東証スタンダード上場企業のジオコードが運営!営業組織を強くするWebマガジン

更新日:2024/02/11 

ファクタリングの手数料はどのくらい?相場や内訳、抑える方法を解説

【監修】株式会社ジオコード マーケティング責任者
渡辺 友馬

ファクタリングとは、会社で保有している売掛金を売却して現金化する資金調達方法です。利用すると入金予定日よりも早く現金化ができるため、資金繰りに困った際などに頼りになります。ただし、利用する際には手数料がかかります。

本記事ではファクタリングの手数料について解説します。手数料の内訳や手数料を抑える方法も紹介するので、ファクタリングで資金調達を考えている経営者の方はぜひ参考にしてください。

【手数料で厳選】おすすめファクタリング会社紹介

scroll →

サービス名称手数料入金
スピード
買取可能額契約方式
QuQuMoQuQuMo無料相談はこちら1%~最短2時間金額上限なしオンライン
アクセルファクターアクセルファクター無料相談はこちら2%~最短2時間30万~上限なしオンライン、郵送、対面
ベストファクターベストファクター無料相談はこちら2~20%即日30万~無制限オンライン・郵送・出張契約・来社契約
えんナビえんナビ無料相談はこちら5%〜最短即日50万~5,000万円オンライン、郵送、対面
ファストファクタリングファストファクタリング無料相談はこちら-即日(最短120分)-オンライン
ベストペイベストペイ無料相談はこちら5%~最短翌日100万~無制限オンライン・郵送・出張契約・来社契約
ビートレーディングビートレーディング無料相談はこちら2%~最短2時間金額上限なし対面、オンライン
日本中小企業金融サポート機構日本中小企業金融サポート機構無料相談はこちら1.5%〜最短即日上限・下限なしオンライン
ラボルラボル無料相談はこちら10%最短1時間1万円~20万(与信によって増額可)オンライン

ファクタリングの手数料の相場

ファクタリングとは、企業が保有している売掛債権をファクタリング会社に売却して、現金化する仕組みです。売却時にはファクタリング会社に手数料を支払う必要があります。

手数料は、売掛債権の買取額に手数料率を乗じて計算するのが一般的です。例えば500万円の売掛債権で手数料率が10%なら、50万円を支払う計算です。手数料率はファクタリング会社によって異なるだけでなく、売掛債権額やリスクの高低によって変わります。

また2社間ファクタリング(2社間方式)と3社間ファクタリング(3社間方式)でも手数料は異なります。まずは2社間方式と3社間方式の手数料の相場を紹介します。

2社間ファクタリングの相場は10~20%

2社間ファクタリングとは、ファクタリング会社と利用者のみで行う2社間取引のことです。売掛債権を譲渡することを売掛先(商品やサービスを提供した取引先のこと)に通知せず、2社間だけで取引するためスムーズに手続きが進みます。

2社間方式の手数料の相場は売掛金の約10〜20%で、3社間方式よりも高めに設定されています。2社間で取引した場合の方が3社間方式よりも手数料が高めなのは、ファクタリング会社がリスクを考慮しているためです。

2社間方式の場合、売掛金の代金は売掛先から利用者に支払われ、利用者がファクタリング会社に支払を行います。しかし、中には売掛先から支払われたお金を送金せず、別の支払いに充てる利用者もいます。そうなるとファクタリング会社が支払ったお金が貸し倒れとなってしまいます。

また2社間方式では、売掛先と利用者が共謀した詐欺や、債権の二重譲渡などの被害に遭う可能性も排除できません。それらのリスクを考慮して2社間方式では手数料が高めに設定するのが一般的です。

2社間方式での手数料相場は10〜20%ですが、ファクタリング会社によっては、より手数料を抑えているところもあります。

アクセルファクターでは、2社間方式で3〜10%の手数料を実現しています。なるべく手数料を抑えたい場合はご検討ください。

3社間ファクタリングの相場は5~10%

3社間ファクタリングは、利用者とファクタリング会社に売掛先も加えた3社間で行われる取引で、売掛債権を譲渡すると売掛先に通知した上で取引するのが特徴です。

売掛先に債権を譲渡することは知られてしまいますが、売掛先からファクタリング会社に直接、代金が支払われるため、ファクタリング会社にとっては未回収リスクを軽減できます。そのため2社間方式に比べると手数料率が低くなっています。手数料を抑えたいなら、3社間方式を利用するとよいでしょう。

3社間方式の手数料相場は5〜10%とされています。3社間方式の場合もファクタリング会社によって手数料率に差があり、アクセルファクターに依頼した場合には1〜8%に抑えられます。

ファクタリングの手数料以外で発生する費用

ファクタリングを利用すると、ファクタリング会社への手数料の支払以外にも諸手続きにおいて費用が発生する場合があります。利用者が法務局などへ、必要な手続きで支払う場合もあれば、ファクタリング会社から手数料とは別に請求される場合もあります。ここでは手数料以外でどういった費用が発生するか説明します。

登記費用

ファクタリング会社に申し込んだ際に、債権譲渡登記が必要だといわれるケースがあります。債権譲渡登記にかかる費用は司法書士報酬が5〜10万円程度、登録免許税が7,500円で、利用者が司法書士や法務局などへ費用を支払います。

債権譲渡登記とは売掛金などの金銭債権を譲渡する際に利用される登記手続のことです。第三者に対し債権の譲渡があったことを証明するために、債権譲渡登記所(法務局)で登記が行われます。債権譲渡登記は必ずしも必要ではありませんが、2社間方式では債権譲渡登記を契約の条件としているところが少なくありません。

2社間方式の場合、債権譲渡したことを第三者に通知しません。そのため、もし債権が二重譲渡されてしまった場合、ファクタリング会社の権利が不安定になります。そこで権利関係をはっきりさせるために登記して、第三者への対抗手段とするのが一般的です。

なお、アクセルファクターでは利用者の状況や審査結果、債権金額などを総合的に判断して登記不要で取引を進められるケースもあります。入金を急いでいる場合には先に振込みを実施して、後日登記手続きを行うなどの対応も臨機応変に行っています。債権譲渡登記なしでファクタリング取引をしたい場合は、アクセルファクターにご相談ください。

事務経費

ファクタリングを行うにあたって、収入印紙代や登記抹消費用、ファクタリング会社へ訪問した場合の交通費などが発生します。ファクタリングの利用回数が多ければ多いほど、事務経費は増えがちです。

なお、アクセルファクターではオンライン取引に対応しているため、交通費・出張費・契約書に貼付する収入印紙代などの事務経費を節約できます。

基本手数料

ファクタリング会社によっては手数料とは別に基本使用料や審査料金、事務手数料などの費用が発生する場合があります。基本手数料は金利などと異なり、法律の定めがありません。それぞれのファクタリング会社の裁量によって設定されるものです。あまりに高額な手数料を設定している場合は、悪質な会社の可能性もあります。「高すぎる」「おかしい」と感じたら、すぐに取引を中止しましょう。

ファクタリングの手数料が決まる目安

ファクタリング会社は、それぞれの基準で手数料を設定しています。手数料を何%にするかは、主に以下のような点を目安にしています。

・取引先への信頼度
・ファクタリング利用者への信頼度
・利用するファクタリング方式
・ファクタリングの利用金額

それぞれ詳しくみていきましょう。

取引先への信頼度

ファクタリング会社は契約時に利用者よりも売掛先の与信調査を重視します。売掛先から代金の回収できない場合は大きな損失となりかねないためです。ファクタリング会社は売掛先に代金を支払う力があるかどうかという点を審査します。

調査の結果、売掛先の信頼度が高いと判断した場合には、回収できないリスクが低くなるため手数料を抑えられやすいです。しかし、経営に不安がある、会社が小規模すぎるなど信頼度が低いと判断した場合には、未回収のリスクが高くなるため、手数料も高めに設定する傾向があります。

特に売掛金が高額な場合に売掛先の信頼度が低いと、未回収のリスクが高いと判断され、審査に通らないこともあるでしょう。

ファクタリング利用者への信頼度

取引先だけでなく、利用者自身が信頼できるかどうかも、手数料に反映されます。特に2社間方式の場合、売掛金がいったん利用者の銀行口座に振り込まれた上で、ファクタリング会社に支払われる形式のため、利用者が信頼に足るかどうかは、大切な要素です。

審査をする際に必要な書類がなかなかそろわない、取引先との関係が不透明、経営者の態度が横柄など、ファクタリング会社に不信感を抱かせるような要素があると、手数料が高く設定されたり、審査が通らなかったりすることもあり得ます。

利用するファクタリング方式

利用するファクタリング方式が、2社間方式か3社間方式かでも手数料率は異なります。先述したように、2社間方式の手数料の相場は売掛金の10〜20%、3社間方式では5〜10%程度が相場です。

2社間方式よりも3社間方式の方が手数料率が低いのが一般的なため、手数料を抑えたい場合は3社間ファクタリングがおすすめです。

ファクタリングの利用金額

手数料はファクタリングの利用金額によっても異なり、利用金額が大きくなるほど手数料率が低くなっていくのが一般的です。

アクセルファクターの場合、100万円以下の利用額では10%からの手数料率で、101〜500万円の場合は5%から。501〜1,000万円は2%からの設定と金額に応じて手数料率も下がります。

ファクタリング会社の手間は、債権の金額によって左右されるものではありません。同じ手間を要するなら、債権金額が大きいほど自社の利益が増え、小さいほど利益が減ってしまいます。

少額の案件を多くこなすより、高額の案件を受注した方が人件費も低く利益を上げやすいため、利用金額が高くなるほど手数料が低くなるのが一般的なケースです。

ファクタリングの手数料を抑える方法

紹介してきたように、ファクタリングを利用する場合は手数料がかかります。手数料はなるべく抑えたい費用です。ここではファクタリングの手数料を抑える方法を紹介します。

複数のファクタリング会社で見積りを取る

手数料はそれぞれのファクタリング会社が設定しているため、一律ではありません。できれば複数の会社に見積もりを出してもらい、比較した上で検討するのがおすすめです。相見積りを取ると相場がわかるため、提示された金額が妥当かどうかの判断がしやすくなるでしょう。

また手数料率が低めでも、他に費用がかかる場合もあります。他の費用が割高であれば、受け取れる金額が少なくなってしまう可能性もあるため、手数料だけでなく、実際に受け取れる金額を提示してもらった上で比較してみてください。

取引先やファクタリング会社の信頼を得る

ファクタリング会社の信用を得ることも、手数料を抑えるコツです。原則としてはそれぞれの会社に判断基準があり、社会的な信用度や、支払能力が主な基準ですが、ファクタリング会社の担当者から見た印象や人柄も少なからず影響があります。メールや電話、訪問などで担当者とコミュニケーションを取る際には誠意のある対応を心がけましょう。

適正な手数料でファクタリングを利用しよう

ファクタリング会社は数多くあり、それぞれに手数料も異なります。利用する際は、きちんとした説明があるか、手数料が相場から大きく外れていないかなどを比較した上でチェックしてみてください。

ファクタリング会社の手数料を比較検討する場合は、アクセルファクターの手数料率も参考にしてみてください。アクセルファクターは、まず利用会社の経営を立て直すことが第一であると考えているため、ファクタリング手数料をリーズナブルに設定しています。現在利用している会社や、利用を検討している会社とぜひ比較してみてください。

【再掲:手数料で厳選】おすすめファクタリング会社紹介

scroll →

サービス名称手数料入金
スピード
買取可能額契約方式
QuQuMoQuQuMo無料相談はこちら1%~最短2時間金額上限なしオンライン
アクセルファクターアクセルファクター無料相談はこちら2%~最短2時間30万~上限なしオンライン、郵送、対面
ベストファクターベストファクター無料相談はこちら2~20%即日30万~無制限オンライン・郵送・出張契約・来社契約
えんナビえんナビ無料相談はこちら5%〜最短即日50万~5,000万円オンライン、郵送、対面
ファストファクタリングファストファクタリング無料相談はこちら-即日(最短120分)-オンライン
ベストペイベストペイ無料相談はこちら5%~最短翌日100万~無制限オンライン・郵送・出張契約・来社契約
ビートレーディングビートレーディング無料相談はこちら2%~最短2時間金額上限なし対面、オンライン
日本中小企業金融サポート機構日本中小企業金融サポート機構無料相談はこちら1.5%〜最短即日上限・下限なしオンライン
ラボルラボル無料相談はこちら10%最短1時間1万円~20万(与信によって増額可)オンライン
ページ先頭へ戻る