東証スタンダード上場企業のジオコードが運営!営業組織を強くするWebマガジン

更新日:2023/12/15 

キャッシュフローの改善にはファクタリングが効果的!メリットや効果を高めるポイントを解説

【監修】株式会社ジオコード マーケティング責任者
渡辺 友馬

事業におけるお金の流れを示すキャッシュフローは、経営状況の把握に欠かせません。自社のキャッシュフローを把握しておくことで資金のショートや黒字倒産などのリスクを回避できます。

キャッシュフローの改善に役立つ方法の一つが、ファクタリングです。本記事ではファクタリングによるキャッシュフローの改善方法を紹介します。資金繰りに余裕をもちたい経営者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

【キャッシュフロー改善に】おすすめ優良ファクタリング企業

scroll →

サービス名称入金
スピード
手数料買取可能額契約方式
アクセルファクターアクセルファクター無料相談はこちら最短2時間2%~30万~上限なしオンライン、郵送、対面
えんナビえんナビ無料相談はこちら最短即日5%〜50万~5,000万円オンライン、郵送、対面
QuQuMoQuQuMo無料相談はこちら最短2時間1%~金額上限なしオンライン
ベストファクターベストファクター無料相談はこちら即日2~20%30万~無制限オンライン・郵送・出張契約・来社契約
ファストファクタリングファストファクタリング無料相談はこちら即日--オンライン
ベストペイベストペイ無料相談はこちら最短翌日5%~100万~無制限オンライン・郵送・出張契約・来社契約
ビートレーディングビートレーディング無料相談はこちら最短2時間2%~金額上限なし対面、オンライン
日本中小企業金融サポート機構日本中小企業金融サポート機構無料相談はこちら最短即日1.5%〜上限・下限なしオンライン
ラボルラボル無料相談はこちら最短1時間10%1万円~20万(与信によって増額可)オンライン

キャッシュフローとは

キャッシュはお金、フローとは流れのことです。つまりキャッシュフローとはお金の流れのことを意味します。事業では、営業・投資・財務のそれぞれで具体的なお金の流れを理解して、さまざまな経営判断をしていかなければなりません。そのためキャッシュフロー計算書では、営業活動・投資活動・財務活動の3つの区分でのお金の出入りを計算して1年にどれだけお金が増減したかを計算します。

キャッシュフロー計算では前期や期首と比較して、現金の増減が確認できます。プラスならキャッシュフローが良好であり、マイナスならキャッシュフローが悪化している傾向です。

キャッシュフローがプラスで、自由に使えるキャッシュに余力があると、借入金の返済や株主への配当、事業拡大のための投資がしやすい状態といえます。反対にキャッシュフローがマイナスの会社は資金に余裕がないため、金融機関からの借入や資産の売却など、資金調達の必要があると判断できます。

キャッシュフローが改善しない原因

キャッシュフローが改善しないと、手元の現金や預金が減少するだけでなく、企業活動に必要な運転資金が足りなくなってしまいます。キャッシュフローが改善しない原因は、どこにあるのでしょうか。ここではキャッシュフローを悪化させる2つの要因について解説します。

資金不足

キャッシュフローが改善しない主な原因は、自社に入ってくる現金(キャッシュイン)の減少と、自社から出ていく現金(キャッシュアウト)の増加です。代表的なのは、売上が減少しているにも関わらず、販売・商品管理コストの増加しているケースです。

キャッシュインとキャッシュアウトのタイミングが合わず、現金が不足してしまう場合もあるでしょう。また、自社に問題がなくても、売掛金の貸し倒れが発生してしまうと、キャッシュフローは悪化してしまいます。

現金の停滞

キャッシュフローは現金が停滞していたり、現金が一つの場所に偏って流れている場合にも悪化します。現金の停滞を招く原因の一つが、売掛金の存在です。

売掛金とは、簡単に言うと後払いによる取引で、将来的に代金を支払ってもらう権利のことです。売掛先(商品やサービスを提供した取引先のこと)の信用度に応じて、掛取引を行うかどうか、支払期日をどのくらい設定するのかなどが決まります。

売掛金は売掛先から自社に支払いが行われるまで、手元現金がない状態になります。多くの商品販売やサービスの提供が行えたものの、複数の売掛金が重なり手元に現金が無く、企業活動に必要な運転資金が足りなくなってしまったということもあり得るのです。こうした場合、銀行からの借入など資金調達手段を検討する必要も出てくるでしょう。

キャッシュフローの改善にはファクタリングを利用するのも方法の一つ

キャッシュフローの改善策として、有効な方法の一つがファクタリングです。ファクタリングとは会社が保有する売掛債権(売掛金)をファクタリング会社に買い取ってもらうサービスのことです。

企業は権利の売却代金を受け取ることで、本来の入金日よりも早く資金を得られます。特に売掛金の回収が遅れて、キャッシュフローが悪化したときに有効な対策といえるでしょう。

もちろん銀行融資もキャッシュフローの改善には有効です。しかし、銀行融資は審査が厳しく融資までの時間もかかります。その点、ファクタリングは最短即日でキャッシュを得られる可能性もあるため、急な資金需要にも対応できます。

銀行融資とファクタリングの違いを表にまとめました。

 一般的な銀行融資ファクタリング
取引内容金銭の借入売掛債権の譲渡
審査対象自社売掛先
審査内容財務内容重視信用重視
審査期間約2週間~1カ月最短即日
担保・保証人原則必要不要
返済の資金自社のお金実質なし(売掛金を充当)
調達可能金額数百万~数千万円売掛金の範囲内
会計上の分類負債負債には計上しない

銀行融資は借入したら、会計上、負債が発生しますが、ファクタリングは売掛債権の譲渡(売却)なので負債には計上しません。

次で紹介するように、それぞれにメリット・デメリットがあるため、融資を選ぶかファクタリングを選ぶかは状況によって変わるはずです。それでも急な資金需要が発生したときなどに、最短で即日融資も可能なファクタリングは有効な手段になります。

以下の記事では編集部おすすめのファクタリングサービスの特長について、わかりやすくご紹介しています。「ファクタリング会社を具体的に知りたい!」という方はぜひご覧ください。

おすすめの優良ファクタリング会社比較

キャッシュフローの改善策としてファクタリングを利用するメリット

ファクタリングにはメリットもあれば、デメリットもあります。まずはキャッシュフローの改善にどのようなメリットがあるのかを紹介します。

売掛金の未回収リスクが下げられる

ファクタリングでは売掛先が倒産するなどして、売掛金が回収できない「未回収リスク」を回避しやすくなります。なぜならファクタリング契約は、ノンリコース契約を原則としているからです。

リコースとは「償還請求権」を意味する言葉で、償還を請求する権利のこと。ノンリコースとは、償還請求権がないファクタリング契約を指します。

ノンリコース契約では、回収の責任をファクタリング会社が負います。もし売却代金を受け取った後で、売掛先が倒産などで支払いできなくなっても、利用者は売却代金を返還する必要がありません。

ファクタリングを利用すると未回収リスクを下げるだけでなく、予定していた売掛金のキャッシュインを確保できるため、キャッシュフローの悪化も避けられます。

融資よりも資金調達のハードルが低い

融資に比べると資金調達のハードルが低いのもメリットです。ファクタリングの利用にも審査は必要ですが、重要視されるのは自社の財務状況ではなく、売掛先の与信です。

そのため仮に自社の経営状況が良好でなくても、銀行融資ほど問題にされません。赤字決算の会社や開業間もない会社でも、売掛先の信頼度が高ければ、審査を通る可能性があります。

ファクタリングでは売掛債権があれば、担保や保証人も必要ありません。これらが銀行融資よりハードルが低いといえる要因です。

キャッシュフローの改善策としてファクタリングを利用するデメリット

ファクタリングには以下のようなデメリットもあります。

手数料がかかる

ファクタリングを利用するには、ファクタリング会社に支払う手数料が必要です。手数料の相場は一般的には5%〜20%程度とされています。手数料率に幅があるのは、売掛先の信頼度や売掛金額によって手数料が変わるためです。また手数料率はファクタリング会社によっても設定する手数料率は変わってきます。

仮に手数料率が10%だとすると100万円の利用の場合、10万円の手数料が必要な計算です。銀行融資の利息に比べると、割高に感じる方も多いでしょう。銀行融資に比べて手数料が高く設定されているのは、未回収リスクがあるためです。

例えば売掛先から支払われた代金を、ファクタリング会社に振り込むのではなく、別の支払いに充ててしまう企業も存在します。そのような未回収リスクを考慮して、手数料が高めに設定されているのが一般的です。

利用可能金額は売掛金が上限になる

銀行融資の場合、利用企業の信用度や担保によっては数百万~数千万円の借入れが可能です。一方、ファクタリングで調達できるのは、売掛金の範囲内に限られます。調達可能金額が大きいなら、銀行融資の方が向いているでしょう。

また調達可能な額は、売掛金額とイコールではありません。なぜなら手数料がかかるためです。手数料は売掛金から差し引かれます。そのため厳密には「調達限度額=売掛金額-手数料」です。

もしも売掛金以上の資金を調達したい場合は、融資などとの組み合わせを検討する必要があります。

ファクタリングによるキャッシュフロー改善効果を高めるポイント

ファクタリングをより効果的に活用するコツがあります。ここではキャッシュフロー改善効果を高めるコツを紹介します。

金額が大きい売掛金を選択する

キャッシュフローの改善効果を高めるためには、額面金額が大きい売掛金を選ぶことが大切です。なぜなら同じ手数料率の場合、額面が小さいほど債権の額に対して、手数料が占める割合が拡大してしまうためです。

例えば額面金額が100万円の売掛債権を手数料率10%で売却した場合の手数料は10万円で90万円の入金が見込めます。一方、額面金額500万円の売掛債権を同じ手数料率10%で売却した場合は、手数料が50万円で入金額は450万円となります。キャッシュインのフローで見ると、500万円の額面の方が360万円も多くキャッシュが増える見込みです。

キャッシュフロー改善の基本は、キャッシュが入る流れを増やすことです。上記のように額面金額が大きい売掛金を選ぶ方が、多くのキャッシュが入るため改善効果は高まります。

回収サイトが長い売掛金を優先的にファクタリングする

キャッシュフロー改善には、回収サイトが長い売掛金を優先的に売却することも重要です。売掛金の回収サイトとは、商品の販売や納品をした後、代金が支払われるまでの期間のことです。売掛金の回収サイトが長いほど、キャッシュフローは悪化する傾向があります。そのため回収サイトが長い売掛金をファクタリングするのが、キャッシュフローの改善には効果的です。

回収サイトが長いと回収不能リスクも高まります。回収サイトの長い売掛金から売却すると貸し倒れによるキャッシュフロー悪化を防ぐ点でも効果的です。

手数料が低い方式やファクタリング会社を選ぶ

ファクタリングによるキャッシュフローの改善のコツは、手数料をなるべく少なくして、多くのキャッシュを確保することです。そのためには手数料の安いファクタリング会社を選ぶことが大切です。

可能なら手数料が比較的安くなるような取引形態を選びましょう。ファクタリングの取引形態には、利用者とファクタリングの2社で取引する2社間方式と、2社に売掛先を加えた3社間方式の2種類があります。

2つを比べると、3社間方式の方が手数料が低いのが一般的です。手数料の相場は2社間方式で10〜20%ですが、3社間方式では5〜10%に下がります。3社間方式の方がファクタリング会社の未回収リスクが低いためです。

3社間方式には、債権の売却を取引先に知られてしまうデメリットはありますが、売掛先の協力が得られるなら、3社間方式を選択した方が手数料が安くなり、キャッシュフローの改善にもつながるでしょう。

以下の記事では編集部おすすめのファクタリングサービスの特長について、わかりやすくご紹介しています。「ファクタリング会社を具体的に知りたい!」という方はぜひご覧ください。

おすすめの優良ファクタリング会社比較

ファクタリングを利用してキャッシュフローを正常化しよう

キャッシュフローの改善を目指すなら、ファクタリングの活用も選択肢の一つです。売掛金の支払期間が重なっていたり、手元にある現金が足りなかったりする状況が続いてしまうと、資金不足や現金の停滞を招きかねません。ファクタリングで売掛債権を譲渡して現金化するとキャッシュフローも改善できます。
ファクタリング会社は会社によって、あるいは取引形態によって手数料率が大きく変わります。ファクタリング取引の手数料相場は、2社間方式で10〜20%、3社間方式で5〜10%程度が多い傾向です。

アクセルファクターの手数料率は2社間方式で3〜10%、3社間方式で1〜8%です。ファクタリングの活用なら、ぜひ手数料がリーズナブルなアクセルファクターにご相談ください。

以下の記事では編集部おすすめのファクタリングサービスの特長について、わかりやすくご紹介しています。「ファクタリング会社を具体的に知りたい!」という方はぜひご覧ください。

おすすめの優良ファクタリング会社比較

ページ先頭へ戻る