東証スタンダード上場企業のジオコードが運営!営業組織を強くするWebマガジン

更新日:2024/05/03 

【タイプ別】大手ファクタリング会社のおすすめ16選! 大手に依頼するメリットも解説

【監修】株式会社ジオコード マーケティング責任者
渡辺 友馬

ファクタリング会社にはさまざまな規模のものがあります。それぞれ強みやタイプなどが異なるので、自社の課題に適したファクタリング会社を選ぶことが大切です。

本記事では、大手ファクタリング会社の中でも、おすすめの16社をご紹介します。また記事後半では、中小企業ではなく、あえて大手のファクタリング会社に依頼するメリットも解説するので、ファクタリングの利用を検討している方はぜひ参考にしてください。

※2024年3月28日時点の情報です

入金まで最短1時間!優良ファクタリング企業 比較表

scroll →

サービス名称入金
スピード
手数料買取可能額契約方式
アクセルファクターアクセルファクター無料相談はこちら最短2時間2%~30万~上限なしオンライン、郵送、対面
えんナビえんナビ無料相談はこちら最短即日5%〜50万~5,000万円オンライン、郵送、対面
QuQuMoQuQuMo無料相談はこちら最短2時間1%~金額上限なしオンライン
ベストファクターベストファクター無料相談はこちら即日2~20%30万~無制限オンライン・郵送・出張契約・来社契約
ファストファクタリングファストファクタリング無料相談はこちら即日--オンライン
ベストペイベストペイ無料相談はこちら最短翌日5%~100万~無制限オンライン・郵送・出張契約・来社契約
ビートレーディングビートレーディング無料相談はこちら最短2時間2%~金額上限なし対面、オンライン
日本中小企業金融サポート機構日本中小企業金融サポート機構無料相談はこちら最短即日1.5%〜上限・下限なしオンライン
ラボルラボル無料相談はこちら最短1時間10%1万円~20万(与信によって増額可)オンライン

ファクタリング会社は大きく4タイプに分けられる

ファクタリング会社は、以下の4タイプに大きく分けられます。

  • 独立系ファクタリング会社
  • 銀行系ファクタリング会社
  • ノンバンク系ファクタリング会社
  • 業種特化型ファクタリング会社

それぞれがどのような会社なのか、詳しく解説します。

独立系ファクタリング会社

独立系ファクタリング会社とは、いわば中小事業者や個人事業主に適したファクタリング会社です。銀行や金融業者の子会社ではなく、親会社のないファクタリング会社として独立しています。

独立系ファクタリング会社のメリットは、サービスが柔軟で小回りがきくことです。銀行や金融機関による縛りがなく、その分顧客の要望に即したサービスを提供できます。例えば、2者間ファクタリングによる最短即日入金を希望しているなど、柔軟な対応を必要とする企業に向いているでしょう。

独立系ファクタリング会社は金融会社に比べて審査のハードルが低い傾向にあり、ファクタリングを受けやすいのもメリットです。一方で悪徳業者もいるため、本当に利用して問題ないファクタリング会社なのか、注意しなければなりません。

銀行系ファクタリング会社

銀行系ファクタリングとは、銀行を親会社として運営しているファクタリング会社です。銀行の規模はさまざまでメガバンクから地方銀行までありますが、いずれの場合も母体が銀行であれば銀行系ファクタリング会社と呼べます。

銀行系ファクタリング会社は社会的信用度が高く、高額のファクタリングを実現できるのが特徴です。手数料も安い傾向にあり、金額の大きな債権を現金化したい場合に向いています。

一方で銀行系ファクタリング会社は審査が厳しいことで知られており、売掛先の経営状況などによっては債権を買い取ってもらえない可能性もあります。また3者間ファクタリングがメインで現金化まで時間が掛かるため、急ぎのタイミングでの利用はあまり適していません。

ノンバンク系ファクタリング会社

ノンバンク系ファクタリング会社とは、ローン会社、カード会社など、銀行以外の金融機関が親会社となっているファクタリング会社のことを指します。

ノンバンク系ファクタリング会社では、銀行系ファクタリング会社と近いサービスを提供していることが多いでしょう。資金力があるため金額の大きな債権も買い取ってもらえ、手数料も安価になる傾向です。一方、3者間ファクタリングがメインで手続きには時間が掛かるため、銀行系ファクタリングと同様に急ぎのファクタリングには適していません。

またファクタリングだけでなく、グループ企業の強みを生かしてコンサルティングサービスを提供してもらえることもあります。経営の改善を検討している企業におすすめです。

業種特化型ファクタリング会社

業種特化型ファクタリング会社とは、特定の業種に特化して債権の買い取りを行っているファクタリング会社のことです。例えば建設業界、IT業界、医療業界など、業界特有のキャッシュフローや慣習などに精通したスタッフが対応してくれるため、スムーズな手続きができ、適切なタイミングで売掛金の資金化が可能になります。

とりわけ医療業界の場合は、診療報酬ファクタリングを利用することが可能です。診療報酬ファクタリングとは、医療機関が国や地方公共団体から受け取れる診療報酬を先立って現金化できるシステムです。

このように業界に合わせて、小回りがきくことに加えて素早い現金化が可能なため、資金化を急ぎたいケースや業種独自の視点で審査を受けたいケースに向いています。

【独立系】大手ファクタリング会社おすすめ10選


まずは独立系の大手ファクタリング会社について、おすすめの10社をご紹介します。それぞれの会社のサービスを一覧で確認してみましょう。

買取可能額手数料入金スピード取扱ファクタリング審査時に必要な書類個人事業主の利用償還請求権
アクセルファクター30万円~上限なし2%~最短即日2者間3者間売掛金が確認できる書類入金が確認できる預金通帳直近の確定申告書身分証明書などなし
えんナビ50万~5,000万円要問い合わせ最短即日2者間3者間非公開なし
QuQuMo上限なし1%〜最短即日2者間請求書通帳なし
ビートレーディング上限なし2%~最短即日2者間3者間請求書・注文書通帳のコピー(2ヵ月分)などなし
ベストファクター30万~無制限2%最短即日2者間3者間身分証明書通帳請求書見積書なし
ファストファクタリング最大1億円2~5%最短2者間3者間直近の決済書請求書通帳の写しなし
日本トラスト10万円~上限なし1%〜最短即日2者間3者間非公開なし
ラボル1万円~10%最短即日2者間免許証などの本人確認書類請求書取引を示すエビデンスなし
ベストペイ100万~3億円程度5%~最短翌日2者間注文書通帳(3ヵ月分)本査定申込書(申し込みにより送付される)請求書ファクタリングのみ○なし
OLTA下限・上限なし2~9%最短即日2者間本人確認書類請求書通帳(4ヵ月分)などなし

※手数料については買取額によっても変動します

それぞれのファクタリング会社の詳細について、解説します。

アクセルファクター

アクセルファクターは、ネクステージグループ傘下のファクタリング会社です。ネクステージグループでは他に、ファイナンスサービスやコンサルティング事業などが展開されています。

グループ企業として豊富な資金力を誇るアクセルファクターでは、最大1億円までの資金を最短で即日調達することも可能です。スピード重視の理念から、取引の半数以上で即日での資金調達を実現しているため、急ぎで現金化が必要な場合に適しています。

反対に、即日対応は必要ないという場合は、早期申込割引があるのも特徴です。入金希望日が申し込み日よりも30日以上先であれば、手数料が1%割引となります。少額の債券買取にも対応しているため、まずは問い合わせてみるのもおすすめです。

\ 相談無料 /

お電話でのご相談はこちら

アクセルファクターのサービス概要

アクセルファクターのサービス概要について一覧で紹介します。

買取可能額30万円~上限なし
手数料2%~
入金スピード最短即日
取扱ファクタリング2者間3者間
審査時に必要な書類売掛金が確認できる書類入金が確認できる預金通帳直近の確定申告書身分証明書
などケースによる
個人事業主の利用
償還請求権なし

アクセルファクターでは、審査時の書類がケースバイケースとなります。書類が揃わない場合でも、代替となる書類で対応してもらえることもあるため、相談してみましょう。


えんナビ

えんナビは、24時間対応のファクタリング会社です。土日祝日も含めて365日スタッフに対応してもらえるため、緊急で現金が必要になった場合も気軽に相談できます。

入金スピードは最短1日で、休日対応してもらえることを考えると心強いでしょう。地方から利用をしたい場合、まずは電話で予約を行った上で、ファクタリング契約のためにスタッフに訪問してもらうことも可能です。ケースによっては電話、メールのみで契約できる場合もあるので問い合わせてみましょう。

なお、えんナビのWebサイトでは、いつでも自社の債権を簡単査定できるようになっています。ファクタリングの利用前に、いくらくらい資金調達できるか気になる場合は、フォーム入力で確認してみるのがおすすめです。

\ 相談無料 /

えんナビのサービス概要

えんナビのサービス概要について一覧で紹介します。

買取可能額50万~5,000万円
手数料要問い合わせ
入金スピード最短即日
取扱ファクタリング2者間3者間
審査時に必要な書類非公開
個人事業主の利用
償還請求権なし

えんナビでは、手数料や審査時に必要な書類について公開していません。ファクタリングでは、ケースによって必要な書類が変わることもよくあるため、どのような書類が必要かまずは問い合わせてみることをおすすめします。

QuQuMo(ククモ)

QuQuMo(ククモ)は、オンラインのみで資金調達のできるファクタリング会社です。事務所に来店する必要がなく、入金スピードは最短2時間と非常にスピーディです。

個人事業主でも利用できる他、売掛金の種類や金額も不問で、下限も上限もないため少額から高額まで利用できます。また対応が柔軟で、審査に必要な書類も請求書・通帳のみと少なく済みます。とにかく急を要するという企業におすすめです。

またQuQuMoの手数料は1%〜と、低コストで抑えられます。ただし、手数料はファクタリングの利用金額によっても変わってくるため、まずは無料見積もりで確認してみましょう。

\ 相談無料 /

QuQuMo(ククモ)のサービス概要

QuQuMoのサービス概要について一覧で紹介します。

買取可能額上限なし
手数料1%〜
入金スピード最短即日(最短2時間)
取扱ファクタリング2者間
審査時に必要な書類請求書通帳
個人事業主の利用
償還請求権なし

QuQuMoで提供しているファクタリングサービスは、2者間ファクタリングに限られます。2者間では売掛先にファクタリングの利用を知られることがないため、ファクタリングの利用に伴う自社への評価などが気になる場合でも利用しやすいでしょう。

ベストファクター


ベストファクターは、必要書類を事前に準備しておくことで即日入金を行ってくれるファクタリング会社です。当該の必要書類は、審査のみであれば身分証明書と通帳、請求書、見積書などだけで済みますが、契約に進む際には必要書類が増えるため注意しましょう。

審査そのものはWebサイトから申し込みできて簡単です。また、受注書や発注書でも注文書ファクタリングを実施できることがあります。資金化を急いでいる場合は、納品前でもベストファクターに相談してみるのがおすすめです。

手数料は業界最低水準となりますが、利用金額などによって手数料が変わるためWebの簡易診断で手数料をシミュレーションしてみると良いでしょう。一方、電話相談なら5分で買取額が分かります。

\ 相談無料 /

ベストファクターのサービス概要

ベストファクターのサービス概要について一覧で紹介します。

買取可能額30万円~無制限
手数料2%~
入金スピード最短即日
取扱ファクタリング2者間
審査時に必要な書類身分証明書
個人事業主の利用
償還請求権なし

ベストファクターでは、審査時の書類だけでなく、申し込む際に「納税証明書、印鑑証明書、登記簿謄本」が必要となります。

登記簿謄本は、取り急ぎ発行したい場合は法務局の窓口を訪れる必要があり、郵送による取り寄せは3日~1週間ほどを要します。利用の可能性がある場合、早めに書類を準備しておくとよいでしょう。

ファストファクタリング

ファストファクタリングは、オンライン完結型のファクタリング会社です。申し込みや相談はWebサイトで行い、資金化まで最短即日で対応してもらえます。また契約までに簡単なヒアリングが行われます。

ファストファクタリングの手数料は、下限が2%で上限が5%です。買い取りを希望する売掛債権が少額な場合など、手数料がどのくらい掛かるか気になる場合はファストファクタリングでの見積もりを取ってみましょう。

ただし、ファストファクタリングでは、審査や契約に必要な書類がWebサイトに明記されていません。ファクタリングで使われる書類の中には、取得に時間が掛かる書類もあります。事前に必要書類を問い合わせておくとよいでしょう。

\ 相談無料 /

ファストファクタリングのサービス概要

ファストファクタリングのサービス概要について一覧で紹介します。

買取可能額最大1億円
手数料2~5%
入金スピード最短即日(最短2時間)
取扱ファクタリング2者間3者間
審査時に必要な書類直近の決済書請求書通帳の写し
個人事業主の利用
償還請求権なし

ファストファクタリングの最大買取可能額は、1億円です。ただし、1億円を超える契約も応相談とされているため、金額が大きくなってしまう場合もまずは相談してみるとよいでしょう。

ベストペイ


ベストペイは請求書の他に注文書も買取可能なファクタリング会社です。買取可能額が最大1億~3億円程度と、規模の大きな売掛債権でも対応してもらえます。特に1億円を超える取引のケースでは他社では取引不可となることもあるため、ベストペイへ相談するとよいでしょう。

ファクタリングの審査は電話かWebサイトでの申し込みですぐに実施できますが、本契約の手続きは対面です。ただし、遠方から申し込んだ場合は、ベストペイの担当者に来社してもらうこともできます。

入金スピードは最短翌日です。審査時に必要な書類も少ないのでスムーズに審査・申し込み可能です。契約時には、納税証明書、印鑑証明書、登記簿謄本の3点が必要になります。

\ 相談無料 /

ベストペイのサービス概要

ベストペイのサービス概要について一覧で紹介します。

買取可能額100万~3億円程度
手数料5%〜
入金スピード最短翌日
取扱ファクタリング2者間
審査時に必要な書類注文書通帳(3ヵ月分)本査定申込書(申し込みにより送付される)
個人事業主の利用請求書ファクタリングのみ○注文書ファクタリングは×
償還請求権なし

ベストペイは個人事業主でも利用できますが、法人の場合は注文書ファクタリングを利用できるのに対し、個人事業主は請求書ファクタリングのみの利用に限られていることに気を付けましょう。

ビートレーディング

ビートレーディングの累計契約数は5万2,000社を超え、ファクタリング会社としても10年の歴史がある会社です。

対応が柔軟で、ファクタリングのオンライン申し込みも受け付けています。資金調達までは最短で2時間と、非常に迅速なのもメリットでしょう。

また、ファクタリングは通常、請求書によって融資してもらうとが多いですが、ビートレーディングでは注文書で融資が受けられる「注文書ファクタリング」に対応しています。まだ請求書を出していない取引でも、現金化したい場合は相談してみるとよいでしょう。

\ 相談無料 /

ビートレーディングのサービス概要

ビートレーディングのサービス概要について一覧で紹介します。

買取可能額上限なし(これまで3万~7億円の買取実績あり)
手数料2%~
入金スピード最短即日(最短2時間)
取扱ファクタリング2者間3者間
審査時に必要な書類請求書・注文書通帳のコピー(2ヵ月分)など※債権の内容によっては追加の資料が必要な場合も
個人事業主の利用
償還請求権なし

ラボル


ラボルは、フリーランスと個人事業主向けのファクタリング会社です。フリーランス、個人事業主がメインの顧客ということもあり、ラボルの買取可能額は最低1万~20万円と少額です。審査さえ通れば入金までは最短1時間と短く、小規模事業者にとって頼れる存在となるでしょう。独立直後の場合でも新規取引でも、幅広く対応してもらえます。

またラボルのサービスで留意したいのは、一律10%の手数料です。金額によって手数料が変動するファクタリング会社が多い中で、ラボルは手数料が一律のため見積もりを取って手数料を確認する手間がかかりません。他社でも少額のファクタリングで手数料が上がるところは多いため、すぐに高いと判断せずよく検討しましょう。

\ 相談無料 /

ラボルのサービス概要

ラボルのサービス概要について一覧で紹介します。

買取可能額1万円~
手数料10%
入金スピード最短即日(最短1時間)
取扱ファクタリング2者間
審査時に必要な書類免許証などの本人確認書類請求書取引を示すエビデンス(取引先とのメールなど)
個人事業主の利用
償還請求権なし

日本トラスト


日本トラストは、審査通過率98%を謳うファクタリング会社です。審査スピードが最短1時間程度と速い点も特徴のひとつです。自社の売掛債権について「現金化を急いでいるが審査に通過するかどうか不安が大きい」という場合は、審査通過率の高い日本トラストへ相談してみるのがよいでしょう。

ただし、審査の必要書類がWebサイトに掲載されていないため、スムーズに審査してもらうためには、事前に確認しておく必要があるでしょう。書類が揃っていれば、電話またはWebサイトなどからの申し込みで審査に入れます。契約手続き自体もLINEやWebサイト上で進めるため手間がありません。

手数料については1%~と公表されていますが、実際の買取金額によって変動するため、まずは見積もりを依頼するのがおすすめです。

日本トラストのサービス概要

日本トラストのサービス概要について一覧で紹介します。

買取可能額10万円~上限なし
手数料1%〜
入金スピード最短即日(最短1時間)
取扱ファクタリング2者間3者間
審査時に必要な書類非公開
個人事業主の利用
償還請求権なし

OLTA(オルタ)

OLTA(オルタ)は、オンライン完結型のファクタリング会社です。パートナー企業にはメガバンクが多く、独立系でも銀行とつながりのあるファクタリング会社を選びたいと考えている場合に適しています。

手数料は2〜9%で、諸費用や経費がすべて含まれているため、明瞭です。見積もりを取り、手元の売掛金でファクタリングを利用した場合の手数料を確かめてみましょう。

またOLTAでは対面申し込みの必要はなく、Webサイトや電話でのオンライン申し込み、オンライン契約が可能です。売掛金の買取金額に上限も、下限もないため、少額のファクタリングから大きな金額まで、まずは相談してみると良いでしょう。

OLTA(オルタ)のサービス概要

OLTAのサービス概要について一覧で紹介します。

買取可能額下限・上限なし
手数料2~9%
入金スピード最短即日
取扱ファクタリング2者間
審査時に必要な書類本人確認書類昨年度の決算書一式請求書通帳(4ヵ月分)など
個人事業主の利用
償還請求権なし


OLTAでは、審査時にさらに書類が必要です。審査時に必要な書類に加えて、法人の場合は前年度の決算書、個人事業主の場合は税務署の収受印付き確定申告書B第一表(電子申告の場合は、確定申告書および電子申告時の送信票)が求められます。

【銀行系】大手ファクタリング会社おすすめ3選

銀行系の大手ファクタリング会社は、知名度の高い会社が揃っています。ここからはご紹介する3社について、それぞれの特徴を表にまとめました。

買取可能額手数料入金スピード取扱ファクタリング審査時に必要な書類個人事業主の利用償還請求権
三菱UFJファクター要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ3者間保証ファクタリング要問い合わせ×なし
みずほファクター要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ保証ファクタリング要問い合わせなし
SMBCファイナンスサービス要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ3者間保証ファクタリング要問い合わせなし


ここからは、それぞれの特徴について詳しく解説します。

三菱UFJファクター

三菱UFJファクターは、三菱UFJ銀行の系列ファクタリング会社です。買取可能額は公表していないものの、大口の売掛債権も現金化できる可能性が十分にあります。売掛債権の額面が大きい場合は三菱UFJファクターを選ぶのも一つの方法です。

また三菱UFJファクターは、国際ファクタリングにも対応しています。海外の取引先が多い企業も便利でしょう。

もうひとつ、三菱UFJファクターで実施しているのが保証ファクタリングです。まだ取引の浅い企業で大きな取引がある場合、代金回収に不安がある場合などは、三菱UFJファクターの保証ファクタリングを利用すれば未回収になるのを防げます。

三菱UFJファクターのサービス概要

三菱UFJファクターのサービス概要について一覧で紹介します。

買取可能額要問い合わせ
手数料要問い合わせ
入金スピード要問い合わせ
取扱ファクタリング3者間国際ファクタリング保証ファクタリング
審査時に必要な書類要問い合わせ
個人事業主の利用×
償還請求権なし


三菱UFJファクターのサービス内容については、Webサイト上で掲載されていない情報がいくつか見られます。利用を検討している場合、事前に問い合わせて確認しましょう。

買取ファクタリングの形式は3者間ファクタリングに限られます。取引先に知られる形でのファクタリング利用になるため、取引先に知られたくない企業には向きません。

みずほファクター

みずほファクターは、みずほ銀行系列のファクタリング会社です。母体はみずほ銀行で、他の銀行系大手ファクタリング会社と同じく高い信用力が特徴となっています。

ただしみずほファクターで取り扱っているのは、売掛債権を現金化する買取ファクタリングではなく、売掛債権の回収を保証する保証ファクタリングです。保証ファクタリングはリスクマネジメントの方法として優れており、未回収の心配をすることなく新規の顧客を開拓し、販路を拡大したいというような企業に向いています。

みずほファクターでは、国内ファクタリングだけでなく国際ファクタリングも実施しています。輸出をする際に代金回収までをみずほファクターが請け負い、海外取引先による未払いを防ぐことが可能です。

みずほファクターのサービス概要

みずほファクターのサービス概要について一覧で紹介します。

買取可能額要問い合わせ
手数料要問い合わせ
入金スピード要問い合わせ
取扱ファクタリング保証ファクタリング
審査時に必要な書類要問い合わせ
個人事業主の利用
償還請求権なし


必要書類など公開されていない情報も多いため、利用を検討する場合はまずは問い合わせてみましょう。

SMBCファイナンスサービス

SMBCファイナンスサービスは、SMBCグループの中でクレジット業務やファクタリング業務などを行っている会社です。

SMBCファイナンスサービスでは、買取ファクタリング、保証ファクタリングのどちらも取り扱っています。売掛金をすぐに現金化したい場合は買取ファクタリング、売掛金の回収保証をしたい場合は保証ファクタリングと、自社の都合や売掛先の経営状態によって使い分けることが可能です。

信頼性の高い企業とファクタリング契約を結びたい場合だけでなく、買取ファクタリングと保証ファクタリングのいずれも利用可能性があるという場合はSMBCファイナンスサービスを検討するのがおすすめです。

SMBCファイナンスサービスのサービス概要

SMBCファイナンスサービスのサービス概要について一覧で紹介します。

買取可能額要問い合わせ
手数料要問い合わせ
入金スピード要問い合わせ
取扱ファクタリング3者間保証ファクタリング
審査時に必要な書類要問い合わせ
個人事業主の利用
償還請求権なし


他の銀行系ファクタリングと同様に、SMBCファイナンスサービスのサービス概要は非公開情報が多く、これらの情報を見ただけでは判断できない部分が多々あります。ファクタリングサービスの利用を希望する場合、まずは問い合わせて詳しい案内を受けましょう。

【ノンバンク系】大手ファクタリング会社おすすめ3選

ノンバンク系の大手ファクタリング会社は、いずれも大手といわれる金融会社の系列に該当します。ここでは3社をピックアップして、それぞれの特徴を表にまとめました。

買取可能額手数料入金スピード取扱ファクタリング審査時に必要な書類個人事業主の利用償還請求権
三菱HCキャピタル要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ3者間要問い合わせなし
オリックス要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせなし
AGビジネスサポート10万円~2%~最短即日2者間3者間要問い合わせなし


それぞれの特徴について、次の項目にて詳しく解説します。

三菱HCキャピタル

三菱HCキャピタル株式会社はファイナンスだけではなく、ビジネスサポートやソリューション、その他サービスなど、幅広く事業を展開している企業です。ファイナンス関連では車や機械などのリース業を主に行っている他、事業内容の一つに売掛債権ファクタリングや診療報酬債権ファクタリングがあります。

売掛債権ファクタリングについては一般的な買取ファクタリングで、買取可能額などは公開されていないものの、大手の資金力や信用力のもと売掛債権を買い取ってもらえます。

また、診療報酬ファクタリングに対応しているのも特徴の一つです。診療報酬を予定よりも早く現金化できるため、病院など医療機関、介護施設、調剤薬局で資金を必要としている場合には、三菱HCキャピタルの利用をおすすめします。

三菱HCキャピタルのサービス概要

三菱HCキャピタルのサービス概要について一覧で紹介します。

買取可能額要問い合わせ
手数料要問い合わせ
入金スピード要問い合わせ
取扱ファクタリング3者間
審査時に必要な書類要問い合わせ
個人事業主の利用
償還請求権なし


扱っているファクタリングの種類としては、2者間ファクタリングの扱いがないことに注意が必要です。3者間ファクタリングでは売掛債権の発行企業に対してファクタリングを利用する旨の連絡が入るため、あらかじめ認識しておきましょう。

オリックス

オリックスはファクタリング事業など法人金融事業の他に、環境エネルギー事業、自動車・不動産関連事業などを運営している、大手ファイナンス企業です。ファクタリング事業では、売掛債権の買取、手形買取、診療・介護・調剤報酬債権ファクタリングなどに対応しています。

診療・介護・調剤報酬債権ファクタリングでは、診療報酬だけではなく介護報酬や調剤報酬の債権を買取対象としているのが特徴です。介護関連企業や調剤薬局などで、債権を早期に現金化したい場合は、オリックスの利用を検討してみてください。

オリックスのサービス概要

オリックスのサービス概要について一覧で紹介します。

買取可能額要問い合わせ
手数料要問い合わせ
入金スピード要問い合わせ
取扱ファクタリング要問い合わせ
審査時に必要な書類要問い合わせ
個人事業主の利用要問い合わせ
償還請求権なし


ファクタリング利用の条件や手数料、必要書類に関しては非公開の部分も多く、利用を希望する際は事前に問い合わせが必要です。

AGビジネスサポート(旧:アイフルビジネスファイナンス)

AGビジネスサポートは大手消費者金融のアイフル系列で、法人向けのビジネスローン、不動産ローンなどを主軸とした金融会社です。

銀行系やノンバンク系のファクタリング会社では大手になるほど情報を非公開にしている企業も多いですが、AGビジネスサポートは手数料や入金スピードなど、ある程度の情報をWebサイトなどで公開しています。とりわけ入金スピードは最短即日と早く、緊急時にも利用できる可能性があるのは大きなメリットです。

上場しているファクタリング会社で、できるだけ早く入金してほしい事情のある場合などは、AGビジネスサポートへ問い合わせてみるとよいでしょう。

なおファクタリングの利用に際しては手数料が少しでも安い方が助かりますが、AGビジネスサポートでファクタリングを利用する場合、クレジットカード「ライフカードビジネスライトプラス」を所有することで手数料が1%値引きとなります。

買取可能額10万円~
手数料2%~
入金スピード最短即日
取扱ファクタリング2者間3者間
審査時に必要な書類非公開
個人事業主の利用
償還請求権なし


AGビジネスサポートでは2者間ファクタリングにも、3者間ファクタリングにも対応しています。3者間ファクタリングの方が手数料が安くなる傾向にありますが、入金までの時間が掛かりがちなため、即日入金を希望する場合は2者間ファクタリングの方がおすすめです。

大手ファクタリング会社を利用するメリット


ファクタリング会社の規模はさまざまですが、あえて大手ファクタリング会社を利用するメリットには、主に以下のようなものがあります。

  • 信用度が高い
  • 手数料が安い傾向にある
  • ファクタリングの種類が豊富である
  • 利用限度額が高い

それぞれについて詳しく解説します。

信用度

大手のファクタリング会社は信用度が高く、ファクタリングの経験がない場合でも利用しやすい点がメリットです。

中小企業のファクタリング会社が信用できないということではありません。しかし、ファクタリング業界には悪徳業者が存在しているのも事実です。ファクタリングを装った違法な貸付けをされる場合もあり、悪徳業者に遭遇してしまった結果、高額な手数料や手数料以外の利息を請求される事例もあります。

そのため中小規模のファクタリング会社を利用する場合は、悪徳業者ではないかどうか、よく調べなければなりません。その点、大手のファクタリング会社ならば実績も豊富で信用度が高いため、利用するハードルが下がるでしょう。

手数料

大手ファクタリング会社は、ファクタリングの利用金額に対して手数料が低めに設定される傾向にあります。大手ファクタリング会社で手数料が低くなる理由としては、取引金額が大きいことや、売掛債権の信用度が高いことなどが挙げられるでしょう。

取引金額とは、ファクタリング会社が買い取る売掛債権の金額です。大手ファクタリング会社の買取限度額は大きいことが多く、大きな取引を扱う割合も増えます。元の取引金額が大きければ、手数料を低めに設定してもファクタリング会社では一定の手数料を確保できるため問題ありません。

また売掛債権の信用度が高ければ、ファクタリング会社としては貸し倒れリスクが少ないため、手数料も低めに設定できるという背景があります。

ファクタリングの種類

大手のファクタリング会社では、利用できるファクタリングの種類が多い傾向にあります。

ファクタリングには大きく分けて、2者間ファクタリングや3者間ファクタリングがあります。これらの他に保証ファクタリングもファクタリングの一種として挙げられるでしょう。

どの方法もそれぞれ長所があり、手数料の金額にも影響します。入金を急いでいるのか手数料を抑えたいのか、または売掛債権の入金を確実にしたいのか、ファクタリング利用者の要望によって適切なファクタリングの種類が異なります。

中小規模のファクタリング会社では、扱うファクタリングの種類が限定されていることもあるため、自社にとって適した方法を選べないかもしれません。大手ファクタリング会社であれば、さまざまな方法に対応していることが多いのがメリットです。

利用限度額

大手ファクタリング会社では、利用限度額が高額になる傾向です。

買取限度額は会社によって異なるものの、大手ファクタリング会社の中には数億円の資金調達にも対応できる場合があります。ファクタリングの金額が大きくなれば、手数料の料率を抑えられる可能性が高くなるという点がメリットです。

数千万~数億円単位のファクタリングに対応してもらうなら、大手ファクタリング会社を検討するのがよいでしょう。

まとめ

ファクタリングを利用する際、どのファクタリング会社に依頼するのがよいかはケースバイケースです。例えば、ファクタリングの経験が浅くしっかりサポートを受けたい場合や、売掛債権の金額が大きな場合などは、大手ファクタリング会社を検討するのがよいでしょう。

大手ファクタリング会社では、大きな金額でも対応してもらいやすい、手数料が低く抑えられる、信用度が高いなど、さまざまなメリットがあります。ファクタリングを利用する際は、いくつかのファクタリング会社の強みや対応スピード、手数料などを比較検討し、自社に合ったファクタリング会社を選んでください。

ページ先頭へ戻る