東証スタンダード上場企業のジオコードが運営!営業組織を強くするWebマガジン

更新日:2024/02/28 

ビズリーチの悪質や悪いという評判は本当?スカウトをもらうコツや効果的な使い方も紹介

ハイクラス向けの転職サービスであるビズリーチ。

企業からスカウトを受けられるシステムは本当なのか、悪い評判はないのかと不安に思い登録を迷っている方も多いでしょう。

今回はビズリーチの評判や利用するメリット・デメリットについて、詳しく解説します。

ビズリーチの年代別おすすめポイント・利用方法・スカウトを受け取るコツなども紹介するので、転職に役立つサービスを探している方はぜひ参考にしてください。

この記事の目次はこちら

ビズリーチはスカウト型の転職サイト

ビズリーチは管理職・専門職・グローバル人材などハイクラス転職を対象にした、スカウト型の転職サイトです。

優良企業やプロフェッショナルなヘッドハンターから、直接スカウトを受け取れます。

そのため会員の7割以上はスカウトの量や条件を見て、自分の市場価値を知るためにビズリーチを利用しています。

ビズリーチ会員の7割以上は市場価値を知るためにビズリーチを利用しています。企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることで、あなたの市場価値を知ることができます。(※)

30〜40代のミドル層や高年収層の転職成功実績が豊富な点も、ビズリーチの特徴です。

ビズリーチでは現職より300万円も収入が高い企業へ転職した成功例もあります。

ビズリーチ限定の非公開求人も多いため、他の転職サイトでは見つけられない自分に合った求人を探せるでしょう。

ビズリーチは審査に合格しなければ登録できないので、経験やスキルがある方や高年収の方におすすめの転職サービスです。

※ 参考:株式会社ビズリーチ【公式】ビズリーチ,転職コラム,「市場価値を知るにはどうすればいい?高める方法とは?年収アップにはつながるか?」https://www.bizreach.jp/column/market-value/(2023-12-18)

ビズリーチの良い評判|ビズリーチを利用するメリット

ビズリーチは悪い評判がある一方で、2009年から長く支持されているほど高評価も得ています。

例えば、ビズリーチは登録時の審査が厳しい分、ハイクラス求人が豊富な点から年収600万円以上の方に支持されています。

また企業が求めるスキルや経歴があれば、自分の市場価値をチェックできるほど多くのスカウトが届く点も人気の理由です。

ビズリーチの良い評判を確認して利用するメリットを考えてみましょう。

ハイクラス求人が豊富

転職サイトはビズリーチが良かった。転職を2回経験し、3サイトほど登録しましたが、2回ともビズリーチ経由で決まりました。

ハイクラス求人が多いので、最初は苦戦します。

でも年収も上がったし、何より親身になって相談に乗ってくれるエージェントばかりだった。

出典:X,https://twitter.com/,(2020-1-27)

求人数はあまり多くないですが、求人はハイクラスに寄ってます。

自分の実力に自信がある方はおすすめです。

出典:みん評,ビズリーチの口コミ・評判,投稿日:2023.09.29,https://minhyo.jp/bizreach,(2023-12-18)

ビズリーチはハイクラス転職に特化しているため、高年収・好条件な求人が豊富です。実際に年収1,000万円以上の求人が3分の1以上を占めています。

以下に当てはまる方はワンランク上の転職を目指せる可能性が高いでしょう。

  • マネジメント経験がある
  • 現職で長く責任者のポジションに就いている
  • 役員クラスだった
  • 専門的なスキルがある
  • 語学が堪能である

登録時に審査があるビズリーチでは利用者のレベルを一定に保っているため、ハイクラス求人が集まる環境が整っています。

企業にスキルや経歴が認められれば、現職より数百万円も高額な年収が提示されることも珍しくありません。

自分の市場価値を確認できる

他の求職者の職歴やスキルなどの情報を知ることができ、自分の立ち位置を冷静に受け止めることができた。

講師の方も基本的にプラス思考で話すのでモチベーションを上げる事が出来るように思う。

出典:Yahoo!しごとカタログ「ビズリーチ 評判・口コミ」,”良い点 40代男性/技術系/役職なし/200万未満”,https://jobcatalog.yahoo.co.jp/agency/agency-list/1000000019/,(2023-12-18)

特に個人または少人数で人材斡旋業を手掛けているエージェントからたくさん案件の紹介があります。

もちろん気になる案件が無ければ返信する義務もないため、まずは自分がどのあたりの企業や職種であれば転職できそうかを把握するには手っ取り早いサービスという印象です。

出典:みん評,ビズリーチの口コミ・評判,投稿日:2019.02.10,https://minhyo.jp/bizreach,(2023-12-18)

ビズリーチは自分の実力に応じた条件のスカウトが届くため、転職における自分の市場価値を確認できるメリットがあります。

どのような業界やポジションか、年収水準がいくらかといった観点から求人を見ると、転職における自分の市場価値が見えてくるでしょう。

想定以上のスカウトが届けば仕事への自信がつきます。

実際にビズリーチ会員の7割以上が市場価値を把握しているので、自分の転職市場価値を知りたい人はまず登録を検討してみてください。

ヘッドハンターの質が良い

エージェントを利用して、いくつかの企業からの紹介をもらいました。

その情報量の多さに良かったと思いました。

出典:Yahoo!しごとカタログ「ビズリーチ 評判・口コミ」,”良い点 50代男性/その他/役職なし/200万未満”,https://jobcatalog.yahoo.co.jp/agency/agency-list/1000000019/,(2023-12-18)

担当者が親身になって対応してくれ、しかもとても丁寧で、自分への適正を考えてくれているのが心強くて信用できました。

出典:Yahoo!しごとカタログ「ビズリーチ 評判・口コミ」,”良い点 40代男性/その他/役職なし/400万”,https://jobcatalog.yahoo.co.jp/agency/agency-list/1000000019/,(2023-12-18)

ビズリーチはヘッドハンターを独自で厳選しているため、担当者の質が良いというメリットがあります。

転職の目的や希望条件などをしっかりヒアリングしたうえで、自分の悩みに寄り添った最適な求人を紹介してくれるでしょう。

さらにビズリーチのヘッドハンターは転職に関する知識が豊富なため、職務経歴書の書き方・面接でのアピール方法などの転職サポートも受けられます。

はじめて転職する人やプロ目線でアドバイスを受けた人にとっては、ヘッドハンターの質の高さは大きな魅力でしょう。

効率よく転職活動ができる

自分自身の保有するビジネススキルを良く理解してくださり、希望する新たな企業に適切に対応して利用できるように導いていただき関心しました。

出典:Yahoo!しごとカタログ「ビズリーチ 評判・口コミ」,”良い点 50代男性/技術系/部長/800万”,https://jobcatalog.yahoo.co.jp/agency/agency-list/1000000019/,(2023-12-18)

逐一、応募書類を作成する手間が省けるので応募が楽。また選考状況を確認できる部分は利点かと思います。

出典:Yahoo!しごとカタログ「ビズリーチ 評判・口コミ」,”良い点 50代男性/その他/主任/900万”,https://jobcatalog.yahoo.co.jp/agency/agency-list/1000000019/,(2023-12-18)

ビズリーチはヘッドハンターからスカウトを受けられるため、忙しい人でも効率的に転職活動を進められます。

一般的な転職エージェントと異なり、ビズリーチは登録後にエージェントと面談せずに選考へ進めます。

自分で求人を探す必要がないので検索する手間もありません。

ヘッドハンターによっては応募先企業との日程調整・年収交渉といった、煩わしい手続きを代行してくれます。

職務経歴書を登録したら自ら動かず、スカウトを待つだけでも転職活動を進められるのはビズリーチならではのメリットでしょう。

スカウト機能によってさまざまな求人情報を得られる

登録してすぐにスカウトをもらった。多くのスカウトの中から自分で選んで返事ができるところが良かった。

面談の雰囲気も和やかで話しやすかった。

出典:Yahoo!しごとカタログ「ビズリーチ 評判・口コミ」,”良い点 30代男性/営業・企画/役職なし/400万”,https://jobcatalog.yahoo.co.jp/agency/agency-list/1000000019/,(2023-12-18)

ビズリーチ経由で給与レンジが1000-2500万円の求人情報が届いて、おおよそ自分の資格や経験と合致しそう。

ちょっと話だけ聞いてみようか。

出典:X,https://twitter.com/,(2023-1-4)

ビズリーチではスカウト機能により、さまざまな求人情報を得られるメリットもあります。

一般的な転職サイトのように自分で求人を調べて応募する場合は、希望する企業・業界・職種のみで求人を検討するでしょう。

ビズリーチでは思いがけない企業からスカウトをもらい、自力では見つけられなかった新たな転職先の選択肢が増えるケースも少なくありません。

ヘッドハンターからも転職に関する情報が得られるので、客観的な目線で自分に合う求人情報がわかります。

より多くの求人情報を集めたい方はビズリーチへの登録がおすすめです。

ビズリーチの悪い評判|ビズリーチを利用するデメリット

ビズリーチのリアルな評判を知るためには利用者の口コミが役立ちます。

特にビズリーチの悪い評判を把握しておけば、「登録時に審査があるためキャリアがない自分には向いていない」など、事前にミスマッチを防げます。

またビズリーチの弱みがわかれば、「企業からスカウトがこない可能性があるから別の転職サイトもあわせて利用しよう」といった対策も可能です。

ビズリーチの悪い評判から利用するデメリットを確認し、登録するかどうかの判断材料にしてください。

無料プランだと利用できる機能が限られる

スカウトにしろ紹介にしろ、企業名を知りたければ課金しないといけない。

出典:Google口コミ「㈱ビズリーチ」,https://www.google.com/maps/reviews/,(2023-12-18)

「ビズリーチ審査結果」。承認でホッとする。あと有料プランのプレミアムステージ30日無料がついてきた。

全ての求人を検索・応募できたり、全てのスカウトを閲覧・返信できるらしい。逆に無料プランは制限があることを理解。

しかし最近の転職サイトは有料なのか。ビックリ。#退職まであと096日

出典:X,https://twitter.com/,(2022-9-29)

ビズリーチには無料プランと有料プランの2種類があり、課金の有無によって利用できる機能に制限があります。

無料プランでも利用はできますが、有料会員のようにすべての求人・スカウトを閲覧できません。

一部の求人へは応募もできないため、課金しなければ転職のチャンスが減ってしまいます。

どのような求人があるか知りたい人や市場価値を確かめたい人は無料プランで様子見し、転職への温度感が高い人は有料プランを利用すると良いでしょう。

企業からのスカウトがこない

ビズリーチから全然スカウト来ない。

来ても心理全く関係ない職種だけ、、、

営業職ばっかり😭

心理はない、、

出典:X,https://twitter.com/,(2023-5-13)

ビズリーチのスカウト、マジでお見送りにしてきた会社からしか来ないんだが!?!??

出典:X,https://twitter.com/,(2023-12-13)

ビズリーチはスカウト型の転職サイトですが、必ず全員にスカウトがくるわけではありません。

企業の求めるスキルや経験がない方は、希望条件に合うスカウトが来ない可能性があります。

特にビズリーチはハイクラス転職を対象としているため、管理職経験がある方やグローバル人材など即戦力となる方にスカウトが集中する傾向があります。

一方で社会人になりたての第二新卒の方や、正社員経験がない方はスカウトがこないことも珍しくありません。

スキルや経験を身につけてから利用するか、自分の年代や経歴に見合った転職サービスを選ぶと良いでしょう。

登録情報の審査が厳しい

ビズリーチに登録してみたら審査落ちました

一度経歴書ないから却下で経歴書過去のに追記して再申請したら審査落ちました

ビズリーチには要らない男でした

出典:X,https://twitter.com/,(2023-10-25)

ビズリーチの審査落ちた。47歳、年収400万未満、管理経験なしでお門違いだった。私は弱小企業勤務だが、大企業の人と接する機会もしばしば。

人生設計ちゃんとして来たんだろうなと感心する。負け犬の遠吠えではなく、文系の場合は能力なんて大差ない。

私は遅いが若い求職者は今頑張って。

出典:X,https://twitter.com/,(2023-7-12)

ビズリーチは優秀な人材に好条件の求人を紹介するサービスの維持を目的に、登録前の審査を義務付けています。

そのため厳しい審査を通過しなければ、登録自体できない点がビズリーチのデメリットです。一定の経験・年収がないと利用できません。

審査基準は、ビズリーチに掲載している求人情報の応募条件を満たすキャリアをお持ちであることです。 ただし、具体的な審査基準は公開しておりません。あらかじめご了承ください。(※)

ただし近年はハードルが少し下がり、年収が低い場合でも職務経歴書を丁寧に記入すれば審査に通過できるケースが見られます。

口コミで言われる審査の厳しさは緩和されているため、気になる人はぜひチャレンジしてみてください。

※ 出典:ビズリーチ.「審査とは何ですか?」.https://www.bizreach.jp/static/help/resume/.(2023-12-27)

質の悪いヘッドハンターもいる

企業登録数は多いかもしれないがどれも応募者多数なので書類選考を通過しない。

また応募企業担当者とエージェントとの交わりがメールのみの場合が多いので企業状況を把握しているエージェントは少ない。

融通性に欠ける。

出典:Yahoo!しごとカタログ「ビズリーチ 評判・口コミ」,”良い点 50代男性/その他/主任/900万”,https://jobcatalog.yahoo.co.jp/agency/agency-list/1000000019/,(2023-12-18)

変なスカウトから変なメールが来て「プレミアム会員じゃないと見られません」。

仕方なく登録したら箸にも棒にもかからない、私の経歴とは全然関係ない内容。これ「釣り」じゃないのか?

出典:みん評,ビズリーチの口コミ・評判, 投稿日:2023.12.03,https://minhyo.jp/bizreach,(2023-12-18)

ビズリーチは優秀なヘッドハンターを厳選していますが、なかには悪質な担当者もいます。

少しでも転職支援実績を上げようと利用者のプロフィールをしっかり見ずに条件の合わない求人を勧めてくる、強引で信頼できないという口コミも見られました。

ヘッドハンターには転職支援実績に基づいて決まるS〜Dのスコアがあるため、事前にスコアの高さをチェックするとトラブルを避けやすくなるでしょう。

「ヘッドハンタースコア」とは、ビズリーチでの転職支援実績から算出されたもので、面談したビズリーチ会員の満足度や採用決定数など、複数の指標を5点満点で評価しています。また、評価をもとにSからDのランクもつけられます。(※)

万が一悪質なヘッドハンターからメッセージがきたら、ブロック機能で対処できるので安心してください。

※ 出典:ビズリーチ.「最適なヘッドハンターを見つけるポイント」.https://www.bizreach.jp/static/guide/consult/.(2023-12-27)

自分の希望に合わない求人を紹介される

エージェントから紹介していただいた、企業が私にあまりマッチしていなくてちょっといまいちだと感じた。

出典:Yahoo!しごとカタログ「ビズリーチ 評判・口コミ」,”良い点 50代男性/その他/役職なし/200万未満”,https://jobcatalog.yahoo.co.jp/agency/agency-list/1000000019/,(2023-12-18)

やはり新コロナウィルスやウクライナ関連でエージェントを利用しても、ちょっと前よりなかなか希望する職業が薄くなっている。

出典:Yahoo!しごとカタログ「ビズリーチ 評判・口コミ」,”良い点 30代男性/クリエイティブ系/リーダー/400万”,https://jobcatalog.yahoo.co.jp/agency/agency-list/1000000019/,(2023-12-18)

口コミのように自分の希望条件とは異なる求人を紹介された方も目立ちました。

ビズリーチは26,200社とコンタクトがとれるほど求人数が豊富ですが、条件によっては合わない方もいます。

ほかの転職サイト・転職エージェントでも求めていない求人を紹介してくるケースはあるので、自分の希望に合わないと感じたらしっかり断りましょう。

なお、自分に合った求人を確実に見つけるなら、他の転職サイト・転職エージェントと併用するのがおすすめです。

より多くの求人をチェックできるため、条件をクリアする求人が見つかる可能性が高くなります。

ビズリーチのおすすめポイントを年代別に紹介

転職サイトは年代によって向き・不向きがあります。たとえば20代向けの転職サイトに50代が登録しても、年齢がネックになり採用されづらいでしょう。

ビズリーチは全年代向けの転職サイトですが、各年代ごとに魅力や向いている方が異なります。

年代おすすめポイント・向いている人
20代・高年収求人が豊富にある
・仕事を通してスキルアップできる・年収
・スキルアップ希望の方におすすめ
30代・思いがけないスカウトが届く可能性が高い
・管理職候補の求人も豊富にある
・自分の転職市場価値を知りたい方におすすめ
40〜50代・忙しい方でも転職活動を進められる
・管理職を対象とした求人が豊富にある
・管理職経験がある方におすすめ

ビズリーチの各年代ごとのおすすめポイントを詳しく解説するので、自分がマッチするか確認してみましょう。

【20代】年収・スキルアップを目指せる

年齢を理由に適切な評価を得られないケースがある若手にとって、自分のスキル・経験をもとに高年収を提示してもらえるのはビズリーチ独自の魅力です。

ビズリーチはハイクラス向けの転職サイトのため高年収な求人が豊富です。

特に20代向けの求人は他の転職サイトよりレベルが高く、専門的なスキルや経験が求められます。

またポテンシャルがある20代であれば、ビズリーチでも未経験歓迎の求人を紹介してもらえる可能性があります。

転職支援実績の多いヘッドハンター・転職エージェントであれば、長期的なキャリアデザインを考えるうえで手がかりになるような貴重な情報や、志望する業種・職種に関する豊富な知見を持っている場合もあります。(※1)

新たな業界・職種へ転職すればスキルアップが期待できるでしょう。希望以上のポジションが提示されてキャリアアップできるケースも少なくありません。

実際に、厚生労働省が行った「令和2年転職者実態調査の概況」によると、20代に転職した約半数の人の年収が上がっています。(※2)

現職の年収や環境に満足できていない方はビズリーチの利用が向いているでしょう。

※1 出典:ビズリーチ.「20代の転職、スカウトを受け取ることが成功のカギ」.https://www.bizreach.jp/column/age20/.(2023-12-27)

※2 参考:厚生労働省.「令和2年転職者実態調査の概況」.https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/6-18c-r02-2-01.pdf.(2023-12-27)

【30代】自分の市場価値を把握できる

30代がビズリーチを利用するとスカウトの量や条件によって客観的に自分の転職市場価値を把握できるため、自己分析に役立つでしょう。

30代になるとある程度のスキルを身につけて仕事の経験も積んでいるため、転職市場での自分の立ち位置が気になる方も少なくありません。

一定以上のスキルや経験がある30代であれば、今まで検討していなかった業界・職種・企業から想定外のスカウトが届くこともあります。

特にビズリーチは30代向けの管理職求人が豊富です。30代のミドル層がターゲットなので、マネジメント経験や専門的なスキルが重視されます。

ビズリーチはキャリアアップしたい30代にもおすすめの転職サービスです。

【40・50代】管理職としてさらに年収・キャリアアップを目指せる

ビズリーチは管理職・経営幹部などのポジションを募集する求人が多いので、キャリアアップを目指せるでしょう。

ビズリーチでは、転職成功者のうち、40代以上 が4割以上とかなりの割合を占めます。(※)

一般的に40〜50代は求人数が少なくなるため、転職が難しいと言われています。

しかしハイクラス転職ができるビズリーチでは、責任があるポジションやプロフェッショナルを募集する40〜50代向けの求人も数多く取り扱っています。

管理職や経営幹部へのキャリアアップに関する知識が豊富なヘッドハンターも在籍していることから、キャリアアップを考えている人におすすめです。

またビズリーチは年収1,000万円以上の求人が3分の1以上を占めています。さらに40代の転職後年収は平均960万円と高いため、年齢を問わず年収アップを期待できます。

※ 出典:ビズリーチ.「40代の転職は厳しいのか」.https://www.bizreach.jp/column/age40/.(2023-12-27)

ビズリーチのスカウト機能は2種類ある

ビズリーチのスカウト機能には、通常スカウトとプラチナスカウトの2種類があります。それぞれ送信元や面接確約の有無、閲覧・返信できる方が異なります。

スカウトの種類通常スカウトプラチナスカウト
送信元ヘッドハンターヘッドハンター企業
面接確約なし企業からのスカウトのみ面接確約
閲覧・返信有料プラン利用者のみ無料プランでも可能

プラチナスカウトは送付できる回数に上限があるため、通常スカウトよりアプローチの熱量が高いでしょう。

ビズリーチで転職を成功させるためには、より多くのプラチナスカウトの受信が効果的です。

通常スカウトとプラチナスカウトの特徴や違いを確認し、転職活動の計画を立てるときの参考にしてください。

1.通常スカウト

通常スカウトは有料プランの利用者のみ閲覧・返信が可能な、ヘッドハンターから受け取れるスカウトです。

利用者からヒアリングしたうえで条件に合う求人を探してくれます。

ただし企業からのスカウトではないため、プラチナスカウトと比べてマッチング率はあまり高くありません。

通常スカウトはプラチナスカウトと異なり、上限なく送付できます。そのため希少性は低く、一斉送信するヘッドハンターもいます。

プラチナスカウトより熱量が低い通常スカウトですが、なかなかプラチナスカウトを受け取れない方にとっては転職するチャンスのひとつです。

通常スカウトから自分に合ったヘッドハンターを見つけられれば、転職が成功する可能性があります。

有料プランの利用者であれば制限なく閲覧・返信ができるため、転職先の選択肢を広げたい方はプラン変更を検討しましょう。

2.プラチナスカウト

プラチナスカウトは無料会員でも閲覧・返信ができるスカウトです。

有料かつ送付できる上限数が決まっているプラチナスカウトは、「コストがかかっても会いたい」と強く興味を持っている方にだけ届きます。

プラチナスカウトにはヘッドハンターからと企業からの2種類があり、それぞれ以下のような違いがあります。

送付元企業ヘッドハンター
面接確約×
転職サポート×
特徴・企業との面接が確約されている
・内定が確約されているわけではない
・ヘッドハンターとの面談が確約されている
・企業と面接するためには書類選考を通過しなければならない

企業はプラチナスカウトしか送付できないため、特に希少性が高いといえるでしょう。応募の意思を示すだけで書類選考が免除される点も魅力です。

なおヘッドハンターからのスカウトでは企業との面接が確約されません。あくまでヘッドハンターとの面談が確定されるだけなので、書類選考の対策が必要です。

ただしヘッドハンターからのスカウトを受ければ、企業との日程調整・応募書類の添削・面接対策といった転職サポートを受けられます。

企業からのスカウトは自分で企業と直接やりとりしなければなりませんが、代行してくれるヘッドハンターなら転職活動の負担を減らせます。

ビズリーチを利用して転職を成功させたい方は、通常スカウトも閲覧・返信可能な有料プランを検討しましょう。

ビズリーチの利用登録から内定までの流れ

ビズリーチの登録で最も注意すべきポイントは審査に関わる情報の入力です。登録時の審査に通過しなければビズリーチを利用できません。

必要事項と希望条件・職務経歴を丁寧に入力しましょう。年収や学歴に自信がない方は特に、詳しく記載したほうが審査に通過しやすくなります。

審査に通過し登録が完了したら、企業やヘッドハンターからのスカウトを待つか気になる求人に応募しましょう。

ヘッドハンターからスカウトを受けた場合は書類選考に進みます。企業から直接スカウトを受けた方は書類選考なしで面接できます。

書類選考・面談の両方を通過できれば内定が決まります。

ビズリーチをスムーズに利用するためにも、事前に登録から内定までの一連の流れを把握しておきましょう。

Step1:登録に必要な情報、職務経歴を入力する

ビズリーチの登録では、まず審査対象となる基本情報と職務経歴を入力する必要があります。

入力する基本情報は以下の通りです。

  • 名前
  • 性別
  • 生年月日
  • 連絡先
  • 現住所の都道府県
  • 現在の年収の選択
  • 語学力
  • 最終学歴
  • 転職経験の有無
  • 転職希望時期
  • 直近の勤務先・在籍期間・業種・職種・業務内容

さらに以下の詳細情報を記載すると、スカウトされる確率を高くできます。

  • 直近の具体的な年収
  • マネジメント経験がある人数
  • 今までに経験した業種・職種と年数
  • 具体的な職務経歴
  • 希望の年収
  • 希望する職種
  • 希望の勤務地
  • 興味がある働き方
  • 保有する資格・免許
  • 表彰実績
  • スキル
  • 職務要約
  • 特記事項

ビズリーチは基本情報や職務経歴に基づいて登録前に審査されます。審査に通過しなければビズリーチを利用できない点に気をつけましょう。

Step2①:スカウトを待つ、求人に応募する

審査に通過してビズリーチが利用できるようになったらスカウトを待ちましょう。

企業から届いたプラチナスカウトの場合は、面接の日程調節などについて自分で企業と直接やりとりをします。

ポジションが埋まってしまう可能性があるため、気になる求人には早めに返信しましょう。

またスカウトを待たずに、自分で条件を指定して求人を検索する方法もあります。検索項目は以下の通りです。

  • 職種
  • 業種
  • 勤務地
  • リモートワークの可否
  • 年収の下限
  • 求人タイプ(採用企業求人・ヘッドハンター求人)
  • ステータス(未応募・無料会員でも応募可能など)

さらに期間限定で企業が行う求人公募・求人特集からの応募もできます。「業界シェアトップクラス企業」「英語力を活かせる」などさまざまな特集があります。

無料会員でも応募できるため、定期的に希望条件を満たす公募が行われているかチェックしてみましょう。

Step2②:ヘッドハンターと面談する

ビズリーチでは「企業からのスカウトを待つ」「自ら求人に応募する」以外に、ヘッドハンターのサポートを受けて転職活動を進める方法があります。(※)

ヘッドハンターのサポートを受けるためには、まず届いたスカウトに返信して面談をします。

自分の経歴や希望条件を伝えると、相談内容に基づいた求人を紹介してもらえるでしょう。

スカウトに詳細を記載できないような秘匿性の高い非公開求人を提案してもらえる可能性があります。

応募書類の添削や、面接へのアドバイスを受けられるケースも少なくありません。

なおビズリーチには優秀なヘッドハンターが多く在籍していますが、担当者によって相性の良さや保有求人が異なります。

自分に合った求人を紹介してもらうためには、ヘッドハンターのランクや実績のチェックがおすすめです。

メッセージの文面だけでなく、ヘッドハンターのプロフィールもしっかり確認してください。

※ 出典:ビズリーチ.「ヘッドハンターに会う」.https://www.bizreach.jp/static/guide/howto/.(2023-12-27)

Step3:書類選考・面接

求人への応募が完了したら選考に進みます。企業からスカウトを受けた方は書類選考がありません。

自ら求人に応募した方やヘッドハンターから求人を紹介された方は、まず書類選考に進みます。

書類選考に通過した、または企業からスカウトを受けた場合は面談・面接を受けます。

企業からスカウトを受けた方や自ら求人に応募した方は、企業と直接やりとりをしましょう。

ヘッドハンター経由の応募なら、日程調整などのコミュニケーションを代行してくれます。

なお面談は合否に関わらない、企業と自分が対等にお互いの情報を交換する場です。

面談後に選考を案内されることもあるので、マナーや振る舞いには注意しましょう。

一方で面接はお互いを見極める選考の場です。事前にしっかり準備してから臨みましょう。

Step4:内定・採用が決まる

面接を通過したら内定通知が届きます。

内定通知に記載された条件をしっかりチェックして、入社するかどうか判断します。疑問点や不明点があれば企業へ問い合わせましょう。

ヘッドハンター経由で求人に応募した場合、年収や入社日などを調整してもらえる場合があります。条件交渉などが苦手な方は事前に依頼できるか確認しましょう。

年収・業務内容などに納得できたら内定を承諾します。在職中の方は内定先に入社するために以下の退職手続きを進めてください。

  • 退職交渉
  • 退職届の提出
  • 後任への引き継ぎ

ビズリーチでは転職が決まった方に、Amazonギフトカードや写真館での撮影チケットをプレゼントしています。

簡単なアンケートへ答えるだけで受け取れるため、申し込みを忘れないようにしましょう。

ビズリーチの審査に落ちる人の特徴

ビズリーチの登録前にある審査で落ちる方は一定数います。審査基準は非公開ですが、実際に落ちた方を調査したところいくつかの共通点がありました。

例えば以下に当てはまる方は審査に落ちやすい傾向があります。

  • 経験やスキルが浅い
  • 年収が基準以下
  • 転職回数が多い
  • 経歴が特殊
  • 年齢が高い

ビズリーチは審査に落ちると登録できないため、落ちやすい人の特徴を把握して事前にしっかり対策することが重要です。

ビズリーチの審査に落ちる人の特徴を確認し、自分が該当しないか考えてみましょう。

特徴①:経験やスキルが浅い

経験やスキルが浅い方向けの求人が少ないため、専門性がない方・若手の方は気をつけましょう。

ハイクラス転職に特化したビズリーチでは、経験やスキルが豊富にある優秀な人材が求められます。

実際に求人を見てみると、「TOEIC◯点以上」「◯年以上のマネジメント経験が必須」と厳しい応募条件が定められているケースが少なくありません。

そのため新卒1〜2年目の方や専門性がない方は、ビズリーチの審査に通過できない可能性があります。

自分の経験やスキルに自信がない方は、さまざまな年代・経歴の方をターゲットにした大手転職サイトを選ぶと良いでしょう。

ビズリーチで転職を目指す場合は、経験を積むかスキルを身につけてから登録する選択肢もあります。

特徴②:年収がビズリーチの基準に達していない

ビズリーチは現職の年収についても基準を設けているため、現在の年収・学歴などが基準に達していない方は注意してください。

ビズリーチはハイクラス向けの転職サービスのため、掲載している求人の3分の1以上が年収1,000万円以上です。

さらに年収600万円以上の方から支持されているので、年収600〜800万円程度の求人が数多くあります。

ビズリーチが保有している求人の年収と自分の年収を比べたときに格差が大きいと、審査に落ちる可能性が高くなります。

具体的な年収水準は公開されていませんが、実際に落ちた方の年収を見ると年収400万円程度は必要でしょう。

年収や学歴が理由で審査に落ちた場合は、審査がない転職サービスの利用がおすすめです。

特徴③:転職回数が多い

転職回数が多い方は「転職先で長続きしないかもしれない」と判断されて、審査に落ちる可能性があるでしょう。

ビズリーチではサービスの質を維持するため、企業が求める人材か審査時に判断します。

転職回数が多くてもキャリアアップや年収アップの成功が明らかであれば、過度に心配する必要はありません。

ただし短期間で何度も転職している場合や何度も職種・業種を変えているケースでは、次の企業へ転職してもすぐに辞めるのではないかと見られます。

入社後すぐに転職されると企業への損失が出るため、評価に影響があるでしょう。

特に1〜2年程度の短期間で2〜3回以上の転職歴がある人は注意してください。

特徴④:特殊な経歴を持っている

経歴に合った求人を紹介できないため、特殊な経歴を持っている方は審査に落ちやすいでしょう。

一般的な会社員とは異なる働き方をしてきた経歴があると、「ビズリーチではスキルを活かせない」「特殊な経歴を活かせる求人が少ない」と判断されます。

例えば以下のような職種の方は審査に通過できない可能性があります。

  • 芸能人
  • アスリート
  • 自営業
  • 警察官
  • 自衛隊
  • 水商売

ビズリーチはハイクラス向けの転職サービスであるため、無職の期間が長い方も不承認になりやすいでしょう。

ただし「経歴が特殊だけどビズリーチに登録したい」といった理由で、職務経歴書の詐称は絶対にやめてください。

虚偽の内容での登録は禁じられています。経歴が理由でビズリーチに登録できない場合は、別の転職サービスを利用しましょう。

特徴⑤:年齢が高い

ミドル層をターゲットにしたビズリーチですが、利用者の年代は20〜50代と幅広くなっています。

ただし60歳以上のように年齢が高すぎると、転職成功する可能性が低いうえに年齢で紹介できる求人がないため審査に落ちやすいでしょう。

またビズリーチはハイクラス向けの転職サイトなので、年齢に応じて求められるスキルも高くなります。

40〜50代であっても年齢の割にスキルがない・年収が低いと判断されれば、審査に落ちやすくなります。

ただし20〜30代で審査に落ちたら、年齢よりも年収・経験・スキルが足りない可能性が高いでしょう。

一度落ちても再審査が可能

万が一ビズリーチの審査に落ちてしまった場合、何度でも再審査を受けられるので安心してください。

職務経歴書を更新していただきますと再度審査が可能です。(※)

審査結果のメールでも再審査できる旨が記載されています。ただし落ちた理由は非公開で、問い合わせても教えてもらえない点に注意してください。

再審査を受けるときは職務経歴を詳しく書き直しましょう。修正する場合は以下を参考にしてください。

  • 経歴やスキルに漏れがないか確認する
  • 現在の年収ではなく過去最高年収を記載する
  • 現職で実績を積んでから成果を修正する
  • スキルや語学力を身につけてから再審査を受ける

なお再審査を何度か受けても落ちる場合は、ほかの転職サービスへの登録を検討してください。

※ 出典:ビズリーチ.「審査の結果、不承認や見送りとなった場合、再度審査してもらえますか?」.https://www.bizreach.jp/static/help/resume/.(2023-12-27)

ビズリーチの効果的な使い方

転職を成功させるためにはビズリーチの効果的な使用が大切です。

例えばビズリーチで多くのスカウトを受け取れれば、転職先の選択肢が広がって自分に合う求人を見つけられます。

また自分と相性の良いヘッドハンターが見つかれば、条件の合う求人を紹介してもらえる可能性が高くなるでしょう。

少ない負担で希望通りの企業へ転職するためには、ビズリーチの特徴に合わせた使い方が重要です。

より良い企業やヘッドハンターからスカウトを受けたい方、希望の企業で働きたい方はビズリーチを利用するコツを確認しましょう。

プロフィールをしっかり書く

職務経歴だけでなくプロフィールもしっかり書くと、印象に残りやすくなるでしょう。職務経歴を詳しく書いてもプロフィールは雑な方は少なくありません。

企業やヘッドハンターは職務経歴やプロフィールを見てスカウトを送付します。文量が少ない場合や内容が薄いケースでは、転職意欲が感じられないと判断されます。

学歴・スキル・経歴・役職など、スカウトを判断するときの参考になる情報は具体的に書きましょう。

例えば単に「営業職」と書くより、「個人営業・法人営業」「飛び込み訪問がメインの営業職」など情報を多くするとスカウトが増える可能性が高くなります。

ビズリーチで、より好条件なスカウトを受け取りたい場合はプロフィールを充実させましょう。

ログインとメールの確認は頻繁に行う

企業やヘッドハンターは利用者の最終ログイン情報を閲覧できるため、ビズリーチを効果的に利用するなら頻繁にログインしてメールを確認しましょう。

ビズリーチの使用頻度が高い方は一覧で上位に表示されます。最終ログイン情報が常に最新であれば、転職意欲が高いと判断されやすくなるでしょう。

ビズリーチを頻繁に活用すればするほど注目度が上がる仕組みとなっています。採用担当者の目に触れる確率を高めるためにも、こまめにログインされることをお勧めします。(※)

そのためログインやメールの返信を頻繁にしているアクティブな状態だと、企業やヘッドハンターの目に留まりやすくなります。

またできる限り頻繁にログインしてメールを確認できれば、転職に関する最新の情報が集められます。思いがけない企業からのスカウトを見逃さずに済むでしょう。

できれば毎日のログイン継続がおすすめです。

※ 出典:ビズリーチ.「こまめにログインを行えば一覧で上位に表示」.https://www.bizreach.jp/static/guide/scout-tips/.(2023-12-27)

他の転職サービスも併用する

ビズリーチと他の転職サービス1〜2つ程度を併用すると、転職成功率が高くなります。

転職サイト・転職エージェントによってターゲットや得意な分野が異なるため、自分に合った転職サービスの選択が重要です。

ビズリーチはハイクラス向けのスカウト型転職サイトのため、自分の転職市場価値を確認できます。

ただし必ず担当者が転職活動をサポートしてくれるわけではないので、不安を感じる方もいるでしょう。

業界・業種によっては求人が少なく、なかなか転職活動を進められない可能性があります。選択肢を広げるためには複数の転職サービスへ登録すると良いでしょう。

例えば転職についてアドバイスを受けたい方は転職エージェントと、ニッチな業界の方は特定の業種に特化した転職サイトの利用がおすすめです。

自分の希望に合ったヘッドハンターを選ぶ

ビズリーチで転職の成功率を高くするなら、自分の希望に合った求人をより多く保有しているヘッドハンターの選択が重要です。

ヘッドハンターによって得意分野や保有している求人が異なります。

自分の希望する業界・業種を得意としている、または入社したい企業の求人を持っているヘッドハンターを選んだほうが理想の転職を実現できるでしょう。

ヘッドハンターを見極めるためには、プロフィールの内容を隅々まで確認してください。

得意分野・経験年数・自己PRが記載されているため、人柄や転職支援実績をチェックできます。

またビズリーチでは毎年「JAPAN HEADHUNTER AWARDS」という、活躍したヘッドハンターを表彰しています。

成約数・成約年収・面談満足度などが評価されたヘッドハンターがわかるため、どのようなヘッドハンターが良いか悩んでいる方は参考にしてください。

ビズリーチと併せて利用すると良い転職サイト5選

転職を成功させるためには、ビズリーチと他の転職サイトの併用がおすすめです。

併用する転職サービスを選ぶときは以下をチェックしましょう。

  • 自分の年代・属性をターゲットにしている
  • 希望する業界・職種に特化している
  • 求人数が多い
  • サポートを受けたいなら転職エージェントを選ぶ
  • ビズリーチの弱みをカバーできている

紹介する転職サービス5種類はすべて無料で登録できるため、気になる転職サイトがあれば登録してみてください。

リクルートダイレクトスカウト

公開求人数約50万件以上
おすすめな人・年収アップを目指す方
・キャリアアップを実現したい方
・ハイクラス転職希望の方
・スカウトを受けたい方
対象エリア全国47都道府県
運営会社株式会社リクルート

参考:リクルートダイレクトスカウト.https://directscout.recruit.co.jp/.(2023-12-27)

リクルートダイレクトスカウトはハイクラス転職希望の方を対象とした、スカウト型の転職サービスです。

ビズリーチ以上に求人数が豊富なため、併用により多くの求人をチェックできます。

経験・スキル・希望条件を選択するだけで職務経歴書を作成できるので、仕事やプライベートが忙しくて時間が取れない方でもスムーズに転職活動を進められます。

ただスカウトを待つだけでなく、自ら相談したいヘッドハンターを選べる点も魅力です。

自分に合ったヘッドハンターと出会えれば、希望する業界へ転職するノウハウや面接に通過するアドバイスを教えてもらえます。

すべて無料で利用できるため、年収やキャリアアップを実現したい方はぜひ登録してみてください。

リクルートエージェント

公開求人数約10万件以上
おすすめな人・転職サポートを受けたい方
・幅広い求人を見たい方
・自分に合った求人を紹介してほしい方
対象エリア全国47都道府県
運営会社株式会社リクルート

参考:リクルートエージェント.https://www.r-agent.com/.(2023-12-27)

リクルートエージェントはリクルートダイレクトスカウトと同じく、株式会社リクルートが運営する転職エージェントです。

実績豊富なアドバイザーが担当につくため、希望に合った求人を紹介してもらえます。

スカウト型の転職サイトと異なり、転職エージェントでは提出書類の添削や面接対策といった転職サポートを受けられる点が魅力です。

合格に向けた対策を受けられるので、はじめて転職する方も安心して選考に進めるでしょう。

また多数の非公開求人があるのも嬉しいポイントです。希望する条件が定まっている場合は、多くの求人から自分に合った求人を見つけられます。

年代・年収・スキルレベルを問わず利用できるため、第二新卒からハイクラス転職希望の方まで幅広い層におすすめです。

doda(デューダ)

公開求人数約20万件以上
おすすめな人・転職サポートを受けたい方
・幅広い求人を見たい方
・自分のペースで転職活動を進めたい方
対象エリア全国47都道府県
運営会社パーソルキャリア株式会社

参考:doda(デューダ).https://doda.jp/.(2023-12-27)

doda(デューダ)は審査不要で登録できる大手転職サイトです。年代・年収を問わず登録が可能なので、ビズリーチの審査を待つ間に始められます。

doda(デューダ)1つに登録するだけで、転職サイト・転職エージェント・スカウトサービスの各機能を利用できるのが嬉しいポイントです。

転職サイトで自ら求人を探すだけでなく、エージェントやスカウトからの求人紹介も選べます。

キャリアアドバイザーから手厚い転職サポートを受けられる点も大きな魅力です。

また推定年収を診断する機能・人気企業300社に合格できるか診断する機能・職務経歴書を簡単に作成できる機能など、便利なサービスも豊富にあります。

幅広い求人を探したい方や転職サポートを受けたい方は、ビズリーチとの併用を検討してみてください。

パソナキャリア

公開求人数約4万件以上
おすすめな人・初めて転職活動をする方
・転職サポートを受けたい方
・幅広い求人を見たい方
対象エリア全国47都道府県
運営会社株式会社パソナ

参考:パソナキャリア.https://www.pasonacareer.jp/.(2023-12-27)

パソナキャリアはハイクラスや管理部門向けの転職エージェントです。

取扱い求人の年収は600〜1,200万円と高額なので、年収アップも十分に期待できるでしょう。

累計転職支援実績は約54万人と豊富な実績があるため、蓄積したデータから企業ごとの最適な対策を考えてくれます。

さらに応募書類の添削・日程調整・模擬面接対策・年収交渉まで幅広くサポートしてくれるのも魅力です。

またパソナキャリア限定の求人が1,500件以上あるため、ビズリーチと併用すれば数多くの求人を漏らさずにチェックできます。

初めて転職するため転職サポートを受けたい方や、幅広い求人をチェックしたいハイクラス転職希望の方はぜひビズリーチと併用してみてください。

JAC Recruitment

公開求人数約4.5万件以上
おすすめな人・ハイクラス転職希望の方
・グローバルな求人を探している方
・年収アップを目指す方
・キャリアアップを実現したい方
対象エリア全国47都道府県
運営会社株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント

参考:JAC Recruitment.https://www.jac-recruitment.jp/.(2023-12-27)

JAC Recruitmentは管理職や専門職などハイクラス転職を対象とした転職エージェントです。

オリコン顧客満足度調査によると、ハイクラス・ミドルクラス転職で2019年から5年連続ナンバーワンの実績があります。(※)

日系大手企業から外資系企業まで、幅広い優良企業を紹介してくれることが人気の理由です。

エージェントは各分野に特化しており、不動産業界志望の方には不動産に精通したエージェントが担当してくれます。

さまざまな業界・企業に詳しい転職エージェントなので、希望の業界・企業が定まっている方は利用しやすいでしょう。

ビズリーチやほかの転職エージェントよりも外資系・グローバル企業に強いので、英語力を活かしたい方におすすめです。

※ 参考:オリコン顧客満足度ランキング.「ハイクラス・ミドルクラス転職 総合ランキング」.https://career.oricon.co.jp/rank_shoukai/hi-and-middle-class/.(2023-12-27)

ビズリーチの無料プランと有料プランの違い 

ビズリーチには無料プランと有料プランの2種類がありますが、以下のように機能が異なります。

プランできること料金
スタンダードステージ・求人の検索と閲覧
・一部の求人への応募
・プラチナスカウトの閲覧と返信
・シゴト観診断結果の閲覧
・アカデミーの講義一覧の閲覧
無料
プレミアムステージ・すべての求人の検索と閲覧
・すべての求人への応募
・すべてのスカウトの閲覧と返信
・シゴト観診断結果の閲覧と利用
・アカデミーの講義一覧の閲覧
・アカデミーの申し込み
・コンシェルジュの申し込み
5,478円(税込)

無料プランでは一部のスカウト・求人しか閲覧できず、応募できる求人も限られます。すべてのスカウト・求人を閲覧し応募するためには課金が必要です。(※)

注) プレミアムステージにアップグレードしていただくと、全ての求人を閲覧できます。スタンダードステージ(無料のプラン)で閲覧できるのは一部の求人(「公募」「特集」等)となります

またビズリーチでは以下のようなコンテンツがあります。

  • シゴト観診断:仕事への価値観を明確化する診断
  • アカデミー:キャリアアップに役立つ講義
  • コンシェルジュ:キャリア形成のサポート

無料プランでも十分に転職活動はできますが、有料プランを選んだほうがより有意義な転職サービスを受けられます。

無料プランと有料プランの違いを確認し、自分に合ったプランを検討して転職を成功させましょう。

※ 出典:ビズリーチ.「求人への応募方法を教えてください」.https://www.bizreach.jp/static/help/search/.(2023-12-27)

有料プランは「タレント会員」と「ハイクラス会員」の2種類

有料プランには「タレント会員」と「ハイクラス会員」の2種類が存在し、利用できるサービスが異なります。

タレント会員は現職の年収750万円以下の利用者で、現職の年収が750万円以上になるとハイクラス会員に分類されます。

プラン応募できる求人相談可能なヘッドハンター料金
タレント会員年収1,000万円未満の求人のみハイクラス専門のヘッドハンター以外5,478円(税込)/30日間
ハイクラス会員すべての求人すべてのヘッドハンター5,478円(税込)/30日間

以前はタレント会員とハイクラス会員で料金が分かれていましたが、2022年11月9日の料金プラン改定により料金が統一されました。

Web版からアップグレードすると5,478円(税込)/30日間ですが、アプリからアップグレードすると月額5,500円(税込)と異なる点に注意してください。

有料会員だけが利用できるコンテンツもある

「ビズリーチプレミアム」というコンテンツは、有料会員だけが利用できる情報収集に役立つサービスです。無料会員は一部コンテンツの閲覧しかできません。

ビズリーチプレミアムでは現在、以下3つの機能が利用できます。

  • シゴト観診断
  • アカデミー
  • コンシェルジュ

シゴト観診断では自己診断と他己診断により、仕事をする動機・価値観・自分の行動特性に対する他者の認識・自己認識との差異などを明確にできます。

アカデミーはキャリア形成で必要な知識・スキルなどを学べる、キャリアアップにつながる講義です。

コンシェルジュはキャリア形成をサポートしてくれる存在で、自分の目標や方向性をを言語化してくれます。

今後コンテンツはより充実していくため、キャリア形成のサポートを受けたい方は有料会員へのアップデートがおすすめです。

ビズリーチでスカウトを多くもらうコツ

ビズリーチで受け取るスカウトを増やすためには、スカウトを送付する担当者に興味を持ってもらう工夫が必要です。

プラチナスカウトをきっかけにして転職が成功した方は数多くいます。しかし希望に合わないスカウトを受け取っても、転職成功にはつながりません。

好条件な求人や希望を満たすスカウトを受け取るためには、職務経歴書への正しい記入や適切な希望条件の設定が重要です。

ビズリーチでスカウトを多くもらうコツを確認し、できることから実践してみてください。

職務経歴書は正しくしっかり書く

職務経歴書をしっかり書くとスカウトの関心を引けるため、ビズリーチでスカウトを増やせます。

企業やヘッドハンターは経験業種・経験職種・語学力などを指定して、登録者を絞り込みます。

検索者の想定する条件を満たしていても、職務経歴書に反映されていなければ検索結果に表示されません。

たとえ上記の条件に当てはまっていたとしても、職務経歴書に正しく入力されていなければ、検索段階で「対象外」となってしまいます。特に、業種と職種の経験年数を正しく入力されていない方(多くは過小申告)が多いようですので、いま一度ご確認ください。(※)

また検索結果に表示されても、内容が薄い職務経歴書では興味を持ってもらえないでしょう。

そのため職務経歴書は必ず正しくしっかり書くようにしてください。誤りであっても虚偽の内容があると、企業との信頼関係に影響するため注意しましょう。

なお職務経歴書を編集するときは、メニュー内の「職務経歴書」からすべての項目を編集できます。

※ 出典:ビズリーチ.「職務経歴書に正しく入力して採用担当者の検索対象に」.https://www.bizreach.jp/static/guide/scout-tips/.(2023-12-27)

「企業名」や「担当業務内容」は具体的に書く

職務経歴書のなかでも特に「企業名」や「担当業務内容」は、具体的に書いたほうがスカウトに自分の魅力が伝わります。

「企業名」や「担当業務内容」は自由に記載できるため工夫できる項目です。

ただ「IT企業」「営業」「課長」とシンプルに記入すると、スカウト側に適切な情報が伝わりません。

「企業名」「役職・部署名」の2つは、ご自身で記載方法を工夫できるため、特に重要です。「外資系IT企業」「課長」などのように、一目見ただけでは分からない表記は避け、できる限り具体的に、企業名や担当業務内容が分かるように記載してください。(※)

うまく情報が伝わらないと、スカウトを承諾してからミスマッチが判明して時間の浪費につながります。

例えば「株式会社◯◯◯(××業界で売上ナンバーワン企業)」「営業部ABC課 課長(業務指示・進捗管理)」と詳細に記載すれば、一目見ただけで興味を引けます。

具体的な企業名・役職・業務内容がわかったほうが、スカウト側に自分を理解してもらえるでしょう。

※ 出典:ビズリーチ.『「企業名」「役職・部署名」を具体的に書いて興味を引く』.https://www.bizreach.jp/static/guide/scout-tips/.(2023-12-27)

希望年収を高く設定しすぎない

希望年収を高く設定しすぎないほうがスカウトの目に留まりやすくなるため、より多くのスカウトを受け取れます。

自分の転職市場価値とかけ離れた高額な希望年収を提示すると、「客観視できていない」と判断されてスカウトは届きにくくなります。

またあまりにも希望年収が高いと、スカウトが応募者を絞り込むときの検索結果から外れるでしょう。

内定してからでも年収を交渉できます。基本的に現在の年収と同等、または10%程度高い年収の設定がおすすめです。

ただし転職市場価値と比べて現在の年収が低い場合は、実力に応じた年収を希望したほうが良いでしょう。

実績はできるだけ数字にして表現する

職務経歴書に記載する実績は、説得力を増すためにできるだけ数字で具体的に表現しましょう。数字を活用すると客観的に表現できます。

例えば「売上を高くした」よりも「売上を◯%アップした」と記載したほうが、わかりやすくアピールできます。

また「営業が得意です」のような主観的な表現をなくして、「営業で売上を1億円上げて、社内で表彰された」のように数字を使って事実のみを記載しましょう。

売上目標額・達成率・社内順位・売上や目標との昨対比などは、特に数値化しやすい情報です。

なお数字を使って表現できないときは、「◯◯という施作により課題を解決した」のように具体的なエピソードを記入してください。

ビズリーチの利用に関するQ&A

ビズリーチをスムーズに利用するためには、事前に疑問を解消することが大切です。

利用に関するよくある質問を確認し、サービスに納得したうえでビズリーチに登録してください。

ビズリーチは新卒でも利用できる?

ビズリーチはハイクラス向けの転職サイトであるため、新卒の利用には向いていません。スキル・経験・年収水準が足りず審査に通過できない可能性があります。

学生や新卒で初めて入社する企業を探している方は、若手向けの就職・転職サービスを利用しましょう。

ただし十分なスキル・経験を身につけた第二新卒であれば、ビズリーチを利用できます。

専門的なスキル・高い実績などがありビズリーチの審査基準を満たしていれば、第二新卒であっても年収・キャリアアップを目指せるでしょう。

とはいえビズリーチはミドル層がターゲットなので、第二新卒向けの求人は多くありません。20代向けの転職サービスとの併用がおすすめです。

ビズリーチでは幅広い年代の方が転職を成功させており、転職成功者の年代は30代以上が8割を占めています (2021年1月時点)。(※)

※ 出典:ビズリーチ.「20代後半でも転職の可能性は十分にある」.https://www.bizreach.jp/column/age20/.(2023-12-27)

40代・50代もビズリーチを利用して転職できる?

40代・50代でもビズリーチを利用して、自分に合った企業への転職を成功できる可能性があります。

むしろビズリーチはハイクラス転職に特化しているため、40〜50代の転職成功実績が豊富です。高年収でハイスキルならば十分に成功できるでしょう。

一般的な転職サイトでは年齢が高くなるほど求人数は減ります。

一方でビズリーチは管理職・専門職などの優秀な人材を求める求人が多いため、40代・50代でも転職が成功します。

実際にビズリーチで転職に成功した方は、半数以上が40〜50代です。40代の転職後年収の平均は約960万円で、ミドル層ほど給与の水準が高い傾向があります。

ただし40〜50代で年齢の割に年収が低いと、審査に通過できない点には注意しましょう。

有料プランに登録しないと転職は難しい?

ビズリーチは有料プランに登録せず、無料プランのままでも転職成功できます。

料金プランに関わらず本気度の高いプラチナスカウトを確認できるため、無料プランでも自分とマッチする求人を見つけられるでしょう。

また有料プランを1週間無料で試せるので、アップグレードせずに有料サービスを利用できます。(※)

注) ビズリーチに登録し、職務経歴書が審査で承認されていることが条件となります。「1週間の無料体験」は、お一人様1回のみご利用いただけます。

基本情報の登録・スカウトへ返信などの利用条件をクリアすれば無料期間を延ばせるため、無料期間内に希望の求人が見つかる可能性が高くなるでしょう。

ただし有料プランに登録したほうが、すべての求人をチェックできるため転職活動の選択肢が増えます。

より多くの求人を見たい方・効率的に転職活動を進めたい方は、有料プランへの登録がおすすめです。

※ 出典:ビズリーチ.「無料体験とは何ですか?」.https://www.bizreach.jp/static/help/free/.(2023-12-27)

送られてくるスカウトメールは無視しても大丈夫?

ビズリーチで送られてくるスカウトメールは無視しても問題ありません。

スキル・経験などによってスカウトメールが届く数は異なります。数多くのスカウトを受け取る方の場合、すべてに返信すると大きな負担になるでしょう。

企業やヘッドハンターも無視される前提でスカウトメールを送付しているため、気になるスカウトメールにのみ返信するだけで差し支えありません。

無視をしたくない方はメッセージ画面にある「辞退する」ボタンを押せば、興味がない旨を手軽に伝えられます。

一度辞退した求人への再応募はできなくなるため、慎重に検討してください。

ビズリーチでは、一度辞退した求人情報への再応募はできません。(※)

※ 出典:ビズリーチ.「一度辞退した求人情報へ再度応募するには、どうすればいいですか?」.https://www.bizreach.jp/static/help/search/.(2023-12-27)

嘘の年収を登録しても大丈夫?

ビズリーチで審査に通過するために、嘘の年収を登録するのは絶対にやめてください。利用規約で虚偽の内容の情報投稿は禁止されています。

また申告した年収が虚偽とバレてしまうと、ビズリーチ運営や企業に対して信頼を失います。場合によっては内定や入社を取り消されるため注意してください。

現在嘘をついてしまっている場合はすぐに本来の年収に修正しましょう。修正は以下の手順で行なってください。

  1. ビズリーチにログイン
  2. メニューから「職務経歴書」を選択
  3. 「基本情報」ページにある「編集」をクリック
  4. 「現在の年収」から適切な金額を選択
  5. 「保存」をクリック

ビズリーチに登録したら会社にバレる?

現在の勤務先にビズリーチへの登録はバレません。ビズリーチに登録したプロフィール・職務経歴書は、個人を特定できない範囲で公開されます。

利用者の名前・生年月日・連絡先などは非公開のため、勤務先に転職活動はバレません。

ただし以下のケースではビズリーチの利用が会社にバレる可能性があります。

  • 会社から貸与されたPC・スマホからビズリーチを利用した
  • 同僚に転職活動について話した
  • ビズリーチを利用している場面を同僚に見られた
  • 社内でヘッドハンターと電話をした
  • 転職活動についてSNSで投稿した

ビズリーチをバレずに利用するためには、勤務先や取引先をブロックすることが効果的です。マイページから特定の企業をブロックできます。

ブロックしたい企業が表示されない場合は、現在ビズリーチを利用していないので安心してください。

カジュアル面談ってなに?

ビズリーチのカジュアル面談とは、名前の通りカジュアルな雰囲気で行われる面談です。

面接が始まる前に行われるケースが多く、利用者と企業が対等な立場で情報交換をします。

企業側が自社をアピールする場として、カジュアル面談を行うケースも珍しくありません。

面接では企業が応募者を評価して合否を決めますが、カジュアル面談は合否に関係ありません。面接と異なり履歴書や職務経歴書の提出をしない場合が一般的です。

ただしカジュアル面談で気を抜きすぎて悪い印象を与えると、本選考に進めなくなる可能性があります。

事前にある程度の下調べをして、一般的なビジネスマナーは守るようにしましょう。

ビズリーチは簡単に退会できる?

ビズリーチの退会は簡単にできます。PCから退会する場合は以下の手順です。

  1. ビズリーチにログインする
  2. 会員ページの「設定」を選ぶ
  3. ページ下部にある「退会ページはこちら」を押す
  4. ページ下部の「退会する」をクリックする
  5. 退会理由を選び原因を記載する
  6. 「上記を了承の上、退会する」にチェックを入れて「退会する」を押す

スマホアプリから退会する場合は以下の通りです。

  1. スマホアプリにログインする
  2. 「設定」ページを開く
  3. 「このアプリについて」をタップ
  4. 「退会」をタップする
  5. 「退会の手続きに進む」をタップして退会理由の選択へ進む
  6. 以降はPCの退会手順と同様に対応する

なおビズリーチでは退会時のペナルティがないため再登録も簡単に行えます。

ただし退会すると利用時のデータは消去されて再登録時に審査が必要になりますし、利用料金は返金されないため注意してください。

ビズリーチの評判|まとめ

ビズリーチには「なかなかスカウトが届かない」「自分に合わない求人を紹介される」といった悪い評判が一定数見られました。

一方で「自分の転職市場価値を把握できる」「ヘッドハンターの質が高い」と高評価な意見も多くありました。

職務経歴書やプロフィールを充実させ、適切な希望年収を設定するといった工夫をすれば、届くスカウトの量は増えます。

ビズリーチにはデメリットもありますが多くは自分の工夫でカバーできます。

職務経歴書を登録すれば待っているだけで高年収求人を紹介してもらえるのは、他の転職サイトにはないビズリーチ独自の魅力です。

仕事が忙しい方や年収・キャリアアップを目指すハイクラス転職希望の方は、本記事を参考にビズリーチへ登録してみてください。

SFAは活用されてこそ意味がある

ページ先頭へ戻る