東証スタンダード上場企業のジオコードが運営!営業組織を強くするWebマガジン

更新日:2023/12/05 

ファクタリングを断られる理由とは?審査を通過しやすくなるコツを紹介!

売掛金が支払われるまでの期間、資金のやりくりに悩んでいるという企業は多いのではないでしょうか。このような悩みを抱える企業におすすめの方法の1つとしてファクタリングが挙げられます。

ファクタリングとはファクタリング会社が企業の売掛債権の買い取りを行うことで、売掛金を早期に現金化できるサービスです。ファクタリングで得た現金は仕入れの費用や家賃、光熱費などに充てることができます。ファクタリングを利用することで負債を抱えることを回避しつつ、現金を得られるといったメリットがあります。

しかしファクタリングは希望する全ての企業が利用できるサービスではありませんので注意が必要です。ファクタリングを利用するには審査にパスする必要があるため、売掛先や売掛金、あるいは利用者側の問題などによってはファクタリングを断られることもあります。本記事ではファクタリングを断られる理由やファクタリング審査を通過しやすくするコツなどについて解説していきます。

【審査基準で厳選】おすすめファクタリング会社紹介

scroll →

サービス名称入金
スピード
手数料買取可能額契約方式
【個人事業主向け】ラボル【個人事業主向け】ラボル無料相談はこちら最短1時間10%1万円~20万(与信によって増額可)オンライン
アクセルファクターアクセルファクター無料相談はこちら最短2時間2%~30万~上限なしオンライン、郵送、対面
QuQuMoQuQuMo無料相談はこちら最短2時間1%~金額上限なしオンライン
ビートレーディングビートレーディング無料相談はこちら最短2時間2%~金額上限なし対面、オンライン
ベストファクターベストファクター無料相談はこちら即日2~20%30万~無制限オンライン・郵送・出張契約・来社契約
日本中小企業金融サポート機構日本中小企業金融サポート機構無料相談はこちら最短即日1.5%〜上限・下限なしオンライン
えんナビえんナビ無料相談はこちら最短即日5%〜50万~5,000万円オンライン、郵送、対面
ファストファクタリングファストファクタリング無料相談はこちら即日(最短120分)--オンライン
日本トラスト日本トラスト無料相談はこちら最短1営業日1%〜10万円〜500万やり取りはLINE、手続きはWebで完結
【注文書対応】ベストペイ【注文書対応】ベストペイ無料相談はこちら最短翌日5%~100万~無制限オンライン・郵送・出張契約・来社契約

ファクタリングを断られる理由

早期に現金化できるファクタリングは資金調達に便利な方法であるものの、ファクタリングは希望する全ての企業が利用できるわけではありません。各ファクタリング会社が行う審査の基準などに満たない場合は、ファクタリングを断られることもあるので注意が必要です。

ファクタリングを断られる理由として以下3つの理由が考えられます。

  • 売掛先の問題
  • 売掛金の問題
  • 利用者の問題

それぞれについて詳しく解説していきます。

売掛先の問題

ファクタリングの審査ではファクタリングを実際に利用する企業よりも、売掛先の信頼や実績、支払い能力などが重視される傾向にあるとみなせるでしょう。

ファクタリング会社はファクタリングを利用する企業ではなく、売掛先から資金を回収するためです。そのためファクタリングを利用する際には自社についてだけでなく、売掛先についてもしっかりと留意しなければなりません。

売掛先の具体的な問題として以下の2つが挙げられます。

  • 売掛先の信頼度が低い
  • 売掛先との取引実績が十分でない

売掛先の信頼度が低い

売掛先の信頼度が低い場合には売掛金を回収できなくなるリスクが高いと判断され、審査にパスできない可能性が高まります。経営状況が低迷している売掛先や倒産する可能性が高いと判断される売掛先、あるいは創業したばかりの売掛先などは、ファクタリング会社から信頼を得ることが難しくなるでしょう。

その他にも売掛先の信頼度は企業の実在性の有無についても深く関係します。ファクタリング会社が売掛先が実在しているのか判断ができないと感じた場合にも、売掛金の買い取りは基本的に断られます。例えばその企業の住所をGoogleマップなどで検索してみたところ空地であることが発覚したり、公式サイトや企業情報などがネット上に出てこなかったりすると、本当に存在している企業であるのか疑われることになるでしょう。

近年において実在しない企業の売掛先の債権を売却しようとする行為も少なくないようです。こうした事件が発生していることからも、ファクタリング会社は企業の実在性についてきちんと確認しようとしています。

売掛先との取引実績が十分でない

ファクタリングを利用するにあたって売掛先との取引実績が十分でない場合にも、ファクタリングを断られる可能性が高いため注意が必要です。

売掛先との取引が長年続いていれば、ファクタリング会社から売掛金が期日に支払われる見込みがあると判断してもらいやすくなるでしょう。

一方で売掛先との取引実績が過去に一度もない場合は売掛金をきちんと支払う企業であるのか、ファクタリング会社は判断することが難しくなります。また取引実績があまりない企業についても、信頼度が低いとみなされて断られることも珍しくありません。

売掛金の問題

ファクタリングの審査では企業の信頼度や経営状況だけではなく、売掛金も重要なポイントになります。場合によっては売掛金が原因となってファクタリングを利用できないこともあるので、売掛金についてもしっかりと確認するように努めてみてください。

売掛金の問題として以下の3つが挙げられます。

  • 売掛金の支払期日までが遠い
  • 売掛債権への信頼度が低い
  • 売掛金額がファクタリング可能額の上限を超えている

売掛金の支払期日までが遠い

売却を検討している売掛金の回収サイトが長い場合、ファクタリング会社にとって回収リスクが高い取引としてみなされるでしょう。そのため売掛金の支払期日が短い取引と比べて、ファクタリング会社はその他の条件をよりシビアに精査しようとします。

売掛金の支払日までの期間が長いと、回収する前に売掛先が倒産してしまうリスクが高まると考えられるためです。

一方で契約日から支払期日が近い売掛金は審査が比較的通りやすい傾向にあります。そのため長くても2カ月以内に回収できる売掛金の売却を優先的に検討してみるようにしてください。

ただし売掛金が支払われるまで日数があるものであっても、その他の点で信頼度が高い売掛金であればファクタリングを利用できることもあります。

売掛債権への信頼度が低い

ファクタリングではファクタリング会社と利用者との信頼はもちろんのこと、売掛債権への信頼度も重要なポイントです。過去に金融事故などを起こしたことのある売掛先の売掛債権は、ファクタリング会社からの信用を得にくい傾向にあります。

また別のファクタリング会社に売却した売掛債権を再度ファクタリングに利用しようとする二重譲渡は法律違反となりますので絶対に行わないように注意してください。売掛債権は可視化しにくい資産であるため、持ち主が誰であるのかしっかりと証明できなければなりません。

その他にも不良債権にも注意が必要です。不良債権とは財産的価値がなくなってしまった売掛金のことですが、売掛金を回収できないと分かっていても売却を試みる人も少なからずいるようです。ファクタリング会社は不良債権を買い取ったことで損失が発生したという事態を回避しなければならないため、買い取りを行う売掛金が不良債権ではないかしっかりと調査しています。

逆に信頼度が高い売掛債権とは大手企業の売掛債権や十分な資金力がある企業の売掛債権です。また小規模な企業の売掛債権であっても取引実績が豊富にあったり、資金が潤沢であったりすると信頼を得られます。

売掛金額がファクタリング可能額の上限を超えている

ファクタリング会社によって上限金額は異なるものの、ほとんどのファクタリング会社が買い取り可能な売掛債権に上限金額を設けています。

保有している売掛債権がファクタリング会社の取り扱いを可能とする金額の上限を超えていれば、売掛金を買い取ってもらうことは難しくなってしまうでしょう。

利用を検討しているファクタリング会社の売掛金額の上限額を事前にしっかりと確認しておく必要があります。ファクタリング可能額の確認を怠ったまま審査を受けてしまうと、理由が分からないままファクタリングを受けられなかったということにもなりかねません。

利用者の問題

前述したようにファクタリングの審査では利用者の売掛先が重視される傾向にあります。とはいえ売掛先がしっかりしていれば、利用者については全く問われないというわけではありません。利用者が主な原因となってファクタリングを断られてしまうケースも十分にあるため注意が必要です。

利用者の問題として以下2つが挙げられます。

  • 利用者の経営状況が悪い
  • 利用者への信頼度が低い

利用者の経営状況が悪い

前述したようにファクタリングにおいて重要なのは売掛先の経営状況や信用力です。

とはいえ利用者が在籍している企業の経営状況が著しく悪い場合や財務状況が悪い場合などは、信用力が低いとみなされて審査に通過できない可能性もあるでしょう。

2社間ファクタリングにおいて利用者は売掛金を回収したら、ファクタリング会社に対して迅速に支払わなければなりません。しかし自社の存続が危うい場合などには回収した資金を自社のために使い込んでしまうことも懸念されます。そのため利用者の経営状況についてもファクタリング会社は着目ポイントとしているのです。

利用者への信頼度が低い

ファクタリングでは利用者が在籍する企業の経済的な事情だけではなく、利用者の人柄やモラルなどについても重視されます。

例えばギャンブルに依存している利用者や公私混同が著しく見受けられる利用者は、資金の回収をしっかり行える利用者であるのか不安視されることもあるでしょう。また態度が横暴であったり、担当者の意見に全く耳を傾けなかったりすると、取引を行うことにリスクを感じ、断られることもあります。

ファクタリングの利用にあたっての面談では担当者を前にして緊張したり、恐縮したりする必要はありません。しかしビジネスマン、ないしは社会人として常識のある言動を心掛けるようにしましょう。

以下の記事では編集部おすすめのファクタリングサービスの特長について、わかりやすくご紹介しています。「ファクタリング会社を具体的に知りたい!」という方はぜひご覧ください。

おすすめの優良ファクタリング会社比較

ファクタリング審査を通過しやすくなるコツ

ファクタリングを利用して資金を調達しようと試みてみたものの、審査に通らなかったとなれば企業の存続にも関わる重大な問題になることもあるでしょう。

ファクタリングの審査の通過率を少しでも上げるためには、審査を何気なく受けるのではなく、コツをしっかりと押さえた上で審査に挑むようにしてみてください。

ファクタリング審査を通過しやすくなるコツとして以下7つが挙げられます。

  • 信頼度の高い売掛先を選ぶ
  • 取引実績が十分にある売掛先を選ぶ
  • 支払期日が近いものを選ぶ
  • 売掛債権の資料を集める
  • ファクタリング可能額の範囲内で申し込む
  • 3社間ファクタリングを利用する
  • ファクタリング会社の信用を得る

それぞれについて詳しく解説していきます。

信頼度の高い売掛先を選ぶ

ファクタリングの審査では利用者よりも売掛先の信頼度が問われるのが一般的です。信頼度の高い売掛先の具体的な例としては、公共機関や大手企業などが挙げられます。その他にも中小企業であっても経営状況が良好で、長年財務が安定している企業はファクタリング会社から高い信頼を得られると期待できるでしょう。

また売掛先の信頼度は利用者の工夫によって高めていくこともできるはずです。売掛先の信頼度のみに依存するのではなく、利用者自身で信頼度を上げていくよう努力することも審査をパスする上で必要になることもあるでしょう。例えば取引歴が長い売掛先や支払いが安定している売掛先を選択するのも一つの手です。

特に、長く取引を続けている企業は、ファクタリング会社から信頼度が高い売掛先としてみなされる傾向にあります。売掛金の回収が滞りがちな企業であったり、従業員のモラルが欠落している企業であったりすれば、取引を長期間継続することはできないためです。

ファクタリングを利用するにあたって売掛先を選択する際には、ファクタリング会社がどのような企業を好むかやどういった企業であれば安心できるかなどを考えてみるようにしてください。

取引実績が十分にある売掛先を選ぶ

ファクタリングを利用する際は取引実績が十分にある売掛先を選ぶようにしてください。取引実績の数に比例して、ファクタリングを利用できる可能性が高まっていくでしょう。

例えば初回取引の売掛先は取引実績があるとはみなされない傾向にあります。ファクタリング会社は売掛先について売掛金を支払う能力があるかや、売掛金を回収できる企業であるか判断できないためです。

優良な売掛債権であるはずなのに審査にパスできなかった場合などは、取引実績が十分にないことが主な原因となっていることも少なくありません。

支払期日が近いものを選ぶ

前にも説明したようにファクタリング会社は売掛先からの支払いまでの期間が短い売掛金を好む傾向にあります。売掛金の回収日までの日数があると、その間に売掛先の経営状況が悪化して倒産などのリスクがあるためです。

下請法の改正に伴って支払サイトに60日ルールが定められました。利用会社が下請事業者、売掛先が親事業者といった関係の場合、売掛金の支払期日は60日以内と定まっているためファクタリングを断られるケースはあまりないはずです。

ただし下請法の適用外となる取引においては支払サイトを60日以上に設定することも可能です。支払サイトは1カ月程度、長くても2カ月以内に設定するのが一般的ですので、2カ月を超えてくると審査に落ちる可能性が高まるでしょう。

ファクタリング会社の中には60日以内に支払予定の売掛金のみを買い取ると明確にしている企業もあります。

客観的に見ても信頼できる売掛金であるはずなのに、ファクタリングを断られた場合には支払期日が原因となっている可能性もあります。

ただし売掛金の支払日までの期間は日が経過するにつれて短くなっていくものです。そのため支払期日までの日数が短くなると、ファクタリングを利用できなかった売掛金が、別の審査では通るというケースもあります。

売掛債権の資料を集める

特に、初回取引の売掛先は取引実績がネックとなり、ファクタリングが断られる可能性も高い傾向にあるでしょう。

こうした場合には成因資料を充実させることで、審査に通りやすくすることもできます。ファクタリングの審査を受けるにあたって請求書のみならず、基本契約書、取引契約書、受注書、発注書など複数の資料を提出した方が審査において有利になるはずです。

ファクタリング可能額の範囲内で申し込む

ほとんどのファクタリング会社がファクタリングの可能額に上限を設けています。利用者はファクタリングの可能額の範囲内で申し込みを行わなければ、審査において不利になることもあるので注意してください。

ファクタリング会社がファクタリング可能額を設定しているのはリスク管理と関係しています。高額な売掛金を買い取りしたものの、結果的に回収できなければ被ることになる損失は並々ならぬものでしょう。

ファクタリング会社が指定しているファクタリング可能額の範囲を超えて申し込んだことが原因で審査に落ちたと考えられる場合は、資金調達先を分散するという方法もあります。


例えば3000万円の資金を調達しなければならない場合、以下のように分散して調達を行うことも検討してみてください。

  • 取引先Aの売掛金をファクタリング会社Bでファクタリングし、2000万円を調達する
  • 銀行に設備投資資金の融資の依頼を行って1000万円を調達する

銀行融資を活用して必要な資金を用意する際のコツはファクタリングを先に行うことです。ファクタリングで2000万円を確保した後で、銀行に融資の相談を行うことで手元資金があることをアピールできます。銀行に手元資金がほとんどないような状態で3000万円の融資を依頼するよりも、融資審査に通る見込みは高いはずです。

3社間ファクタリングを利用する

2社間ファクタリングと比較して3社間ファクタリングの方が審査が易しい傾向にあります。

売掛先の企業から売掛債権の支払い期日に直接入金される3社間ファクタリングであれば、ファクタリング業者は売掛金を回収できる可能性を高めることができます。

一方で2社間ファクタリングであればファクタリング会社には利用者を経由して入金が行われるため、売掛金を回収できる見込みが下がると考えることもできるでしょう。例えば利用者によっては売掛金の支払いをファクタリング会社に行わず、自社で使い込んでしまうケースもあるようです。

ただし3社間ファクタリングを利用する際には売掛先の企業の合意を得なければなりません。売掛先の企業に経営が厳しいことが知られてしまい、場合によっては今後の取引を見送られてしまうこともあるでしょう。

また3社間ファクタリングは2社間ファクタリングと比べて、入金までの期間が長い傾向にあります。2社間ファクタリングであれば最短で即日入金されますが、3社間ファクタリングの場合は手続きや関係者への説明などに時間を要するため、入金までに早くても1週間程度かかると考えておく必要があります。

ファクタリング会社の信用を得る

前述したようにファクタリングは可視化できない売掛債権という資産を扱う契約であるため、ファクタリング会社は利用者が信用に値する人であるか審査において重視しています。

面接ではファクタリング会社から信用を得られるように心掛けるようにしてください。例えばファクタリング会社の担当者との面談ではアポイントをすっぽかしたり、理由なく遅刻したりしないようにしましょう。また服装については清潔感のある服装や社会人としてふさわしい服装を心掛けるなどの工夫が必要です。その他にも担当者に対する言葉遣いにも気を付け、常識が欠落している人であると思われないように心掛けましょう。

ただし審査に不利になるからと嘘をついたり、不安事項や疑問点の質問を躊躇したりするのは禁物です。自社の現在の状況を誠実に話し、分からないことがあればきちんと確認するようにしてください。

アクセルファクターは利用者に合わせた柔軟な審査が特長のファクタリングサービスの提供を行っている企業です。各利用者が現在の状況をどのように乗り越えていけるかについても審査で重視しています。

基準を満たしてファクタリング審査を通過しよう

ファクタリングには売掛金を短期間で現金化できる他、取引先から売掛金が支払われなかった場合でも支払いを請求されないといったメリットがあります。売掛金を最短1日で現金化できることから、資金繰りに困っている企業にとって自社の存続を維持する上で役立つサービスです。

とはいえ、ファクタリングは希望すれば全ての企業が利用できるものではありません。ファクタリングを利用するためには定められた基準を満たす必要があります。また売掛先の信頼度や支払期日までの期間、ファクタリング会社との信頼関係なども審査における重要なポイントです。そのためファクタリングの利用を検討している方は、ファクタリング会社が安心して買い取りできる売掛金を選択し、売却することをおすすめします。

ファクタリングの利用を検討している企業の中には、自社が審査に通過できるだろうかと不安を抱えている企業も少なくないと見受けられるでしょう。Accel Factorの審査の通過率は93%以上となっています。また申し込まれた方の約半数がお振込みまで即日完了しています。アクセルファクターは売掛金のスピーディーな現金化も可能ですので、資金調達にお急ぎの際も活用できるはずです。

以下の記事では編集部おすすめのファクタリングサービスの特長について、わかりやすくご紹介しています。「ファクタリング会社を具体的に知りたい!」という方はぜひご覧ください。

おすすめの優良ファクタリング会社比較

ページ先頭へ戻る