東証スタンダード上場企業のジオコードが運営!営業組織を強くするWebマガジン

更新日:2024/02/26 

仕事に飽きてモチベーションが上がらない|飽きる原因と対策を詳しく解説

「今の仕事に飽きてしまった」

「以前ほどやる気が湧かない」

仕事に飽きてモチベーションを保てないと悩んでいる方もいるでしょう。

実は仕事に飽きるのは決して悪いことではありません。

仕事がつまらないと感じるのは、スキルが熟達して業務をこなせるようになった証拠です。

とはいえ、モチベーションが下がった状態が続くと仕事への意欲がなくなり、離職につながります。

仕事に飽きる理由はいくつかあり、自分に合った対策をとることで仕事のマンネリを解消できるでしょう。

仕事に飽きたときの効果的な対策5選

仕事に飽きた方に試してほしい効果的な対策は主に以下の5つです。

  • ゆっくりと休息をとる
  • 仕事をしている目的を明確にする
  • 新しい目標を具体的に立て直す
  • 社外の人と交流する
  • 仕事以外の時間を充実させる

仕事に飽きたときの対策は、仕事に焦点を当てた対策と仕事外に焦点を当てた対策の2パターンがあります。

転職を考える前に、まずは5つの対策を試すことで気持ちが切り替わり意欲を取り戻せるでしょう。

ゆっくりと休息をとる

日々の業務に追われている方は、有休を取得してゆっくり休息をとることをおすすめします。

疲れがたまって気持ちに余裕がなくなり、仕事のモチベーションが下がっている可能性があります。

そんなときは思い切って休みをとり、心をリフレッシュさせましょう。

仕事から離れて自分のために時間を使うと、心身がリセットされて仕事に対して新たな気持ちで向き合えるかもしれません。

具体的には以下のような休みの過ごし方がおすすめです。

  • 気が済むまで寝る
  • 好きなお菓子や飲み物を楽しむ
  • 本や漫画を読む
  • 映画を観る
  • 旅行の計画を立てる

働きすぎで仕事への意欲が下がっているときは、外出を控えて自宅で心身をリセットさせましょう。

仕事をしている目的を明確にする

仕事に慣れてきて業務に新鮮さがなくなっている場合は、仕事をしている目的を一度整理するのがおすすめです。

勤務年数が長くなると目の前のタスク処理が目的になってしまい、業務本来の目的や意義を見失うこともあるでしょう。

このような場合は、普段の業務を「何のために」「誰のために」行っているのかを改めて考えるのが有効です。

例えば、議事録の作成は直接利益を生み出す業務ではないので、面倒に感じている方もいるかもしれません。

しかし、誰かが議事録を作成しなければ、決定事項が不参加者に共有されなかったり、過去の会議内容を確認できなかったりします。

業務に必要性が感じられず飽きている場合は、初心に立ち返って業務の目的や意味を明確にしましょう。

新しい目標を具体的に立て直す

仕事に飽きてやる気が湧かない場合は、新たな目標を具体的に立て直しましょう。

新しい目標を設定すると、新たな挑戦ができるだけでなく、仕事へのモチベーションを維持しやすくなるからです。

目標の立て方は以下の4つのコツを参考にしてください。

  • できる限り目標を数値化する
  • 達成期限を決める
  • 達成できそうな目標にする
  • 目標を達成したい理由を考える

重要なのはできるだけ目標を具体的に設定することです。

例えば「半年後に成約率を10%上げる」や「毎日最低1件のアポイントを取る」のように目標を数値化するとより具体的になります。

自分がなりたい姿を想像しながら目標設定することで新たな挑戦ができるでしょう。

参考:J-Net21 目標管理制度における目標設定の方法を教えてください https://j-net21.smrj.go.jp/qa/hr/Q0179.html (2024-2-2)

社外の人と交流する

社外の人と交流するのも仕事が飽きたときの効果的な対策です。

特に古い体質の職場で働いていると、気づかないうちにその会社の価値観に染まっている可能性があります。

社外の人との交流は、日々の生活に刺激を与えるだけでなく、固定観念を払拭して新たな視点を得るチャンスです。

習い事や副業、ボランティア活動を通じて積極的に社外の人と交流を深めていきましょう。

たとえ職場の人間関係が良好であっても、社外の人と定期的に会ってさまざまな価値観に触れることをおすすめします。

何気ない会話から仕事のアイデアや改善方法を発見できるかもしれません。

社外の人との交流が刺激となって仕事に飽きている状態を解消できるでしょう。

参考:J-Net21 異業種交流会の特徴と参加方法について教えてください https://j-net21.smrj.go.jp/qa/development/Q0112.html (2024-2-2)

仕事以外の時間を充実させる

仕事以外の時間を充実させて仕事とのメリハリをつけるのも、モチベーション維持におすすめの対策です。

プライベートの時間を十分に確保することで、仕事のストレスをうまく発散できてオンとオフを切り替えられるでしょう。

休日は自分が心から楽しいと思える予定を入れておくのが効果的です。

例えば趣味に打ち込む、友人と会う、読書や映画を楽しむなど気分転換になる予定が良いでしょう。

ただしプライベートを充実させるためには、自宅に仕事を持ち返らないことが不可欠です。

そのためには勤務時間内に業務が終わるよう日頃から業務効率を意識する必要があります。

つまり、プライベートの時間を確保することでメリハリが生まれ、仕事の成果にもつながるのです。

仕事に飽きてしまう典型的な5つの原因

仕事に飽きたと感じたら「飽きた」「つまらない」という感情の根底にある原因を探り、原因に合った対策をとることが大切です。

仕事に飽きてしまう典型的な要因は以下の5つが挙げられます。

①仕事に慣れ刺激がない

②目標設定が曖昧

③仕事で成果を出せず成長を感じない

④やりがいを感じない

⑤やりたい仕事ではない

原因が分からないまま飽きた状態を放置すると、仕事のパフォーマンスが下がる可能性があります。

自分に当てはまる原因があるかチェックしましょう。

①仕事に慣れ刺激がない

仕事に飽きたと感じる最大の原因は、仕事に慣れて日々の業務に刺激を感じなくなったことにあります。

とはいえ、毎日同じ環境で同じ業務を繰り返していると、マンネリ化してしまうのは仕方のないことです。

入社から5年、7年、10年が経過すると仕事の進め方が身につき、多少のトラブルでも柔軟に対応できるでしょう。

仕事に慣れるとミスが減りストレスも少なくなりますが、緊張感がなくなるデメリットもあります。

過度なストレスは心身に悪いので避けるべきですが、適度なプレッシャーは成果を出すために欠かせません。

新しい目標を立てたり、新たな業務にチャレンジしたりするなど、適度な負荷をかけるのがおすすめです。

②目標設定が曖昧

目標設定が曖昧であることも仕事に飽きる原因の一つです。

目標は達成度を測れるように具体的な数値や言葉で表現するのが重要です。

そのため目標を設定するときは以下のような言葉は避けましょう。

  • 努力する
  • 徹底する
  • 強化する
  • 検討する
  • 心掛ける
  • 向上する
  • 貢献する

例えば「顧客満足度を向上させる」という目標設定はゴールが曖昧なため、何をすれば良いのか迷ってしまうでしょう。

それよりも「既存顧客のリピート率を30%上げる」のように具体的な数値を示した方が行動しやすくなります。

目標設定は適切な言葉で表現しなければあまり効果を得られません。

パフォーマンスを発揮するためにも、曖昧な言葉は避けて具体的な目標を設定しましょう。

参考:厚生労働省 目標の重要性 https://www.mhlw.go.jp/content/000961265.pdf (2024-2-2)

③仕事で成果を出せず成長を感じない

仕事で成果を出せず自分の成長を実感できない場合も、仕事に飽きてしまう原因になります。

昇進や売上目標達成を目指して日々努力しても、結果に結びつかなければモチベーションの維持が難しくなるでしょう。

特に真面目で頑張り屋な方は「周囲に認めてもらえない」と悩みを抱え込みがちです。

例えば、同僚や後輩が自分を差し置いて出世していく姿を目の当たりにすると、不甲斐なさを感じてモチベーションが低下するでしょう。

この場合はプライベートを充実させて、リフレッシュする時間を設けてから、改めて仕事に向き合うのがおすすめです。

一度立ち止まってキャリアプランを練り直すのも良いでしょう。

④やりがいを感じない

仕事にやりがいを感じない場合もモチベーションの低下を招きます。

新入社員の頃に抱いていた野望や将来への期待が薄れ、仕事にやりがいを感じなくなった方もいるでしょう。

それに加えて、勤務年数を重ねるにつれて会社の悪いところが目につくようになり、やりがいを見失っている方もいるかもしれません。

やりがいを感じない要因には以下のようなものがあります。

  • ミスが続いている
  • 労働環境が悪い
  • 残業が慢性化している
  • 正当に評価されていない
  • 会社の経営に不安がある

やりがいを感じるポイントは人それぞれなのでまずは原因を探りましょう。

原因を把握することで改善の糸口が見つかるかもしれません。

⑤やりたい仕事ではない

携わっている業務がやりたい仕事でない場合も仕事に飽きる十分な原因になります。

例えば、希望とは違う部署に配属されてしまった方は、ネガティブな気持ちを抱えたまま仕事を続けていることもあるでしょう。

配属されたばかりであれば経験の幅を広げる良い機会だと思って、ひとまずその部署で実務経験を積むのがおすすめです。

働くうちに仕事の楽しさややりがいに気づける可能性があります。

ただし、一定期間働いた上で自分には向いていないと感じたら、上司や人事部に部署異動の希望を申し出ましょう。

何度希望を出しても状況が変わらない場合は、転職するのも一つの選択肢です。

仕事のモチベーションを上げる方法

仕事を効率よく進めるためにはモチベーションを上げることが大切です。

下がってしまったモチベーションは何らかの対処をしなければ自然に戻ることはありません。

仕事のモチベーションを上げる方法は主に以下の4つがあります。

  • モチベーションを下げる理由を紙に書き出す
  • 小さい目標の達成体験を積み上げる
  • ライバルを見つける
  • 自分にご褒美をする

これらを試しながら自分に合った方法を見つけて、モチベーションを維持させましょう。

モチベーションを下げる理由を紙に書き出す

モチベーションを復活させるためには、下がってしまった原因を認識して対策を立てるプロセスを踏むことが大切です。

そのため、まずはモチベーションが下がった理由を把握するために、今抱えている悩みや不満を紙に書き出すことをおすすめします。

完璧な文章を書く必要はなく、頭に浮かんだことをそのままノートに書きましょう。

例えば次のように、疑問文で書き出すとひらめきやすくなります。

  • なぜモチベーションが下がっているんだろう?
  • 後輩に営業成績を追い抜かれたから?
  • 上司にミスを何度も指摘されたから?
  • 出張が続いて疲れがたまっているから?
  • 休日にストレスを発散できなかったから?

感情を紙に書き出すことで思考が整理され、モチベーションが下がった理由を冷静に分析できます。

さらに心のモヤモヤが晴れてストレス解消の効果も期待できるでしょう。

小さい目標の達成体験を積み上げる

モチベーションを上げる方法として、小さい目標の達成体験を積み上げるのもおすすめです。

先にも触れましたが、人は目標を設定することでその目標に向かって自分を奮い立たせることができます。

ところが大きすぎる目標を設定してしまうと、達成できずかえってモチベーションが下がることもあります。

そこで試してほしいのが、目標を細かく分けて達成体験を積み上げることです。

例えば「年間売上1,000万円」を目標に設定した場合、まずは「月間売上84万円」のように月別に置き換えます。

さらに、月間売上84万円を達成するためにやるべきタスクを洗い出します。

「毎日〇件の営業メールを送る」「毎日〇件のアポイントを取る」などの小さな目標を設定すると、達成のハードルが下がりモチベーションがアップするでしょう。

ライバルを見つける

競争心が強い方はライバルを見つけるとモチベーションが上がります。

同期や自分と同じくらいの成績の先輩・後輩をライバルに設定することで「あの人には負けたくない」という気持ちが湧いてやる気アップにつながるでしょう。

負荷をかけたい場合は自分よりも実力が上の方をライバルにするのもおすすめです。

レベルの高いライバルと自分を比較するようになり、自分の足りない所が見えてくるでしょう。

自分にご褒美をする

人は本来やる気がないのが普通で、新たに目標を立てても継続できる人はあまりいません。

しかし自分にご褒美を用意することで、人間の脳は「頑張れば良いことが起こる」と学習してモチベーションを復活させることができます。

モチベーションアップにつながるご褒美には以下のようなものが挙げられます。

  • おいしいスイーツを食べる
  • 旅行に行く
  • 贅沢な外食をする
  • 欲しかった服を買う
  • 完全オフの日を作る

自分がうれしいと思うものであれば何でも構いません。

私たちは毎日ストレスを抱えながら働いているため、英気を養うためにもご褒美を取り入れましょう。

ただし、ご褒美を得るタイミングは事前にルールを設定するのが大切です。

例えば「ライバルに営業成績で勝ったらあの高級レストランに行く」のように具体的に設定しましょう。

改善されないときは転職も検討すべき理由

さまざまな手を尽くしても改善されない場合は、これからのキャリアプランを踏まえて転職を検討するのも一つの選択肢です。

転職を検討すべき理由は主に以下の5つがあります。

  • 年収アップを狙える
  • 人間関係・職場環境を改善できる
  • やりがいを感じる仕事に出会える可能性がある
  • 新たなスキルやキャリアを形成できる
  • ライフワークバランスの立て直しが可能

転職すると環境が一新されて新鮮な気持ちで仕事に取り組めるのでおすすめです。

ただし、転職先で再び仕事に飽きることのないよう、自己分析を入念に行いその会社が自分に合うかを見極める必要があります。

年収アップを狙える

給与に不満を感じている場合、転職によって年収アップが狙えます。

前職と同じ職種に転職するのなら、経験をアピールすることで今よりも給与水準や賞与の高い企業への転職が期待できるでしょう。

厚生労働省の調査(※)によると令和4年に転職した人のうち、給与が上がった人は約35%となっています。

転職での年収アップの可否は希望業界や個人のスキルによって異なるので、入念な企業研究や自己分析が必要です。

なお、転職エージェントを活用すると希望条件に沿った求人を提案してくれるだけでなく、転職先への年収交渉も代行してくれるのでおすすめです。

※参考:厚生労働省 令和4年雇用動向調査結果の概要 https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/23-2/dl/gaikyou.pdf (2024-2-2)

人間関係・職場環境を改善できる

職場の人間関係や労働環境に悩みを抱えている場合、転職により環境をリセットできます。

2021年3月に日本労働調査組合が行った調査(※)によると、会社員が仕事を辞めたい理由の第1位は「職場の人間関係」であることが明らかになりました。

人間関係に悩んでいる会社員はとても多く、環境を一新するために転職するのは決して悪いことではありません。

ただし、人間関係や職場環境以外に不満がない状態であれば、転職前に一度解決策を考えることをおすすめします。

人間関係や職場環境を理由に転職する前にできることは以下の通りです。

  • 折り合いの悪い人と話す
  • 上司や人事に相談する
  • 異動願いを出す
  • 自分の考え方を変える

これらを試しても状況が変わらない場合は転職活動を始めましょう。

※出典:日本労働調査組合 PRTIMES 「仕事辞めたい!会社員は35.8%という結果に。「仕事の退職動機に関するアンケート調査」結果発表」 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000074057.html (2024-2-2)

やりがいを感じる仕事に出会える可能性がある

転職するとやりがいを感じる仕事に出会える可能性があります。

ただしやりがいを感じる仕事を見つけるには、自己分析でやりたいことを深堀りして、転職先を慎重に選ぶことが大切です。

自己分析は以下の方法を試してみましょう。

  • これまでの経験とスキルを棚卸する
  • 得意な業務を振り返る
  • 苦手な業務を振り返る
  • 転職したい理由を考える
  • 適職診断ツールを利用する

自己分析や企業選びが不安な方は転職エージェントの利用をおすすめします。

豊富な求人の中からプロのアドバイザーが希望に沿った求人を提案してくれます。

なお、適職診断ツールはdodaの「キャリアタイプ診断」がおすすめです。

設問に答えるだけで自分の性格や向いている仕事スタイルが分かるので、自己分析や求人選定など転職活動に役立つでしょう。

新たなスキルやキャリアを形成できる

キャリアプランを熟考した上で今の職場で十分成果を出せたと感じるなら、今後のキャリア形成のために転職をおすすめします。

特に20代の方は未経験業界・職種に転職するのも十分可能です。

新しい環境に飛び込むことで学びが増え、仕事のモチベーション維持にもつながるでしょう。

ただし、転職後はゼロからのスタートとなるので年収が下がる可能性があります。

30代以上の転職はこれまでの経歴やスキルが活かせる職種選びを重視し、転職活動を進めることが大切です。

ライフワークバランスの立て直しが可能

「残業が多い」「休暇が少ない」と不満を感じている場合は、転職でライフワークバランスの立て直しが可能です。

今の職場の勤務条件を変えるのは難しいですが、働きやすい企業へ転職すれば簡単に生活を整えられます。

近年では在宅勤務やフレックスタイム制など柔軟な働き方を採用している企業も増えています。

仕事以外の時間を充実させるためにも、今の労働条件を見直したい方は転職を検討しましょう。

おすすめの転職エージェント

仕事に飽きたと感じている方におすすめなのが転職エージェントの活用です。

転職エージェントはキャリア相談や求人紹介のサポートが手厚いので、忙しくてもスムーズに転職活動を進められます。

おすすめの転職エージェントは以下の5つになります。

  • リクルートエージェント
  • doda(デューダ)
  • マイナビエージェント
  • パソナキャリア
  • type女性の転職エージェント

サポートが手厚い転職エージェントを中心にピックアップしました。

転職を迷っていても相談に応じてくれるので、ぜひ参考にしてください。

リクルートエージェント

出典:株式会社リクルート 【公式】リクルートエージェント https://www.r-agent.com/ (2024-2-2)

人材業界大手のリクルートが運営するリクルートエージェントは、全世代が利用できる求人数が豊富な転職エージェントです。

幅広い業界・職種の求人を取り扱っているので、新しい分野にチャレンジしたい方や選択肢を広げて転職先を探したい方におすすめと言えるでしょう。

仕事のモチベーションが下がっている場合も、経験やスキルを考慮して新たなキャリアプランを提案してもらえます。

また、リクルートエージェントではこれまでの転職支援実績を活かして、書類添削や面接対策のサポートに力を入れています。

志望動機や自己PRをうまく作り込めない場合も、企業ごとの傾向を踏まえて適切なアドバイスをもらえるでしょう。

運営会社株式会社リクルート
公開求人数363,895件※2024年1月時点
対象年齢全年代
対象地域全国47都道府県
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

doda(デューダ)

出典:パーソルキャリア株式会社 【公式】doda https://doda.jp/ (2024-2-2)

dodaは総合人材サービス会社であるパーソルキャリア株式会社が運営する転職サービスです。

最大の特徴は転職サイトと転職エージェントの両サービスが一体となっている点です。

そのため、ひとまず求人情報に目を通して気になる求人があれば転職エージェントを利用することも可能です。

さらにdodaに登録すると、自分の性格や向いている働き方が分かる「キャリアタイプ診断」(※)を無料で利用できます。

仕事に飽きを感じているときは、dodaに登録して情報収集を行うことで新たな気づきを得られるかもしれません。

運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数236,644件※2024年1月時点
対象年齢全年代
対象地域全国47都道府県
公式サイトhttps://doda.jp/

※出典:パーソルキャリア株式会社 【公式】doda 「キャリアタイプ診断」 https://doda.jp/dcfront/personality/personalityIndex/ (2024-2-2)

マイナビエージェント

出典:株式会社マイナビ 【公式】マイナビエージェント https://mynavi-agent.jp/ (2023-2-2)

20代〜30代におすすめしたいのが、株式会社マイナビが運営する転職エージェントです。

運営会社である株式会社マイナビが就活支援に強みを持つことから、若年層に特化した求人を豊富に取り扱っています。

若者向けの転職エージェントですが未経験・第二新卒歓迎の求人や高年収の求人まで幅広く対応しているので、転職での年収アップも狙えるでしょう。

初めての転職に役立つ「転職成功ノウハウ」や「転職お役立ち情報」などのコンテンツも充実しているので、目を通すだけでも価値があります。

入社から数年が経過して仕事に慣れてきた20代〜30代の転職は、マイナビエージェントの利用がおすすめです。

運営会社株式会社マイナビ
公開求人数69,560件※2024年1月時点
対象年齢20代~30代
対象地域全国47都道府県
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

パソナキャリア

出典:株式会社パソナ 【公式】パソナキャリア https://www.pasonacareer.jp/corp/ (2024-2-2)

パソナキャリアは、人材派遣事業である株式会社パソナが運営する転職エージェントサービスです。

年収800万円以上の求人が約4割を占めている(※)ため、ハイクラス転職を目指す30代以上の転職活動におすすめです。

アドバイザーによる質の高い履歴書添削や模擬面接を受けられるため、ハイレベルな企業の選考対策も丁寧に指導してもらえます。

今の仕事に成長の頭打ちを感じている場合は、今後のキャリアを見据えてパソナキャリアのハイクラス転職に挑戦してみるのも良いでしょう。

運営会社株式会社パソナ
公開求人数34,146件※2024年1月時点
対象年齢30代以上
対象地域全国47都道府県
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

※出典:パソナキャリア 「年収800万円以上の求人:14,451件」 https://www.pasonacareer.jp/s800/ (2024-2-2)

type女性の転職エージェント

出典:株式会社キャリアデザインセンター 【公式】女の転職type https://woman-type.jp/ (2024-2-4)

type女性の転職エージェントは女性の正社員転職に特化した転職エージェントです。

主に首都圏の求人を取り扱っており、システムエンジニア、営業、マーケティング領域に強みを持っています。

サービス開始から25年以上女性の転職を支援してきたため、結婚や出産など女性ならではの悩みに寄り添った転職のサポートが可能です。

今の職場で働き続けることに疑問を持っている女性は、type女性の転職エージェントを活用してキャリアチェンジを検討しましょう。

運営会社株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数28,688件※2024年1月時点
対象年齢20代~30代(女性)
対象地域主に首都圏
公式サイトhttps://type.woman-agent.jp/

仕事に飽きた|まとめ

仕事に飽きてモチベーションが上がらないときは、放置せずなぜそう感じるのかを分析して原因に合った対策をとることが重要です。

まずは仕事の目標を立てたり、プライベートを充実させるなどすぐにできる方法を試しましょう。

なお、転職する前に部署異動や転勤の希望を申し出るのも一つの選択肢です。

さまざまな対策を打っても改善されない場合は、転職を視野に入れて情報収集を始めることをおすすめします。

転職エージェントをうまく活用しながら、楽しく働ける職場を見つけましょう。

SFAは活用されてこそ意味がある

ページ先頭へ戻る