東証スタンダード上場企業のジオコードが運営!営業組織を強くするWebマガジン

更新日:2024/07/16 

転職に失敗したと感じたときの対処法|再転職に向けての対策を徹底解説

「この転職、失敗だったかも。」

と、転職後に感じたことがある方は転職経験者の半数以上におよびます。

転職の失敗を避けるためには、転職活動において徹底した自己分析や明確なキャリアプランの設定が必要です。

この投稿では過去の失敗の原因を明らかにしたうえで、後悔しないための転職活動の進め方を解説しています。

転職におすすめの転職エージェントはこちら


この記事で分かること

この記事の目次はこちら

転職に失敗したと後悔する代表的な理由5選

転職に失敗したと後悔する方は5つの理由にあてはまる傾向があります。

  • 業務内容や待遇など雇用条件が違った
  • 転職先の人間関係が悪い
  • 前の職場の方が良いと感じた
  • 自分のスキルを活かしきれない
  • 社風が合わなかった

求めている職場環境を充分に理解せずに転職すると後悔につながります。

また、職場での人間関係が円滑でなければ仕事が長続きしません。

転職を成功させるためにも転職先の十分なリサーチを行いましょう。

①業務内容や待遇など雇用条件が違った

転職の最も一般的な後悔の理由は、転職先での業務内容や待遇が求人情報と異なっていた場合です。

前もって知らされていた雇用条件や予想していた業務内容が実際に働き始めてから違った場合、転職に失敗したと感じるでしょう。

事前に提示されていた待遇がある場合、証拠となる書類やデータを基に上司や人事へ相談してください。

採用側の把握漏れやミスなどにより待遇に誤りがある場合には、状況が改善される可能性もあります。

また、雇用条件のギャップを埋めるには、事前に企業の特徴や雇用条件に関する十分なリサーチが必要です。

応募する前には企業の公式サイトや従業員の口コミなどを確認し、実際の業務内容や待遇などをイメージしましょう。

②転職先の人間関係が悪い

転職を後悔する原因の一つは、転職先における人間関係の悪さです。

上下関係が厳しい、社員同士の仲が悪い、相談できる人がいないなど、職場における人間関係の悩みはさまざまです。

人間関係が悪いと職場でのコミュニケーションが取りづらくなるため、業務にも支障が出ます。

上下関係が厳しいと感じる際には、上司や人事などしかるべきところへ相談しましょう。

内容によってはハラスメントに該当する場合もあるため、我慢を続けずに早めに対応してください。

また、社員同士の仲が悪い場合には現在の状況を上司へ相談しましょう。

仲が悪い人のポジションや配置を変えてもらえる可能性があります。

もし、相談できる人がいない場合には直接人事へ話を持っていくことをおすすめします。

③前の職場の方が良いと感じた

転職後に前の職場が良かったと感じることも後悔の一因となります。

転職先での適応が難しい、前の職場での経験や人間関係がより価値あるものだと感じると後悔が生じやすくなります。

後悔を避けるためには、転職先の雰囲気や文化を事前にリサーチしたうえで転職前の職場と転職先の職場のメリットやデメリットを事前に理解しておくことが大切です。

面接時には自分が求めている条件を明確に伝えたうえで、転職先の業務内容や雰囲気を聞き出せる質問を行います。

転職前の職場よりも転職先の職場が良いと実感できるように、まずは事前リサーチから始めましょう。

④自分のスキルを活かしきれない

転職先で自分のスキルを活かしきれないと感じることも後悔の一因です。

自分のスキルが活かしきれない理由としては、企業が求めているスキルが高く周りについていけないと感じる場合があります。

また、仕事のやり方が前職と違い過ぎてうまく進められない、上司との折り合いが悪く正当な評価を受けられない場合もスキルを活かせないと感じやすいでしょう。

自分のスキルが活かされる環境にないと自己嫌悪に陥り、転職を後悔するようになります。

転職の後悔を避けるために面接や職場訪問を通じて転職先の環境や雰囲気を確認し、自分が働きやすい環境であるかの見極めも大切です。

転職前に自分の強みや専門性をしっかりと分析し、転職先で自分のスキルを最大限に発揮できる環境で働きましょう。

⑤社風が合わなかった

社風が合わなかったと感じることも転職後の後悔の一因です。

体育会系の職場では上下関係が厳しく社内の雰囲気が悪いことや、古い習慣が根付き、居心地が悪いなど会社の社風により不満を持つことがあります。

パワーハラスメント(※)や有給を取らせて貰えない文化など今でも当たり前に行われている企業は存在します。

理想と転職後のギャップを埋めるためには、事前に企業の社風や働き方を理解しておく必要があります。

まずは企業の公式サイトや社内ブログ、口コミサイトなどを駆使してリサーチを行いましょう。

社風が合わないと感じた場合には応募前に適切な判断を下せるため、転職の後悔を回避可能です。

※参考:政府広報オンライン NOパワハラ なくそう、職場のパワーハラスメント https://www.gov-online.go.jp/ (2024-1-23)

転職が失敗したと感じたときの対処法

転職に失敗したと感じたときには5つの対処法を心がけましょう。

  • 失敗したと感じた原因を分析する
  • 転職先で何を期待していたかを見直す
  • これからのキャリアプランを再度明確にする
  • 現職でスキルアップができるか再検討する
  • 再転職もしくは前職へ戻ることも検討する

まずは転職が失敗した原因を冷静に分析して具体的な問題を洗い出し、新たなキャリアプランを検討します。

現職でのスキルアップの可能性を探りながら再転職や転職前の職場への復帰なども総合的に検討しましょう。

失敗したと感じた原因を分析する

転職が失敗したと感じたときには冷静に原因を分析しましょう。

まずは、自分が転職先に求めていることと実際に働いたときの状況とのギャップを洗い出します。

業務内容や職場環境が想像と異なっていた場合、自分のスキルや経験が十分に活かされていたかを振り返りながら具体的な問題点を明確にしましょう。

また、人間関係や社風が原因であればコミュニケーションや職場環境を改善する方法を模索します。

上司や同僚との円滑な人間関係の構築や業務改善など、具体的な改善方法が見つかれば現状を打破できるかもしれません。

冷静な分析を通じて失敗を貴重な経験に変え、次のステップへ進みましょう

転職先で何を期待していたかを見直す

転職が失敗したと感じた場合、まずは自分が転職先で何を期待していたかを冷静に見直しましょう。

業務内容や職場環境、給与など自分が求めているものを明確にしないまま転職すると不満が生じやすくなります。

転職に失敗したと感じたときには必ず転職理由を思い出し、キャリアアップやスキルアップ、職場環境の改善など、何を目的に転職をしたのかを再度見直しましょう。

転職先に求めていたことと現実では何にミスマッチが起きているか明確にすることが大切です。

自分の現状を見直し、何を期待して今の会社を選んだのかを再確認すると仕事に対して何を重視しているかが見えてきます。

会社の不満に思う部分を今後、改善できるか検討してみましょう。

これからのキャリアプランを再度明確にする

転職が失敗した場合、キャリアプランを再度明確にしましょう。

まず自分のキャリア目標や方向性を洗い出し、これまでの経験やスキルを考慮して再度目標を設定します。

また、職場の雰囲気や仕事とプライベートのバランスなど、自分が転職先に求めている条件や職場環境、ポジションも見直しましょう。

また、新たな資格取得やスキル向上に向けた取り組みなどをキャリアプランへ組み込むこともおすすめです。

キャリアプランの再設定は将来の成功に向けた準備でもあるため、転職失敗の経験を活かしながらプランを練り直しましょう。

現職でスキルアップができるか再検討する

転職が失敗したと感じる場合、まずは自分のキャリアプランを見直し、目標達成に向けたスキルアップが現職で実現可能か再検討します。

会社で提供している研修プログラムやセミナーなど、自分のスキルや知識を増やせる機会を調べてみましょう。

スキルアップをサポートしてもらえる制度が用意されている場合には積極的に利用し、同時に自己学習に励むと効率的です。

また、上司や同僚とのコミュニケーションの中で新しいプロジェクトへの参加やチームへの参画などスキルアップにつながる可能性を探しましょう。

自分のキャリアプランに沿ったスキルアップを実施することでキャリアアップにつなげられる他、転職活動中にも有利に働きます。

再転職もしくは前職へ戻ることも検討する

仕事のストレスや疲労により体調不良が生じている場合には再転職や前職へ戻ることも検討してください。

企業によっては前職への復職を支援する「アルムナイ制度」(※)が設けられている企業もあります。

アルムナイ制度を利用すれば前職へ復職できる可能性があるため、前職の経験や人間関係などにネガティブな感情がなければ、前の職場へ戻ることも検討しましょう。

一方で再転職を検討する場合は転職の失敗を見つめ直し、転職先に求める条件や職場環境をより詳しく整理する必要があります。

キャリアプランやワークライフバランスなどを考慮したうえで自分にとって最良の選択を行いましょう。

※参考:Indeed Japan 株式会社 Indeed アルムナイ採用とは? 元社員・退職者を再採用するメリットとデメリットまとめ  https://jp.indeed.com/ (2024-1-23)

再転職して後悔しないためにやるべきこと

再転職して後悔しないためには6つのポイントを意識しましょう。

  • 自己分析を徹底的に行う
  • 自分のスキルを棚卸する
  • キャリアプランを明確にしてゴールを決める
  • 現職を維持しながら転職活動を行う
  • 希望に合った企業が見つかるまで探し続ける
  • 転職エージェントに登録・相談をする

まずは徹底的な自己分析を行い、自分のスキルを棚卸します。

キャリアプランを明確にしてゴールを決めておけば、目標に向けて仕事のモチベーションを向上させられます。

また、希望条件に合致する求人が見つかるまで入念なリサーチを行いましょう。

自己分析を徹底的に行う

再転職を成功させるためには徹底的な自己分析が欠かせません。

転職に失敗した原因を元に自分が転職先に求めているものを明確にしましょう。

過去の転職経験から何が自分に合わなかったのかを明確にしたうえで、自分の強みやスキル、経験などを洗い出します。

キャリアゴールやワークライフバランスを改めて確認し、転職先への希望条件を優先順位を付けてリストアップします。

自己分析を徹底すると、自分が本当に達成したい目標や成長したい方向性が見えてきます。

目指す場所が明確になれば再転職先を選ぶ際にも自分に最適なポジションを見つけやすくなるでしょう。

参考:厚生労働省 自己分析ワークシート https://jsite.mhlw.go.jp/ (2024-1-23)

自分のスキルを棚卸する

スキルの棚卸しは再転職で後悔しないために必要なステップです。

まずは自分が持つ知識やスキルを整理しましょう。

スキルは仕事に関する専門的なものだけでなく、コミュニケーション能力やリーダーシップなどの「ポータブルスキル」も含まれます。

「ポータブルスキル」とは、職種の専門性以外に、業種や職種が変わっても持ち運びができる職務遂行上のスキルのことです。


出典:厚生労働省 ポータブルスキル見える化ツール(職業能力診断ツール) https://www.mhlw.go.jp/ (2024-1-23)

今までのプロジェクトや経歴などを振り返り、取得したスキルや成果の棚卸をします。

また、自己評価だけではなく同僚や上司からのフィードバックによる客観的な視点も取り入れましょう。

さらに、市場や業界のトレンドを考慮した将来的に求められるスキルのリサーチも大切です。

自分のスキルを棚卸ししておくと、将来の需要に応じてスキルを向上させる方向性も見つけられます。

キャリアプランを明確にしてゴールを決める

キャリアプランを明確にしてゴールを決めることも再転職を後悔しないために必要なステップです。

転職先ではどのようなポジションに就きたいのか、どの分野で活躍をしたいか将来の明確なビジョンを描きます。

次にゴールに到達するために必要なスキルや資格を洗い出しましょう。

現在取得済みのスキルと今後必要なスキルを把握し、スキル向上やスキル取得のための計画を立てます。

キャリアプランを明確にするためには、目指すものとそのゴールを見直して新たにゴールを設定することが大切です。

また、中長期的な目標を設定しながら進捗を把握するための評価基準も設定しましょう。

段階的に目標を定めておけば小さな達成感を感じられるため、仕事のモチベーション維持にもつながります。

現職を維持しながら転職活動を行う

再転職で後悔しないためにも現職を維持しながら転職活動を進めましょう。

まずは自分が定めたスケジュールに基づいて限られた時間を有効活用し、週末や夜間に転職活動を行います。

現職を維持しながらの転職活動が難しい場合には、転職に関する手厚いサポートが受けられる転職エージェントへの相談がおすすめです。

同時に転職サイトを活用してさまざまな求人情報をチェックしましょう。

また、インターネットサービスを通じて業界の人脈を広げたり、各種イベントやセミナーへの積極的な参加もおすすめです。

自分が興味のある業界で働く方とつながれば新たな転職情報やキャリアの機会を見つけられます。

希望に合った企業が見つかるまで探し続ける

再転職して後悔しないためには希望に合った企業が見つかるまで探し続けることも必要です。

まずは自分のキャリアゴールや価値観、スキルを元にさまざまな求人情報をチェックしましょう。

同時に転職の希望条件を絞りすぎないよう注意しながら、自分が転職先に求める職場環境や福利厚生など絶対に譲れない条件を設定します。

幅広い業界やポジションにも目を向けてチャンスを見逃さないように注意しましょう。

業界の動向をチェックしたい方は興味のある業種のイベントやセミナーへの参加もおすすめです。

希望に合った企業が見つかるまでは根気強いリサーチが大切ですが、理想の転職先に出会うためにも力を入れましょう。

転職エージェントに登録・相談をする

再転職で後悔しないためにも転職エージェントへの登録や相談もおすすめです。

転職を成功させるためには、プロのキャリアアドバイザーに相談をして自分に合った職種や求人を紹介してもらいましょう。

エージェントとの面談でキャリアプランや希望条件を共有すると専門家の視点から的確なアドバイスを受けられます。

また、求人紹介や応募手続きだけでなく面接対策や書類添削などの総合的なサポートも受けられます。

転職のプロであるエージェントの力を借りながら、適切な求人情報や業界のトレンドなどを入手しましょう。

転職エージェント求人数強みターゲット層
リクルートエージェント約36万件キャリアアドバイザーによるサポート全ての方
doda(デューダ)約22万5,000件キャリアアドバイザーによるサポート全ての方
マイナビエージェント約4万8,000件キャリアアドバイザーによるサポート全ての方
ビズリーチ約10万7,000件企業との直接コンタクトが可能ハイクラス転職希望者
type女性の転職エージェント約1万8,500件キャリアアドバイザーによるサポート転職希望の女性

①リクルートエージェント

ルクルートエージェント バナー

リクルートエージェント10万件以上の非公開求人を保有している大手転職エージェントです。

各業界に精通したキャリアアドバイザーが一人ひとりの経験やスキルに応じた求人を厳選して紹介してくれます。

企業ごとの特色や面接でチェックされているポイント、過去の採用者の特徴などの情報も得られます。

履歴書の書き方や面接対策など総合的なサポートを受けられるため、転職活動が初めての方にもおすすめです。

公開求人数公開:384,907件※2024年3月時点
非公開:225,437件
対応エリア全国、海外
特色・強み・非公開求人を多数保有
・業界に精通した専任キャリアアドバイザーがサポート
・幅広い転職の希望に対応できる

参考:リクルートエージェント.https://www.r-agent.com/.(2024-3-29)

②doda(デューダ)

doda 公式サイト

dodaは、10万件以上もの求人を保有しているため、自分では見つけられなかった選択肢に出会える可能性が高まります。

キャリアプランの相談から転職に関するノウハウを提供してもらえるため、初めて転職活動を行う方にもおすすめです。

求人企業への応募書類の提出や面接日程の調整など、企業とのやり取りは全て代行してもらえるため、効率的に転職活動を進められます。 

公開求人数243,700件(非公開求人数含む)※2024年3月時点
対応エリア全国、海外
特色・強み・転職サイト機能も兼用
・スカウト機能がある
・イベントやセミナーを多数開催

参考:doda(デューダ).https://doda.jp/.(2024-3-29)

③ビズリーチ

ビズリーチ公式

ビズリーチはハイクラス人材に特化したサービスであるため、転職活動によりキャリアアップを目指す方に特におすすめのサービスでもあります。

保有求人の約3分の1以上が年収1000万円以上であり、経営幹部や管理職などのポジションを希望している方向けの高年収求人が多数掲載されています。

そのため、前職で管理職やプロジェクトリーダーなどの経験のある方にもおすすめです。

公開求人数110,022件※2024年3月時点
対応エリア全国、海外
特色・強み・スカウト式ハイクラス転職サイト
・求人の1/3以上が年収1,000万超
・サポートの充実した有料プランあり
利用料金▼スタンダードステージ:無料
▼プレミアムステージ
・Web決済:5,478円(税込)30日間コース
・アプリ決済:5,500円(税込)月額

参考:ビズリーチ.https://www.bizreach.jp/.(2024-3-29)

④Type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェントは25年以上続く老舗の転職エージェントでもあり、これまでに数万人以上の転職をサポートしています。

キャリアアドバイザーによる適切な求人紹介を利用できるため、求人検索との併用で効率的に転職活動を行えます。

応募手続きや面接日程の調整、企業との給与交渉はキャリアアドバイザーに代行してもらえるため、現職で忙しい方も安心です。

公開求人数公開:27,764件※2024年3月時点
非公開:18,531件 
対応エリア東京、神奈川、埼玉、千葉
特色・強み・女性キャリアアドバイザー多数
・首都圏の女性向け求人に特化
・女性の転職ノウハウが豊富

参考:type女性の転職エージェント.https://type.woman-agent.jp/.(2024-3-29)

⑤マイナビエージェント

マイナビエージェントは、キャリアアドバイザーによる転職活動のサポートが受けられるため、初めて転職活動を行う方も安心して利用できる転職サイトです。

現職で仕事を続けながら転職活動をしたい方や家事や子育てで時間の取れない方にもおすすめです。

キャリアアドバイザーからの求人紹介と求人検索を併用すればより効率的な転職活動も可能です。

公開求人数公開:71,234件※2024年3月時点
非公開:14,703件
対応エリア全国、海外
特色・強み・非公開求人を多数保有
・業界に精通した専任キャリアアドバイザーが転職活動をサポート
・企業の詳細な情報を共有してくれる

参考:マイナビエージェント https://mynavi-agent.jp/ (2024-3-29)

転職に失敗しやすい人の特徴

転職に失敗しやすい人は6つの傾向にあてはまっている可能性があります。

  • 時間に余裕がなく勢いで転職活動をしている
  • 自己分析ができていない
  • キャリアプランが決まっていない
  • 希望条件が曖昧
  • 志望動機が明確でない
  • 他責思考

時間に余裕のない場合、焦って転職活動をしないように注意が必要です。

自己分析やキャリアプランなどが明確でないまま転職活動を進めると失敗のリスクが高まります。

また、転職失敗の原因を冷静に分析するためにも他責思考は避けましょう。

時間に余裕がなく勢いで転職活動をしている

時間に余裕がなく勢いで転職活動を進めると、転職の目的を見失うリスクがあるため失敗につながりやすくなります。

転職前に十分なリサーチや情報収集をしないまま急いで求人に応募すると転職後に受けるギャップが大きくなります。

転職先に求めている条件や自分のスキルを考慮した求人探しがうまく進められないリスクもあるため、余裕がない状態で転職活動を進めるのはやめましょう

企業とのマッチングを成功させるためには自己分析や希望条件を洗い出すために十分な時間を費やす必要があります。

転職活動中は時間に余裕をもって慎重に計画し、焦らずに自分に最適な転職先をを選びましょう。

自己分析ができていない

自己分析ができていない状態で転職活動を行うと転職の失敗につながりやすくなります。

自分の強みや弱みをはじめ、キャリアゴールを正確に把握しないまま転職活動を進めると適切な職場やポジションを選べない可能性があります。

提示されている条件だけを見て転職先を選んでしまうリスクがあるため、自己分析が不十分な状態で転職先を選ぶのはやめましょう

また、これまでの経験やプロジェクトなどを振り返り、前職で獲得したスキルや成果も正確に把握しなければいけません。

徹底的な自己分析を行い、自分の強みや目標をクリアにしたうえで希望条件に見合う転職先を選びましょう

参考:厚生労働省 自己分析ワークシート活用 https://jsite.mhlw.go.jp/(2024-1-23)

キャリアプランが決まっていない

キャリアプランが決まっていないまま転職活動を進めると転職の失敗につながります。

キャリアプランが不透明な状態では自分に合った転職先を確実に選べないため、転職を繰り返すリスクがあるでしょう。

キャリアプランを明確にするために「ジョブカード」を利用することもおすすめです。

自分の強み・弱みや能力に気付くことができ、これまでの経験を踏まえたこれからのキャリアプラン、それに向かってやるべきことが描けるようになります。

出典:厚生労働省 マイジョブ・カード https://www.job-card.mhlw.go.jp (2024-1-23)

どの業種に転職したいのか、どのようなスキルや経験を獲得したいのかを明確にしたうえで自分の希望に基づいた求人情報をチェックします。

また、キャリアプランを構築する際には自分のスキルや経験を活かした中長期的な目標設定も大切です。

志望業界に求められているスキルの変化を把握し、自分のキャリアプランを業界のトレンドに適応させましょう。

明確なキャリアプランがあれば、より戦略的に転職活動を進められるため理想の転職に近づけます。

希望条件が曖昧

自分に合った求人を見つけるためにも、まずは具体的な希望条件を設定しましょう。

希望条件が曖昧なまま転職活動を進めると転職先を選びきれないリスクがある他、求人検索や面接時の回答が難しくなり満足のいく結果につながりにくくなります。

転職先に求めている条件を洗い出したうえで絶対に避けたい点や譲れない点を考えましょう。

業界やポジション、勤務地や給与などの具体的な条件をリストアップしながら求人情報を絞り込むとスムーズです。

希望条件を明確にすると求人の種々選択がしやすくなるため、自分の希望する方向に向かって着実に進めます。

志望動機が明確でない

志望動機が明確でないまま転職活動を進めると企業に対して説得力のあるアピールを行えません。

志望動機は転職活動で最も重要な要素です。

企業や職種に対する興味をはじめ、働く上で自分がどのような価値を提供できるのかを示す必要があります。

志望動機が明確でないと面接の際に転職理由を明確に伝えられないリスクがあります。

まずはキャリアプランや仕事に対する価値観を見直し、なぜその企業で働きたいのかを具体的に考えましょう。(※)

そして企業が掲げるビジョンや力を入れているプロジェクトなどをリサーチし、自分のスキルや経験を活かして貢献できる点を強調します。

志望動機が明確であれば面接や履歴書で的確な自己アピールもできるため、企業に自分の強みが伝わりやすくなります。

※参考:厚生労働省 「志望動機の書き方」 https://jsite.mhlw.go.jp/ (2024-1-23)

他責思考

転職に失敗しやすい人の特徴として他責思考は避けるべきポイントです。

他責思考は問題や失敗が発生した際に、他人や状況に責任を見出す傾向を指します。

他責思考のまま転職活動を進めていると自分の弱点を改善できずに何度も同じ理由で転職を繰り返すリスクがあります。

自分の弱点や課題を見つけて改善するためにも、まずは自分との向き合いが大切です。

転職に失敗したと感じる場合、まずは転職に失敗した原因を書き出し自分が行動することで改善できる問題を探しましょう。

原因を可視化し行動の変化を促すことで次に起こる結果も変化していきます。結果がかわることで自分への信頼を取り戻し、さらに次の行動が明確に見えてきます。

転職先で生じた問題も責任転嫁せずに自分が成長できるチャンスと前向きに捉えましょう。

転職後の後悔ですぐに辞めたときのリスク

転職してすぐに辞めてしまった場合、4つのリスクがあります。

  • 次の転職で悪い印象を与える
  • 明確な退職理由が必要になる
  • 年収が下がる恐れがある
  • 同じ失敗を繰り返す恐れがある

急な辞職は次の転職活動で悪い印象につながりやすいため注意が必要です。

年収が下がるリスクはもちろん、次の転職に失敗する可能性も高まります

悪印象を避けるためにも企業側が納得する退職理由を用意しましょう。

次の転職で悪い印象を与える

職場をすぐに辞めた場合、次の転職で悪い印象を与えるリスクがあります。

転職の際には履歴書や職務経歴書に職歴を記載しなければなりません。

そのため、短期間で転職を繰り返していると「採用しても同じようにすぐにやめてしまうのではないか」という不信感につながります。

企業に悪い印象を与えないためにも、過去の経験から得られる反省と学びを活かしながら転職経験をさまざまな角度から振り返りましょう

また、転職活動時には企業に関する入念なリサーチを行い、自分の強みや希望条件に合った適切な求人を探しましょう。

面接や履歴書では前職で得られた経験やスキルに関する前向きなアピールが必要です。

前職での成長を示すだけでなく、仕事に対する真摯な姿勢を分かりやすく伝えましょう。

明確な退職理由が必要になる

転職してすぐに辞めている場合、明確な退職理由が必要になります。

止むを得ない事情は別として、目的のない曖昧な理由で転職している場合には再転職先にマイナスなイメージしか与えません。

再転職先の採用担当者から信頼を得るためには短期間で辞職しなければならなかった理由を明確に伝えましょう。

人間関係や職場の雰囲気が原因で辞めた場合でも理由をそのまま伝えないように注意が必要です。

前職を辞めた理由を伝える際にはネガティブな動機ではなく前向きさを与える内容が好まれます。

キャリアアップや自分自身の成長のために転職したという内容を意識して誠実な言葉で伝えましょう。

参考:長野県 転職採用コラム ジョブズゴー 「転職理由のベスト解答例と面接で答え方のポイント」 https://www.jobs-go.jp/(2024-1-23)

年収が下がる恐れがある

前職をすぐに辞めている場合、転職先での年収が下がる恐れがあるため注意が必要です。

給与を設定する際には前職での経験を考慮する企業も存在します。

そのため、数カ月や半年など短期間で退職を繰り返している場合、前職の経験がカウントされないケースがあります。

求人情報を検索する際には、自分の職歴と照らし合わせながら年収が下がる可能性をチェックしましょう。

収入が変動しそうな場合には今の生活に及ぼす影響も考慮しながら転職先を選ぶ必要があります。

また、一時的に収入が下がっても福利厚生やキャリアアップが望める企業であれば将来的な収入の向上に期待が持てます。

収入面も考慮しながら慎重に転職先を決めましょう。

同じ失敗を繰り返す恐れがある

退職癖のある方は同じ失敗を繰り返すリスクがあるため慎重に転職活動を行いましょう。

すぐにでも辞めたいという気持ちが先行してしまうと、再転職先を探すときに正しい判断ができずに同じ失敗を繰り返す恐れがあります。

まずは転職の失敗について冷静に振り返り、なぜ転職に失敗したと思うのか分析しましょう。

次に同じ失敗を防ぐための具体的な対処法を考え、現実的にできる事柄をまとめておきます。

また、自分だけで考えるのではなく第三者の意見やアドバイスも参考にします。

必要に応じて転職のプロであるキャリアアドバイザーや信頼できる仕事仲間の力を借りましょう。

過去の失敗と今の自分に向き合えれば同じ失敗を避けられるだけでなく、より良い転職先への転職につなげられます。

転職の失敗|まとめ

転職の失敗を避けるためには慎重な計画と自己分析が必要です。

転職の希望条件を明確にし、企業の文化や仕事環境との適合を確かめましょう。

また、過去の転職失敗にまつわる経験から学び、同じ失敗を回避する意識を持たなければなりません。

客観的なアドバイスが欲しい場合には、転職エージェントサービスを積極的に活用してください。

信頼できる情報とアドバイスを得ながら自己分析を徹底し、希望する職場への転職を成功させましょう。

SFAは活用されてこそ意味がある

ページ先頭へ戻る