東証スタンダード上場企業のジオコードが運営!営業組織を強くするWebマガジン

更新日:2024/07/16 

30代未経験の転職は厳しい?スキルなしでも転職を成功させるポイントを徹底解説

【PR】

30代での転職は「スキルなしでも転職できる?」「30代後半でも大丈夫?」「年収が下がるのでは?」といった不安が尽きません。

確かに30代の転職では20代の転職よりも高いスキルや実績を求められるため、未経験では厳しい面もあるでしょう。

しかし、30代で未経験の職種に成功しているケースもたくさんあります。


この記事で分かること

この記事の目次はこちら

30代で転職が厳しいと言われる3つの理由

30代は20代と比べて求められるスキルが上がります。30代の転職が厳しくなる3つの理由は以下3点です。

  1. 20代とは違い経験が求められる
  2. 今までの経験で培ってきた能力が期待される
  3. 企業が必要としているのは即戦力と管理能力

①20代とは違い経験が求められる

将来性を期待される20代とは違い、30代での転職は今までの経験や実績が求められます。

20代はまだ社会人としての経験が浅いので、今後の成長に期待をかけられ採用される場合も多いです。

しかし、30代の転職では社会人としての基礎的なスキルはもちろん、現職やこれまでの経験を活かした業務にすぐさま取り掛かれる即戦力を期待されます。

特に30代後半ではマネジメント経験を求められる場合も多く、熱意ではなく経験をアピールできなければ転職を成功させるのは難しいと言えます。

②今までの経験で培ってきた能力が期待される

30代の転職では経験だけでなく、その経験で培ってきたスキルや対応力が期待されています。

特定業務で身につく専門スキルはもちろん、対人スキルや適応力、判断力といった幅広く求められる能力をアピールできれば転職の成功率は上がるでしょう。

ポータブルスキルの要素は「仕事のし方(対課題)」と「人との関わり方(対人)」において、9要素あります。

【仕事のし方】は仕事における前工程から後工程のどこが得意かをみており、【人との関わり方】はマネジメントだけでなく、経営層や、上司、お客様など全方向の対人スキルをみています。


引用:厚生労働省 ポータブルスキル見える化ツール (職業能力診断ツール) https://www.mhlw.go.jp/ (2024-4-4)

どうしてもアピールできるスキルや経験に思い当たらない方は、転職エージェントなどのサービスを活用してキャリアアドバイザーの力を借りるのもおすすめです。


【関連記事】30代におすすめ転職サイト19選を条件別で比較|未経験やフリーター向けサイトも紹介

③企業が必要としているのは即戦力と管理能力

30代の求人には即戦力と管理能力を期待する企業がほとんどです。特に30代前半では即戦力が、30代後半ではマネジメント能力が求められる傾向があります。

30代前半の転職は社会人としての基本的なマナーやスキルはもちろん、企画提案力や専門知識といった即戦力が求められます。

また、30代後半の転職ではチームやプロジェクトのマネジメント経験や若手の指導経験が問われるため、マネジメントスキルがなければ好待遇での転職は厳しいでしょう。


参考:識学総研 30代に求められるリーダーシップとは?身に付けるべきスキルを解説 https://souken.shikigaku.jp/ (2024-4-4)

30代の転職にはリスクが伴う

30代の転職には以下のようなリスクもあります。長期的な視野で冷静に判断し、転職で後悔しないための選択が大切です。

  • 一時的にポジションや給料が下がることがある
  • 上司が年下になることがある
  • ゼロからキャリアを積まなければならない
  • 社風や職場環境になじめない

一時的にポジションや給料が下がることがある

年齢相応の給料を得ている30代では、転職により一時的にポジションや年収が下がる可能性があります。

厚生労働省の調査によると、転職後の給料の変動は以下になります。(※)

年収が増加した(%)変わらない(%)年収が減少した(%)増加ポイント(%)
20~24歳40.525.229.411.1
25~29歳45.626.926.718.9
30~34歳39.427.132.37.1
35~39歳44.928.823.321.6
40~44歳38.028.932.35.7
45~49歳34.236.527.66.6

特に30代前半では20代と比較して年収が下がるケースが多くなっています。

30代は家庭をもつ方も多いので、年収ダウンが見込まれる転職は夫婦でよく話し合う必要があるでしょう。

とはいえ、40代以降ではより年収アップが難しくなるため、転職を決意している場合は早めの行動も大切です。


※出典:厚生労働省 令和4年雇用動向調査結果の概況 https://www.mhlw.go.jp/ (2024-1-4)

上司が年下になることがある

30代は業務に責任が増える年代なので、転職先の上司が年下であるケースも珍しくありません。

特に30代で未経験ジャンルに転職する場合は現職のポジションにかかわらず教育が必要なことから、上司や教育係が年下である確率は高いでしょう。

年下の上司の元で働くやりにくさもあり、転職を後悔するケースも多く見られます。

ですので、30代の転職では転職先の上司が年下でも指導や叱責を受け入れ、プライドを捨てて教えを乞う謙虚な姿勢が重要です。

対人関係で年齢を重視しがちな方や、年下に注意されるのは我慢できないと感じる方はスキルや経験を活かせる管理職への転職を目指すと良いでしょう。

ゼロからキャリアを積まなければならない

30代で未経験ジャンルへのキャリアチェンジを希望する場合、ゼロからキャリアを積み重ねる覚悟が必要です。

30代では即戦力を期待され教育に力を入れてくれる企業は少ないため、若手と共に教育を受け、競い合うケースも多いでしょう。

また、現在まで培ってきた経験やスキルが通用しない場合も多く、年齢相応の実績を上げるためには多大な努力が必須となります。

未経験ジャンルであっても現在のスキルや経験を活かせるシーンが多ければ、転職先でも評価が得られやすいでしょう。

社風や職場環境になじめない

企業ごとに社風や雰囲気が違うため、現職に慣れた30代では転職先での社風や職場環境になじめない場合もあります。

どのようなポジションで採用されても転職先の社風や風土を尊重し、柔軟に対応することが大切です。

ですので、転職した際は仕事以外の面でもコミュニケーションを取り、新しい職場になじめるよう交流を深めましょう。

現職とのギャップが大きすぎる場合、事前に知らなければなじめずに転職の失敗につながります。

また、求人票だけではわからない部分なので、面接の際に社内の雰囲気をチェックするといったリサーチも重要です。

30代で転職を考える場合は転職エージェントを活用して、エージェントにリアルな職場の雰囲気を確認しましょう。


>>30代の転職におすすめの転職エージェントはこちら
【関連記事】転職エージェントおすすめ12社を徹底比較【20代~50代】年代別で紹介

30代で転職をするべき4つのケース

厳しい転職市場の中、30代で転職をおすすめする4つのケースは以下の通りです。

  • キャリアアップを目指している
  • 目指す方向が変わった
  • 職場環境が悪すぎる
  • ストレスが原因での体調不良

①キャリアアップを目指している

キャリアアップを目指している30代の方で、現在の職場で昇進・昇給が期待できない場合は転職を検討しましょう。

キャリアアップ転職により仕事の裁量が広がる、高いスキルや希少な経験を積める、より高いポジションや収入アップといったメリットが得られます。

30代では自分がどのようなキャリアを歩みたいのかキャリアプランを明確にし、目標を達成できる転職を目指すことが大切です。

30代でキャリアアップ転職を希望する場合は、キャリアのゴールを定めて長期的なキャリアプランを明確にしておきましょう。

②目指す方向が変わった

仕事をする中で新たにやりたいことができた、目指す方向が変わったという場合、現職で希望が叶わないなら転職を考えましょう。

キャリアチェンジを目指す他、仕事以外に時間を使うために定時退社できる職場を選ぶケースもあります。

人生の時間をどのように使うのかを決められるのは、自分自身だけです。新たな目標達成に向けたプランを立て、それを実現できる転職を目指しましょう。

また、30代なら失敗したと感じてもまだやり直しできる年代です。転職せずに後悔するくらいなら、思い切ってチャンレジしてみると新たな道が拓けるでしょう。

参考:読売オンラインニュース あきらめない!35歳からの転職転職「35歳限界説」今は昔…30代、40代がキャリアアップする方法 https://www.yomiuri.co.jp/ (2024-4-4)

③職場環境が悪すぎる

職場の人間関係や待遇が悪すぎるなど、客観的に見て職場環境が劣悪だと感じる場合はすぐにでも転職活動を始めてください。

パワハラやセクハラが横行している、有給休暇が取れない、人手不足で激務が続いているといった労働環境は心身の健康を害する原因になります。

問題解決を会社に訴えても改善の傾向が見られない場合は、早めに転職活動を始めるのがおすすめです。

労働環境の悪さを会社が改善する気のない場合は早めに見切りをつけて、転職でより良い職場環境を目指しましょう。

参考:CNN.co.jp 劣悪な職場、健康リスクは失業のストレスより深刻 米英調査 https://www.cnn.co.jp/ (2024-4-4)

④ストレスが原因での体調不良

職場環境へのストレスが原因で体調不良に陥った場合は、悪化する前に転職活動を始めましょう。

他の人にとっては些細なことであっても、強いストレスを感じる場合もあります。以下のようなストレスサインを感じたら直ちに退職手続きをしてください。

  • 食欲不振や過食、不眠
  • 趣味や好きなことに興味をもてない
  • イライラする、怒りっぽくなる
  • 集中力、注意力、気力の低下を感じる
  • 悪い結果や不慮の事故などネガティブなことばかり考える
  • 出社しようとすると体が動かなくなる
  • 会社のことを考えると涙が止まらない

ストレスから鬱や情緒障害を発症してしまうと治療に時間もお金もかかり、キャリアどころではなくなります。

第628条 当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。


出典:厚生労働省 第49回労働政策審議会労働条件分科会 会議次第及び資料項目 <解雇・退職について> https://www.mhlw.go.jp/ (2024-1-4)

体調不良になるほどのストレスを感じる職場であればすぐにでも退職し、気持ちを立て直してから転職活動を始めることも検討しましょう。

30代で転職をするべきではない3つのケース

以下の3つのケースでは、30代の転職はおすすめできません。

  1. 転職する理由が明確ではない
  2. 目的がなく条件だけで転職を希望している
  3. 自己分析ができていない

改めてキャリアの方向性を検討し直し、転職を決断する場合は計画的に行動しましょう。

①転職する理由が明確ではない

転職する理由や目的が明確でない30代は、転職を考え直しましょう。「現在の仕事に飽きた」「違う業界で働いてみたい」といった曖昧な転職理由も同様です。

転職理由が曖昧だと面接でも企業側に「入社してもすぐに辞めてしまうのでは」という不安を与えます。

キャリアプランを立てて長期的な視点をもたなければ、仕事選びに迷いが出てなかなか決まらないケースや転職後の後悔にも繋がるでしょう。

30代の転職を成功させるためには自分が本当にやりたいことや貢献できるスキルなどを見直し、キャリアプランを明確にするのが大切です。

ですので、転職の理由が明確でないままに転職活動を始めるのはおすすめできません。

今の仕事がつまらなく感じる30代は、仕事で目標を定めると張り合いをもって働けるでしょう。

②目的がなく条件だけで転職を希望している

転職活動の目的がなく条件だけを判断基準にするのも転職失敗の原因になりがちです。

今より楽な仕事に就きたい、年収をアップさせたいなどの条件だけで求人を選ぶと、条件以外の面で不満を感じて退職につながる可能性があります。

特にスキルのない30代の場合は、むしろ年収が下がるケースがほとんどです。

スキルなしでは任される仕事も限られるため、職務内容に不満を感じるケースも多くなります。

条件や待遇以外にも目を向け、自分が仕事に求めることは何か、今一度見直してみましょう。

スキルアップやキャリアアップが見込める、実現したい夢が叶うといったやりがいがもてる仕事を選ぶことが大切です。

③自己分析ができていない

自己分析ができていない30代は転職を決意するべきではありません。

30代で転職をする上で自己分析は重要な工程のひとつです。スキルの棚卸しやキャリアへの希望を明確にし、自己分析を深めましょう。

自己分析を徹底的に行うことで自分の仕事に対する取り組み方や適職が明らかになり、進むべき道がわかります。

自己分析の結果、今は現職でキャリアを積むことが自己実現につながるという結論になる場合もあるでしょう。

また、面接での志望動機や自己アピールにもつながるため、自己分析が不十分だと内定獲得の確率も低くなりがちです。

転職を検討する前に自己分析を行い、自分のキャリアプランを明確にしておきましょう。

自己分析が苦手な30代の方は、転職支援サービスの自己分析ツール(※)を活用するのがおすすめです。


※参考:CAREER INDEX 適職診断 https://careerindex.jp/ (2024-1-4)

30代の転職を成功させるためにやるべきこと

30代で転職を成功させるために、6つのポイントを押さえておきましょう。

  • 転職したい理由を明確にする
  • 徹底的に自己分析を行う
  • 希望条件を柔軟に決める
  • 視野を広げて求人を探す
  • 時間と心に余裕をもって転職活動を行う
  • 転職エージェントを活用する

転職したい理由を明確にする

転職したいと感じる30代は自分の気持ちに向き合い、その理由を明確にしておきましょう。

じっくり考えても転職理由が明確にならない場合は転職しても満足できず、転職先でも同じ悩みを繰り返す可能性が高いでしょう。

転職理由が明確であれば、転職先を選ぶときに原因となる環境を避けることも可能です。志望動機にもつながるため入社意欲をアピールできます。

また、転職理由が明確になることで「転職しない」という選択肢が生まれる場合もあるでしょう。

いずれにしても自分がなぜ転職したいと感じるのか転職理由を整理した上で、転職するべきか否かを見直すことが大切です。

徹底的に自己分析を行う

30代が転職を成功させるには徹底した自己分析が欠かせません。自己分析では主に以下の内容をリストアップします。

  • これまでの経験やキャリアの振り返り
  • 自分にできること、持っているスキル
  • 自分が大切にしている考え方や価値観
  • これからやりたいことや目標・キャリアプラン

30代で行う自己分析では自分の内面を深掘りし、明確に言語化することが大切です。

自分には特筆するスキルがないと思っていても、今までの経験を振り返ると意外な強みや弱みを発見できます。

また、転職支援サービスの自己分析ツールや適職診断を活用するのもおすすめです。

自己分析を深めることで求人選びのミスマッチを減らせるだけでなく、書類選考や面接でも踏み込んだ内容でアピールできます。

面倒でも自己分析には時間をかけて、徹底的に深めておきましょう。


参考:株式会社リクルート リクルートダイレクトスカウト 転職に活かせる自己分析のやり方を3ステップで解説 https://directscout.recruit.co.jp/ (2024-1-4)

希望条件を柔軟に決める

転職理由や自己分析から希望条件を明確にして、優先順位と妥協できる点を決めておきましょう。

希望条件が多くなれば、それだけ転職の難易度は上がります。マッチする求人が見つからないか、見つかった場合も倍率が高く転職できない可能性もあるでしょう。

30代が転職を成功させるには、譲れない条件を明確にして妥協できる条件は妥協する潔さも必要です。

目指すキャリアや年収、勤務地、残業時間や年休の日数といった転職で求める条件をリストアップし、優先順位をつけておきましょう。

また、求人を探すときは譲れない条件から徐々に範囲を広げていくのがおすすめです。

すべての希望条件を満たす求人はなかなか見つかりません。譲れない条件以外は柔軟に対応することで、30代の転職活動はスムーズに進みます。

視野を広げて求人を探す

転職時に業種や職種にこだわりがなければ、今までの業種以外にも視野を広げて幅広く求人を探しましょう。

30代では未経験ジャンルへの転職は難しいとはいえ、今のスキルや経験が活かせる業種や職種は多いでしょう。

30代でも業界経験不問の求人であれば敷居は低くなり、条件の良い求人に出会える可能性もあります。

自分のもつスキルを活かせる職種や採用されやすい業界をリサーチしておくことで、転職活動もスムーズに進むでしょう。

30代での転職を成功させるには職種や業種にこだわらず、広く情報を集めて選択肢を増やすことも重要なポイントです。

時間と心に余裕をもって転職活動を行う

30代で転職活動をする際は時間と心に余裕をもつことで、希望の求人に出会える可能性が高まります。

仕事を辞めてから転職活動を始めると、金銭面や離職後の空白期間が長くなる不安から希望と異なる転職をしがちです。

仕事を続けたまま転職活動を行えば、希望に近い求人が見つかるまでじっくり探せます。

また、特定の求人が増えるシーズンまで待つなど、計画的に転職活動を進められるでしょう。

なかなか内定がもらえない場合でも、現職を続けたままであれば転職しないという選択肢を選べるのもメリットです。

ですので、30代の転職では仕事を続けたまま転職活動を行い、時間と心に余裕をもって理想の転職を目指しましょう。

参考:マイジョブ・カード 転職活動はいつから始めるのが理想的? 目安となるスケジュール https://www.job-card.mhlw.go.jp/ (2024-4-4)

転職エージェントを活用する

30代の転職を成功させるには、転職エージェントのサポートを受けるのもおすすめです。

転職エージェントでは一般に公開されない独自求人を保有するなど、非公開求人を中心に扱っているのも特徴です。

希望に合ったマッチング率の高い求人の紹介や、提出書類の添削や面接対策を実施してくれるため内定率が高まります。

企業との日程調整、条件交渉のやり取りをすべて代行してくれることから、仕事をしながらの転職活動でも負担なく進められる点も魅力です。

いくつかの転職エージェントに登録し、相性の良い転職エージェントや条件の良い求人を紹介してくれる転職エージェントに絞って活用するのがおすすめです。


【関連記事】転職エージェントおすすめ12社を徹底比較【20代~50代】年代別で紹介

30代の転職におすすめの転職エージェント

転職が厳しくなる30代は転職エージェントのサポートを受けると転職活動がスムーズに進みます。30代におすすめの転職エージェントは以下の5社です。

転職エージェント公開求人数得意ジャンル
リクルートエージェント374,782件全職種・全業種
doda221,864件全職種・全業種
type女性の転職エージェント17,173件20代~30代の女性全職種・全業種
マイナビエージェント67,445件20代~30代全職種・全業種
パソナキャリア34,519件管理職・専門職ハイキャリアの女性


出典:株式会社リクルート 【公式】リクルートエージェント https://www.r-agent.com/ (2023-12-13)
出典:株式会社マイナビ 【公式】マイナビエージェント https://mynavi-agent.jp/ (2023-12-13)
出典:株式会社パソナ 【公式】パソナキャリア https://www.pasonacareer.jp/corp/ (2023-12-13)
出典:パーソルキャリア株式会社 【公式】doda https://doda.jp/ (2023-12-6)
出典:株式会社キャリアデザインセンター 【公式】type女性の転職エージェント https://type.woman-agent.jp/ (2023-12-13)

(2024年4月時点)

リクルートエージェント

ルクルートエージェント バナー

出典:株式会社リクルート 【公式】リクルートエージェント https://www.r-agent.com/ (2023-12-13)

リクルートエージェントは人材業界大手の株式会社リクルートが運営する転職エージェントです。

職種・業種にかかわらず幅広く求人を保有しており、業界最多の求人数を誇ります。

キャリアアドバイザーの手厚いサポートは転職のノウハウやマッチする求人の紹介から、書類や面接の選考対策まで細やかにバックアップしてくれ、転職が初めての30代や自分に向いている仕事がわからない方におすすめです。

公開求人数374,782件
費用240,724件
対象エリア全国
新着求人情報確認可能(500件)
エージェント機能
スカウト機能
主なサービス・求人紹介
・企業からの直接スカウト
・転職サポート
(2024年4月現在)

参考:リクルートエージェント https://www.r-agent.com/(2023-12-18)

doda(デューダ)

doda 公式サイト

出典:パーソルキャリア株式会社 【公式】doda https://doda.jp/ (2023-12-6)

dodaはパーソルキャリア株式会社が運営する転職サービスでエージェントで、転職サイトの機能も兼ね備えています。

ひとつの転職サイトでエージェントのサポートを受けることも自分のペースで求人を探すこともできる、求職者の幅広いニーズに対応してくれると評判です。

また、職務経歴書を簡単に作成できるレジュメビルダーの他、キャリアタイプ診断ツール(※1)や自己PR発掘診断ツール(※2)といった自己分析に役立つコンテンツも用意されています。

自己分析が苦手で適職や自分のアピールポイントがわからない30代の方は、ぜひ試してみてください。

自分の適職や強みを見つけることで、転職活動がスムーズになるでしょう。

初めて転職する30代や自分のペースで転職活動を進めたい方、自己分析をサポートしてほしい30代におすすめの転職エージェントです。

公開求人数221,864(非公開求人数含む)
費用無料
対象エリア全国
新着求人数確認可能(23,008件)
エージェント機能
スカウト機能
主なサービス・専用スタッフから求人提案
・職務経歴書や履歴書の添削
・面接対策のサポート
・企業からの直接スカウト
・自己分析ツールあり
(2024年4月現在)

参考:doda(デューダ)https://doda.jp/(2023-12-18)
※1出典:doda キャリアタイプ診断 https://doda.jp/ (2024-1-4)
※2 出典:doda 「自己PR発掘」診断 https://doda.jp/ (2024-1-4)

type女性の転職エージェント

出典:株式会社キャリアデザインセンター 【公式】type女性の転職エージェント https://type.woman-agent.jp/ (2023-12-13)

type女性の転職エージェントは株式会社キャリアデザインセンターが運営する、女性特化の転職エージェントです。

20代~30代の女性向け非公開求人を多く保有しおり、若手向けのポテンシャル求人から専門性の高い職種まで、さまざまな女性活躍企業の求人に出会えるでしょう。

キャリアプラン作成のサポートもしてくれるため、ワークライフバランスに不安をもつ30代女性は相談してみてください。

公開求人17,173件
費用無料
対象エリア・全国
・海外
新着求人情報非公開
エージェント機能
スカウト機能
主なサービス・転職サポート
・キャリアに関する相談
・応募書類の添削
・面接のアドバイス
・求人への応募サポート
・おすすめ求人の提案
(2024年4月現在)

参考:type女性の転職エージェント https://type.woman-agent.jp/(2023-12-18)

マイナビエージェント

出典:株式会社マイナビ 【公式】マイナビエージェント https://mynavi-agent.jp/ (2023-12-13)

マイナビエージェントは株式会社マイナビが運営する、若年層の支持が厚い転職エージェントです。

20代から30代の求人を豊富に扱っており、職場のリアルな雰囲気や企業が求める人材の情報を得らる他、企業に合った選考対策をサポートしてくれます。

テンシャル採用に期待する30代前半や未経験ジャンル、スキルや実績に自信がない30代はマイナビエージェントに相談してみてください。

公開求人数67,445件
費用無料
対象エリア・全国
・海外
新着求人情報確認可能
エージェント機能
スカウト機能
主なサービス・職務経歴書の作成ツール
・応募書類の添削サポート
・模擬面接の実施
・面接のアドバイスを受ける
・夜間や土曜の相談に対応
・Web面談やLINE相談に対応
・おすすめ求人の提案
・年収交渉や入社日の調整
(2024年4月現在)

参考:マイナビエージェント https://mynavi-agent.jp/(2023-12-18)

パソナキャリア

出典:株式会社パソナ 【公式】パソナキャリア https://www.pasonacareer.jp/corp/ (2023-12-13)

パソナキャリアは株式会社パソナが運営するハイクラス転職エージェントです。

年収600万~1,200万円のハイクラスや管理職の求人が豊富で、パソナキャリア独自の非公開求人も多数保有しているので年収アップやキャリアアップを希望する30代におすすめです。

また、女性のキャリアコンサルタントも多く在籍しており、女性向けのハイクラス転職支援でも高評を得ています。

公開求人数34,519(全体の40%)
費用無料
対象エリア・全国
・海外(メキシコやタイ)
新着確認情報確認可能(2,393件)
エージェント機能
スカウト機能
主なサービス・模擬面接や面接のアドバイス
・応募書類の添削サポート
・転職相談
・企業からの直接スカウト
・おすすめ求人の提案
・応募先企業に雇用条件を確認
・応募作企業に年収交渉
・転職後のサポート
(2024年4月現在)

参考:パソナキャリア https://www.pasonacareer.jp/(2023-12-18)

30代男性のスキルなし転職を成功させるための提案

スキルなしの30代男性は転職が難しいと言われますが、成功させるためのポイントがあります。転職を成功させるために以下の提案をチェックしてみてください。

  • 今の仕事で実績を作る
  • 未経験でも採用されやすい職種を探す
  • 自己分析を行う
  • 幅広く求人を探す
  • 必要であれば資格を取得する

今の仕事で実績を作る

スキルがない30代の男性では、転職を見据えて現在の仕事で実績を作ることを優先しましょう。

売上や目標達成率、前年比成長率といった数字で表せる指標があると転職の際にアピールしやすくなります。

30代で未経験ジャンルへの転職を希望する場合は、現職での数字を上げる工夫や形に残る成果をアピールすると選考が有利に働くでしょう。

困難な状況でも諦めずに達成できる粘り強さなど、幅広い業種や職種で必要とされる能力をアピールするのも有効です。

具体例をアピールできるように現職での業務にも精力的に取り組みましょう。

スキルなしの30代で転職を急いでいない場合は、アピールできる実績作りを優先することがおすすめです。

未経験でも採用されやすい職種を探す

30代でスキルのない男性でも、業界経験不問の求人は多数あります。未経験でも採用されやすい職種を目指せば、転職が成功する確率も上がるでしょう。

人手が不足しがちな営業職やドライバー、介護職などは未経験歓迎の求人も多い傾向があります。体力のある30代男性なら建築業も比較的給料が高くおすすめです。

また、接客業や製造業もスキルがなくても転職しやすく、職場によってはマネージャーへの昇格などのキャリアアップが見込めます。

30代では未経験でも選択肢があるため、自分に合った仕事を選び転職先でスキルを身につけた上で、キャリアアップを目指すのも良いでしょう。

自己分析を行う

自己分析では自分の強みや弱みがわかるため、転職活動では必須となります。

自己分析を深めることでスキルのない30代の男性でも自分のアピールポイントが見つかるでしょう。

強みや特技がないと思っていても自己分析によって意外な才能が見えてくるかもしれません。

自分のキャリアやスキルに自信がない30代の男性は、転職エージェントを活用してキャリアアドバイザーに自己分析をサポートしてもらうのもおすすめです。

転職を成功させるために、自己分析は必ず時間をとって深めておきましょう。

幅広く求人を探す

キャリアやスキルに自信がない30代男性の転職では、業種や職種にこだわらずに幅広く求人を探すのがおすすめです。

異業種でも現在の仕事で培ってきた経験から応用が利く職種もあるため、転職活動の際は幅広い求人に目を通してみましょう。

今の業種では活かせない能力も、異業種では強みとして活かせるケースもあります。

また、業界知識に不安がある場合は転職エージェントに相談する他、転職フェアなどのイベントに参加するのもおすすめです。

さまざまな企業が参加しているため、これまで気付かなかった魅力をもつ業種に出会える可能性があります。

アンテナを広く張り幅広い情報を得ることで、より自分に合った転職が叶うでしょう。

必要であれば資格を取得する

転職を考えたときに希望する業種や職種がある場合、必要であれば資格を取得するのもひとつの方法です。

未経験では難しい業種や職種であっても先に資格を取っておくことで、知識が身につき熱意もアピールできます。

IT業界や金融業界は比較的取りやすい資格が多く資格所持者が優遇される業種です。

特にITエンジニアは常に人手不足で、無料スクールを運営している転職支援サービスもあるため狙い目と言えます。

また、求人の多い介護職も事前に資格を取ることで即戦力をアピールでき、転職の成功率が高まるでしょう。

もし希望する職業が未経験を募集していない場合でも、諦めずに必要な資格やスキルをリサーチしてみてください。

30代なら資格取得の努力を考慮し、ポテンシャル採用を導入してくれる場合もあります。

30代未経験でも熱意と即戦力をアピールすることで、スキルや経験のなさをカバーできるでしょう。

30代女性のスキルなし転職を成功させるための提案

30代でスキルがない女性の転職は、妊娠や育児といった生活の変化にも理解のある職場選びが転職活動において重要なポイントです。

結婚や出産で生活が目まぐるしく変化する30代女性に柔軟な対応をしてくれる企業を選ぶために、以下のポイントをチェックしておきましょう。

  • 女性向けの求人を積極的に探す
  • 女性が活躍している職場を選ぶ
  • 未経験でも採用されやすい職種を探す
  • 契約社員やアルバイトという雇用形態も視野に入れる

女性向けの求人を積極的に探す

女性向けの求人には出産・子育てに柔軟に対応してくれる職場が多く、30代女性の転職は女性歓迎の求人を積極的に探すことが重要です。

育休や時短勤務といった福利厚生やフレックスな働き方が充実している企業なら、ライフイベントを経ても長期的なキャリアプランを立てられるでしょう。

type女性の転職エージェントなどの女性向け転職支援サービスであれば、スキルのない30代女性向けの求人も多数扱っています。

また、女性が多い職場であればお互いの状況も理解しやすいため、子供の発熱などで突然休む場合も協力してカバーしあうことも可能です。

女性活躍推進法における一定の基準をクリアした「くるみん認定」(※1)や「えるぼし認定」(※2)も、女性に優しい企業を選ぶ目安になります。

30代でスキルや経験のない女性は女性向けの求人を積極的に探し、自分が希望するライフプランを実現できる企業を選びましょう。


※1参考:厚生労働省 くるみんマーク・プラチナくるみんマーク・トライくるみんマークについて https://www.mhlw.go.jp/ (2024-1-4)
※2厚生労働省 女性活推進法特集ページ(えるぼし認定・プラチナえるぼし認定) https://www.mhlw.go.jp/ (2024-1-4)

女性が活躍している職場を選ぶ

キャリアを重視する30代女性は、転職の際は女性が活躍している企業を選びましょう。

内閣府の調査によると就業者・管理職に占める女性の割合が高い産業は以下の通りです。(※)

産業就業者に占める女性の割合(%)管理職に占める女性の割合(%)
医療、福祉75.028.6
宿泊業、飲食サービス業61.720.0
生活関連サービス業、娯楽業59.425.0
教育、学習支援業56.733.3
金融業、保険業53.70

医療・福祉業界は女性比率が高く、また女性管理職も比較的多い業界です。キャリアアップを目指したい30代女性におすすめの転職先と言えます。

30代でスキルや経験がなくても採用されやすい宿泊業・飲食サービス業や生活関連サービス業も、女性比率が高く人気です。

キャリアアップ転職を目指す30代女性は、女性管理職が多い企業や女性の多い職場を選ぶと良いでしょう。


※参考:内閣府 終業者及び管理的職業従事者に占める女性の割合(産業別) https://www.gender.go.jp/ (2024-1-4)

未経験でも採用されやすい職種を探す

スキルや経験の少ない30代女性は、未経験でも採用されやすい職種を選びましょう。

サービス業や介護職などは未経験歓迎の求人も多く出ています。女性向けの福利厚生が充実した企業なら営業職もおすすめです。

また、現在はスキルがなくても医療事務などの資格は比較的取得しやすく即戦力につながるため、未経験の30代女性でも採用される確率が高まります。

女性に人気のアパレル業界で活躍したい30代女性は、カラーコーディネーターの資格があれば未経験でも転職に有利です。

30代の女性が転職するときは未経験でも採用されやすい職種を選んで応募しましょう。

契約社員やアルバイトという雇用形態も視野に入れる

育児中や出産予定のある30代女性であれば、契約社員やアルバイトといった雇用形態も視野に入れて転職活動を行いましょう。

未経験やスキルがなくても採用されやすく、出勤日数や勤務時間に融通が利くためワークライフバランスを実現しやすい点が魅力です。

また、正社員登用制度がある企業なら、子育てが落ち着いてから正社員として働ける可能性もあります。

30代前半の女性はパートタイム転職率が27.7%と全年代でもっとも高い割合になっています。

一方、30代後半は12.3%と半減しており、30代女性はライフサイクルが目まぐるしく変化していることがわかります。

30代女性は正社員にこだわらずにさまざまな雇用形態を視野に入れ、ライフサイクルに合わせて柔軟に働き方を選択することも大切です。


参考:厚生労働省 令和4年雇用動向調査結果の概況 https://www.mhlw.go.jp/ (2024-1-4)

30代転職でおすすめの職種

未経験でも採用されやすい、キャリアアップが目指せる、長く働けるといった魅力のある、30代の転職におすすめの職種8選を紹介します。

  • 事務職
  • 営業職
  • ドライバー
  • コンサルタント
  • 介護職
  • サービス業
  • IT(エンジニア・プログラマー)
  • 製造業

事務職

基本的なパソコンスキルがあれば比較的採用されやすい事務職は、30代の転職におすすめの職種のひとつです。

未経験の30代は以下の事務職を検討すると良いでしょう。

  • 一般事務
  • 営業事務
  • 総務事務

文書作成やメール対応、伝票整理やデータ入力が主な業務内容で、来客対応を任されることも多いためビジネスマナーも重視されます。

どのような業界でも必要な職種なので求人が多い上、ルーティンワークが大半で定時退社しやすく、子育て中の30代女性にも人気の職種です。

また、労務や金融系など事務周りに役立つ資格や英語力があれば、希少性のある人事や経理、貿易事務にも挑戦できます。

キャリアアップ転職や高収入を目指すなら、希望に合った資格を取得してから転職活動を始めるのもおすすめです。

営業職

未経験の30代が転職しやすい職種のひとつが営業職です。

どのような業界でも必要とされ年齢も問われないため、営業スキルを身につけるとさまざまな業種で歓迎されます。

コミュニケーション能力以外にもスケジュール管理やプレゼン力、企画力が問われるやりがいのある仕事です。

営業職にも訪問営業や窓口営業、個人顧客への営業や法人営業などさまざまな内容があります。

企業規模や業界によっても営業形態が異なるため、自分に合った転職先を選ぶと能力を発揮できるでしょう。

また、業種によってはキックバックが大きく、未経験でも高収入を得られる可能性が高いのも魅力と言えます。

幅広いスキルや人脈が得られる営業職は、将来起業を考えている30代ややりがいのある仕事を求める30代におすすめです。

ドライバー

30代の転職で注目されている職業のひとつがドライバーです。現役ドライバーの多くが中途採用であり、未経験でも始めやすい職種となります。

ネットショッピングの増加に伴い運送ドライバーが注目されがちですが、タクシーやバスの運転手も求人が途切れません。

大型免許や二種免許が必要になるものの、ほとんどの企業で免許の取得費用を補助してくれる点も魅力的です。

また、運輸業の法改正が進み働き方が見直されているため、今後働きやすい職場が増えて行くでしょう。

ニーズの高い職業でもあるため、運転が好きな30代の男女や力仕事に自信がある男性にもおすすめです。

コンサルタント

コンサルタントへの転職は難しい挑戦ですが、高収入が期待できるためキャリアアップを目指す30代におすすめです。

資格を特に必要としないものの、「中小企業診断士」や「MBA(経営学修士)」、「公認会計士」などを取得していると選考で有利になるでしょう。

それぞれ難易度の高い資格ですが、実務でも役に立つため未経験からコンサルタントを目指すなら取っておいて損はありません。

平均以上の年収が期待でき、将来的に独立も見込めることから、ハイキャリアの30代に人気の高い職業のひとつです。

介護職

全国的な人手不足が社会問題にもなっている介護職は、30代未経験でも求人が豊富な仕事です。

資格やスキルがなくても入社後に資格取得をサポートしてくれる場合が多く、スキルアップによる昇給・昇格も期待できます。

しかし、体力仕事でありシフトもキツイなどの理由から離職率が高いので、転職には覚悟が必要です。

人と関わりサポートするのが好きな方や体力に自信がある方にはおすすめの職業で、社会貢献できるためやりがいにもつながります。

全国どこでも多数の求人があるため、転勤族の配偶者やU・Iターンを希望する30代にも向いているでしょう。

販売・接客業

販売や接客に携わる職種は幅広く、以下のようにスキルや経験がない30代でも採用されやすい求人が多い職種です。

  • 飲食
  • 販売・ショップ店員
  • ホテル接客スタッフ

アルバイトなどでの接客経験も活かしやすく、コミュニケーションスキルがあればさまざまな現場で重宝されます。

家電量販店や百貨店、アパレルなど、自分の好きな商品やサービスを選ぶとやりがいをもって働けるでしょう。

また、パートやアルバイトからの正社員登用、店長やエリアマネージャーなどへの昇格が可能な職場も多く、キャリアアップを目指せる点も魅力です。

また資格や技術が必要ですが美容師やエステティシャンは求人数も多く、ライフサイクルが変わっても長く働けるため30代女性に人気があります。

IT(エンジニア・プログラマー)

エンジニアやプログラマーといったIT業界のスペシャリストは、30代の転職でも魅力的な職業のひとつです。

高い専門性や技術が必要であるものの、未経験でも研修を実施してくれる企業も多く、スキルアップで高収入も期待できます。

また、ワークポートなどのIT業界に特化した転職支援サービスでは、無料エンジニアスクールを実施している場合もありおすすめです。

完全未経験からでもプログラミングなど実務に必要なスキルが身につくため、即戦力をアピールできるでしょう。

多くの企業で必要とされるスキルでもあるため、ITスキルを身につけておくとさまざまな業界でITスペシャリストとして採用される可能性もあります。

将来性のあるニーズの高い業界であると同時に、リモートワークにも対応しやすいため働き方が選べる点も多様性を求める30代に人気のポイントです。

製造業

工場でのライン作業員の求人が多い製造業は、業種や職務内容により収入の幅が大きい職業でもあります。

自動車・医薬品・半導体などは比較的収入が高く、食品製造などはやや低い水準です。

他にも夜勤がある場合や寮が用意されている場合は貯金もしやすく、未婚の30代に向いています。

しかし、基本的に立ちっぱなしで体力が必要な上、間違いのないように集中することから精神的にも疲労を感じやすいでしょう。

単純作業の繰り返しが苦にならない30代や、人と接するのが苦手な30代におすすめの職業です。

以前はきついイメージの強い製造業でしたが、現在は環境整備が整っており、労働時間や安全面ばかりでなく福利厚生も充実した企業が増えています。

資格取得を支援する企業も多く、スキルアップにより昇進や昇給も期待できるでしょう。商品企画や研究開発分野へのキャリアアップを目指すのもおすすめです。

30代の転職|まとめ

30代の転職では即戦力を求められるケースが多く、転職を見据えた現職での実績作りや資格取得も戦略のひとつとなります。

まだまだ可能性が感じられる30代とはいえ、年齢が上がるごとに転職が難しくなるのは事実です。

転職を考えたらまずは転職エージェントに登録してキャリアカウンセリングを受けてみてください。

自己分析や適職診断結果などからあなたに最適なキャリアプランを提案してくれます。

長期的なキャリアプランを実現するために、今目指すべき方向を意識して転職活動を進めていきましょう。

SFAは活用されてこそ意味がある

ページ先頭へ戻る