東証スタンダード上場企業のジオコードが運営!営業組織を強くするWebマガジン

更新日:2023/12/05 

ファクタリングの成功事例を業種別に紹介!利用が向いている企業の特徴や注意点も解説

ファクタリングは売掛金を売却することで早期に現金化できるサービスとして、多くの企業から重宝されています。銀行の融資よりも資金調達のスピードが早く、かつ負債を抱えることもないため、売掛金の支払日よりも前に現金が必要な方にとって便利なサービスです。

本記事ではファクタリングの概要を押さえた上で、ファクタリングについて成功事例やメリットなどを解説していきます。本記事の後半ではファクタリングが向いている企業の特徴やファクタリング会社を選ぶ際のポイントについても解説します。

【実績で厳選】おすすめ優良ファクタリング企業紹介

scroll →

サービス名称入金
スピード
手数料買取可能額契約方式
アクセルファクターアクセルファクター無料相談はこちら最短2時間2%~30万~上限なしオンライン、郵送、対面
えんナビえんナビ無料相談はこちら最短即日5%〜50万~5,000万円オンライン、郵送、対面
QuQuMoQuQuMo無料相談はこちら最短2時間1%~金額上限なしオンライン
ビートレーディングビートレーディング無料相談はこちら最短2時間2%~金額上限なし対面、オンライン
ベストファクターベストファクター無料相談はこちら即日2~20%30万~無制限オンライン・郵送・出張契約・来社契約
日本中小企業金融サポート機構日本中小企業金融サポート機構無料相談はこちら最短即日1.5%〜上限・下限なしオンライン
ファストファクタリングファストファクタリング無料相談はこちら即日--オンライン
日本トラスト日本トラスト無料相談はこちら最短1営業日1%〜10万円〜500万やり取りはLINE、手続きはWebで完結
ベストペイベストペイ無料相談はこちら最短翌日5%~100万~無制限オンライン・郵送・出張契約・来社契約
ラボルラボル無料相談はこちら最短1時間10%1万円~20万(与信によって増額可)オンライン

ファクタリングとは?

ファクタリングとは売掛金をファクタリング会社に売却することで、売掛金の支払日の前に資金を調達できる金融サービスです。売掛金の支払日の前に家賃や修繕費、仕入れ先への支払いなどで金銭が必要になった場合などに利用されることが多いサービスとなっています。利用者は最短1日で現金を手にでき、かつ利用者に償還請求権が発生することもありません。

資金調達において便利なファクタリングですが、ファクタリングには以下2つの種類があります。

  • 買取型ファクタリング
  • 保証型ファクタリング

それぞれについて詳しく解説していきます。

買取型ファクタリング

買取型ファクタリングとは利用者は売掛債権をファクタリング会社に売却し、手数料を差し引いた金額を受け取れるサービスです。

買取型ファクタリングを利用するにあたって保証人や担保などの必要はありません。審査では売掛先や売掛金の信用力が最重視される傾向にあります。

買取型ファクタリングを利用するメリットは現金をすぐに手にできるという点です。ファクタリング会社によって契約から現金の振り込みまでかかる期間は異なるものの、最短1日で現金を得られることもあります。

一方、買取型ファクタリングのデメリットは手数料の高さです。ファクタリング会社には資金が未回収となるリスクがあるため、手数料が高い場合には30%前後差し引かれることもあります。

保証型ファクタリング

保証型ファクタリングは資金調達のためではなく、売掛債権の貸し倒れリスクを回避するために利用されるサービスです。

売掛先が倒産した場合でも保証会社から保証金を支払ってもらえるため、売掛金を回収できるか懸念される場合などに利用されています。ただし保証額は売掛金全額が保証されるというわけではありません。ファクタリング会社が売掛先の調査を行って保証枠を決定し、その枠内で保証してもらえます。

保証型ファクタリングを活用することで、貸し倒れリスクが発生することを回避しながら取引先を増やすことが可能です。またファクタリング会社が取引先の支払い能力について審査してくれるため、将来的な取引について検討する際にも参考にできます。

ただし保証型ファクタリングを活用すれば売掛金を回収できなかった場合に必ず保証してもらえるわけではありません。保証金の支払いは支払い不能とみなされる条件に該当している場合のみとなります。

買取型ファクタリングの種類

前述のように買取型ファクタリングは利用者が売掛債権をファクタリング会社に売却し、手数料を差し引いた金額を受け取れるサービスです。

買取型ファクタリングには以下2つの種類があります。

  • 2社間ファクタリング
  • 3社間ファクタリング

それぞれについて詳しく解説していきます。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングとはファクタリング会社とファクタリングの利用者で行われるファクタリングのことです。ファクタリングはファクタリング会社と利用者で行うため、売掛先にファクタリングを行うことについて同意を得る必要はありません。

2社間ファクタリングの締結後、ファクタリング会社は利用者に売掛債権を担保として金銭を貸します。利用者は売掛先から売掛債権を回収したら、売掛債権に手数料をプラスしてファクタリング会社に返済します。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングとはファクタリング会社、ファクタリングの利用者、売掛先で行うファクタリングのことです。

3社間ファクタリングでは2社間ファクタリングと同様にファクタリング会社が利用者に対して売掛債権を担保にして金銭を貸します。ファクタリング会社は売掛債権の回収を利用者の売掛先に対して行います。

3社間ファクタリングを利用するには売掛先からファクタリングを行うことに合意を得なければなりません。

ファクタリング会社にとって2社間ファクタリングよりも回収できる見込みが高まるため、手数料が安く、審査の通過率も高くなります。

以下の記事では編集部おすすめのファクタリングサービスの特長について、わかりやすくご紹介しています。「ファクタリング会社を具体的に知りたい!」という方はぜひご覧ください。

おすすめの優良ファクタリング会社比較

【業種別】ファクタリングの成功事例

ファクタリングを利用した企業の成功事例にはどのようなものがあるのでしょうか。

ファクタリングの成功事例として以下の業種について見ていきましょう。

  • 建設業の場合
  • 建設足場業の場合
  • 土木業の場合
  • 運送業の場合
  • 人材派遣業の場合
  • IT業の場合
  • 通販事業の場合
  • 医療業の場合
  • 介護事業の場合
  • 飲食業の場合

建設業の場合

A社は大規模な請負工事を受注するにあたって建設業許可を取得しなければなりませんでした。この許可を取得するには資本金500万円以上、もしくは500万円以上の現金預金のいずれかをクリアする必要があります。同社は資本金が100万円、B/S上の現金預金が300万円という状況で、現金200万円を最低でも用意しなければなりません。

そこでファクタリング会社に相談したところ、担当者から200万円を資金化して現金預金を500万円に増やすという方法を提案されました。ファクタリング会社からは当日中に現金を振り込んでもらえたため、翌日には残高証明書を取得できました。

建設足場業の場合

自営業で戸建ての足場組立と解体を請け負っているBさんは、仕事量は安定しているものの元請会社からの入金の遅れが悩みの種に。資材などのレンタル費用や人件費はBさんが事前に負担しているため、元請会社から入金されるまで厳しい経営状況が続いていました。

数週間、もしくは1カ月程度のつなぎ資金を得るために50〜100万円の資金を調達したいという思いからファクタリングを利用することを決意。ファクタリング会社に相談したところスピーディーに話が進み、必要な資金を得ることができました。

土木業の場合

建設会社Cは道路やトンネルといった土木工事を受注しています。自社スタッフのみで工事を基本的に行っているものの、大きな重機が必要な工事では一部別会社に下請けを依頼することで対応しています。下請け会社からC社の経営状況を懸念してなのか料金の前払いの申し出があり、資金調達が必要となりました。

ファクタリング会社に連絡したところ、おおよそ10分後に担当の方から連絡が入り、C社の状況や必要な金額などのヒアリングへ。その後のやりとりもスムーズに進み、迅速な資金調達を実現できました。

運送業の場合

運送業を営んでいるD社はドル安による原油の高騰により、運転資金が限界まで落ち込む事態へ。

おおよそ1カ月以内にはまとまった入金がある予定だったため、その間のつなぎ資金を用意しようと思ったものの、銀行やカードローンなどはいずれも審査で落ちてしまいました。

そうした中でファクタリング会社に出会い、ファクタリングを決断。50万円という少額であったもののファクタリングに応じてもらえ、運送資金を確保できました。

人材派遣業の場合

人材派遣業を営むE社は自社の社員を別の会社に派遣することで収益を得ています。許可要件の簡易な特定労働者派遣事業許可(届出)を取得して事業を営んでいましたが、労働者派遣法が改正されたことでより条件の厳しい一般労働者派遣事業許可を取得しなければならなくなりました。

一般労働者派遣事業許可の資産要件における現金預金が1500万円以上という要件をクリアできず、事業の存続が危うくなる事態に陥り、ファクタリングの利用を決意。

派遣先から入金予定の売掛金を1カ月程度早く現金化でき、資産要件をクリアすることができました。

IT業の場合

IT業を営むF社は事業の拡大に向けて100〜200万円の資金を必要としていました。付き合いのあった最寄りの地方銀行に相談してみたところ、開業から1年未満であることに加えて、売上は好調であるものの事業成績が好ましくないことなどを理由に断られるという結果に。

こうした状況の中でファクタリングの利用を決めました。直近数カ月の売上は好調であったことや、数社にまとまった請求がある状態であったため、F社にとって売掛金の現金化を行うファクタリングは最適な方法です。

計130万円分の売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらい、まとまった資金の調達に成功しました。

通販事業の場合

Gさんは個人事業主として海外の小物や雑貨をネット販売しており、毎月の売上は120万円程度、その内仕入れ額は80万円程度です。

赤字になるような状況ではないものの売上の大半がクレジットカード売上となっており、キャッシュ不足になりやすいという悩みを抱えていました。何かあった際に使える資金を調達する方法を探していたところ、ファクタリングの存在を知ることに。

ファクタリング会社の担当者はクレジットカード売上に着目し、クレジット会社に対して有する債権のファクタリングを提案してくれたため早期現金化を行えました。

医療業の場合

クリニックを営むHさんは開業して間もなく、新型コロナウイルスの影響を受けることになります。財務状況は日々悪化し、患者様も増えないといった事態に直面。

立ち行かなくなる前にキャッシュを多く確保したいという思いからファクタリングを利用することにしました。ファクタリング会社の担当者との初回の面談ではまとまった金額の方が買取額が高くなる傾向にあると助言を受けたため契約はしませんでしたが、ファクタリングを知ってからは心に余裕も出たようです。

そして運転資金が限界に達したとき、クリニックの運転資金として250万円のファクタリングを行いました。

介護事業の場合

I社はデイサービスの運営を行っています。利用者の数は月によって異なるため毎月の売上が安定しないばかりか、ガソリン代の高騰や施設のメンテナンス費にも悩まされていました。

突如訪れるキャッシュフローの危機に備えるためにファクタリングの利用を決意。2%前後の手数料を支払うことでまとまったキャッシュを数日で得ることができ、設備投資と運転資金を得ることができました。

飲食業の場合

Jさんは個人で飲食店を営んでいます。クレジットカード決済に電子決済の普及が加わったことで、現金決済は全体の2割以下という状況でした。

新型コロナウイルスの影響もあってキャッシュが限界に達し、自治体からの協力金が頼りという事態に。そこでファクタリング会社に相談し、個人事業主でも利用できることや財務状況が好ましくなくても利用できるといった点から申し込んでみました。

自治体からの補助金や協力金までのつなぎ資金として50万円調達することに成功しました。

以下の記事では編集部おすすめのファクタリングサービスの特長について、わかりやすくご紹介しています。「ファクタリング会社を具体的に知りたい!」という方はぜひご覧ください。

おすすめの優良ファクタリング会社比較

ファクタリングを利用するメリット

前述のようにファクタリングには多くの成功事例があります。ファクタリングを利用することで具体的にどのようなメリットが得られるのでしょうか。

ファクタリングを利用するメリットとして以下の4つが挙げられます。

  • 金融機関の融資よりも手軽に利用できる
  • 早急な資金調達が可能
  • 財務状況を改善できる
  • 売掛債権の回収リスクを回避できる

それぞれについて詳しく解説していきます。

金融機関の融資よりも手軽に利用できる

ファクタリングは金融機関の融資のように担保や保証人が必要とされていないため利用の手軽さも特長です。

担保がない方、もしくは保証人がいないという方であってもファクタリングであれば問題なく利用できます。

早急な資金調達が可能

ファクタリング会社や審査の状況などによって資金調達までの期間は異なるものの、契約から短期間で現金を手にすることができます。2社間ファクタリングの場合は早くて即日、遅くとも数日以内に現金を手にできるでしょう。

一方、3社間ファクタリングは2社間ファクタリングよりも審査や契約などに時間を要するため、1週間前後が目安となります。

ファクタリングは他の資金調達方法と比べても短期間で現金を得られるため、銀行融資が下りるまでのつなぎとして利用される方も珍しくありません。

財務状況を改善できる

会社の財務状況を判断する上で貸借対照表は重要なポイントとなります。

資金調達を融資に頼ると負債額が大きくなりますが、ファクタリングはその仕組みから負債額を増加せずに資金を得ることが可能です。

貸借対照表が肥大化した場合、売上がアップしていても企業の信用度が下がることもあります。しかし融資とは異なる資金調達方法のファクタリングを活用すれば貸借対照表の肥大化を回避できます。調達した資金を負債額減少に充てることで、貸借対照表のスリム化も実現できるでしょう。

売掛債権の回収リスクを回避できる

ファクタリングでは売掛金が未払いとなった場合、ファクタリング会社がリスクを負担することになります。

そのため利用者は売掛先から売掛金を回収できなかったとしても、未回収によって生じるリスクを回避できます。例えば取引先が倒産しても売掛金の回収ができず、自社の事業の存続も危機に瀕するといった事態に陥ることはありません。

ファクタリング会社は資金の未回収のリスクを下げるために審査では利用者だけではなく、売掛金や売掛先の経営状況などについても詳しく調べています。

以下の記事では編集部おすすめのファクタリングサービスの特長について、わかりやすくご紹介しています。「ファクタリング会社を具体的に知りたい!」という方はぜひご覧ください。

おすすめの優良ファクタリング会社比較

ファクタリングが向いている企業の特徴

売掛金の早期現金化に便利なファクタリングであるものの、企業によっては向き不向きがあります。そのためファクタリングを利用する際は自社にとってファクタリングが向いているかどうかしっかりと見極めることが重要です。

ファクタリングが向いている企業の特徴として以下の4つが挙げられます。

  • 金融機関の審査が通らない
  • すぐに資金調達する必要がある
  • 開業直後で当面の運転資金を確保したい
  • 資産をオフバランス化したい

それぞれについて詳しく解説していきます。

金融機関の審査が通らない

金融機関の融資は税金の滞納や債務超過、業績不振などを理由に断れるケースも少なくありません。金融機関から前述の理由などによって融資を断られた場合であっても、売掛先や売掛金も審査の対象となるファクタリングであれば審査をクリアできる見込みがあります。

また金融機関から融資を受けるには担保や保証人が必要ですが、ファクタリングでは必要ありません。そのため担保がない方や保証人を頼める人がいない方も、ファクタリングを利用することができます。

すぐに資金調達する必要がある

ファクタリングは資金調達までのスピードが早い点も特長です。2社間の場合は特に早く、資金調達までの期間は最短で1日、遅くとも数日以内となります。

一方で金融機関で資金調達する場合、おおよそ1カ月程度かかります。そのため審査をパスできたとしても支払日に間に合わず倒産してしまうリスクもあるでしょう。ファクタリングを利用される方の中には金融機関からの融資までのつなぎとされる方や、すぐに現金が必要な方も多くいます。

開業直後で当面の運転資金を確保したい

ファクタリングを利用するための条件は法人、もしくは個人事業主であることに加えて、売却を希望する債権が不良債権でないことです。ファクタリングは開業直後であっても利用できるため、当面の運転資金の確保にも利用できます。開業後の早いタイミングからファクタリングを資金繰りに活用できるため運転資金の確保も可能です。

ただしファクタリングの審査では売掛先との取引実績も重要視されるため、開業したばかりで売掛先との取引回数が少ない場合は審査において不利になります。

資産をオフバランス化したい

ファクタリングによるオフバランス化とは貸借対照表の項目を減らし、スリム化した状態のことです。

ファクタリングで売掛金の売却を行い、資金調達を行えば普通預金(現金)が増えます。

増えた普通預金(現金)から借入金の返済を行うことで、貸借対照表のスリム化を実現できるはずです。

またオフバランス化することにより自社に対する信用力や評価を高めることができます。金融機関の審査の通過率がアップしたり、M&Aやベンチャーキャピタルから支援を受けやすくなったりといったメリットが得られるでしょう。

以下の記事では編集部おすすめのファクタリングサービスの特長について、わかりやすくご紹介しています。「ファクタリング会社を具体的に知りたい!」という方はぜひご覧ください。

おすすめの優良ファクタリング会社比較

ファクタリングを利用する際の注意点

ファクタリングの利用の際に注意点の確認を怠ると、利用後に後悔することもあるため注意が必要です。

ファクタリングを利用する際の注意点として以下の3つが挙げられます。

  • 利用コストが高くなりがち
  • 利用可能金額は売掛金の額が上限になる
  • 悪質な業者が存在する可能性がある

それぞれについて詳しく解説していきます。

利用コストが高くなりがち

ファクタリング会社は利益を得る必要があるため、利用者はファクタリングサービスを受ける際には手数料を支払わなければなりません。そのためファクタリングを利用することで売掛金を売掛先から普通に受け取るよりも手元に入る金額は少なくなります。

ファクタリングの利用コストを少なくしたい方は複数のファクタリング会社に相談し、お得に利用できるファクタリング会社と契約することをおすすめします。

利用可能金額は売掛金の額が上限になる

ファクタリングは売掛金を受け取る権利をファクタリング会社に譲渡することで現金を得られる仕組みです。このような仕組み上、ファクタリングでは売掛金以上の金額を得ることはできません。

必要な金額が売掛金の額を超える場合はファクタリングのみでは不足することになります。売掛金額以上の金銭が必要な場合は銀行の融資などとの併用がおすすめです。

悪質な業者が存在する可能性がある

ファクタリング会社の中には悪徳な業者が存在していることも拒めません。場合によっては悪徳業者に騙されて損をすることもあるので注意してください。

悪質な業者との取引を回避するためにも利用を検討しているファクタリング会社についてはネットや口コミなどでよく調べてみるようにしましょう。

ファクタリング会社を選ぶ際に確認すべきポイント

ファクタリングで成功するにはファクタリング会社選びに慎重にならなければなりません。ファクタリング会社を間違えたばかりに、思うような結果にならなかった企業も少なくないと見受けられるでしょう。

ファクタリング会社を選ぶ際に確認すべきポイントとして以下の4つが挙げられます。

  • 利用可能金額
  • 資金調達できるまでの期間
  • 償還請求権の有無
  • 利用手数料

それぞれについて詳しく解説していきます。

利用可能金額

ファクタリング会社ごとに売掛金の買取金額の上限が異なるため、利用を検討しているファクタリング会社が希望する金額に対応しているか確認するようにしてください。

ファクタリング会社によっては上限だけではなく、下限も設定しています。ファクタリング会社の中には100万円以上といったように、小額のファクタリングを断っている会社もあります。

資金調達できるまでの期間

売掛債権を回収する前に資金がショートし、黒字倒産する企業も少なからずあると見受けられるでしょう。企業はファクタリングを活用することでこのような倒産を回避しやすくなります。

ただし資金調達できるまでの期間はファクタリング会社によって異なるためよく確認しなければなりません。売掛金の現金化は早ければ即日可能である一方、初回時は審査や契約などに時間を要するため少々期間が必要となります。

償還請求権の有無

償還請求権とは債権者が債務者に債務の完済について要求する権利です。債務者が債務の履行を怠った場合には、債権者がその債務の返済を求めるために行使する権利となります。

ファクタリングは売掛債権の売買取引であり債権譲渡契約を結ぶ資金調達方法であるため、国内においては償還請求権は必要ありません。

ファクタリング会社を選ぶ際には償還請求権の有無についても確認するようにしてください。償還請求権があるファクタリング会社の場合、その会社が貸金業登録を行っている正規の業者であるか確認するようにしましょう。貸金業登録を行っていないのに償還請求権がある契約を求めてくる場合、違法業者となります。

利用手数料

ファクタリングの手数料はファクタリング会社によって異なります。ただし手数料はファクタリング会社独自の審査で決まるため、審査を受けてみなければ手数料を知ることはできません。

見積や相談を無料で行っているファクタリング会社がほとんどですので、複数のファクタリング会社に見積を依頼するなどして手数料を比較してみてください。

成功事例を参考にファクタリングの利用を検討しよう

ファクタリングを活用することで売掛金を支払日の前に現金化できるため、急な支払いが発生した際や売掛金の回収日前が期日となっている支払いにも対応できます。本記事で解説したように、ファクタリングはさまざまな業界で利用されているため、成功事例を参考にすることで自社にとってベストな解決方法に出会えるはずです。

とはいえファクタリングで成功するためには、利用するファクタリング会社選びに慎重にならなければなりません。ファクタリング会社ごとに利用可能金額や利用手数料、資金調達までの期間などが異なります。そのためファクタリング会社について公開されている情報を確認し、不明な点は問い合わせるなどして、自社が抱える問題を解消できるファクタリング会社を選択するようにしましょう。

ファクタリング会社選びにお悩みの方にはアクセルファクターがおすすめです。同社の利用者の5割以上が即日入金してもらっています。また調達可能額は30万円〜無制限となっているため、少額でお困りの方から大きな金額が必要な方まで対応してもらます。

以下の記事では編集部おすすめのファクタリングサービスの特長について、わかりやすくご紹介しています。「ファクタリング会社を具体的に知りたい!」という方はぜひご覧ください。

おすすめの優良ファクタリング会社比較

ページ先頭へ戻る