東証スタンダード上場企業のジオコードが運営!営業組織を強くするWebマガジン

更新日:2024/02/27 

未経験からの転職を絶対成功させる|自分に合った仕事の見つけ方を徹底解説

新しくチャレンジしたい仕事に出会ったり、現職の将来性に不安を感じたりと、未経験の業種への転職を希望する方が増えています。

未知の分野に足を踏み入れる不安もさることながら、未経験では採用されにくいという不安から転職を躊躇っている方も多いでしょう。

年齢にかかわらず未経験分野への転職では、自己分析を深めて自分に合った職業を見つけることが重要なポイントです。

希望する業種や職種に合わせて自分の強みを上手にアピールし、理想のキャリアプランを実現できる転職を成功させましょう。

未経験の転職は厳しい?成功させるなら目標と志望動機を明確にする 

どの年代でも厳しいとされる未経験の転職では、転職の目標と志望動機を明確にすることが大切です。

Indeed Japan株式会社が実施した「未経験転職に関する調査」によると、転職経験者の54.3%が未経験転職を実現しています。(※)

さらにそのうち61.3%が「業種も職種も未経験」の転職を経験していることから、未経験の転職はけして不可能な目標ではありません。

未経験の転職では志望動機が特に重要になるため、転職の目標を元になぜその業界・企業を選んだのか具体的な理由を言語化しておきましょう。

長期的なキャリアプランから転職の軸を定めておけば、納得感のある転職につながります。

理想のキャリアプランを明確にして今何をすべきかを明らかにし、未経験転職の成功に向けて積極的に行動しましょう。

※参考 Indeed Japan 株式会社,「プレスリリース 『未経験に関する調査』を実施」,2023-12-10,https://d341ezm4iqaae0.cloudfront.net/press/sites/2/2023/12/,(2024-1-19)

年代別|未経験の業種へ転職するときのアピールポイント 

ポテンシャルが重視される20代と即戦力が期待される30代40代では、未経験ジャンルへ転職するときにアピールすべきポイントが異なります。

未経験業種への転職では、年代ごとに以下のポイントを効果的にアピールすると良いでしょう。

  • 20代:ポテンシャルをアピール
  • 30代:管理職経験をアピール
  • 40代:高いスキルや管理能力、部下を育成する力をアピール

20代:ポテンシャルをアピール

20代で未経験の業界への転職を希望するケースでは、将来性を重視するポテンシャル採用が期待できます。

特に20代前半では第二新卒枠を設けている企業もあるため、より未経験分野にチャレンジしやすいでしょう。

企業側も20代の転職者に即戦力や業界知識に期待するケースは少ないものです。

未経験歓迎の求人であれば、入社後の教育や研修が充実している可能性も高いでしょう。

20代では考え方の柔軟性やビジネスマナーが重視され、新しいスキルを積極的に身につける意欲やポテンシャルが評価されます。

比較的未経験ジャンルに転職しやすい20代とはいえ、必ず採用されるとは限りません。

キャリアプランを明確にし、ビジョンに向けてどのようにスキルや経験を得ていくのか積極的にアピールしましょう。

30代:管理職経験をアピール

30代が未経験業界に転職するには、管理職やマネジメント経験のアピールが有効です。

スキルやキャリアの棚卸をし、これまでの経験だけではなく何を目指してどう成し遂げてきたのかを言語化しましょう。

30代ではチームリーダーとしてプロジェクトをまとめた経験や、管理職としてリーダーシップを発揮した経験も大きなアピールポイントになります。

これまでの管理経験を活かしてチームをまとめ、目標を達成する能力をアピールできれば選考で有利です。

管理職やリーダー経験がない方も、自己管理や目標達成経験から得られたものを振り返ってみましょう。

30代が未経験ジャンルに転職するには、どのような職場でも必要とされるコミュニケーション能力・課題解決力・交渉力なども強みになります。

普段の業務で鍛えられるスキルのため、普段からスキルアップを意識すると良いでしょう。

40代:高いスキルや管理能力、部下を育成する力をアピール

40代が未経験業界への転職を成功させるには、高いスキルや管理能力に加えて、部下を育てる能力もアピールする必要があります。

未経験の分野ではこれまで身につけた専門的なスキルや経験が役に立たないケースが多く、40代の転職は厳しい状況です。

どのような業界でも活かせる社会人としての高いビジネススキルやチームをまとめる能力、部下を育成する力が必須と言えるでしょう。

とはいえ40代で完全に未経験の分野に挑むのは難しいため、これまでのスキルが活かせる同職種であれば比較的採用されやすくなります。

どうしても新しい職種にチャレンジしたい場合は、未経験の40代でも参入しやすい営業職や福祉業界、運送業などを目指すのもおすすめです。

未経験の業種へ転職を決めたらまずやること 

厳しい状況にある未経験業種への転職を成功させるためには、自分を上手くアピールできるように事前準備が大切です。

未経験ジャンルへの転職を決意したら、上記のポイントを押さえておきましょう。

志望動機を明確に伝えられるようにする

未経験分野への転職は、志望動機で面接官に納得感を与えることが重要です。

「なぜその会社を希望するのか」を明確に説明できるようにしましょう。理由が薄いと志望動機に説得力を持たせるのが難しくなります。

具体例も提示しながら業界や企業へ興味を持つきっかけを示し、関心の高さと熱意をアピールするのも良いでしょう。

納得感のある志望動機を提示するには、事前に業界や企業情報を研究する必要があります。

業界研究や求人の募集要項から必要なスキルや求められる人材像を把握し、志望動機に盛り込むことも大切です。

転職に至った経緯とその会社を選んだ理由を無理なく結びつけてアピールできれば、未経験業界でも採用の可能性が上がるでしょう。

自己分析をしながらスキルの棚卸をする

社会人として磨いてきたビジネススキルや経験の多くは、未経験の業種・職種でも活用できます。

スキルやキャリアの棚卸をして自己分析を深め、自分の強みを明確にしておきましょう。

転職を希望している業界や企業でどのようなスキルが求められるかを研究し、自分の持つスキルが活かせるシーンを分析することが重要です。

直接的に求められているスキルではなくても、活かせる部分や共通点をアピールするのも良いでしょう。

「営業経験はないが顧客対応経験やコミュニケーションスキルを活かせる」など業務と具体的に結びつけば、未経験でも採用される可能性が高まります。

企業側もあなたのスキルが自社で活かされているシーンをイメージできると、採用に前向きになれるでしょう。

ゴールを決めて積極的に行動する

未経験ジャンルに挑戦する前に、キャリアのゴールを明確にすることも重要です。

目指すポイントがわからなければ、将来につながらないキャリアで貴重な時間を無駄にする可能性もあります。

キャリアビジョンを明確にし、今必要な行動に落とし込んでスキルや知識を身につけましょう。

長期的なゴールに向かう積極的な行動は、キャリアの質だけでなく人生の質を高めることにもつながります。

目標を掲げて必要なキャリアやスキルをすべて得る気持ちで行動を続ければ、おのずと結果もついてくるものです。

未経験業種への転職に向けて、ゴールを定め積極的にスキルや知識を身につけていきましょう。

転職エージェント・転職サイトを活用する

厳しい未経験の転職市場で希望を叶えるために、転職エージェント転職サイトを活用しましょう。

転職エージェントはキャリアアドバイザーが転職を幅広くサポートするサービスです。

マッチする求人の紹介や選考対策のアドバイスなど転職全般をバックアップするため、困ったときも親身に相談にのってくれます。

転職サイトは求人を検索し自分で応募する必要がありますが、自分のペースで転職活動ができる点が魅力です。

また求人を探す以外にも自己分析ツールや職務経歴書のテンプレートなど、転職をサポートするコンテンツが豊富に用意されています。

複数の転職支援サービスをニーズに合わせて併用することで、転職活動をスムーズに進められるでしょう。

未経験の業種を賢く選ぶための5つのポイント 

選ぶ業種により目指せるキャリアや転職の難易度が異なります。業界研究を深めて5つのポイントをチェックし、未経験でも自分に合った業種を賢く選択しましょう。

  1. 自分の強みを生かせるか
  2. 将来性はあるか
  3. キャリアアップができるか
  4. ゴールを達成できるか
  5. 働き方のスタイルが自分に合っているか

①自分の強みを生かせるか

未経験の業種であっても、自分の強みが生かせる業界を選ぶことは重要です。

自己分析で自分の強みや得意を明らかにし、転職先でどのように生かせるかを考えましょう。

チャレンジ精神やコミュニケーション能力だけではなく、気配りや協調性、人の話をきく傾聴力が強みになる場合もあります。

業種や職種により求められるスキルが異なるため、あなたの強みを生かせる業界であればイキイキと働けるでしょう。

選考では強みやスキルをどのように活用するのかを具体的に示すと採用に近づきます。

未経験への転職で業種を決めるときは自己分析と業界研究を深め、自分の強みを生かせるジャンルを選ぶのがおすすめです。

②将来性はあるか

新しい業界に挑戦するときは業界の将来性はもちろん、自分のキャリアプランにとってプラスになるかという長期的な視点も重要です。

転職先で得られる知識やスキルが将来的なキャリアプランに生かされる見込みがなければ、転職のメリットよりもリスクの方が大きくなります。

キャリアのゴールに向かって必要な知識やスキルが得られるか、転職前にしっかりチェックしておきましょう。

また転職先の業界が先細りしては、将来的に転職を繰り返す可能性もあります。業界としての将来性や、長期的に継続が可能かを検討することも大切です。

未経験の転職はキャリアプランを明確にし、将来性も意識して転職先を選びましょう。

③キャリアアップができるか

未経験で転職先を選ぶときは昇給や昇進といったキャリアアップが可能か、という点も重要なポイントです。

必要なスキルが身についていない転職直後は一時的に収入が下がっても、知識やスキルを得ることで年収アップにつながる場合は継続も可能でしょう。

しかし努力してもキャリアアップが見込めない環境では、スキルアップの意欲や仕事のモチベーションが保てず悪循環に陥る可能性もあります。

ただし必要なスキルや経験を得るために、数年間キャリアを積むといった計画的な転職は例外です。

希望する転職先が未経験に厳しい業種の場合は、比較的参入しやすい企業へ転職して経験を積んでから、本命企業を目指すのも良いでしょう。

未経験でも経験や得たスキルがキャリアアップにつながる企業であれば、生涯年収が増加し転職に成功したと言えるでしょう。

④ゴールを達成できるか

希望する転職先を選択した結果、自分の決めたキャリアプランを叶えられるのかも検討すべきポイントです。

自分を分析しキャリアのゴールを定めることは、仕事のモチベーションややりがいにつながります。

チャンスを掴みやすくなり将来的な年収アップや人生の質を向上させることからも、ゴールの設定は非常に重要です。

転職先を決定するときは自分が設定しているゴールに近づいているかを意識し、スキルアップやキャリアアップを目指して行動しましょう。

ただし思い通りにキャリアを重ねられるケースは少ないものです。

一度定めたキャリアプランに固執せず、ライフイベントや希望に応じて柔軟に変化させていくと、満足度の高いキャリアライフが送れるでしょう。

⑤働き方のスタイルが自分に合っているか

未経験の業種選びで失敗しないために、自分が理想とする働き方のスタイルを明確にする必要があります。

フレックス制やリモートワークが中心であったり、子育て中の女性であれば時短勤務を希望する場合もあるでしょう。

デスクワークを希望する方もいれば、現場に出たり動き回ったりしたい方もいるなど、働き方の希望はさまざまです。

業種や職種によっては希望の働き方に向かない仕事もあるため、自分に合った働き方ができるかチェックしておきましょう。

自分にはどのような働き方のスタイルが向いているのかを分析し、理想の働き方が叶う業界を選ぶことが大切です。

未経験の業種に挑戦するにはこんな方法もある 

未経験で転職するのは難しい業種を目指すときや、自分がやりたい仕事がわからないときは以下の方法がおすすめです。

チャレンジしやすい方法を選んで希望の転職を叶えましょう。

  • 派遣会社を利用し未経験の業種に挑戦する
  • 転職エージェントを活用する
  • 必要な資格を取得する

派遣会社を利用し未経験の業種に挑戦する

希望業種や目標が定まっていない場合は、派遣会社を利用して未経験業種に挑戦するのがおすすめです。

多種多様な仕事が登録されているため、さまざまな業種・職種を経験できます。

派遣会社によっては研修を行ってくれる場合もあり、未経験の業種や職種にもチャレンジしやすいのが魅力です。

幅広く経験してみて進みたい道が見つかったら、転職に挑戦するのも良いでしょう。

正社員登用制度を導入している企業もあり、仕事ぶりが評価されればそのまま正社員になれる可能性もあります。

転職する場合でもすでに業務経験があれば、完全な未経験より採用される確率が上がるでしょう。

転職エージェントを活用する

未経験でも転職先の目標が定まっている方は転職エージェントを活用するのがおすすめです。

これまでの経験やスキル、希望の条件からマッチする求人を紹介してくれるでしょう。

希望業種や職種に強い特化型の転職エージェントであれば、一般には出回らない好条件の非公開求人を紹介してくれる可能性もあります。

業界に精通したキャリアアドバイザーから深い情報を得られるのも、転職エージェントの魅力のひとつです。

未経験でも転職しやすい業種や職種のアドバイスから、企業に合わせた選考対策といったサポートが受けられるため採用に近づきます。

転職先に明確な希望がある場合は複数の転職エージェントを活用すると、理想の求人に出会える可能性が高まるでしょう。

必要な資格を取得する

転職したい業種が明確に決まっている場合は、役立つ資格を事前に取得するのも有効です。

業務に必要な基礎知識が身につくと同時に高い意欲を示すアピールポイントになります。

また専門職では資格所持が前提となるケースもあるため注意が必要です。

仕事をしながら資格取得を目指せるオンライン講座や、研修を受けるだけで取得できる資格もあります。

日商簿記MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)といった資格は事務職を希望する方におすすめです。

ファイナンシャルプランナー宅地建物取引士の資格は比較的取得しやすく、所持していれば金融業や不動産業への転職に有利になります。

希望する業界でどのような資格や知識が求められているかをリサーチし、資格取得を目指すのも良いでしょう。

未経験から始めやすいおすすめの職種

異職種への転職は厳しい状況ですが、未経験でも比較的採用されやすいおすすめの職種は以下の通りです。

  • 事務
  • 営業
  • サービス
  • 介護
  • コンサル
  • ドライバー
  • 製造
  • IT

事務

オフィスワークの中でも一般事務や営業事務、総務事務などの事務職は未経験でも転職しやすい職種のひとつです。

定時で帰りやすく安定して働けるため、ワークライフバランスを重視する女性にも人気があります。

一般事務では書類の作成やデータ入力、電話対応といった特別なスキルを必要としない業務が中心で、未経験を募集する求人も豊富です。

基本的なPCスキルやビジネスマナーをアピールできれば採用の確率が高まります。

経理事務や人事事務、医療事務といった専門的な事務職はハードルが高い分、資格があれば採用で有利となり転職しやすいと言えるでしょう。

簿記労務士などの資格取得を目指し、専門的な事務職員としてキャリアを積むのもおすすめです。

営業

どのような業界でも必要とされる営業職は、コミュニケーションスキルがあれば未経験でも採用されやすい職種です。

営業経験がなくても接客業や顧客対応といった幅広い職種経験を生かしやすく、年齢や性別も問われないため挑戦しやすいでしょう。

業種や企業規模により、個人営業や法人営業、窓口営業や飛び込み営業などスタイルはさまざまです。

営業スタイルによって求められるスキルや特性が異なります。自分に合った営業スタイルを選ぶとストレスを減らして働けるでしょう。

企業によってはインセンティブで高収入が目指せる可能性があるのも魅力のひとつです。

コミュニケーション能力やプレゼン能力に自信があり、人と接することが好きな方なら未経験でも営業職で活躍できるでしょう。

サービス

接客スタッフに代表されるサービス業は、未経験からでも始めやすい仕事のひとつです。

マニュアルが完備されている店舗が多いため、コミュニケーション能力があれば特別なスキルや知識がなくても業務に入れます。

シフト制で就業時間の融通がききやすく、平日が休みになることが多いのも特徴です。

学生のアルバイトなど幅広い経験が生かせ、未経験でも即戦力として働ける可能性もあります。

管理能力が認められれば店長やエリアマネージャーへと昇進するケースもあり、やりがいにつながりやすいのもメリットと言えるでしょう。

飲食店をはじめ、ホテルや旅館などの宿泊業も求人の多い業種です。

エステや脱毛店といった美容関連も需要が増えており、働きながらスキルアップが目指せます。

介護

慢性的に人手不足が問題になっている介護職は、経験を問わず採用される可能性があります。

働きながらスキルアップや資格取得を目指せるため、未経験でも活躍が期待される職種のひとつです。

介護福祉士やケアマネージャーといった介護系の資格を取得できれば、仕事の幅が広がりキャリアアップも図れます。

現場よりもデスクワークが中心になる可能性が高く、年齢を重ねて体力が衰える前に資格取得を目指すのもおすすめです。

ただし入浴介護など力が必要になる業務も多く体力的に厳しい仕事でもあるため、体力に自信のない方は他の仕事を選ぶのが無難と言えます。

人の役に立つことに生きがいを感じる方や社会に貢献したい方に向いている職業です。

コンサル

中途採用の厳しいコンサルですが、20代~30代前半であれば未経験でも転職できる可能性はあります。

コンサルはクライアントの経営課題を解決に導く職業のため、豊富な経験や知識が必要です。給料水準も高い人気の職業なので、挑戦する価値はあるでしょう。

これまでの仕事を通したさまざまな経験やスキルが生かせ、やりがいを感じやすい職業のひとつと言えます。

戦略系やIT、総合コンサルなどさまざまなコンサルティングファームがあるため、自分に合ったジャンルを選ぶと採用に近づくでしょう。

コンサルタントは資格を必要とする職業ではありませんが、中小企業診断士ファイナンシャルプランナーといった資格を取得しておくと転職に有利です。

未経験からの参入はハードルが高いため、事前準備をしっかり行い転職活動を進めると良いでしょう。

ドライバー

タクシードライバーやトラックドライバーも、未経験が挑戦しやすい職種のひとつです。

大半が中途採用なので未経験がハードルにならない点は魅力と言えるでしょう。

トラックドライバーは体力が必要な場合が多いものの、努力次第では高収入も期待できます。

ネットショッピングの増加に伴い運送ドライバーは常に人手不足です。

長距離だけでなく軽貨物配達ドライバーなどさまざまな業務があり、自分に合ったペースで働けます。

バスやタクシードライバーは比較的体力を使わないため、40代・50代の中高年や女性の転職先としても人気です。

普通自動車免許以外にも大型免許や二種免許が必要になりますが、会社によっては免許取得を補助してくれるのでチェックしておきましょう。

製造

工場でのライン作業などの製造業はマニュアルがしっかり定まっているため、未経験でも採用されやすい職種です。

自動車や医薬品、半導体といった業種は高収入で福利厚生も充実している企業が多いでしょう。

ネットワークで管理されるIoT化が進んでいる工場も増えており、ITのスキルや知識があれば採用に有利になる場合もあります。

採用後に資格取得を目指し、キャリアアップするのもおすすめです。

夜勤があるケースが多いため、避けたい方は内定前に勤務体制のチェックは欠かせません。

寮を用意している企業が大半で、特に単身者なら貯金もしやすくなっています。

会話がないことが苦にならない方や、単純作業を繰り返すのが得意な方は働きやすいと言えるでしょう。

IT

IT化が進み需要が高まっているものの、人材育成が追いついておらず未経験でも転職しやすいのがIT業界です。

深刻な人手不足であるため未経験でも研修制度が充実している企業も多数あります。

転職エージェントで無料の研修が受けられる場合もあり、事前に知識やスキルを身につけておけば好条件での転職も期待できるでしょう。

比較的若い人材が活躍している職場が多く、知識を常にアップデートする必要もあるため、思考の柔軟性が高い20代~30代におすすめの業界です。

ITエンジニアとして経験を積み、さらなるキャリアアップも目指せます。

ITコンサルタントなどITのスペシャリストとして、幅広い業界で求められる技術が得られるでしょう。

リモートワークに対応できる場合も多く、ワークライフバランスを重視する女性にもおすすめです。

今後ますます拡大が予想されている業界であり、さまざまな業界で必要とされることから、未経験でもITスキルを身につけておいて損はないと言えます。

IT業界の中で未経験でも挑戦しやすい職種4選

未経験でも採用されやすい業界の中でも、求人が多く将来性も高いのがIT業界です。

IT業界にもさまざまな職種があり、特に上記の職種は未経験でもチャレンジしやすくおすすめと言えます。

IT業界に特化した転職エージェントでは、業界情報に精通したキャリアアドバイザーが手厚くサポートしてくれます。

無料でプログラミング研修が受けられる場合もあるため、未経験からIT業界を希望する方はチェックしてみてください。

システムエンジニア(SE)

システムエンジニアは情報システムの開発・構築・運用といった幅広い業務にかかわる仕事です。

プログラミングの知識が前提となるため、未経験の方は事前にプログラミングスクールに通うなどして基礎知識を身につけておくと採用に近づきます。

開発だけではなくマネジメントや管理能力も必要なことから、マネジメント経験やコミュニケーションスキルをアピールするのも有効です。

20代から30代前半であれば研修制度の充実した初級エンジニアを募集している場合もあります。未経験からSEを目指す方はチェックしてみると良いでしょう。

ITエンジニアの中でも難易度の高い職種であるため、プログラマーなどから経験を積んでキャリアアップを目指すのもおすすめです。

プログラマー

ITエンジニアの登竜門として、未経験でもチャレンジしやすいのがプログラマーです。

「WEBプログラマー」や「アプリケーションプログラマー」は未経験でも比較的採用されやすいでしょう。

SEの作成した仕様書を元にプログラミング言語を使ってシステムを構築し、システムが正しく動作するかテストを行うのが主な業務です。

問題解決能力が求められ、論理的な思考力のある方に向いています。

プログラミング言語などの専門知識が必要なため、基礎を学んでおくと選考に有利です。

インターネット上に無料で学べるツールも豊富に見つかるので、プログラマーを目指すなら勉強しておくと良いでしょう。

プログラマーはIT技術職の基礎となる仕事です。IT初心者は最初にプログラマーを目指し、キャリアの基礎を固めることをおすすめします。

IT営業

IT企業の自社製品やサービスを販売するのがIT営業です。WEBサイト制作や情報システムにかかわるサービスやソフトウェアを扱います。

他社にIT人材を派遣する営業職では、派遣先の企業との交渉や調整が主な業務です。

営業職全般に必要とされるコミュニケーションスキルや交渉力に加えて、ITの知識も必要になります。

畑違いの営業職からIT業界に転職したい場合は、IT営業を足がかりにして業界情報やIT知識を深めてからエンジニアに転向するのもおすすめです。

営業職として幅広い業務が経験でき、実績次第ではインセンティブも期待できるため、やりがいを感じやすい仕事と言えるでしょう。

ITコンサルタント

ITコンサルタントはITツールを活用して企業の経営課題を解決へと導く仕事です。

経営視点やIT全般の知識に加え、論理的思考力・問題解決能力・コミュニケーション能力・情報収集力など幅広い知識や能力が必要とされます。

今後市場の拡大が予想される将来性に加え、平均年収600万円以上の高収入が期待できる人気の職業のひとつです。

ITコンサルタントを目指す場合はプログラマーやSEの経験がある方が望ましいとされていますが、第二新卒や20代であれば未経験の募集も多数あります。

とはいえITだけではなく経営全般や携わる企業の業界情報など、幅広い知識が求められる難しい職業です。

日々学びを続けることが苦にならない方や、課題解決に達成感を感じられる方にとってはやりがいのある仕事と言えるでしょう。

未経験の転職|まとめ

未経験の転職ではすでに持っているスキルや強みを生かせる、自分に合った業種や職種を選ぶことが成功の秘訣です。

挑戦したい分野がある場合も、これまでの経験から武器になるスキルや強みがないか探してみましょう。

今ある強みを生かし、新しいスキルや知識も意欲的に身につける姿勢をアピールすれば、未経験でも希望の仕事に転職できる可能性は十分にあります。

未経験分野の転職にも積極的にチャレンジし、理想のキャリアビジョンを実現させてください。

SFAは活用されてこそ意味がある

ページ先頭へ戻る