東証スタンダード上場企業のジオコードが運営!営業組織を強くするWebマガジン

更新日:2024/01/18 

建設業におすすめのファクタリング会社9選! 選び方のポイントや利用するメリットとは?

【監修】株式会社ジオコード マーケティング責任者
渡辺 友馬

建設業にとってファクタリングは資金調達する有効な手段です。しかし、建設業は売掛金の回収リスクが高い上に回収サイトが長期化しやすいため、ファクタリング会社によっては利用できないこともあります。急な支払いが発生したとき、利用できるファクタリング会社があれば焦らずに対応できるでしょう。

本記事では、建設業におすすめのファクタリング会社をご紹介します。建設業の資金調達方法にファクタリングが適している理由や利用するメリットも解説するのでぜひ参考にしてください。

【建設業にも!】おすすめ優良ファクタリング会社紹介

scroll →

サービス名称入金
スピード
手数料買取可能額契約方式
アクセルファクターアクセルファクター無料相談はこちら最短2時間2%~30万~上限なしオンライン、郵送、対面
えんナビえんナビ無料相談はこちら最短即日5%〜50万~5,000万円オンライン、郵送、対面
QuQuMoQuQuMo無料相談はこちら最短2時間1%~金額上限なしオンライン
ベストファクターベストファクター無料相談はこちら即日2~20%30万~無制限オンライン・郵送・出張契約・来社契約
ファストファクタリングファストファクタリング無料相談はこちら即日--オンライン
ベストペイベストペイ無料相談はこちら最短翌日5%~100万~無制限オンライン・郵送・出張契約・来社契約
ビートレーディングビートレーディング無料相談はこちら最短2時間2%~金額上限なし対面、オンライン
日本中小企業金融サポート機構日本中小企業金融サポート機構無料相談はこちら最短即日1.5%〜上限・下限なしオンライン
ラボルラボル無料相談はこちら最短1時間10%1万円~20万(与信によって増額可)オンライン

建設業の資金調達にファクタリングが適している理由

建設業の資金調達にファクタリングが適している理由は以下の通りです。

  • 多くの売掛金が発生する
  • 売掛金支払いまでの期間が長い
  • 支払いに関するトラブルが発生しやすい

それぞれの内容について詳しく解説します。

ファクタリングの仕組みや種類については以下の記事も参考にしてください。

「ファクタリングとは?仕組みから種類、リスク、利用する際の注意点まで徹底解説!」

多くの売掛金が発生する

建設業の資金調達にファクタリングが適しているひとつ目の理由は、建設業界では多くの売掛金が発生することです。

建設業では、一度の取り引きで動く金額が他の業界に比べても大きいため、多額の売掛金が発生しやすい業種です。売り上げはあるのに手元に資金がない状態に陥る可能性があるため、建設資材や人件費などの支払いに追われてしまう状況になることが考えられます。

ファクタリングは売掛金を現金化するサービスです。多額の売掛金を買い取ってもらうことで建設資材や人件費などを適切に支払えるため、利用することで資金繰りの悪化を防げます。

売掛金支払いまでの期間が長い

建設業の資金調達にファクタリングが適している2つ目の理由は、売掛金支払いまでの期間が長いからです。建設業は仕事を受注してから代金が支払われるまで長い期間を要します。短くても数カ月、長ければ3年ほどかかることもあるでしょう。また、代金は建設が完了してすぐに支払われるのではなく、さらに約1カ月かかるのが一般的です。

代金が支払われれば一気に多額の資金を手に入れられるものの、それまでの期間は収入を得られません。人件費や税金、仕入れ代金の支払いなどが重なれば資金繰りが悪化し黒字倒産を招く可能性があります。ファクタリングを利用することで、黒字倒産のリスクを抑えられるでしょう。

支払いに関するトラブルが発生しやすい

建設業の資金調達にファクタリングが適している3つ目の理由は、建設業界は支払いに関するトラブルが発生しやすいことです。

建設業が取り扱う案件は、工事の元請から末端の間に複数の下請業者が介在する重層下請構造で進められることがほとんどです。重層下請構造は、工事の分業化に優れる一方でコストの発生元が複雑化するため、発注者と建設業者との間で支払いに関するトラブルが発生しやすくなります。

トラブルの具体例として次のようなことが挙げられます。

  • 発注者自身も元請の下請業者となるため、元請からの支払いが延滞すれば発注者からの入金が遅れる
  • 発注者が倒産して工事代金の未払いが発生する

発注者への依存度が高ければ、連鎖的に倒産する可能性も考えられます。いずれもファクタリングを利用することで回避できるトラブルです。

建設業がファクタリングを選ぶメリット

建設業がファクタリングを選ぶと次のようなメリットが得られます。

  • 早急に資金調達ができる
  • 審査に通過しやすい
  • 債権回収リスクを避けられる
  • 調達資金が負債とならない

メリットの内容をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

早急に資金調達ができる

建設業がファクタリングを利用するメリットは、早急に資金調達ができることです。建設業の場合、仕事を受注してから代金が支払われるまで2〜3カ月かかります。大規模なプロジェクトとなれば数年かかることもあるでしょう。代金が支払われるまでの間も人件費や税金などを支払わなくてはなりません。資金不足に陥るリスクが高く、資金繰りが悪化すれば倒産する恐れもあります。

ファクタリングは最短即日での資金調達が可能な手法です。売掛金があれば利用できるので、資金不足に悩まずに済むでしょう。

審査に通過しやすい

審査を通過しやすい点も建設業がファクタリングを利用するメリットの一つです。資金を調達する方法には銀行から融資を受ける方法もあります。銀行からの融資は審査が厳しく、創業したばかりの建設業者や一人親方は信用力が低いため審査に通過するのは困難です。しかし、ファクタリングで審査対象になるのは売掛先企業です。売掛先企業の信用状態に問題がなければ、自社が赤字経営でも税金の滞納があっても審査に通過できます。

信用力の高い企業の売掛金が発生していれば、自社の経営が安定していない状況でも利用可能です。銀行融資を断られた建設業にとって心強い存在となるでしょう。

債権回収リスクを避けられる

建設業がファクタリングを選ぶメリットには、債権回収リスクを避けられる点も挙げられます。売掛金は発生したからといって必ず支払われるものとは限りません。売掛先企業の経営状態が悪化すれば、支払いが遅れたり倒産したりすることも起こり得るでしょう。売掛金が回収できないと会社としては大きな損失につながります。

ファクタリングを利用すれば売掛金を入金期日前に現金化できるため、債権回収リスクを負うのはファクタリング会社になります。ファクタリング会社は売掛金の債権回収に特化した業者です。法的手続きなども熟知しているため、建設業者が行うよりも効率よく債権を回収できます。

また、ファクタリングは償還請求権なし(ノンリコース)での契約が原則です。仮にファクタリング会社が売掛金を回収できなくても、自社に返金を求められることはありません。売掛金の未回収リスクにも備えられます。

調達資金が負債とならない

ファクタリングで調達した資金は負債にならない点も建設業にとって大きなメリットです。ファクタリングは借入ではなく、入金予定の売掛金を期日前に現金化する方法です。調達資金は負債に計上されないので、負債額が増えることを防げます。ファクタリングを利用することで金融機関から融資を受けずにすむため、負債比率(自己資本に対する負債の割合)が下がり企業評価の向上が期待できるでしょう。

建設業向けファクタリング会社を選ぶポイント

ファクタリング会社にはそれぞれ特徴があり、業界によって向き不向きがあります。建設業には以下の特徴があるファクタリング会社がおすすめです。

  • 二社間ファクタリングに対応している
  • 建設業で審査に通りやすい
  • 手数料の上限が低い
  • 売掛債権の入金期日が遅くても利用できる
  • 注文書のファクタリングに対応できる

詳しく解説するのでファクタリング会社を選ぶときの参考にしてください。

二社間ファクタリングに対応している

建設業がファクタリングを利用する際は、二社間に対応しているかどうか確認しましょう。ファクタリングには二社間と三社間があります。二社間は自社とファクタリング会社のみで取り引きするため、売掛金の売却を売掛先に知られることがありません。ただし入金スピードが速い分、手数料は割高になることが一般的です。

一方、三社間は自社とファクタリング会社、そして売掛先企業で取り引きするファクタリングです。手数料は二社間よりも低いですが、入金までに時間がかかりやすいためスピード感は落ちます。また、三社間は売掛先企業に知られるため、「資金繰りが悪化し経営困難に陥っているのではないか」と懸念される可能性があります。

前述したように、建設業はひとつの案件に複数の下請業者が入る重層下請構造を採用するのが一般的です。経営状況を心配されると、他の下請業者に乗り換えられてしまうかもしれません。元請業者に契約を切られるリスクを避けるなら、ファクタリングを利用する際は二社間に対応しているかどうか確認しましょう。

建設業で審査に通りやすい

ファクタリング会社を選ぶときは、建設業ならではの事情を理解してくれるかどうかも大事なポイントです。建設業は他の業界に比べて回収サイトが長めなので仕事を受注してから代金が支払われるまでに数カ月かかります。ファクタリング会社は売掛金の回収サイトが長いと、債権を回収するのに時間がかかるため嫌う傾向があります。売掛先企業の信用状態に問題がなくても審査に通りにくくなるのです。

建設業の実績が多いファクタリング会社なら、回収サイトが長くなる事情を理解してくれるでしょう。回収サイトが長い建設業でも審査に通りやすいため、資金繰りが悪化する前に対処できます。

手数料の上限が低い

手数料の上限も、建設業者がファクタリング会社を選ぶときに確認したいポイントです。建設業は売掛金の回収リスクが高く回収サイトが長い業界なので、ファクタリング会社によってはリスクがある分、手数料を高めに設定する可能性があります。そのため、上限価格の手数料を提示されることもあるでしょう。

例えば、2%〜10%と記載があった場合、建設業は上限価格の10%になる可能性があります。手数料2%は魅力的な数値ですが、建設業に対して下限価格を設定することはほとんどありません。ファクタリング会社を選ぶときは、手数料が上限価格になることを想定した上で比較しましょう。

なお、ファクタリングに必要な手数料の相場について詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

「ファクタリングの手数料はどのくらい?相場や内訳、抑える方法を解説」

売掛債権の入金期日が遅くても利用できる

建設業がファクタリング会社を選ぶときは、売掛債権の入金期日が遅くても利用できるかどうかを確認しましょう。

回収サイトが長い建設業は、売掛債権を保有する期間が長期化しやすいです。仕事を受注して代金が支払われるのは、上位企業が下請業者に代金を支払った後なので下請業者の下にいる業者への支払いはどうしても遅れてしまいます。

ファクタリング会社によっては、回収サイトが長い売掛債権は買い取りを拒否されることがあります。売掛債権の入金期日が遅くても買い取ってくれるかどうかは、建設業者がファクタリング会社を選ぶ上で外せないポイントです。

注文書のファクタリングに対応できる

建設業の場合、注文書でも対応してくれるファクタリング会社がおすすめです。

一般的に、ファクタリングで買い取りの対象になるのは請求書です。建設業者が請求書を発行するまでに次のような手順を踏みます。

  1. 注文書受取
  2. 着手〜完了
  3. 請求書発行
  4. 支払い期日に入金

注文書が買い取りの対象であれば、1の段階で資金調達できるため工事の途中で資金不足になる心配もないでしょう。また、必要な資材を購入したり人材を増やしたりなど柔軟に対応できるため、案件をスムーズに回せます。

建設業におすすめのファクタリング会社9選

建設業におすすめのファクタリング会社をご紹介します。いずれも建設業の実績が豊富なファクタリング会社です。自社に合ったファクタリング会社選びの参考にしてください。

1.アクセルファクター

アクセルファクターは取り引きの半数以上が即日完遂しているスピード感のあるファクタリング会社です。経営方針の一つに「即日入金」を掲げているため、どこよりも早い対応が期待できます。「今日中にどうしても現金が必要」というときも、アクセルファクターなら頼りになるでしょう。

また、アクセルファクターでは最長180日支払いの債権も買取可能です。建設業では長期工事や元請業者の都合により、回収サイトが長くなることが珍しくありません。ファクタリング会社によっては審査に通過できないことがありますが、アクセルファクターなら回収サイトが長い建設業でも安心して申し込めます。

\ 相談無料 /

お電話でのご相談はこちら

買取価格30万円〜1億円
手数料2%〜
入金スピード最短即日
取扱ファクタリング二社間・三社間
審査に必要な書類・請求書・預金通帳・直近の確定申告書・代表者の本人確認書類
対象者個人事業主・法人
償還請求権の有無なし
運営会社株式会社アクセルファクター
公式サイトURLhttps://accelfacter.co.jp/

2.えんナビ

えんナビは24時間土日祝日スピード対応可能なファクタリング会社です。少額から5,000万円の資金調達が可能なので、売掛金が多額になりやすい建設業の資金調達にも柔軟に対応できます。連帯保証人や担保は必要なく、最短30秒でで審査が完了します。即日対応のファクタリングを利用することで急な受注にも対応できるでしょう。

\ 相談無料 /

買取価格50万円~5,000万円
手数料5%~
入金スピード最短即日
取扱ファクタリング二社間・三社間
審査に必要な書類・請求書・3か月分の入出金がわかる通帳
対象者個人事業主・法人
償還請求権の有無なし
運営会社株式会社インターテック
公式サイトURLhttps://ennavi.tokyo/

3.ベストファクター

ベストファクターは業界最高水準の審査通過率を持つファクタリング会社です。柔軟な審査を行っているため、他社で審査に通らなかったとしても回収見込みのある売掛金があれば利用できる可能性があります。審査通過率は92.25%と高水準なので、資金調達を諦めている方は相談してみるとよいでしょう。ベストファクターは、数多くの業種の中でも建設業との取り引きが豊富です。

\ 相談無料 /

買取価格売掛先一社につき1億円まで
手数料2%〜
入金スピード最短即日
取扱ファクタリング二社間・三社間
審査に必要な書類・代表者の本人確認書類・請求書・預金通帳
対象者個人事業主・法人
償還請求権の有無なし
運営会社株式会社アレシア
公式サイトURLhttps://bestfactor.jp/

4.土建くん

土建くんは建設業界専門のファクタリング会社です。建設業に特化しているため、状況や希望を汲み取った上で好条件を提示してくれます。初めてファクタリングを利用する方も安心できるでしょう。土建くんはオンラインで完結するファクタリングを採用しているため来店や郵送の手間がなく、申し込みから入金まで最短即日60分で完了します。

また、買取価格は幅広く、少額ファクタリングも利用可能です。法人だけでなく、個人事業主の方にも便利なファクタリング会社です。

買取価格30万円〜3,000万円
手数料5%〜
入金スピード最短1時間
取扱ファクタリング二社間・三社間
審査に必要な書類・請求書・発注時の注文書
対象者個人事業主・法人
償還請求権の有無要確認
運営会社株式会社ワイズコーポレーション
公式サイトURLhttps://dokenkun.com/af/

5.トップマネジメント

トップマネジメントは創業13年の実績を持つファクタリング会社です。これまでの買取件数は55,000件以上と豊富で、安定した資金調達をサポートし続けています。利用者には営業スタッフの顔を見てもらうことを徹底し、安心して利用してもらえることを約束しています。「ファクタリングの利用は不安」といったイメージを払しょくしてくれるでしょう。

また、オンライン完結型のファクタリングサービスは、最短数時間での入金が可能です。建築資材や税金など先行出費に追われている企業も安心して利用できます。

買取価格100万円〜3億円
手数料二社間:3.5%〜12.5%三者間:0.5%〜3.5%
入金スピード最短即日
取扱ファクタリング二社間・三社間
審査に必要な書類・代表者の本人確認書類・請求書・昨年度の決算書・直近7カ月の入出金明細
対象者要確認
償還請求権の有無なし
運営会社株式会社トップ・マネジメント
公式サイトURLhttps://top-management.co.jp/

6.アクシアプラス

アクシアプラスは即日資金化を得意とするスピード感あるファクタリング会社です。ファクタリングでの平均調達日数は2〜3日ですが、アクシアプラスはオンラインで完結するため申し込み当日での入金が可能です。また、面倒な申請手続きの代行にも対応しているため、書類作成にかかる手間をかけずに資金を調達できます。

アクシアプラスではLINEから無料で問い合わせできるので初めての利用でも安心です。LINEで調達可能額を把握できます。

買取価格〜2,000万円
手数料4%〜
入金スピード最短即日
取扱ファクタリング二社間・三社間
審査に必要な書類要確認
対象者要確認
償還請求権の有無要確認
運営会社株式会社アクシアプラス
公式サイトURLhttps://tomodachi-my.com/

7.ペイトナーファクタリング

ペイトナーファクタリングは簡単な手続きで資金調達できるファクタリング会社です。手続きに必要な書類は本人確認書類と請求書の2点のみです。2回目以降からは請求書さえあれば資金調達できます。審査後に追加で事業計画書の提出を求められる心配もありません。また、手数料が固定で分かりやすいところも特徴です。ファクタリング会社では売掛先の信用力などを考慮した上で手数料を決定するのが一般的です。一方でペイトナーファクタリングは手数料を一律10%としているので、申し込む前に入金額を把握できます。

買取価格1万円〜100万円
手数料10%
入金スピード最短10分
取扱ファクタリング二社間
審査に必要な書類・代表者の本人確認書類(初回のみ)・請求書
対象者個人事業主・法人
償還請求権の有無要確認
運営会社ペイトナー株式会社
公式サイトURLhttps://paytner.co.jp/factoring

8.けんせつくん

けんせつくんは建設業界専門のファクタリング会社です。建設業ならではの事情も加味しているので、建設業は特に審査を通過しやすいでしょう。また、建設業界出身のスタッフが対応するため、建設業特有の悩みを相談できます。建設業界は売掛金の回収リスクが高いため手数料が上限価格になりやすいものの、建設業界専門のファクタリングなら下限価格が適用される可能性があります。

買取価格無制限
手数料5%〜
入金スピード最短2時間
取扱ファクタリング二社間
審査に必要な書類要確認
対象者個人事業主・法人
償還請求権の有無要確認
運営会社株式会社ウィット
公式サイトURLhttps://xn--y8jd4aybzqd.jp/

9.ランクファクター

ランクファクターは年中無休のファクタリング会社です。営業時間は9時〜27時と長く、電話やメールでの相談に対応しています。複数の税理士・公認会計士・その他専門家と連携し、利用者が抱える悩みを無料で解決するサービスも行っています。融資や補助金など、ファクタリングとは別のソリューションの提案も可能です。「資金繰りの悪化を防ぎたい」「経営状況を改善したい」というお悩みがある方は相談してみるとよいでしょう。

買取価格無制限
手数料要確認
入金スピード最短1時間
取扱ファクタリング二社間
審査に必要な書類要確認
対象者個人事業主・法人
償還請求権の有無なし
運営会社FCマーケティング株式会社
公式サイトURLhttps://rank-factor.com/

まとめ

建設業は多額の売掛金が発生しやすく、入金サイトが長期化しやすい傾向にあります。他の業界とは違った建設業ならではの事情があるため、資金調達に苦労することもあるでしょう。

ファクタリングは売掛金を買い取ってもらい期日前に現金化するサービスです。融資ではないため負債額が増えることはありません。売掛金が実際に入金されるまでの間でも建設業では資材を購入したり、人件費を払ったりと支出が多いものです。ファクタリングを利用すれば、スムーズな資金調達が可能です。

今回紹介したファクタリング会社はいずれも建設業の利用実績が多く、柔軟に対応してくれます。他社では審査に通過できなかった方もぜひ相談してみてください。

以下の記事では編集部おすすめのファクタリングサービスの特長について、わかりやすくご紹介しています。「ファクタリング会社を具体的に知りたい!」という方はぜひご覧ください。

おすすめの優良ファクタリング会社比較

ページ先頭へ戻る