東証スタンダード上場企業のジオコードが運営!営業組織を強くするWebマガジン

更新日:2023/12/12 

運送会社におすすめのファクタリング会社10選! 選び方のポイントやおすすめの理由など詳しく解説

運送業は他の業種よりも回収サイトが長い傾向にあり、資金繰りに悩む企業も少なくありません。資金繰りの改善に有効な手段はファクタリングの利用です。ファクタリングとは、ファクタリング会社に売掛金を売却して資金調達する方法です。

本記事では、運送業における実績を豊富に持ち、良心的な手数料設定で信頼の高いファクタリング会社を紹介します。ファクタリングが運送業の資金繰り改善におすすめの理由やファクタリング会社を選ぶポイントも解説しているのでぜひ参考にしてください。

【運送業にも!】おすすめ優良ファクタリング会社紹介

scroll →

サービス名称入金
スピード
手数料買取可能額契約方式
アクセルファクターアクセルファクター無料相談はこちら最短2時間2%~30万~上限なしオンライン、郵送、対面
えんナビえんナビ無料相談はこちら最短即日5%〜50万~5,000万円オンライン、郵送、対面
QuQuMoQuQuMo無料相談はこちら最短2時間1%~金額上限なしオンライン
ビートレーディングビートレーディング無料相談はこちら最短2時間2%~金額上限なし対面、オンライン
ベストファクターベストファクター無料相談はこちら即日2~20%30万~無制限オンライン・郵送・出張契約・来社契約
日本中小企業金融サポート機構日本中小企業金融サポート機構無料相談はこちら最短即日1.5%〜上限・下限なしオンライン
ファストファクタリングファストファクタリング無料相談はこちら即日--オンライン
日本トラスト日本トラスト無料相談はこちら最短1営業日1%〜10万円〜500万やり取りはLINE、手続きはWebで完結
ベストペイベストペイ無料相談はこちら最短翌日5%~100万~無制限オンライン・郵送・出張契約・来社契約
ラボルラボル無料相談はこちら最短1時間10%1万円~20万(与信によって増額可)オンライン

運送業者の資金繰りが難しい主な理由

運送業は事故や積荷の損害などのリスクが高く、場合によっては想定外の出費が出ることもあるため資金繰りが難しいとされています。ここでは、運送業者の資金繰りが難しい理由を詳しく紹介するので参考にしてください。

収入が安定しにくい

運送業は売り上げが不安定な傾向があります。安定した収入を得にくいため、資金繰りに苦労する企業も少なくありません。資金繰りとは、企業において収入と支出を管理し、収支の過不足を調整することを指します。運送業者の資金繰りが難しいと言われているのは、景気や季節の影響を大きく受けているからです。

好景気のときは基本給が上がりやすく、個人消費が増えてモノが多く流通するため、運送業者の需要が高まります。しかし、経済が低迷しているときは消費を控える人や企業が増えて流通量が減少するため運送業者の売り上げが減ることもあるでしょう。季節・時期によっても運送業者の需要は異なります。入学や異動で人の移動が活発になる春は運送業者にとって稼ぎ時ですが、その他の時期は収入が安定しないことがあるからです。

コストが高く・利益率が低い

運送業は他の業種と比べても利益率が低いと言われています。運送業で利益率が低いと言われる要因として、燃料費や人件費などの経費の負担が大きいことが挙げられます。

燃料費は感染症の拡大や円安などの要因が重なったことで高くなるばかりです。例えば、早朝や深夜の配送が必要な場合は基本給と別に手当を付けなければならず、日中の配送に比べて労務費の負担が大きくなります。

特定の企業から仕事の一部や全ての業務を受注する下請け業者なら、定期的に仕事をもらえるので売り上げを伸ばせる可能性がありますが、個人消費の影響を大きく受ける運送業者の場合は景気悪化による売り上げの減少は避けられないでしょう。その上、利益率が低いとドライバーに十分な賃金の支払いを支払えずに定着率が下がってしまいます。また、人材の定着率が下がれば残業時間が増えて労務費の負担が大きくなるため、業務効率を改善するのが難しくなります。

想定外の出費が必要になることがある

運送業は想定外の出費が発生しやすい業種です。ドライバーが輸送中に交通事故を起こせば、トラックの修理代や被害者への補償、取引先から預かる積荷の損害に応じた補償をする必要があります。トラックが廃車になった場合は買い替える必要があり、車両の購入費用や関連の手続き費用なども発生します。

交通事故の原因がドライバーの過労によるものだった場合、運行管理者や経営者の責任が問われるだけではありません。死傷者が出る大きな交通事故を起こした場合、企業イメージの低下や社会的な信用を失い、取引先から契約を打ち切られて会社が大損害を受けるおそれもあるでしょう。

売掛金回収までの期間が長い

運送業は売掛金回収までの期間が長く、売掛金が増えるほど資金繰りが悪化しやすい傾向があります。売掛金を回収するまでは収入がゼロのため、手元にある資金で必要経費を支払わなければなりません。運転資金が不足すれば従業員の給料はもちろん、燃料費や有料道路の通行料、トラックのメンテナンス・修繕費などの支払いが滞ってしまいます。必要経費を支払えなくなると仕事の依頼があっても受けられないでしょう。

一般的な掛取引では売掛金の回収期間は30~60日ですが、運送業は90日以上の契約になることも少なくありません。下請法では最長60日と規制されているため、下請け業者であれば比較的早く売掛金を回収できます。下請法が適用される運送業者であっても60日間は現金が入って来ないため、売掛金の回収以外でも運転資金を捻出する方法を考えなければなりません。

運送業にファクタリングの利用がおすすめの理由

運送業は収入が安定しにくく、利益率が高い上に売掛金回収までの期間が長いため、効率的な運転資金の確保が必要です。ここからは資金調達方法として、ファクタリングがおすすめの理由を解説します。

売掛金回収ができる

ファクタリングは運送業の資金繰りの改善に有効な手段です。一般的な掛取引の場合、売掛金を回収するまでに時間がかかります。売り上げが大きくなるほど売掛金も必要経費も増えるため、支払いが滞るリスクが高くなります。

ファクタリング会社に売掛債権を譲渡すれば売掛金を回収可能なため、キャッシュフローの改善に効果的です。融資と違って借り入れにならず、帳簿上で負債が増えないため、会社の信用力に影響を与えません。

想定外の出費に備えられる

ファクタリングは運送業に多く見られる想定外の出費に備えられます。前述したように運送業は輸送中に交通事故や積荷の破損などが起きるリスクが高く、損害賠償を請求された場合は責任を取らなければなりません。ギリギリの運転資金で経営している場合は、補償に必要な資金を用意できないでしょう。

運送業で想定外の出費があったときにファクタリングを利用すれば、売掛先の支払いを待たずに売掛金を回収できます。一時的な資金不足が解消され、想定外の出費に対応できます。

融資よりも資金調達しやすい

運送業は安定した収入が得にくく、利益率の低さから返済能力が低いと判断されるため、融資を受けにくいと言われる業種です。ファクタリングは金融機関の融資よりも審査に通りやすい資金調達方法です。銀行は融資希望者の情報を基に審査をする一方で、ファクタリングは売掛先の情報や信用力などを見て審査するため、融資を受けにくいとされる運送業でも資金調達しやすい傾向があります。

コンサルを受けられることがある

ファクタリング会社によっては、ファクタリングの他にコンサルを提供している会社もあります。コンサルは、資金繰り計画の立案や経費削減の提案など、経営や財務状況を把握した上でコンサルタントから必要なサポートを受けられるサービスです。運送業は多額の売掛金も多く、ファクタリングの手数料は高くなる傾向があるため、慢性的な資金不足を解消できない場合はコンサルタントからアドバイスをもらい、自社の経営を根本的に見直す機会にするとよいでしょう。

運送業に合ったファクタリング会社を選ぶポイント

ファクタリングを利用する際は、運送業の特徴や資金難になりやすい背景を理解しているファクタリング会社を選ぶことが重要です。ファクタリング会社を選ぶ主なポイントは以下の通りです。

  • 手数料の金額を確認する
  • 償還請求権の有無を確認する
  • 複数の会社を見比べる

それぞれの内容について詳しく解説します。

手数料の金額を確認する

ファクタリング会社は買取手数料を確認した上で選ぶことがポイントです。ファクタリングでは、手数料が引かれて残った金額がファクタリング会社から振り込まれます。例えば、5,000万円の売掛金を売却すると、手数料を2%とした場合は100万円、1%だと50万円が差し引かれることになります。売掛金が高くなるほど差し引かれる手数料が高くなるため、手数料が低い会社を選びましょう。

ファクタリングの手数料の相場を知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

ファクタリングの手数料はどのくらい?相場や内訳、抑える方法を解説

償還請求権の有無を確認する

ファクタリング会社を選ぶ際は、償還請求権なしの契約かどうかを確認してください。償還請求権とは、売掛金が未回収になった際に支払いを請求できる権利のことです。償還請求権ありの契約(リコース契約)をした場合は、売掛先が倒産すると自社が売掛金を支払う義務が発生します。

ファクタリング会社のなかには、償還請求権なしの契約(ノンリコース契約)に対応する会社も多く存在します。売掛金の未回収リスクを避けるためにも、ノンリコース契約を結べるファクタリング会社を選びましょう。

複数の会社を見比べる

ファクタリング会社のなかには悪質な業者も存在します。例えば、貸金業者に登録せずにリコース契約を交わす、法外な手数料を請求するなどの業者がその一例です。リコース契約は法的に融資と同じ扱いになるため、貸金業者に登録しないと違法になります。貸金業を行うには、財務局や都道府県から登録を受ける必要があります。

信頼できるファクタリング会社を選ぶには複数の会社から見積もりを取り寄せ、手数料の相場を比較してください。また、豊富な実績があるか、口コミの評価を確認することもポイントです。

運送業におすすめのファクタリング会社10選

運送業におすすめのファクタリング会社を知りたい方も多いでしょう。ここからは、運送業のファクタリング実績が豊富で、信頼できるファクタリング会社10社を紹介します。

1.アクセルファクター

アクセルファクターは、ノンリコース契約で利用できるファクタリングサービスです。

\ 相談無料 /

お電話でのご相談はこちら

買取価格30万円~1億円
手数料2%~
入金スピード最短即日
取扱ファクタリング2社間・3社間
審査に必要な書類売掛金を確認できる書類・預金通帳・確定申告書・本人確認書類など
対象者個人事業主・企業
償還請求権の有無なし
運営会社株式会社アクセルファクター
公式サイトURLhttps://accelfacter.co.jp/

アクセルファクターは、30万円の少額から最大1億円までの売掛金に対応しています。手数料は買取価格によって異なります。

回収サイトは最長180日まで対応しているため、下請け以外の運送業者も安心して利用できるでしょう。ファクタリングサービスの他に、中長期的な財務状況の改善をサポートしてくれるコンサルも行っているため、慢性的な資金不足の問題を改善できます。

2.えんナビ

えんナビは24時間土日祝日スピード対応可能なファクタリング会社です。

\ 相談無料 /

買取価格50万円~5,000万円
手数料5%~
入金スピード最短即日
取扱ファクタリング二社間・三社間
審査に必要な書類・請求書・3か月分の入出金がわかる通帳
対象者個人事業主・法人
償還請求権の有無なし
運営会社株式会社インターテック
公式サイトURLhttps://ennavi.tokyo/

少額から5,000万円の資金調達が可能なので、売掛金が多額になりやすい建設業の資金調達にも柔軟に対応できます。連帯保証人や担保は必要なく、最短30秒で審査が完了します。即日対応のファクタリングを利用することで急な受注にも対応できるでしょう。

3.ベストファクター

ベストファクターは、セキュリティ対策に力を入れているファクタリングサービスです。高度なセキュリティシステムを導入し、顧客情報の漏えいや不正利用などのセキュリティリスクから守っています。

\ 相談無料 /

買取価格30万円~1億円
手数料2%~
入金スピード最短即日
取扱ファクタリング2社間
審査に必要な書類契約関連書類・預金通帳・本人確認書類
対象者個人事業主・企業
償還請求権の有無なし
運営会社株式会社アレシア
公式サイトURLhttps://bestfactor.jp/

審査に必要な書類を全て揃えた上でファクタリングを申し込めば、最短即日中の資金調達が可能です。公式サイトに設置されている簡易診断シミュレーターを利用すれば、約30秒で買取手数料の目安を確認できます。フリーダイヤルを利用した場合は、最短5分で買取額が分かります。

4.QuQuMo

QuQuMoは、売掛金買取を専門にするファクタリングサービスです。申し込みから契約までスマートフォンやパソコンを利用してオンラインで完結できます。

買取価格制限なし
手数料1%~
入金スピード最短2時間
取扱ファクタリング2社間
審査に必要な書類請求書・預金通帳
対象者個人事業主・企業
償還請求権の有無なし
運営会社株式会社アクティブサポート
公式サイトURLhttps://ququmo.com/

QuQuMoは最短2時間で資金が振り込まれるため、想定外の費用が発生したときでも迅速に対応できます。手数料は買い取り時のみ発生し、事務手数料などの追加費用はかかりません。QuQuMoは2社間ファクタリングに対応しているので、取引先に知られずに利用できます。

5.OLTA

OLTAはAIを導入した審査が特徴で、よりスピーディーな資金調達が可能なファクタリングサービスです。運営会社は従業員への教育や研修にも力を入れています。

買取価格制限なし
手数料2~9%
入金スピード最短即日
取扱ファクタリング2社間
審査に必要な書類賃借対照表・損益計算書・勘定科目明細・入出金明細・請求書・本人確認書類など
対象者個人事業主・企業
償還請求権の有無なし
運営会社OLTA株式会社
公式サイトURLhttps://corp.olta.co.jp/

OLTAでは買取価格が無制限のため、少額から大規模な売掛金に対応しています。手数料以外に追加費用はかからないので、見積もり金額以外の金額を請求される心配もありません。審査に必要な書類はオンラインでアップロードできます。

6.株式会社No.1

株式会社No.1は、他社からの乗り換えにも対応しているファクタリングサービスです。売掛債権の買い取りだけでなく、診療報酬債権や介護報酬債権の買い取りにも対応しています。

買取価格1社に対し5,000万円まで
手数料1%~
入金スピード最短即日
取扱ファクタリング2社間・3社間など
審査に必要な書類預金通帳・決算書・請求書・基本契約書など
対象者個人事業主・企業
償還請求権の有無なし
運営会社株式会社 No.1
公式サイトURLhttps://no1service.co.jp/

株式会社No.1の買取価格は売掛先1社に対して5,000万円までと制限がありますが、取引状況によっては5,000万円を超える売掛金を買い取ってもらえる場合があります。手数料は1%~と低く、最短即日での入金が可能です。

7.ビートレーディング

ビートレーディングは月間契約数が1,000件を超えており、3万円~7億円までの売掛金の買取実績があるファクタリングサービスです。

買取価格制限なし
手数料2~12%
入金スピード最短2時間
取扱ファクタリング2社間・3社間
審査に必要な書類請求書または注文書・預金通帳
対象者個人事業主・企業
償還請求権の有無なし
運営会社株式会社ビートレーディング
公式サイトURLhttps://betrading.jp/

ビートレーディングは、請求書または注文書と預金通帳のコピーの2点のみ用意すれば審査を受けられます。さらに、受注した段階でファクタリングを利用できるため、スピーディーな資金調達が可能です。ビートレーディングは複数の書類を用意する手間を減らしたい方や、受注後すぐにファクタリングを利用したい方におすすめです。

8.日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構では、官公庁も利用する信頼性の高い電子契約サービスを導入するオンライン完結型のファクタリングサービスを提供しています。一般社団法人に登録済みの団体が運営しているため、安心して利用できます。

買取価格制限なし
手数料1.5%~
入金スピード最短3時間
取扱ファクタリング2社間・3社間
審査に必要な書類売掛金に関する書類、預金通帳、本人確認書類
対象者個人事業主・企業
償還請求権の有無なし
運営会社一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構
公式サイトURLhttps://chushokigyo-support.or.jp/

日本中小企業金融サポート機構は買取手数料が1.5%~と低いことから、できるだけ手数料が低いファクタリングサービスを利用したい方におすすめです。

9.トップマネジメント

トップマネジメントは、継続的な創業を誇るファクタリングサービスです。顔の見えるファクタリング会社で居続けることを大切にしており、ビデオ会議システムを利用したリモート面談による相談も可能です。

買取価格1社に対して1億円まで
手数料0.5~12.5%
入金スピード最短即日
取扱ファクタリング2社間・3社間など
審査に必要な書類請求書・決算書・入出金明細・本人確認書類
対象者個人事業主・企業
償還請求権の有無なし
運営会社株式会社トップ・マネジメント
公式サイトURLhttps://top-management.co.jp/

トップマネジメントは見積書や受注書、発注書によるファクタリングにも対応しています。他には、経営に役立つ情報サイトやコンサルティングサービスも利用できます。

10.トラストゲートウェイ

トラストゲートウェイは、経営コンサルを得意とするファクタリングサービスです。資金難に対する向き合い方などのノウハウを蓄積しているので、コンサルを受ければ資金不足になる前に手を打つこともできるでしょう。

買取価格1社に対して10~5,000万円
手数料2%
入金スピード最短即日
取扱ファクタリング2社間・3社間
審査に必要な書類印鑑証明書・決算書・基本契約書・本人確認書類など
対象者個人事業主・企業
償還請求権の有無なし
運営会社株式会社 トラストゲートウェイ
公式サイトURLhttps://trustgateway.co.jp/

トラストゲートウェイは買取価格の制限がありますが、審査次第では最大1億円の売掛金を買い取ってもらえます。公式サイトにある運送業の事例は、申し込みから入金までの流れを確認したい場合に役立ちます。

まとめ

運送業は景気や季節の影響を受けやすく、安定した収入が得にくい業種と言えます。特に、燃料費の高騰や労務費の負担増が問題となっており、いかにして売掛金を早く回収して運転資金を確保するのかが重要となるでしょう。

運送業でスピーディーな資金調達が必要になった場合は、売掛金の売却で資金を確保できるファクタリングの利用がおすすめです。ただし、ファクタリング会社のなかには法外な手数料を請求する悪徳業者も存在するので、実績が豊富で信頼できる会社を選びましょう。

以下の記事では編集部おすすめのファクタリングサービスの特長について、わかりやすくご紹介しています。「ファクタリング会社を具体的に知りたい!」という方はぜひご覧ください。

おすすめの優良ファクタリング会社比較

ページ先頭へ戻る