東証スタンダード上場企業のジオコードが運営!営業組織を強くするWebマガジン

更新日:2024/01/18 

40代におすすめの転職サイト比較|選び方と成功の秘訣も紹介

40代の転職は年齢的な不安や収入の悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

40代は20代や30代よりもこれまでの経歴やキャリア、スキルなどが重視される傾向にあります。

40代の転職を成功させるためには自分にマッチした転職サイトを選び、自身が企業で活躍できる人材であることをうまくアピールする必要があります。

転職活動をスムーズに進めるためにも、まずは自分に合った転職サイトを見つけましょう。

この記事の目次はこちら

40代向け転職サイトを正しく選ぶポイント

40代向けの転職サイトを正しく選ぶポイントは次の3点です。

  • 40代の転職支援に強い転職サイトを選ぶ
  • 求人数が豊富な転職サイトを選ぶ
  • 自分のキャリアに特化した転職サイトを選ぶ

転職サイトは多数ありますが、まずは40代の転職支援に強いサービスを選ぶことが大切です。

40代は新卒や20代、30代よりも求人数が少ない傾向にあるため、なるべく求人数が豊富な転職サイトを選ぶとよいでしょう。

そして、40代は前職ですでに特定分野のキャリアやスキルを獲得している場合があります。

そのため、自分のキャリアに特化した転職サイトを選ぶとスムーズな転職活動につながります。

40代の転職支援に強い転職サイトを選ぶ

まずは40代の転職支援に強い転職サイトを選びましょう。

転職サイトにはさまざまな種類があり、サービスごとにターゲット層も異なります。

40代の転職を目的としているにもかかわらず、新卒や第二新卒をメインに取り扱う転職サイトに登録しても意味がありません。

転職活動を成功させるためにも、今の自分に合った転職サイトを選ぶことが一番大切です。

管理職経験がある場合にはハイクラス向きの転職サイト、資格やスキルを所持している場合には希望業界に特化している転職サイトを利用しましょう。

自分自身のキャリアやスキルに合ったサイトを選ぶことでスムーズな転職活動にもつながります。

求人数が豊富な転職サイトを選ぶ

転職活動をスムーズに進めるためには求人数が豊富な転職サイトの利用がおすすめです。

求人数の取り扱いが多いほど自身の条件に見合う転職先が見つかりやすくなります。

また、希望条件を含む転職先を複数比較しながら探せることもメリットの一つです。

希望条件の他にある会社の特徴や福利厚生などを比較検討することで、より自身の希望にあった転職先を見つけられます。

反対に求人数が少ないサイトでは、希望条件を満たしていなくても妥協してしまったり複数の求人を比較することなく応募してしまったりするリスクがあります。

最終的に納得のいく転職につなげるためにも、まずは求人数の多さで転職サイトを選びましょう。

自分のキャリアに特化した転職サイトを選ぶ

これまでの実務経験やスキルを活かして転職先を探したい場合には、自分のキャリアに特化した転職サイトを選びましょう。

エンジニアや介護、保育など転職サイトも業界特化型のサービスが複数存在しています。

業界特化型転職サイトのメリットは転職活動をサポートしてくれるキャリアコーディネーターも業界に精通していることです。

そのため、職歴やスキルなどにあわせた求人紹介や転職時のサポートがスムーズであるほか、希望を汲み取ってもらいやすいメリットがあります。

また、業界特化型転職サイトは希望業界のみの求人を見つけやすく検索もしやすい環境が整えられています。

数多な求人から希望条件を絞らなくてはならない一般的な転職サイトよりも求人を見つけやすいことも強みです。

40代におすすめの転職サイト9社

転職サイト求人数強みターゲット層
リクナビネクスト約8万件スカウトサービス全ての方
doda(デューダ)約22万5,000件スカウトサービス全ての方
type約28,000件スカウト機能・マッチング機能キャリアアップ希望者
ビズリーチ約10万7,000件企業との直接コンタクトが可能ハイクラス転職希望者
JACリクルートメント約4万5,000件コンサルタントによるサポートハイクラス転職希望者
マイナビミドルシニア約4万2,000件転職成功ガイドの無料掲載40代、50代、60代
LIBZ(リブス)掲載なし経歴やスキルに応じた求人紹介全ての方
From40約1万6,000件スカウト機能・オファー機能40代、50代、60代
ランスタッド約5,000件海外の求人情報が豊富外資系、ハイクラス転職希望者

出典:株式会社リクルート 【公式】リクナビNEXT https://next.rikunabi.com/?leadtc=top_logo (2023-12-6)

出典:パーソルキャリア株式会社 【公式】doda https://doda.jp/ (2023-12-6)

出典:株式会社キャリアデザインセンター 【公式】https://type.jp/ (2023-12-6)

出典:株式会社ビズリーチ 【公式】BIZREACH https://www.bizreach.jp/ (2023-12-6)

出典:株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント 【公式】JAC Recruitment https://www.jac-recruitment.jp/ (2023-12-6)

出典:株式会社マイナビ 【公式】マイナビミドルシニア 東京都 https://mynavi-ms.jp/tokyo (2023-12-6)

出典:株式会社リブ 【公式】LIBZ https://career.prismy.jp/ (2023-12-6)

出典:株式会社ダトラ 【公式】FROM40 https://www.from-40.jp/company_profile (2023-12-6)

出典:ランスタッド株式会社 【公式】ランスタッド https://www.randstad.co.jp/ (2023-12-6)

(2023年11月現在)

おすすめ転職サイト①:リクナビネクスト

出典:株式会社リクルート 【公式】リクナビNEXT https://next.rikunabi.com/?leadtc=top_logo (2023-12-6)

リクナビネクストは株式会社リクルートが運営している日本最大級の転職・求人情報サイトです。

幅広い求人情報の取り扱いがあり、その内容は全国をはじめ海外にも対応しています。

求人検索にもこだわりがあり、全国の求人情報を職種や勤務地、資格などに加えて自身の希望条件を加えて絞ることが可能です。

その他、転職ノウハウや転職活動体験談など転職活動を成功させるためのヒントも多数掲載されています。

また、興味のある企業や転職エージェントから直接オファーが届くスカウトサービスもあります。

スカウトサービスは経歴や希望条件などを匿名で登録しておくだけで利用できるため、未経験者や主婦の方にもおすすめです。

おすすめ転職サイト②:doda(デューダ)

出典:パーソルキャリア株式会社 【公式】doda https://doda.jp/ (2023-12-6)

dodaはパーソルキャリア株式会社が運営している転職サービスです。

30年以上の運営歴を誇る老舗の転職サイトでもあり、2023年2月末時点で766万人という業界最大級のサービス登録者数を誇ります。


大手や優良企業を中心に大手・優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載しており、求人数は10万件以上にのぼります。

首都圏のみならず全国各地の求人を取り扱っているため、地元での転職を希望する女性にもおすすめです。

求人検索ではさまざまな条件を指定した情報の検索が行えるほか、会員登録すると新着求人をお知らせするメールマガジンが届きます。

また、スカウトサービスに登録すると企業から直接オファーを受け取れるため、求人検索との併用で効率よく転職活動が行えます。 

おすすめ転職サイト③:type

出典:株式会社キャリアデザインセンター 【公式】type https://type.jp/ (2023-12-6)

typeは株式会社キャリアデザインセンターが運営している転職サイトです。

「一つ上を目指す人のキャリア転職サイト」というキャッチコピーの通り、キャリアアップを望む方におすすめです。

東京や横浜、大阪などの首都圏を中心に大手・優良企業をはじめ、正社員やエンジニアなどの全国の豊富な求人情報を掲載しています。

また、面接対策に最適な情報が見られる面接情報ページや求人募集企業からアプローチが 届くスカウト機能やマッチングなどの独自機能も豊富です。

その他、履歴書や職務経歴書、志望動機の書き方やサンプル文面、面接マナーなどの転職ノウハウも充実しています。

求人探しから履歴書の作成、面接までの手厚いサポートを受けたい方におすすめのサービスです。

おすすめ転職サイト④:ビズリーチ

出典:株式会社ビズリーチ 【公式】BIZREACH https://www.bizreach.jp/ (2023-12-6)

ビズリーチは株式会社ビズリーチが運営しているハイクラス転職サイトです。

管理職や専門職、次世代リーダー、グローバル人材などの即戦力やハイクラス人材に特化した国内最大級の人材サービスでもあります。

掲載求人の三分の一以上が年収1,000万以上、厳選された導入企業数は2万3,500社にものぼります。

企業やヘッドハンターと直接コンタクトが取れるため、効率的に転職活動したい方やスカウトにより自身の市場価値を測りたい方にも最適です。

また、転職のプロフェッショナルであるヘッドハンターが約 6,200人登録されており、ヘッドハンターへの転職相談も行えます。

ビズリーチを利用する6割が35歳以上、4割が40歳以上という特徴もあるため、キャリアを生かした転職を目的としている方におすすめです。

おすすめ転職サイト⑤:JACリクルートメント

出典:株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント 【公式】JAC Recruitment https://www.jac-recruitment.jp/ (2023-12-6)

JACリクルートメントは株式会社ジェイエイシーリクルートメントが運営しているハイクラスの転職サイトです。

各企業に対する人事課題のヒアリングや採用コンサルティングを通じて得た信頼関係を活かし、管理職や専門職などに特化した転職支援サービスを提供しています。

各業界や職種に特化した約1,200名のコンサルタントが所属しており、高い専門性や企業文化などに精通したコンサルタントによる転職サポートも可能です。

求人はCOOやCFO、執行役員などの最高責任者ポジションをはじめ、統括部長や事業部長などの統括責任者クラスなど幅広く揃えられています。

また、海外に拠点があるため国内のみならずグローバルに活躍したい方への転職サポートも実施可能です。

おすすめ転職サイト⑥:マイナビミドルシニア

出典:株式会社マイナビ 【公式】マイナビミドルシニア 東京都 https://mynavi-ms.jp/tokyo (2023-12-6)

マイナビミドルシニアは株式会社マイナビが運営している中高年およびシニアの方向けの求人情報サービスです。

40代、50代、60代のミドルシニア世代を対象にした多数の求人情報が掲載されています。

求人検索では希望の勤務地や職種、給与をはじめ、パートやアルバイト、正社員、派遣、契約社員などの業態を指定しての絞り込みが可能です。

公式サイトへの初回アクセス時には希望勤務地の事前指定ができるため、スムーズな求人検索につなげられます。

また、無料で閲覧可能なミドルの職種大辞典と呼ばれる転職成功ガイドが掲載されています。

ミドルの職種大辞典ではミドルシニアの需要が高い職種がまとめられているため、仕事内容の詳細や年収目安を参考に求人探しを行いましょう。

おすすめ転職サイト⑦:LIBZ(リブス)

出典:株式会社リブ 【公式】LIBZ https://career.prismy.jp/ (2023-12-6)

LIBZは株式会社LiBが運営している転職サービスです。

正社員転職をはじめ、フリーランスや個人事業主の業務委託案件など幅広い求人の取り扱いがあります。

リモートやフレックス、在宅ワークなど新しい働き方に対応している企業情報も充実しているため、家事や子育てと仕事を両立したい女性にも適しています。

中には年収600万円以上のハイクラス求人も掲載されており、管理職やリーダー職の転職をご希望の方にもおすすめです。

また、LIBZはエージェントサービスであることから、求人検索ではなく求人紹介がメインとなります。

これまでの経験やスキル、希望形態などの登録情報をチェックした企業からリアクションがあった場合にのみ面談や選考などが設定されます。

そのため、効率的に転職活動を進めることが可能です。

おすすめ転職サイト⑧:From40

出典:株式会社ダトラ 【公式】FROM40 https://www.from-40.jp/company_profile (2023-12-6)

From40は株式会社ダトラが運営しているミドルシニアの転職求人サイトです。

40代、50代、60代に特化した求人情報を多数掲載しており、正社員や契約社員、派遣、パート、アルバイトなどさまざまな業態に対応しています。

From40への登録が完了するとスカウト機能の利用および非公開求人の閲覧が可能になります。

スカウト機能を利用するとプロフィールを閲覧した企業からのオファー受け取りが可能です。

自分で求人を探さずともオファーを待つだけで転職活動を進められるため、在職中の40代にもおすすめです。

また、約3,000件の非公開求人が全て閲覧できるようになるため、希望条件にマッチする転職先が見つかる可能性を高められます。

おすすめ転職サイト⑨:ランスタッド

出典:ランスタッド株式会社 【公式】ランスタッド https://www.randstad.co.jp/ (2023-12-6)

ランスタッドはランスタッド株式会社が運営している求人情報サイトです。

ランスタッド自体は1960年にオランダで設立されて以降、現在では39の国と地域に拠点を持つ総合人材サービス会社です。

国内のみならず海外の求人情報も取り扱っています。

そのため、外資系企業への転職を希望している方にもおすすめです。

管理職や管理部門、ITエンジニアなどのハイクラス転職にも対応しており、約4,700件を超える求人を閲覧可能です。

また、ランスタッドではプロフェッショナル派遣制度があり、年収800万円から1,500万円の企業で派遣として働くこともできます。

転職コンサルティングサービスも利用できるため、キャリアプランの提案を受けてみたい方はぜひ活用しましょう。

40代男性におすすめの転職サイト

転職サイト求人数強みターゲット層
リクルートダイレクト約7万件ダイレクトスカウトシステムハイクラス転職希望者
ビズリーチ約10万7,000件企業との直接コンタクトが可能ハイクラス転職希望者
JACリクルートメント約4万5,000件コンサルタントによるサポートハイクラス転職希望者
doda(デューダ)約22万5,000件スカウトサービス全ての方
ランスタッド約5,000件海外の求人情報が豊富外資系、ハイクラス転職希望者

出典:株式会社リクルート 【公式】リクルートダイレクトスカウト https://directscout.recruit.co.jp/ (2023-12-7)

出典:株式会社ビズリーチ 【公式】BIZREACH https://www.bizreach.jp/ (2023-12-6)

出典:株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント 【公式】JAC Recruitment https://www.jac-recruitment.jp/ (2023-12-6)

出典:パーソルキャリア株式会社 【公式】doda https://doda.jp/ (2023-12-6)

出典:ランスタッド株式会社 【公式】ランスタッド https://www.randstad.co.jp/ (2023-12-6)

リクルートダイレクトスカウト

出典:株式会社リクルート 【公式】リクルートダイレクトスカウト https://directscout.recruit.co.jp/ (2023-12-7)

リクルートダイレクトスカウトは株式会社リクルートが運営しているハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職スカウトサービスです。

企業の担当者から直接スカウトを受け取れるダイレクトスカウトシステムの採用により、企業と直接コンタクトが取れるため効率的に転職活動を進められます。

経験や能力、希望条件を選んでレジュメを完成させておくだけで企業やエージェントからスカウトの受け取りが可能です。

また、レジュメや求人情報の分析をもとに企業やエージェントに自分自身をおすすめしてもらうこともできます。

企業やエージェントとのやりとりはチャットで行えるため、メールでの形式的な文面や電話連絡も不要です。

ビズリーチ

出典:株式会社ビズリーチ 【公式】BIZREACH https://www.bizreach.jp/ (2023-12-6)

ビズリーチは人材事業や人財活用システムなどに注力している株式会社ビズリーチが運営するハイクラス転職サイトです。

ビズリーチを利用する6割が35歳以上、4割が40歳以上という特徴があるため、これまでのキャリアやスキルを生かした転職をご希望の方に適しています。

実際にビズリーチを利用した40代の転職成功者による転職後の年収は平均960万円と高い水準となっています。

また、ビズリーチの強みは掲載求人数が約10万7,000件と多い点です。

管理職や専門職、次世代リーダー、グローバル人材などに特化した求人が随時追加更新されており、掲載されている三分の一以上が年収1,000万以上の求人です。

また、企業からは重要な役職やポジションのオファーも届くため、キャリアアップを目指す40代男性におすすめです。

JACリクルートメント

出典:株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント 【公式】JAC Recruitment https://www.jac-recruitment.jp/ (2023-12-6)

JACリクルートは複数の転職支援事業を展開している株式会社ジェイエイシーリクルートメントが運営するハイクラスの転職サイトです。

各企業との信頼関係を活かし、管理職や専門職などに特化した転職支援サービスを提供しています。

JACではCOOやCFO、執行役員などの最高責任者ポジションをはじめ、統括部長や事業部長などの求人も多数掲載されています。

また、国内のみならず外資系企業や海外進出企業などへの転職も可能です。

2022年の実績では、JACリクルートを利用した転職成功者の3分の1が40代、40代以上が半数を占めています。

業界に精通した約1,200名のコンサルタントが所属しているため、40代で初めて転職活動を行う方も安心です。

doda(デューダ)

出典:パーソルキャリア株式会社 【公式】doda https://doda.jp/ (2023-12-6)

dodaはさまざまな人材サービス事業を手がけているパーソルキャリア株式会社が運営する転職サービスです。

掲載求人数は約22万5,000件と非常に多く、大手や優良企業を中心とした求人情報は随時追加更新されています。

「40代 求人」のキーワードを含む求人情報は約2万件以上ヒットするため、経験や未経験を問わず豊富な企業の中から希望に合った求人への応募が可能です。

求人情報は首都圏のみならず全国各地に対応しているため、地元での転職を希望する方や地方で働きたい方にも適しています。

転職に関する機能も豊富で、新着求人を知らせるメールマガジンや企業から直接オファーを受け取れるスカウトサービスも利用可能です。

求人検索との併用で効率よく転職活動が行えるため、在職中で時間の取れない40代の男性にもおすすめです。

ランスタッド

出典:ランスタッド株式会社 【公式】ランスタッド https://www.randstad.co.jp/ (2023-12-6)

ランスタッドは日本全国に97拠点を構えるランスタッド株式会社により運営されている求人情報サイトです。

管理職や管理部門、ITエンジニアなどのハイクラス転職にも対応しており、約5,000件の求人情報を閲覧できます。

登録後には非公開求人も閲覧可能となるため、幅広い選択肢の中から希望の求人へ応募可能です。

運営会社自体が元々海外で設立された企業であるためグローバルな転職に強く、求人情報は国内のみならず海外の幅広い業種も取り扱っています。

そのため、海外企業や外資系企業への転職を希望している40代の男性にもおすすめです。

先を見据えた最適なキャリアプランの提案を受けてみたい方は無料の転職コンサルティングサービスもぜひ活用しましょう。

40代女性におすすめの転職サイト

転職サイト求人数強みターゲット層
Woman Career by doda約22万5,000件女性が重視するポイントを踏まえた求人検索転職希望の女性
LIBZ(リブス)掲載なし経歴やスキルに応じた求人紹介全ての方
女の転職type約2,500件女性が重視するポイントを踏まえた求人検索転職希望の女性
リクナビネクスト約8万件スカウトサービス全ての方

出典:パーソナルキャリア株式会社 【公式】女性の転職・求人情報 Woman Career by doda https://doda.jp/woman/ (2023-12-6)

出典:株式会社リブ 【公式】LIBZ https://career.prismy.jp/ (2023-12-6)

出典:株式会社キャリアデザインセンター 【公式】女の転職type https://woman-type.jp/ (2023-12-6)

出典:株式会社リクルート 【公式】リクナビNEXT https://next.rikunabi.com/?leadtc=top_logo (2023-12-6)

2023年11月現在

Woman Career by doda

出典:パーソナルキャリア株式会社 【公式】女性の転職・求人情報 Woman Career by doda https://doda.jp/woman/ (2023-12-6)

Woman Career by dodaはパーソルキャリア株式会社が運営する女性のための求人情報サイトです。

求人情報は女性が活躍中の企業から職種別にチェックでき、営業職や企画管理をはじめ事務や技術職、クリエイティブ職など幅広く掲載されています。

女性に人気の求人特集が組まれており、勤務形態や給料をはじめ年間休日日数や産休および育休取得実績、残業時間などから求人を探すことも可能です。

転職に関するコンテンツも充実しており、ロールモデルでは転職を経て自分のキャリアを見つけた女性が紹介されています。

今後のライフステージの変化を見据えた転職や結婚や出産後の転職、管理職を目指した転職など、さまざまな女性の体験談を参考に自身の転職活動に活かしましょう。

LIBZ(リブズ)

出典:株式会社リブ 【公式】LIBZ https://career.prismy.jp/ (2023-12-6)

LIBZは採用支援事業に力を入れている株式会社LiBが運営している転職サイトです。

LIBZでは正社員転職をはじめ、リモートワークやフレックスをはじめとした新しい働き方の求人が豊富です。

フリーランスや個人事業主の業務委託案件、在宅ワークなど幅広い求人の取り扱いがあるため、家事や子育てと仕事を両立したい女性にもおすすめです。

また、年収600万円以上のハイクラス求人も掲載されているため、管理職やリーダー職への転職を希望する女性にも適しています。

LIBZはエージェントサービスであるため求人紹介がメインになりますが、これまでの経歴やキャリアを活かした効率的な転職活動が可能です。

女の転職type

出典:株式会社キャリアデザインセンター 【公式】女の転職type https://woman-type.jp/ (2023-12-6)

女の転職typeは株式会社キャリアデザインセンターが運営している転職サイトです。

正社員で長く働きたい女性をターゲットに未経験OK、大手優良企業、リモートワークOKなどの求人を幅広く掲載しています。

求人検索では勤務地や年収などから絞り込みが可能であるほか、相性から探すという項目が用意されていることが特徴です。

相性から探すという項目を利用すると、自分の仕事に対する志向や希望に合わせて相性のいい求人がランキング形式で表示されます。

仕事に対する志向や希望は会員登録後にWEB履歴書で設定できるようになるため、ぜひ活用しましょう。

また、スカウトやオファー機能も用意されているため、求人検索機能と併用することでより効率的な転職活動につながります。

リクナビNEXT

出典:株式会社リクルート 【公式】リクナビNEXT https://next.rikunabi.com/?leadtc=top_logo (2023-12-6)

リクナビNEXTは採用サービスをはじめ旅行や飲食など複数のサービスを展開する株式会社リクルートが運営している日本最大級の転職・求人情報サイトです。

約8万件にものぼる求人情報を幅広く取り扱っており、「40代 女性」のキーワードを含む求人情報は約2,500件ヒットします。

また、リクナビネクストでは女性の転職特集も組まれており、女性が重視するこだわり条件での求人検索が可能です。

そのため、家事や育児と仕事を両立したい主婦の方が気になる年間休日数や月間残業数、産休育休取得実績などの条件を踏まえた求人探しができます。

その他、女性のキャリアに関する転職ノウハウや体験談をおさめた無料記事も多数公開されているため、未経験業種への転職活動にも活かせます。

40代以降のミドルエイジに特化した総合転職サイト

転職サイト求人数強みターゲット層
マイナビミドルシニア約4万2,000件転職成功ガイドの無料掲載40代、50代、60代
From40約1万6,000件スカウト機能・オファー機能40代、50代、60代
en ミドルの転職約8万8,000件求人情報が豊富40代、50代、60代、ハイクラス転職希望者

出典:マイナビ株式会社 【公式】マイナビミドルシニア 東京都 https://mynavi-ms.jp/tokyo (2023-12-6)

出典:株式会社ダトラ 【公式】FROM40 https://www.from-40.jp/company_profile (2023-12-6)

出典:エン・ジャパン株式会社 【公式】enミドルの転職 https://mid-tenshoku.com/ (2023-12-6)

マイナビミドルシニア

出典:マイナビ株式会社 【公式】マイナビミドルシニア 東京都 https://mynavi-ms.jp/tokyo (2023-12-6)

マイナビミドルシニアは多数の人材サービス事業を展開している株式会社マイナビが運営する中高年向けの求人情報サービスです。

40代、50代、60代のミドルシニア世代をターゲットにした求人情報が約4万2,000件掲載されています。

パートやアルバイト、正社員、派遣、契約社員など幅広い業態に対応しているため、自身の希望に合った求人探しが可能です。

ミドルの職種大辞典と呼ばれる転職成功ガイドも無料掲載されているため、ミドルシニアの需要が高い職種をチェックしておきましょう。

また、興味を持った企業から直接メッセージが届くオファー機能を設定しておくと便利です。

プロフィールや経歴を登録しておくだけで企業と直接コンタクトが取れるため、就業中でなかなか時間の取れないミドル世代にもおすすめです。

FROM40

出典:株式会社ダトラ 【公式】FROM40 https://www.from-40.jp/company_profile (2023-12-6)

From40は人材事業Webマーケティングサービスを提供している株式会社ダトラが運営するミドルシニア向け転職求人サイトです。

40代、50代、60代に特化した約1万6,000件の求人情報を掲載しています。

From40への登録後には二つの特典が利用可能になります。

一つ目は企業から直接オファーが届くスカウトサービスの利用解禁です。

スカウト機能を利用すればオファーを待つだけで転職活動を進められるため、在職中の40代にもおすすめです。

二つ目は非公開求人の閲覧解禁です。

公開求人に加えて3,000件の非公開求人をチェックできるようになるため、希望に合う転職先が見つかる可能性を高められます。

また、書類選考や面接、応募に関するQ&A、転職に関すノウハウやテクニックがまとめられた無料コラムも豊富に掲載されているため、転職活動に活かしましょう。

en ミドルの転職

出典:エン・ジャパン株式会社 【公式】enミドルの転職 https://mid-tenshoku.com/ (2023-12-6)

en ミドルの転職はエン・ジャパン株式会社が運営するミドル世代専用の転職サイトです。

40代、50代、60代のミドル世代向け求人を国内最大規模で掲載しており、現時点で約19万件の求人情報を閲覧可能です。

また、経営幹部や部長クラスなどのハイクラス求人も豊富で年収1,000万円を超える求人は1万8,000件を超えています。

また、オンラインビデオ面談機能を搭載した機能的な管理画面を利用できるほか、専門分野に精通したエージェントのサポートが受けられます。

公式サイトでは転職成功者の転職体験レポートも豊富に掲載されているため、自分と同じキャリアの先駆者の体験談を参考に転職活動を進めることも可能です。

40代の転職活動で気を付けたいこと

40代の転職活動では次の4点に気を付けましょう。

  • 転職を決めたら早めに準備を始める
  • なぜ転職をしたいのか理由を明確にする
  • 希望条件は絞りすぎない
  • キャリアを活かし同業種から探す

転職を決めたら早めに準備を始め、すぐに転職活動へシフトしましょう。

また、転職活動に入る前には自分がなぜ転職をしたいのか理由を明確にしておくと面接にも役立ちます。

スムーズな転職活動を行うためにも希望条件に優先順位をつけ、キャリアを活かし同業種から求人を探すことも大切です。

転職を決めたら早めに準備を始める

転職を決めたら早めに準備を始めましょう。

転職活動は在職中に行うことが一般的ですが、転職先が決定するまでには平均で約1カ月の期間が必要です。

離職と転職の間に空白の期間を設けないためにも在職中にしっかりと転職準備をしておくと安心です。

在職中から転職準備を行わなかった場合、離職後に一から準備を始める必要があります。

離職後は職が決まらない焦りや不安が生まれやすく、精神的にも不安定になりがちです。

なるべく落ち着いたメンタルで転職活動を進めるためにも、職に就いている状態で早めに準備を始めましょう。

なぜ転職をしたいのか理由を明確にする

転職活動を始める前には、まず自分がなぜ転職したいのか理由を明確にすることが大切です。

目先の求人にとりあえず応募してみたり条件が日毎にブレたりすると転職後にギャップが生まれやすくなります。

納得のいく転職先を見つけるためにも、まずは転職に至った自分の考えを整理することが大切です。

転職により変えたいことや今よりも望んでいることなどを明確にしておくと求人検索もスムーズに進みます。

転職後のギャップ低減につなげるためにも、あらためて自分が転職後に望む環境や働き方を見つめ直してみましょう。

希望条件は絞りすぎない

40代の転職を成功させるためには希望条件を絞りすぎないことも大切です。

年収や勤務先の環境、仕事のやりがいなど転職先に求める条件は異なります。

しかし、求めている全ての条件に見合う求人を探すことは困難です。

複数の条件を網羅している求人のみにこだわっていると求人探しに時間がかかりすぎるほか、自ら選択肢を狭めてしまうリスクもあります。

転職活動をスムーズに進めるためにも希望条件は絞りすぎずに優先順位をつけることが大切です。

年収を優先する場合には企業が提示している年収を参考に求人をピックアップし、勤務環境や福利厚生などに関しては妥協可能なラインを見つけましょう。

キャリアを活かし同業種から探す

キャリアを活かして同業種から求人を探すことも40代の転職で大切なポイントです。

40代は20代や30代と比較しても求人数が少ない傾向にあるため、転職活動では自身の強みを活かすことが求められます。

40代の持つ実務経験やスキルなどのキャリアは同業種の20代や30代に勝るものがあります。

そのため、40代ならではのキャリアを活かした転職活動を行うことがおすすめです。

同業種の転職活動であれば、未経験者や20代や30代と比較してもアピールポイントも豊富です。

履歴書や面接で職歴やスキルなどをアピールできる強みがあるため、未経験業種への転職よりも転職できる可能性も高まります。

40代転職を成功させるコツ

40代の転職を成功させるコツは、次の6点です。

  • 自分の市場価値を理解する
  • 転職を決断したら早めに計画を立て行動する
  • 複数の転職サイトに登録をする
  • 希望条件は決めすぎず、優先順位をつける
  • 企業が求める人材を見極める
  • 自己PRは企業側の視点で分かりやすいように伝える

40代の転職では自分の市場価値を理解し、企業に何を求められているのか分析して自己PRする必要があります。

転職活動をスムーズに行うためにも複数の転職サイトに登録し、早めに計画を立てて行動しましょう。

自分の市場価値を理解する

40代で転職を成功させるためには、まず自分の市場価値を理解しましょう。

転職活動では自分自身をどれだけ企業にアピールできるかが大切です。

自分では市場価値があると感じていても企業にとってはそうでないケースもあるため、客観的に自己分析を行う必要があります。

自分にはどのような求人がぴったりなのかを分析しておくことで、求人選びもスムーズに進められます。

また、本格的な転職活動を始める前に転職サイトの年収診断を利用したり実際に求人先へ応募したりすることもおすすめです。

現在の自分自身の市場価値を年収ベースや求人先からの返答で把握しておくことで、その後の適切な求人探しにもつなげられます。

転職を決断したら早めに計画を立て行動する

転職を決断したら早めに計画を立てて行動することも40代で転職を成功させるために必要なポイントです。

転職活動は在職中に行うことが一般的ですが、転職先が決定するまでには平均で約1~3カ月の期間が必要です。(※)

離職と転職の間に空白の期間を設けないためにも、在職中にしっかりと転職準備をしておくことが大切です。

転職活動を先延ばしにしていると、現在の仕事から次の勤務先への転職がスムーズに行えずに離職後の空白期間が生まれてしまう場合があります。

離職後の空白期間は明確な説明がなければ面接時にも不利になりやすいので注意しましょう。

また、在職中から転職準備を行わなかった場合、離職後に一から準備を始める必要があります。

離職後は職が決まらない焦りや不安が生まれやすくなるため、職に就いている状態で早めに準備をしておくと安心です。

※参考:厚生労働省 マイジョブカード 「転職活動はいつから始めるのが理想的? 目安となるスケジュール」https://www.job-card.mhlw.go.jp/column/incumbent/jobchange (2023-12-7)

複数の転職サイトに登録をする

複数の転職サイトに登録しておくことも40代の転職を成功させるために必要です。

転職サイトを複数併用することで閲覧可能な求人数が増えるほか、登録者のみ閲覧できる非公開求人の数も増えるため効率的な転職活動にもつながります。

また、転職サイトでは転職コーディネーターと呼ばれる担当者に転職活動をサポートしてもらうことも可能です。

ただし、一つの転職サイトのみを利用していた場合、担当者との相性が悪いと担当者の変更を要請したり運営に希望を伝えたりと時間のロスにつながるリスクがあります。

元から複数の転職サイトに登録をしておけば、担当者への不満が生じた場合もスムーズに別サイトへの切り替えが可能です。

希望条件は決めすぎず、優先順位をつける

40代の転職を成功させるためには希望条件を固めすぎずに優先順位をつけることが大切です。

年収や勤務先の環境、仕事のやりがいなど転職先に求める条件は異なります。

しかし、求めている全ての条件に見合う求人を探すことは困難です。

複数の条件を網羅している求人のみにこだわっていると求人探しに時間がかかりすぎてしまいます。

また、希望条件に見合う求人を探していることが原因で自ら選択肢を狭めてしまうリスクもあります。

まずは希望条件の最優先事項を決め、勤務環境や福利厚生などに関しては妥協可能なラインを見つけることが大切です。

その後は最優先の条件に見合う求人をピックアップし、勤務環境や福利厚生などを総合的に判断しましょう。

企業が求めている人材を見極める

企業が求めている人材を見極めることも40代の転職を成功させるために必要なポイントです。

40代は20代、30代と異なり、これまでの経歴やキャリアが重視されています。

転職活動で履歴書や面接カードなどへの記載内容は選考の際に重要であるため、企業側に雇いたいと思ってもらえるような内容が必要です。

希望職種によってはコミュニケーション能力やリーダーシップなどの要素が必要となるケースもあります。

管理職や部長クラスなどのハイクラス転職を希望している場合にはマネジメント力も問われるため、具体的なエピソードを交えたアピールが必要です。

企業に求められている要素を分析しておけば、志望動機や面接時の回答作りにも役立ちます。

自己PRは企業側の視点で分かりやすいように伝える

40代の転職で自己PRを行う場合には企業側の視点でわかりやすく伝えることを意識しましょう。

自己PRは履歴書や面接カードへの記載をはじめ、企業との直接面談の際に必要です。

自己PRを行う際には結論、エピソード、まとめの順番で伝えることをおすすめします。

特に面接時の長々とした回答はマイナスポイントになるため注意が必要です。

面接時にはまず自分の強みを結論から話し、その後に具体的なエピソードを付け加えてまとめると伝わりやすくなります。

また、自己PRは自身の強みを企業側のメリットとしてアピールする方法であるため、自慢話にならないように注意しましょう。(※)

※参考:ハローワーク 特集 面接対策 「面接対策2,質問対策 ②自己のアピールポイント」 https://jsite.mhlw.go.jp/fukuoka-roudoukyoku/var/rev0/0113/2052/20156301713.pdf (2023-12-7)

40代転職経験者の体験談

40代で転職を経験した方の体験談を次の4つの項目に分け、X(旧Twitter)から紹介します。

  • 40代の転職活動期間と苦労したこと
  • 40代転職者の年収に関すること
  • 40代で結婚や子育て後の再就職に関すること
  • 40代からの未経験へ転職に関すること

実際に転職に成功している方の体験談は自身の転職活動に活かすこともできます。

40代の転職活動をイメージするためにも、まずはさまざまな事例を参考にしてみましょう。

40代の転職活動期間と苦労したこと

2年連続で転職しましたが、転職活動期間の平均は約3カ月です。ちなみに、40代です。

出典:X Corp. X(旧Twitter)https://twitter.com/goros_blog/status/1522756664742789120?s=20 (2023-12-6)

40代で介護転職しましたが、右も左も分からずほんと大変でした。 

僕は初任者研修を老人ホームに転職してから取得しましたが、入社前に取ってたらスムーズだったかも。

出典:X Corp. X(旧Twitter)https://twitter.com/kaigoshitasuke/status/1499224812845412353?s=20
(2023-12-6)

40代で転職する場合、1カ月から数カ月程度の期間を確保しておくと安心です。

また、職種によっては勤務しながらさまざまな資格を取得しなければならない場合があります。

そのため、転職後に必要な資格がわかっている場合には前もって資格取得の準備を始めましょう。

40代転職者の年収に関すること

僕は40代転職で年収上がった組ですが、運が良かったんだろうなと。50代はさすがにキツそうに思ってます。

出典:X Corp. X(旧Twitter) https://twitter.com/isa_ku_pri/status/1653326992320892928?s=20 (2023-12-6)

わしがTV業界から異業種へ転職したんは40代やったからな、結果的に年収下がったが精神的・肉体的にようけ負担減ったんで正解やった思うで-

出典:X Corp X(旧Twitter)https://twitter.com/ResistanceFami1/status/1624658383386320896?s=20 (2023-12-6)

40代の転職では年収が上がるケースもあれば下がるケースもあります。

これまで積み上げてきたキャリアやスキルによっても変化するため、40代の転職で必ずしも年収が下がるわけではありません。

また、年収と引き換えにプライベートの時間が確保できたりストレスが減ったりなどのメリットを得られる場合もあります。

40代で結婚や子育て後の再就職に関すること

保育士だった年上の知り合いの方は、やはり妊娠と同時に退職。

それで、この春にお子さんが高校生になったので、なんと15年ぶりに保育士(正社員)で再就職! それでもまだまだ40代前半。

子育て経験のある先生は園としてもありがたいだろうし、すごく良い話だなって思った(一部抜粋)

出典:X Corp X(旧Twitter) https://twitter.com/komochi_dayo/status/738602586064883712?s=20 (2023-12-6)

私は40代子持ちで 外資系企業に再就職。

それはロンドンでの正社員の経験に加え子育てでついた 言葉を超えて相手の真理を汲み取る傾聴力と状況が揃ってなくても何とかする 柔軟な対応力から。

子育ては キャリアロスではありません(一部抜粋)

出典:X Corp. X(旧Twitter) https://twitter.com/Madocca3337777/status/1585778989049982977?s=20 (2023-12-6)

40代の結婚や子育て後の再就職に関する体験談では、子育ての経験を仕事に生かせるという前向きな意見がみられました。

子育てに関する考え方や視点を生かせる職業への転職には自身の経験をプラスに働かせることができます。

40代からの未経験へ転職に関すること

無資格未経験で介護職へ転職、 安い給料と人手不足。ハードな肉体労働ww

大変なとこもあるけど、しっかり休日があって家族との時間も取れる。 シフト制で柔軟な労働環境。

家庭とのバランスをとりながら仕事できるのは大きなメリット♬

出典:X Corp. X(旧Twitter) https://twitter.com/kaigoshitasuke/status/1714550011961511973?s=20 (2023-12-6)

収入は減ったが、40代未経験で異業種の現職場に転職して本当によかった。

気持ちも安定しているし自分の時間も家族との時間も取れる。

自分にとって仕事をする上で一番大切なのは収入でもやりがい搾取でもないということがわかった。(一部抜粋)

出典:X Corp. X(旧Twitter) https://twitter.com/oki09isoc/status/1674721778667761664?s=20 (2023-12-6)

40代から未経験への転職に関する体験談からは、仕事に求める条件を再確認できるような意見がみられました。

未経験への転職の場合、給料や年収は下がるケースが大半ですが、自分や家族の時間を確保できる業種に就ける場合もあります。

転職サイトに関するよくある質問

転職サイトに関するよくある質問を4点紹介します。

  • 40代の転職は年収が下がりますか?
  • 40歳を過ぎても正社員として雇ってもらえますか?
  • 積極的に応募をした方がいいですか?
  • 未経験の業種へも転職はできますか?

40代の転職では転職後の年収の推移や正社員としての雇用はキャリアやスキルによる影響を受けます。

また、20代や30代と比較した際の強みや即戦力になれるかどうかという点が重視されるため、未経験業種への転職は難しい傾向にあります。

40代で転職する場合、気になる求人には積極的に応募することも大切です。

40代の転職は年収が下がりますか?

40代の転職では年収が下がる場合もあり、特に未経験業種への転職時に多い傾向がみられます。

また、同業種への転職でも一時的に年収が下がるケースもあるため注意が必要です。

ただし、一時的に年収が下がっていても新たな職場での仕事ぶりが評価されれば、昇進に伴い従来よりも年収がアップする場合もあります。

転職により年収が下がることを避けたい場合には現在の年収をベースに求人を探しましょう。

年収を最優先に転職活動を進めることで転職後に後悔するリスクを減らせます。

転職サイトを利用する際には、現在の年収ベースで求人を探したい旨を担当者に伝えておくことも大切です。

40歳を過ぎても正社員として雇ってもらえますか?

40歳を過ぎても正社員として雇ってもらうことは可能です。

特に保育や介護職は資格が必要であるため、年齢を問わず正社員になれる可能性が高くなります。

また、ITエンジニアやプログラマーも専門スキルが必要な業界であるためキャリアを活かした再就職に期待できます。

ただし、未経験業種への転職を希望する場合は正社員として雇ってもらえる可能性が少ないことに注意が必要です。

40代の転職は20代や30代と比較した際の強みが必要であるため、転職先に活用できる資格やキャリアが求められます。

どうしても未経験業種に正社員として就職したい場合には、まずはアルバイトや派遣社員としてキャリアを積みましょう。

積極的に応募をした方がいいですか?

40代で転職する場合、気になる求人には積極的に応募しましょう。

希望条件に見合う求人があれば躊躇せずに応募し、企業からの返答を待つことがおすすめです。

企業からの返答を待つ間にも他の求人チェックを進めておくとスムーズな転職活動につながります。

また、転職サイトには自動的に求人が届くオファー機能や企業からのスカウトを待つスカウト機能などがあります。

スカウト機能は職歴やスキルなどの情報を登録しておくと企業から直接オファーが届く便利な機能であるため、忘れずに活用しましょう。

担当者からの求人紹介を待つばかりではなく、求人検索やスカウト機能などを駆使しておけば転職先の早期決定にもつながります。

未経験の業種へも転職はできますか?

40代で未経験の業種への転職は難しい現状があります。

40代の転職で企業が求めているのは20代や30代と比較した際の強みや即戦力になれるかどうかという点です。

40代の転職では転職先で活用できる資格やキャリアが見られるため、未経験の場合には書類選考で落とされてしまうこともあります。

未経験業種に正社員で転職することは非常に難しいと認識しておくことも大切です。

どうしても未経験業種に就職したい場合には、まずは希望業種に必要な資格取得やアルバイトもしくは派遣社員として実務の経験を積むことをおすすめします。

転職先に希望する条件や年収に妥協が必要になりますが、未経験業種への転職を諦めたくない方は着実にキャリアを積みましょう。

40代のおすすめ転職サイト|まとめ

40代の転職を成功させるためには、まず自分に合った転職サイトを見つけて登録することが大切です。

転職サイトでは効率的な求人探しを行えるほか、登録しておくだけでオファーが届くサービスもあるため非常に便利です。

また、これまでの経歴やキャリア、スキルなどが重視される傾向にある40代は自身の価値を企業へうまくアピールする必要があります。

転職サイトによっては履歴書や面接カード、面談に関するサポートを受けられる場合もあります。

転職先に求めるものを洗い出し、自身の目的にあった転職サイトを選びましょう。

SFAは活用されてこそ意味がある

ページ先頭へ戻る