクトスカウトは届くスカウトの年収や待遇で自分の市場価値がわかるため、キャリアの方向性に迷う方にもおすすめです。

選択式で自分のスキルを登録できるので、選択肢の中から次に自分に必要なスキルも把握できます。

スキルアップやキャリア形成の指標にすることで、長期的なキャリアプランが明確になるでしょう。

業務上の経験や身に付けたスキルをこまめに更新すると届くスカウトの質が変わるため、自分の市場価値の確認と同時にモチベーションにもつながります。

転職を急いでいない

リクルートダイレクトスカウトは転職を急いでおらず、じっくり求人を探したい方におすすめのサービスです。

ハイクラスの求人はそもそも絶対数が少なく、企業やヘッドハンターからのスカウトを待つという受け身のサービスの性質上、急いで転職したい方には向きません。

ヘッドハンターと面談しても、マッチする求人がなければ紹介してもらえない場合もあります。

本来ハイクラスの転職はじっくり機を窺って良縁を待つのが定石です。

登録しておいてスカウトを待ち、魅力的なオファーがあれば動くというスタンスであればリクルートダイレクトスカウトの利点を活かせるでしょう。

転職を急ぎたい方はリクルートダイレクトスカウトだけではなく複数の転職支援サービスを活用し、積極的に転職活動を行うと内定までスピーディに進められます。

特定のスキルや実績を積み上げている

特定のスキルや実績を積み上げ、専門性の高いキャリアを構築している方にもリクルートダイレクトスカウトはおすすめです。

専門スキルを持つ方は、希少性と専門性をアピールできれば年収アップに繋がる転職も難しくありません。

スペシャリストの需要は高く、好待遇で迎えてくれる企業も見つかります。

じっくりとスキルや実績を積み上げてこまめにレジュメを更新しておきましょう。

企業やヘッドハンターから魅力的なオファーがあったときに素早く行動に移すことが、リクルートダイレクトスカウトで転職するときの成功の秘訣と言えます。

リクルートダイレクトスカウトを上手に活用するポイント

リクルートダイレクトスカウトを上手に活用して転職を成功させるために、大切なポイントは以下の通りです。

  • 企業がスカウトしたくなるような職務経歴書作成する
  • 自分に合ったヘッドハンターを選ぶ
  • 他の転職サイトやエージェントも併用する
  • 時間に余裕をもって利用を開始する

企業がスカウトしたくなるような職務経歴書作成する

リクルートダイレクトスカウトではレジュメと呼ばれる職務経歴書を元にマッチングが行われるため、魅力的なレジュメを作成することが重要です。

リクルートダイレクトスカウトで条件の良いスカウトを受けたければ、レジュメを充実させるのが不可欠と言えるでしょう。

リニューアルしたリクルートダイレクトスカウトは、スキルや経験を選択していくだけでAIがレジュメを作成してくれます。

企業やヘッドハンターにあなたの魅力をアピールできるように、丁寧に作り込んでおきましょう。

また、リクルートグループの転職支援サービスではレジュメを共有できます。

リクナビNEXTの自己分析ツールの結果を参考にする、リクルートエージェントで添削を受けるなど、サービスを併用してレジュメを充実させるのもおすすめです。

参考:株式会社リクルート リクルートダイレクトスカウト.「職務経歴書の書き方と職種別の書き方見本【テンプレートダウンロード】」.https://directscout.recruit.co.jp/contents/article/3471/.(2023-12-20)

自分に合ったヘッドハンターを選ぶ

リクルートダイレクトスカウトには多数のヘッドハンターが登録しているため、相性が合わないと感じたら違うエージェントを利用すると良いでしょう。

ヘッドハンターによって保有する案件や求人の質も異なります。

また、所属する人材サービスによってヘッドハンターの対応力に差があり、サポートの質にもつながることを認識しておきましょう。

こまめに連絡や選考対策のサポートを提案するヘッドハンターもいれば、企業の紹介のみでほとんど連絡をしないヘッドハンターもいます。

自分に合ったヘッドハンターを選び、合わないと感じたら早めに見切りをつけて他のヘッドハンターを選ぶ方が、転職活動はスムーズに進むでしょう。

他の転職サイトやエージェントも併用する

ハイクラス求人は絶対数が少ないため、リクルートダイレクトスカウト以外にも評判の良い転職サイトやエージェントを併用するのがおすすめです。

転職エージェントでは手厚いサポートが受けられ、職務経歴書の内容や面接対策のブラッシュアップが可能です。

また、キャリア相談で自分を客観的に評価してもらうことで、新しい転職の方向性が見えてくる場合もあります。

スカウト型の転職サービスは登録しておくだけで理想の求人に出会える可能性があるため、なるべく多く登録しておくのがおすすめです。

さまざまなサービスを活用して効率的に転職活動を進め、理想の転職を叶えましょう。

参考:株式会社リクルート リクルートダイレクトスカウト.「転職エージェントの賢い使い方は?メリットを最大限に引き出す方法」.https://directscout.recruit.co.jp/contents/article/5247/.(2023-12-20)

時間に余裕をもって利用を開始する

一般的な転職期間は3か月~6か月と言われますが、スカウトサービスを利用する場合は数年単位でオファーを待つ方も多く、転職期間が長引きがちです。

スキルや経歴次第では登録しても企業やヘッドハンターからスカウトがなかなか来ない場合もあるため、転職期間に余裕をもって行動する必要があります。

退職日が決まっているなど時間に余裕のない方は、リクルートダイレクトスカウトだけではなく他の転職サービスを併用して積極的に転職活動を行うのがおすすめです。

転職を急いでいない場合はじっくり企業やヘッドハンターからのスカウトを待ち、好待遇オファーのチャンスを待つのも良いでしょう。

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチの違い

リクルートダイレクトスカウトとよく比較されるスカウト型転職サービス、ビズリーチとの違いを解説します。どちらが自分に向いているか参考にしてください。

リクルートダイレクトスカウトビズリーチ
公開求人数120,128件109,600件
費用無料▼スタンダードステージ:無料▼プレミアムステージ・Web決済:5,478円(税込)30日間コース・アプリ決済:5,500円(税込)月額
登録審査なしあり
特徴・年収800万~2,000万円のハイクラス求人多数・リクルートグループでレジュメを共有・幅広いジャンルに対応・求人の1/3以上が年収1,000万円以上のハイクラス・6,600人以上のヘッドハンターが登録・管理職、専門職、プロフェッショナル向け求人多数

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチには以下の特徴の違いがあります。

  • リクルートダイレクトスカウトはスカウト型のハイクラス転職向け
  • リクルートダイレクトスカウトは登録が無料
  • 求人数はリクルートダイレクトスカウトの方が多い
  • リクルートダイレクトスカウトは登録時の審査がない

リクルートダイレクトスカウトはスカウト型のハイクラス転職向け

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチは、スカウト型のハイクラス向け転職支援サービスです。

求職者が登録した情報を元に、企業からのダイレクトオファーやヘッドハンターからのスカウトが届きます。

企業スカウトは企業の採用担当者からの直接のオファーで、書類選考なしに面接に進める可能性が高いでしょう。

ヘッドハンターからのスカウトでは、エージェントが保有する複数の求人の中からマッチするものを紹介される仕組みです。

希望の条件に合う求人がなければ面談だけで、紹介は見送りになる場合もあります。

ヘッドハンターと相性が合わないと感じたらお互いのために早めに見切りをつけ、違うヘッドハンターを探しましょう。

リクルートダイレクトスカウトもビズリーチも年収800万円以上の求人を多数保有しているため、ハイクラス転職を目指す方は両方に登録するのがおすすめです。

参考:リクルートダイレクトスカウト.「ハイクラス求人とは?ハイクラス転職を実現するために知っておきたいこと」.https://directscout.recruit.co.jp/contents/article/5772/.(2023-12-20)

リクルートダイレクトスカウトは登録が無料

リクルートダイレクトスカウトは登録や利用に一切費用が掛からず、転職活動を無料で行えます。

ビズリーチは無料でも利用できますが、プレミアムオファーの閲覧など多くのサービスは月額5,500円(税込)の有料プランへの登録が必要です。

とはいえ、求人情報に対する口コミの評判でビズリーチの評価は高く、高年収や好待遇のオファーが期待できます。

ビズリーチの場合は無料で利用し始めてどの程度のスカウトが届くかを把握してから、転職活動を本格的に行う期間だけ課金するのもおすすめの方法です。

リクルートダイレクトスカウトはずっと無料で利用できるため、自分の市場価値を知りたいだけの場合にも利用しやすいと言えます。

どちらのサービスも併用することで、理想の求人に出会える可能性が高まるでしょう。

求人数はリクルートダイレクトスカウトの方が多い

2023年12月現在、リクルートダイレクトスカウトの求人数は120,128件、ビズリーチは109,600件です。

リクルートダイレクトスカウトはリニューアルオープン直後で、一時的に求人数が減っていると思われます。

リニューアル前は50万件以上の求人が確認できたため、今後同じ程度に増加する見込みです。

リクルートグループならではのコネクションから圧倒的な求人数を誇るため、希望の求人に出会える可能性も高まります。

転職を検討し始めたら市場調査を兼ねて、最初にリクルートダイレクトスカウトに登録するのがおすすめです。

リクルートダイレクトスカウトは登録時の審査がない

リクルートダイレクトスカウトには登録時の審査がないため、現在の年収やポジションにかかわらず登録できます。

とはいえ、スキルや実績がなければ企業やヘッドハンターからのスカウトを受けるのは難しいでしょう。

一方ビズリーチは求職者、企業、ヘッドハンターそれぞれに基準が設けられており、登録時に審査が必要です。

登録にハードルがあるものの、優良な企業やヘッドハンターが多く求人の質に定評があります。

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチにはそれぞれ有用な特徴があるため、転職活動の際は併用して自分に合う方をメインで活用するのがおすすめです。

リクルートダイレクトスカウトとリクルートエージェントの違い

リクルートダイレクトスカウトとよく間違えられるサービスに「リクルートエージェント」があります。

名前が似ていて間違えやすいですが、違うサービスなので特徴を捉えておきましょう。

リクルートダイレクトスカウトリクルートエージェント
仕事の探し方企業やヘッドハンターからのスカウトキャリアアドバイザーからの紹介
求人の層年収800万~2,000万円のハイクラス求人年齢層は30代後半~50代20代~30代が中心全職種、全業種
特徴・企業やヘッドハンターからのスカウトを待つ・基本的に自分で転職活動を行う・高精度AIがマッチングをサポート・キャリアアシスタントのサポートが受けられる・紹介を受けた企業しか応募できない・国内最大級の求人データベース

リクルートダイレクトスカウトとリクルートエージェントの違いを、以下の点から比較します。

  • リクルートエージェントは担当のキャリアアシスタントが転職をサポート
  • リクルートエージェントは幅広い層の求人を取り扱う
  • リクルートエージェントは書類作成・添削を行ってくれる
  • リクルートエージェントは20~30代の求人が多い

リクルートエージェントは担当のキャリアアシスタントが転職をサポート

リクルートエージェントは、担当のキャリアアシスタントが転職をサポートするエージェントサービスです。

キャリアアドバイザーが自己分析やキャリアサポートを通してあなたの強みや適性を把握し、マッチするおすすめの求人を紹介してくれます。

自分のキャリアプランに迷いが生じたときにも心強くバックアップしてくれるでしょう。

また、面接日程の調整や年収交渉といった企業とのやりとりを代行してくれるため、転職活動の負担がぐっと軽くなるのも魅力です。

リクルートダイレクトスカウトではハイクラス求人が期待できるものの、キャリアアシスタントのサポートが受けられません。

両方のサービスを併用して良い面を活用し、転職活動を効率的に進めていくのがおすすめです。

リクルートエージェントは幅広い層の求人を取り扱う

リクルートエージェントは職種や業種、年収などの制限がなく、幅広い求人を取り扱っています。

経験豊富なキャリアアドバイザーがレジュメの情報だけではわからないあなたの強みを見抜き、ぴったりの求人を紹介してくれるでしょう。

キャリアアドバイザーがあなたのスキルや希望を把握しているため、マッチング率の高さも評判です。

20万件以上の非公開求人を保有している点も魅力のひとつでしょう。多くの求人情報にアクセスすることで、より条件の合う企業に巡り合う可能性も高まります。

リクルートダイレクトスカウトでの転職活動がスムーズに進まないときは、リクルートエージェントのキャリアカウンセリングを受けてみるのもおすすめです。

リクルートエージェントは書類作成・添削を行ってくれる

リクルートエージェントでは、キャリアアドバイザーが応募書類の作成サポートや添削を行ってくれます。

アドバイザーのサポートで、企業に評価されやすい自分の強みやアピールポイントから最適な応募書類を作成できるでしょう。

リクルートグループではレジュメを共有しているため、エージェントに添削してもらったレジュメをリクルートダイレクトスカウトで公開することも可能です。

魅力的なレジュメ作成をサポートしてもらうことで企業やヘッドハンターからのスカウトの質も上がるでしょう。

また、リクルートエージェントでは模擬面接など面接対策も行ってくれます。どちらのサービスも上手に活用して、より条件の良い転職を叶えましょう。

リクルートエージェントは20~30代の求人が多い

リクルートエージェントは全年代の求人を扱っていますが、特に20代~30代の若年層向けの求人が豊富です。

一方、リクルートダイレクトスカウトでは30代~50代の即戦力を求める求人が多く、若年層にはおすすめではない転職サイトといえます。

実績が少なくスカウトがなかなか届かない若手は、リクルートエージェントを利用してみるのもおすすめです。

ハイクラス求人にこだわるよりも、スキルアップの支援や年収アップの実績がある企業を選んだ方が長期的なキャリア形成では有利になる場合もあります。

キャリアアドバイザーと相談しながら、最適なキャリアプランを選んでいきましょう。

リクルートダイレクトスカウトの登録から内定までの流れ

リクルートダイレクトスカウトに登録してから、企業から内定をもらうまでの主な流れは以下の通りです。

  1. 公式ページから会員登録してログイン
  2. 職務経歴書を作成・登録
  3. スカウトやヘッドハンターと面談
  4. 面接の対策
  5. 内定・入社手続き

公式ページから会員登録してログイン

まずはリクルートダイレクトスカウトの公式ページから会員登録をしましょう。

リクナビNEXTやじゃらんなど他のリクルートサービスに登録している場合は、同じリクルートIDでログイン可能です。

学歴や職歴、スキルを記入してアカウントを作成すると、求人情報の詳細などが閲覧できます。

同時にリクルートエージェントにも登録できるため、併せて利用するのがおすすめです。

また現在所属している企業や取引先など、特定の企業に対して自分の情報を非公開に設定できます。

会社にバレると不都合がある場合など、必要ならチェックしておきましょう。

職務経歴書を作成・登録

自分の希望に合う求人情報を受け取るために職務経歴書(レジュメ)を登録します。

レジュメの情報を充実させることでスカウトのマッチング率が高まるため、アピールポイントをできるだけ記載しておくのがおすすめです。

リクルートダイレクトスカウトでは設定された質問の回答を選択していくだけで、AIが自動でレジュメを作成してくれます。

リクルートグループの転職支援サービスではレジュメを共有しているため、リクルートエージェントやリクナビNEXTでもそのまま利用可能です。

作成したレジュメを元にAIがあなたにおすすめの求人を紹介してくれます。興味のある求人には「気になる」で求職者側からアプローチも可能です。

スカウトやヘッドハンターと面談

あなたのレジュメを元に興味を持った企業やヘッドハンターからスカウトが届きます。気になるオファーがあればヘッドハンターと連絡を取りましょう。

面談方法はヘッドハンターにより異なるものの、CEOクラスの特別なオファー以外はオンライン面談が主流です。

面談をせずメールのみでやり取りする場合もあるため、状況に合わせて対応してください。

ヘッドハンターには自分の希望をしっかり伝えて転職時のミスマッチを防ぎましょう。

リクルートダイレクトスカウトはスカウトサービスですが、気になる求人に自分から応募することも可能です。

実力を発揮できそうな求人が見つかったら積極的に応募し、企業やヘッドハンターからの連絡を待ちましょう。

面接の対策

リクルートダイレクトスカウトでは企業からのダイレクトオファーでも、書類選考から選考が行われる場合もあります。

書類選考を避けたい場合は「面接確約」などの記載がある求人を選ぶのがおすすめです。

面接の際は能力や人柄はもちろん、社風や求める人材にマッチするかも重要な選考ポイントです。

入社後に自分がどのように貢献できるのかを示せるように、企業研究を深めておきましょう。

ヘッドハンターによっては選考対策をサポートしてくれることもありますが、不安がある方はエージェントサービスを併用するのがおすすめです。

リクルートエージェントなら企業に合わせた模擬面接など、手厚い選考対策が受けられます。

内定・入社手続き

最終面接を通過したら内定通知書が届きます。指定された期日までに内定受諾または辞退を申告してください。

年収や勤務地など条件に不満がある場合は内定を受ける前に交渉し、納得できる条件で契約することが大切です。

内定を受諾したら現在の職場で退職手続きを行い、退社日と入社日を決めます。引継ぎもれや提出書類の不備がないようにしっかり確認しましょう。

ヘッドハンターによっては待遇交渉や入社日の調整をしてくれることもあります。円満退社が難しいと感じる場合は退職支援サービスを活用するのもおすすめです。

リクルートダイレクトスカウトと併用したい転職サイト・エージェント

リクルートダイレクトスカウトと以下の転職支援サービスを併用すると、転職活動を効率良く進められておすすめです。

転職サイト公開求人数対応エリア得意なジャンル
リクルートエージェント公開求人:364,608件非公開求人:230,909件全国・海外全職種、全業種
JACリクルートメント11,927件全国・海外管理職、技術職、スペシャリスト
リクナビNEXT102,202件全国・海外全職種、全業種
ビズリーチ109,600件全国・海外管理職、技術職、専門職
doda227,403件全国・海外全職種、全業種
マイナビエージェント68,176件全国・海外20代~30代のポテンシャル求人

出典:株式会社リクルート 【公式】リクルートエージェント https://www.r-agent.com/ (2023-12-20)

出典:株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント 【公式】JAC Recruitment https://www.jac-recruitment.jp/ (2023-12-20)

出典:株式会社リクルート 【公式】リクナビNEXT https://next.rikunabi.com/?leadtc=top_logo (2023-12-20)

出典:株式会社ビズリーチ 【公式】BIZREACH https://www.bizreach.jp/ (2023-12-20)

出典:パーソルキャリア株式会社 【公式】doda https://doda.jp/ (2023-12-20)

出典:株式会社マイナビ 【公式】マイナビエージェント https://mynavi-agent.jp/ (2023-12-20)

ビズリーチ以外はすべて無料で利用できるため、気になる転職サイトがあれば悩む前に登録しておくと良いでしょう。

リクルートエージェント

出典:株式会社リクルート 【公式】リクルートエージェント https://www.r-agent.com/ (2023-12-20)

同じリクルートグループが運営するリクルートエージェントは、リクルートダイレクトスカウトと併用するのに相性の良いおすすめの転職サービスです。

リクルートグループの転職サービスではレジュメを共有できるため、エージェントに相談しながら魅力的な職務経歴書を作成できます。

国内トップクラスの幅広い求人からあなたにぴったりの企業を紹介してくれるでしょう。

ダイレクトスカウトと共有している求人も多く、エージェントの手厚いサポートを受けながら気になる企業に応募できる可能性もあります。

求人の対象年齢や業種・職種にも偏りが少なく、すべての求職者におすすめの転職エージェントです。

JACリクルートメント

出典:株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント 【公式】JAC Recruitment https://www.jac-recruitment.jp/ (2023-12-20)

JACリクルートメントは株式会社JAC Recruitmentが運営するハイクラス専門転職エージェントです。

外資系や国内グローバル企業を中心に管理職・専門職などのハイクラス向け求人を豊富に扱っています。

英語のレジュメや面接にも対策した選考対策など手厚い転職サポートに定評があり、初めての転職にもおすすめです。

年収1,000万円以上の求人も多数扱っており、スキルや実績次第でキャリアアップも目指せるでしょう。

専門性の高い転職を実現したい方や英語力を活かして働きたい方は、ぜひJACリクルートメントを活用してください。

リクナビNEXT

出典:株式会社リクルート 【公式】リクナビNEXT https://next.rikunabi.com/?leadtc=top_logo (2023-12-20)

リクナビNEXTはリクルートグループが運営するため、リクルートダイレクトスカウトと情報を共有できて併用しやすい転職サイトです。

リクルートグループが長年蓄積してきたデータを有するAIが、国内最大級の求人データベースからマッチする求人をおすすめしてくれます。

自己分析ツールの「グッドポイント診断」(※)も人気が高く、診断結果を応募書類に添付できるのも魅力です。

幅広い年齢・職種・業種に対応できるので、ぜひ求人情報を検索してみてください。

20代の第二新卒からキャリアアップしたいミドル世代、ゆったり働きたいシニアまで、世代や転職の目的を問わずにおすすめできる転職サイトです。

※参考:株式会社マイナビ マイナビNEXT グットポイント診断 https://next.rikunabi.com/goodpoint/ (2023/12/20)

ビズリーチ

出典:株式会社ビズリーチ 【公式】BIZREACH https://www.bizreach.jp/ (2023-12-20)

リクルートダイレクトスカウトと比較されることも多いビズリーチは、ハイクラス向け転職スカウトサービスとして支持の厚いサービスのひとつです。

転職支援サービスの中では非常に珍しい有料サービスでありながら、質の良い求人に出会いたいハイキャリアに根強い人気があります。

経営幹部・管理職・スペシャリストといったハイクラス求人が豊富で、書類選考が免除される企業スカウトの比率も高めです。

リクルートダイレクトスカウトと併せて登録すれば幅広いスカウトが期待でき、より良い条件で転職できる可能性も高まるでしょう。

doda(デューダ)

doda(デューダ)
doda(デューダ)

出典:パーソルキャリア株式会社 【公式】doda https://doda.jp/ (2023-12-20)

パーソルキャリア株式会社が運営するdodaは、スカウト機能やエージェント機能も併せ持つ複合型の転職サイトです。

普段は求人閲覧だけ利用し、気になる求人があったときだけエージェントサービスを活用するという使い方もおすすめです。

自分に必要なサポートだけを選んで受けられるため、不要な紹介メールが大量に来ることもありません。

ハイクラス転職希望の方は同じ系列のハイクラス向けスカウトサービス「dodaX」を利用すると、よりマッチする確率が上がります。

自分のペースで転職活動を進めたい方や選択肢の幅を広げたい方は、リクルートダイレクトスカウトとdodaを併用するのがおすすめです。

マイナビエージェント

出典:株式会社マイナビ 【公式】マイナビエージェント https://mynavi-agent.jp/ (2023-12-20)

マイナビグループが運営するマイナビエージェントは、20代~30代の若い世代に支持されている転職エージェントです。

提出書類の添削や模擬面接といった丁寧な選考対策はもちろん、マッチング率の高さにも定評があります。

ベンチャーやスタートアップ企業の求人も豊富で、自分の力を試したい20代や30代にもおすすめです。

スカウトサービスでは出会いにくい未経験分野のサポートにも定評があるため、リクルートダイレクトスカウトと併用すると可能性の幅が広がります。

初めての転職や手厚いサポートを希望する若手は、キャリアコンサルティングを受けてみると良いでしょう。

リクルートダイレクトスカウトに関するよくある質問

リクルートダイレクトスカウトが気になっている転職者によくある質問に回答します。

  • リクルートダイレクトスカウトは費用が掛かりますか?
  • スカウトが来ないときの対応は?
  • 転職活動がバレることはありますか?
  • 20代の転職希望者にもスカウトは来ますか?
  • 未経験の職種からもスカウトは来ますか?

リクルートダイレクトスカウトは費用が掛かりますか?

リクルートダイレクトスカウトの利用には一切費用が掛かりません。

転職支援サービスの多くは求人を募集する企業からの紹介料で成り立っており、求職者側は無料で利用できる仕組みを採用しています。

登録からオファーへの返信、内定受諾などすべて無料で利用できるため、気になるオファーにはどんどんアプローチすると良いでしょう。

リクルートダイレクトスカウトだけでなく大半の転職サイトが無料で利用できるため、複数のサービスを併用するのがおすすめです。

なるべく多くの求人情報から、より良い条件の企業を選んで転職を成功させましょう。

スカウトが来ないときの対応は?

リクルートダイレクトスカウトでスカウトが来ないのは「レジュメの内容が薄い」「スキルや実績に見合った求人がない」といった理由が考えられます。

リクルートダイレクトスカウトでは登録したレジュメを元に企業やヘッドハンターからのオファーが届くため、魅力的なレジュメを作成することが重要です。

具体的な数字を記載したり、場合によっては資格取得を目指したりと、レジュメを充実させると希望にマッチする求人も増えるでしょう。

転職エージェントを活用して自己分析をサポートしてもらい、職務経歴書の添削を受けるのもおすすめです。

また企業からのダイレクトオファーを期待していても、ヘッドハンターからのスカウトに気落ちする必要はありません。

ヘッドハンターによっては魅力的な独自求人を保有している場合もあるため、少しでも気になるオファーがあれば積極的にアプローチしてみるのもおすすめです。

転職活動がバレることはありますか?

リクルートダイレクトスカウトは求職者側からアプローチしない限り匿名なので、基本的に会社や知人にバレる心配はありません。

特定の企業に対して自分の情報を非公開に設定することも可能なため、現職や取引先の企業を指定しておくとより安心です。

とはいえ特殊な業務の実績や詳細を記載する、知人のいる企業にアプローチするといった自分のミスでバレてしまう可能性はあります。

絶対にバレたくない場合は細心の注意を払い、オファーが来たら会社名をしっかり確認しましょう。

人為的なミスがなければリクルートダイレクトスカウトの利用が会社にバレる可能性は低いため、安心して転職活動を進められます。

20代の転職希望者にもスカウトは来ますか?

リクルートダイレクトスカウトはハイクラス向けの転職スカウトサービスのため、スキルや実績の少ない20代にはスカウトが来ない可能性もあります。

転職を急がない方は登録してレジュメをこまめに更新しておくと、スカウトの動向で自分の市場価値を客観的に判断できるでしょう。

スキルや経験、取得した資格を記載するたびに企業やヘッドハンターからのオファーの質も変化し、スキルアップの励みになります。

20代で急いで転職したい場合は、以下のような若年層にも手厚い転職支援サービスがおすすめです。

  • リクルートエージェント
  • マイナビエージェント
  • doda

自分に合った転職支援サービスを活用することで転職成功の可能性も高まります。

未経験の職種からもスカウトは来ますか?

リクルートダイレクトスカウトは即戦力を求めるハイクラス求人が中心なので、未経験ジャンルのオファーが来る可能性は低いと言えます。

レジュメに登録された経歴を元に企業やヘッドハンターからスカウトが届くため、実績のない分野のマッチングは期待できません。

未経験でチャレンジしてみたい求人が見つかった場合は、応用できそうなスキルや経験をアピールして自分からアプローチしてみるのも良いでしょう。

ポテンシャル採用や未経験歓迎の多い以下の転職サイトを活用するのもおすすめです。

  • リクナビNEXT
  • doda
  • JACリクルートメント

未経験ジャンルにチャレンジする場合はポテンシャル採用で経験を積んでから、次のステップとして年収アップを目指すと良いでしょう。

リクルートダイレクトスカウトの評判|まとめ

リクルートダイレクトスカウトは理想の転職が叶う可能性のあるスカウト型の転職支援サービスです。

大手リクルートグループが運営しているので安心感があり、また同じリクルートグループの転職サービスとレジュメが共有できるのも嬉しいポイントです。

口コミや評判は評価が分かれるところですが、マッチする方には高収入のスカウトが届く場合もあるため、登録して損はないと言えます。

リクルートダイレクトスカウトを始め複数の転職サービスを上手に活用し、スキルを活かして活躍できるやりがいのある仕事を見つけましょう。

SFAは活用されてこそ意味がある

ページ先頭へ戻る