東証スタンダード上場企業のジオコードが運営!営業組織を強くするWebマガジン

更新日:2024/03/01 

20代の転職を成功させる方法|未経験スキルなしでも成功するポイントを徹底解説

20代で転職を検討している中で不安を抱えている方も多いでしょう。

若手を戦力として必要としている企業は多いため、20代の転職はポジティブに捉えられる要素も多く必要以上に不安になる必要はありません。

20代の転職を成功させるためには、キャリアプランや目的を明確にしたうえで企業側が求めている人材を分析する必要があります。

また、転職活動をスムーズに進めたい方はキャリアアドバイザーが在籍している転職エージェントをうまく活用しましょう。

この記事の目次はこちら

20代で転職を選択する4つの理由

20代で転職を選択する主な理由は次の4点です。

  • 職場の人間関係が良くない
  • 自分の求めている職種ではなかった
  • 業務量に対して給料が低い
  • 業務量が多く休みが取れない

仕事を長く続けるためには人間関係をはじめとした労働環境が非常に大切です。

また、自分の理想と異なる職種や給料など入社後に感じる大きなギャップも転職を考える理由になります。

よりよい労働環境や福利厚生、高い給与を求めて転職を決断する20代が増えています。

職場の人間関係が良くない

職場の人間関係が良くない場合、仕事へのモチベーションに直結します。

人間関係は仕事を続けるために非常に重視されているポイントです。

人間関係の悪い職場で働くと全体的な生産性に悪影響を与える可能性もあります。

コミュニケーション不足や社内での対立、社員への一方的な期待感は人間関係を悪化させる要因です。

人間関係を解決するためには率直な対話の機会を増やしたり問題を明らかにしたりしながら相互理解を深める必要があります。

ただし、前向きにコミュニケーションを促進していてもチームや職場全体の雰囲気が改善されない場合、今の労働環境に見切りをつける20代も増えています。

自分の求めている職種ではなかった

20代で転職を選択する理由の一つが、求めている職種ではなかったと気づくパターンです。

希望の企業に就職しても配属される部署は多岐にわたります。

事務職を希望していても営業や企画に携わらなければならないケースもあります。

仕事を続けていくためには、いかに割り切って仕事を進められるかどうかも重要です。

自分の求めている職種でなくとも配属先で新たな発見や成長につなげられる場合もありますが、どうしても合わない場合には転職の検討につながるでしょう。

転職により自分の求めている職種へのチャレンジができるだけでなく、一度就職した経験を活かして注意深く就職先を選定できるようになります。

業務量に対して給料が低い

業務量に見合わない低い給料も20代に転職を検討させる一つの要因です。

給料は仕事のモチベーションに直結します。

そのため、給料が低いとストレスの原因となるほか仕事に対するモチベーションも低下してしまいます。

給料が低いと感じる場合には、まず社内の給与体系や昇給制度を確認して評価基準に基づいた公平な報酬を求めましょう。

また、仕事の貢献度やスキルを上司と共有し自分のパフォーマンスの評価につながる状況を作り出すことも一つの手段です。

それでも給与改善が見込めない場合には、転職により新たなキャリアプランを構築しましょう。

転職が成功すれば業務量に見合う適切な報酬をもらえ、仕事のモチベーションも高まり、ストレスも低減されます。

業務量が多く休みが取れない

20代が転職を決意する理由の一つが、業務量が多く休みが取れない職場環境です。

休日がきちんと取れていない状況では働き手の健康やワークライフバランスに悪影響を及ぼす可能性があります。

休みの取れない環境である場合には、まず直属の上司や人事担当者へ相談しましょう。

業務負荷の適正な調整や仕事の優先順位などを共有して話し合うことで、解決に向かうケースもあります。

また、過度な労働時間や休日の制約が続いている場合には、業務内容と職場環境の見直しを提案しましょう。

上司と同僚を含めて現在の働き方や休暇について話し合うことも一つの手段です。

職場での話し合いや相談を重ねても状況改善が難しい場合には、転職でよりよい職場環境を手に入れることも一つの選択肢です。

参考:厚生労働省 令和2年転職者実態調査の概況 https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/6-18c-r02-gaikyo.pdf (2024-1-19)

20代の転職がベストタイミングな5つの理由

20代の転職がベストタイミングな理由は次の5点です。

  • 20代前半は第二新卒で応募が可能
  • 未経験の職種にチャレンジしやすい
  • 20代は求人数が多い
  • 実績よりもやる気を重視される
  • 中長期的な戦力として活躍できる

若いうちに異なる業界や職種にチャレンジしておけばさまざまな経験やスキルを積めます。

また、若い時期は柔軟性があるため新しい環境に適応しやすい点もメリットといえるでしょう。

①20代前半は第二新卒で応募が可能

20代前半は第二新卒として応募可能な求人が多い点がメリットです。

第二新卒は学生時代に一度は就職したものの短期間で離職し再度転職を考えている層を指します。

新卒で短期離職をした場合、離職から3年以内であれば第二新卒として応募が可能です。

第二新卒枠を設けている企業は多数あるため、転職先には過去の経験やスキルを活かせる職場や新しいことにチャレンジできる環境を選びましょう。

転職活動では履歴書や職務経歴書を工夫して自分の強みをアピールできるよう努めることも大切です。

また、転職活動の際は企業のビジョンや働き方にも注目し、自分のキャリアプランに合致するかどうかをよく見極めて応募しましょう。

②未経験の職種にチャレンジしやすい

20代前半の転職は未経験の職種にチャレンジしやすいです。

20代前半は柔軟性があるため、新しい職場での学びや成長にも期待できます。

未経験職種へのチャレンジは新たな知識やスキルを身につけられるほか、自分のキャリアの幅を広げる良い機会です。

未経験職種への転職による新たな経験を通じて成長し、自分のキャリアプラン達成にもつなげていきましょう。

また、未経験でも応募可能な企業では転職者への研修制度やサポート体制が整えられていることが大半です。

転職活動では採用企業の求人情報や企業の雰囲気をよく調査し、自分の成長につながる環境を見極めましょう。

③20代は求人数が多い

求人数が多い点も20代の転職活動におけるメリットといえるでしょう。

多くの企業が新卒や第二新卒などに該当する若手の転職者を積極的に採用しています。

そのため、20代の転職であればさまざまな業界や職種の求人が豊富です。

20代での転職は自分の興味や適性にマッチした職場やポジションを探し、将来のキャリアにつながる職場を見つけるチャンスでもあります。

多くの求人から自分の希望条件やキャリアプランに合致する企業を見つけるためには、自己分析も必要です。

第三者の視点が必要な場合には、転職エージェントや求人情報サイトを活用してキャリアアドバイザーからアドバイスをもらいましょう。

④実績よりもやる気を重視される

20代前半は実績よりもやる気や成長意欲を重視されることも特徴です。

企業は経験が浅くても20代前半の柔軟性や成長意欲を重要視しています。

そのため、仕事へのやる気やポテンシャルが高ければチャレンジ精神が評価され、組織内での成果に期待されます。

20代の転職活動では、自分の目標ややる気を積極的に伝えましょう。

そのためには履歴書や職務経歴書への記述を工夫し、自分の強みをアピールしなければなりません。

まずは企業側の視点に立ち、自分が企業に何をもたらせるのかを明確にしましょう。

これまでの経験やスキルをはじめ、将来のビジョンを明確に伝えながら企業との相性をアピールすれば好印象にもつながります。

⑤中長期的な戦力として活躍できる

20代前半は中長期的な戦力として期待される時期でもあります。

若さゆえの柔軟性や発想力、成長への意欲は企業側が重要視しているポイントです。

組織の発展に貢献できる戦力として若手の採用に注力している企業も数多くあります。

20代の採用は企業側が新しい才能に期待し、将来のリーダー候補を見出すチャンスです。

そのため、転職活動では中長期的な視点で自分のキャリアプランを明確にしましょう。

また、企業との長期的なパートナーシップを築ける強みのアピールも大切です。

転職活動時は履歴書や職務経歴書への記述や面接で、自分が掲げる将来のビジョンやキャリアプランを積極的に伝えましょう。

自分が中長期的な戦力として企業にどれだけ貢献できるかをアピールすれば、転職活動の成功へ近づけます。

20代の転職を成功させる5つのポイント

20代の転職を成功させるポイントは次の5点です。

  • 転職を決めたら早めに転職活動を始める
  • 転職の理由と目的を明確にする
  • 自己分析を行う
  • 企業が求める人材を分析する
  • 転職エージェントを利用する

まずは自分の強みや興味を洗い出し、自己分析の結果に基づいた職種や業界を選定しましょう。

また、志望先に関するリサーチも入念に行わなければなりません。

自分一人での自己分析やリサーチに不安がある場合は転職エージェントを活用し、キャリアアドバイザーからのアドバイスをもらいましょう。

①転職を決めたら早めに転職活動を始める

転職を決断したら早めに転職活動を始めましょう。

早めに動くことで求人市場を広くリサーチできるほか、理想的な求人に出会える機会を増やせます。

選択肢が豊富なうちに情報を収集すれば、複数の企業やポジションを比較検討できます。

また、転職活動では履歴書や職務経歴書の準備をはじめキャリアプランの構築などを段階的に進めていくことも大切です。

求人情報サイトや転職エージェントを活用すれば求人情報の収集のみならず専門家のアドバイスも受けられます。

幅広い知見を有している転職エージェントからアドバイスを得られると、よりスムーズな転職活動にもつながります。

時間を有効に使いながら計画的に転職活動を進め、理想の職場への転職を成功させましょう。

②転職の理由と目的を明確にする

転職を成功させるためには、転職の理由と目的を明確にしましょう。

まずは自分の転職動機や求めているキャリアの方向性を洗い出します。

そして自己分析に基づき、志望している業界やポジションを選定しましょう。

転職理由と目的を明確にしておけば、より満足度の高い転職を実現させられます。

また、転職理由や目的は面接時に尋ねられるケースもあります。

そのため、企業側へ自分の転職に向けたビジョンを的確に伝えるための準備が必要です。

履歴書や職務経歴書の作成をはじめ、面接をイメージした内容を自分でまとめておくとスムーズです。

不安な方は転職エージェントやキャリアカウンセラーへ相談し、アドバイスを求めましょう。

③自己分析を行う

転職活動を進めるうえで自己分析は欠かせない要素です。

まずは自分の強みや魅力、興味や価値観、スキルや経験を徹底的に分析しましょう。

明確な自己分析を行うと、どのような職場や仕事が自分に向いているかを把握できます。

また、過去の経験や現在の職場で学んだことなどを通じて、達成感や成果、困難を乗り越えた方法や手法なども洗い出しましょう。

職場における自分自身を振り返ると自分の特徴や成長できるポイントを整理できます。

自己分析を通じてキャリアプランや今後の方向性を定めておけば、転職成功に至るまでの道筋も明確になります。

自己分析に基づいて適切な転職先を見つけ、理想的な職場とのマッチングを図りましょう。

参考:厚生労働省 自己分析ワークシート https://jsite.mhlw.go.jp/fukushima-roudoukyoku/var/rev0/0148/6469/2017101717225.pdf (2024-1-19)

④企業が求める人材を分析する

転職活動では、転職先の企業が求める人材像の分析が非常に重要です。

まずは転職を考えている企業が掲げている理念やビジョンをリサーチしましょう。

企業側の価値観を把握しておけば、企業が求めている人材のイメージをつかめます。

また、転職活動では企業の採用ポリシーも必ずチェックしましょう。

採用ポリシーの把握により、企業が実際に採用している人物像が明確になります。

リサーチ後は企業が求めている人材にマッチするように自分の強みや経験をアピールしましょう。

履歴書や職務経歴書、面接で伝える内容を企業が求める人物像に合わせれば企業側に共感されやすくなります。

企業が求める人材を分析しておけば、転職活動をより成功に近づけられます。

参考:帝国データバンク「企業が求める人材像アンケート」 https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p220905.html (2024-1-19)

⑤転職エージェントを利用する

転職を成功させるためには、転職エージェントもうまく活用しましょう。

転職エージェントは市場の動向や求人情報をはじめ、さまざまな転職活動のサポートが受けられるサービスです。

一人ひとりの希望条件を考慮しながら求人を提案してくれるほか、書類の添削や面接対策も受けられます。

また、企業との日程調整や給与交渉などのサポートも行ってもらえるため、転職活動が初めての方も安心です。

なかなか転職活動に時間が取れない在職中の方であれば、担当のキャリアアドバイザーに求人検索や求人応募を任せておけるため非常に便利です。

市場にはさまざまな転職エージェントがあるため自分が利用しやすいサービスを選び、より効果的な転職活動を実現しましょう。

20代の転職におすすめの転職エージェント

転職サイト求人数強み主なターゲット層
リクルートエージェント約36万件キャリアアドバイザーによるサポート全ての転職希望者
マイナビエージェント約4万8,000件キャリアアドバイザーによるサポート全ての転職希望者
ハタラクティブ約3,300件キャリアアドバイザーによるサポート20代の若年層
doda(デューダ)約22万5,000件スカウトサービス全ての転職希望者
type女性の転職エージェント約1万8,500件キャリアアドバイザーによるサポート転職希望の女性

出典:株式会社リクルート 【公式】リクルートエージェント https://www.r-agent.com/ (2024-1-19)
出典:株式会社マイナビ 【公式】マイナビエージェント https://mynavi-agent.jp/ (2024-1-19)
出典:レバレジーズ株式会社 【公式】ハタラクティブ https://hataractive.jp/info/company/ (2024-1-19)
出典:パーソルキャリア株式会社 【公式】doda https://doda.jp/ (2024-1-19)
出典:株式会社キャリアデザインセンター 【公式】type女性の転職エージェント https://type.woman-agent.jp/ (2024-1-19)

リクルートエージェント

出典:株式会社リクルート 【公式】リクルートエージェント https://www.r-agent.com/ (2024-1-19)

リクルートエージェントは「リクナビNEXT」を運営する株式会社リクルートが提供しているエージェントサービスです。

約5分でサービス登録ができる手軽さをはじめ、約36万件の豊富な求人数が魅力です。

リクルートエージェントでは専任のキャリアアドバイザーによる求人紹介や面接対策などのさまざまなサポートを受けられます。

希望業種や経歴、スキルを提示しておくだけでキャリアアドバイザーに最適な求人を探してもらえます。

また、転職で実現したいことや譲れない条件などを明確にしておけばよりマッチング性能の高い求人紹介が可能です。

書類添削や面接対策などにも対応しているため、初めて転職活動を行う20代の方にもおすすめです。

参考:リクルートエージェント「転職実績データ」 https://www.r-agent.com/service/data/ (2024-1-19)

マイナビエージェント

出典:株式会社マイナビ 【公式】マイナビエージェント https://mynavi-agent.jp/ (2024-1-19)

マイナビエージェントは株式会社マイナビが運営する無料の転職エージェントサービスです。

業界に精通した専任のキャリアアドバイザーによる転職サポートが受けられます。

マイナビエージェントではキャリアアドバイザーとの面談により経歴やスキルなどを総合的に判断したうえで最適な求人紹介が行われています。

また、キャリアアップや年収アップ、職場環境の重視など20代に多い悩みもキャリアアドバイザーへいつでも相談可能です。

書類の添削から面接対策、スケジュール調整はもちろん応募や日程調整、条件交渉などは全てキャリアアドバイザーに代行してもらえます。

求人紹介から内定までの幅広いサポートに対応しているため、初めて転職活動を行う20代の方にもおすすめです。

ハタラクティブ

出典:レバレジーズ株式会社 【公式】ハタラクティブ https://hataractive.jp/info/company/ (2024-1-19)

ハタラクティブはレバレジーズ株式会社が運営する転職エージェントサービスです。

既卒や第二新卒をはじめとする若年層向けの就職・転職支援に力を入れているため、20代の転職者にも特におすすめです。

はじめての就職から未経験業界の転職まで、キャリアアドバイザーが幅広くサポートしています。

個別カウンセリングを通じて経験やスキル、希望職種wなどを伝えることで最適な求人紹介が受けられます。

また、面接対策や履歴書添削から入社後のフォローまでを丁寧にサポートしてもらえるため初めて転職活動を行う方も安心です。

転職活動に関する相談はメールだけでなくLINEを利用できるため手軽かつ便利であることも魅力の一つです。

doda(デューダ)

出典:パーソルキャリア株式会社 【公式】doda https://doda.jp/ (2024-1-19)

dodaはパーソルキャリア株式会社が運営する大手転職サービスです。

約22万5,000件の豊富な掲載求人数を誇り、求人情報は首都圏のみならず地元での転職を希望する方や地方で働きたい方にも対応しています。

大手企業や優良企業を中心とした求人情報も随時追加更新されているため、全国各地の求職者をカバーできる点も強みです。

また、経験や未経験を問わず豊富な企業の中から希望に合致した求人への応募が可能です。

登録後は新着求人を通知してもらえるメールマガジンや企業からのオファーを直接受け取れるスカウトサービスも利用できます。

転職に関する機能も豊富に用意されているため、初めて転職活動を行う20代の方にもおすすめです。

type女性の転職エージェント

出典:株式会社キャリアデザインセンター 【公式】type女性の転職エージェント https://type.woman-agent.jp/ (2024-1-19)

type女性の転職エージェントは株式会社キャリアデザインセンターが運営する女性に強い転職エージェントサービスです。

25年以上続いている老舗転職エージェントでもあるため、長期に渡り関係を続けている企業とのネットワークを活かしたサービスを運用しています。

これまでの転職サポート実績は数万人以上、年間1万人以上のキャリアカウンセリング実績があります。

女性の結婚や出産をはじめとしたライフイベントに寄り添い、家庭と仕事の悩みを考慮しながらの転職サポートが可能です。

また、転職エージェントとしては初めての試みであるメイクアップサービスにも対応しています。

転職活動中や就職後にも活かせるビジネスメイクの無料カウンセリングが受けられるため、初めて転職活動を行う20代の女性にもおすすめです。

20代の転職がうまくいかないときは

20代の転職がうまくいかないときは次の6点に着目してみましょう。

  • 自分の能力や魅力を再度徹底的に分析をする
  • 転職の目的を再度確認する
  • 希望職種の幅を広げる
  • 企業のリサーチを行う
  • 転職エージェントに相談してアドバイスをもらう
  • 気分転換を行う

転職が難航している場合には、まず自己分析を見直しましょう。

そして自分のスキルや経験を履歴書や職務経歴書に落とし込んでください。

また、採用傾向を知るためにも企業のリサーチは欠かせません。

たまに気分転換を挟みつつ、転職活動を成功に近づけましょう。

自分の能力や魅力を再度徹底的に分析をする

20代での転職がうまくいかないと感じた場合、あらためて自己分析を行いましょう。

書類選考や面接で不合格になる方は自分の強みをうまく伝えられていない可能性があります。

まずは自分の経験やスキルを洗い出し、自分の魅力や強みとなる要素を確認します。

過去のプロジェクトや成果の振り返りをはじめ、同僚や上司からのフィードバックも思い出しましょう。

自己分析により他の求職者と差別化が図れるポイントや自分の強みを明確にできます。

その後は自分の能力や魅力を十分に伝えられるように履歴書や職務経歴書を再作成しましょう。

具体的な事例やエピソードを交えれば企業に自分の長所が伝わりやすくなります。

参考:ハローワーク職務経歴書の作り方 https://www.hellowork.mhlw.go.jp/doc/syokurekisyo_pamphlet_202306.pdf (2024-1-19)

転職の目的を再度確認する

転職活動が難航している場合、転職の目的をあらためて見つめ直すことも重要です。

まずは、自分がなぜ転職を考えたのか思い出します。

そして、志望業界や今後のキャリアで達成したい目標をクリアにしましょう。

自分の価値観や経験、スキルに合致しているかどうかを考えることでキャリアの方向性も明確になります。

また、転職先の職場環境や企業のビジョンなど、自分が転職に求めている条件を再度洗い出しましょう。

転職条件を明確にしておけば応募する求人やポジションをより的確に選べるため、転職活動を効率的に進められます。

転職の目的が明確になれば自分のキャリアビジョンも見えてくるため、転職活動中のモチベーション向上にもつながるでしょう。

希望業種の幅を広げる

転職が難しいと感じる場合、希望業種の幅を広げましょう。

異なる業種であっても、在籍する職種やポジションは同じケースもあります。

また、希望業種の幅を広げれば、より多くの求人にアクセスできるため適した仕事をより見つけやすくなります。

希望業種の幅を広げる前には、まず自分の経験やスキルが他の業種でも通用するかどうかを検討しましょう。

厚生労働省の「job tag」(※)では自分のスキルを活用できる職業を調べることができます。

また、自分の興味や適性をはじめ、将来のビジョンも考慮した求人検索を行うことも大切です。

希望業種の幅を広げることで意外な発見や新しいキャリアの道が開ける可能性もあります。

異なる業界で得られる経験が他の業界に活かせるケースもあるため、柔軟な思考で転職活動に取り組みましょう。

※出典:厚生労働省 jobtag https://shigoto.mhlw.go.jp/User/Top/Index (2024-1-19)

企業のリサーチを行う

転職活動がうまくいかない場合、企業のリサーチを徹底的に行いましょう。

企業のリサーチは志望先に関する基本的な情報や求められているスキルなどを調査することです。

まずは志望する企業のビジョンやミッション、業績や社風などを調べて自分の価値観やキャリアプランに合致するかを確認します。

企業の情報は公式サイトやプレスリリースをはじめ、求人サイトや口コミなどのさまざまな情報源から手に入れましょう。

さらに企業が抱える課題や今後の展望、競合他社との比較なども重要な情報です。

企業リサーチにより応募書類や面接の回答が具体的に行えるため、企業への戦略的なアプローチが可能です。

情報収集により企業に対する理解を深め、転職活動を成功に近づけましょう。

転職エージェントに相談してアドバイスをもらう

転職活動につまずいている場合、転職エージェントに相談してアドバイスをもらいましょう。

転職エージェントは豊富な経験とネットワークを持つ転職活動のプロです。

一人ひとりの希望やスキル、経験に合致した仕事を見つけるサポートに期待が持てます。

転職活動を成功させるためには、信頼できる転職エージェント選びが大切です。

まずは自分のキャリアプランや希望条件をしっかりと伝え、転職エージェントとの間に意見の食い違いが生まれないように話し合いましょう。

自分の希望を明確に伝えておけば、適切な企業やポジションを提案してもらえる可能性が高まります。

また、履歴書や職務経歴書のアドバイス、面接対策のサポートなども受けられるため、不安な方はさまざまなサービスを活用しましょう。

気分転換を行う

転職活動につまづいている場合、気分転換も大切です。

気分転換は転職活動で疲弊した心身のリフレッシュにつながります。

まずは外出したり自然に触れたりしながら適度な休息やリラックスを心がけましょう。

散歩やハイキングなどで新鮮な空気を吸い込めば気分も軽くなります。

また、映画や音楽鑑賞などの趣味に興じることでストレスを減らしながらモチベーションを高められます。

心の負担を軽減するためには、友人や家族との交流もおすすめです。

新しいアイディアや新たな気づきを生みだす可能性もあるため、転職活動には時折気分転換も大切です。

適度な休息で転職活動への意欲を高め、新たな気持ちで動き出しましょう。

20代の転職で苦戦する人の傾向

20代の転職で苦戦する人に共通している項目が次の4点です。

  • 転職を繰り返している
  • 早期離職をしている
  • 希望条件が高すぎる
  • 自分の能力や魅力を伝えられていない

戦略的な自己分析や目標の明確化が行われていないと、20代でも転職に苦戦します。

また、複数の転職歴や早期離職の目的を明確に説明できなければ企業側にネガティブな印象を与えます。

自分の強みや能力を正確に伝えるためには慎重かつ戦略的なアプローチが必要です。

転職を繰り返している

転職歴が多いと転職活動で苦戦する傾向があります。

20代で何度も就職と退職を繰り返していると、履歴書をもとに面接で退職理由を確認されるケースもあります。

転職すべき原因や理由を明確に説明できなければ「またすぐにやめてしまうだろう」と企業側に思われてしまうリスクがあります。

転職を繰り返している場合には、まず自己分析を徹底しましょう。

企業に求めている要素やキャリアプランが不明瞭なまま放置していると、退職と就職を繰り返すリスクを高めます。

一方で自分が譲れない条件を明確にしたうえで求人探しを行えば、納得のできる転職につながります。

過去の職場で得られた経験やスキルを今後の転職活動に活かせる方法を見つけ、長く続けられる仕事を探しましょう。

早期離職をしている

早期離職をしている方も転職活動で苦戦する場合があります。

早期離職は企業側に「仕事が長く続かない」といったネガティブなイメージを与えます。

履歴書で職歴を記入するため、面接で早期離職の理由を尋ねられることが大半です。

早期離職の理由をしっかりと説明できれば問題のないケースもありますが、まずは長く働ける環境をうまく見つけなければなりません。

企業リサーチが不足していると、入社後のギャップが生まれやすく早期離職につながるリスクを高めます。

自分の価値観とのすり合わせを行うためにも入社前の企業研究は非常に重要です。

適切な仕事環境が整えられているかどうかをはじめ、業務内容や評価基準などをしっかりと把握したうえで応募しましょう。

希望条件が高すぎる

20代の転職で苦戦する方は希望条件が高すぎるケースがあるため再度見直しを行いましょう。

希望条件が高すぎると選択肢が狭まるため、閲覧可能な求人が限られてしまいます。

そのため、求人探しの際にはまず企業側に求めるポイントを洗い出し、希望条件に優先順位をつけましょう。

絶対に譲れない条件と妥協できる条件とを明確にしておけば、柔軟な求人探しが可能です。

希望条件を柔軟に設定しておけば、多数の求人に目を通せます。

思わぬ業界やポジションの募集を見つけられる機会も増やせるため、転職の成功に近づきます。

自分の経験やスキルを活かせる職種やポジションを見極めつつ、希望条件にマッチした求人に応募しましょう。

自分の能力や魅力を伝えられていない

自分の能力や魅力を伝えることは転職活動で非常に重要です。

転職で苦戦する方は自己分析をしていても自分の強みをうまく伝えられていないケースが多い傾向があります。

企業側にうまく自分をアピールするためには、まずこれまでの仕事の具体的な実績や成果を洗い出しましょう。

自分の経験を振り返ることで、実際の業務でどれだけの結果や価値を生み出せたのかが明確になります。

また、自己PRや志望動機をわかりやすく伝えるためにはコミュニケーション能力の向上も大切です。

面接では簡潔かつ具体的な回答を心掛けながら相手が理解しやすい形で自分の強みや熱意を表現しましょう。

履歴書や職務経歴書への記載も面接同様に工夫し、自分のアピールポイントを詳細に書き加えてください。

20代女性が転職する前にするべきこと

20代の女性が転職する際には、まず次の3点を実施しましょう。

  • キャリアプランとライフプランを立てる
  • 仕事と結婚・出産などのライフイベントは両立できるのか
  • いつまでに何を達成したいのか明確にする

まずは自分のキャリアプランの過程やゴールを考えることが大切です。

いつまでに何を達成したいのかを明確にしておけば、自分のライフプランに合わせた転職活動が行えます。

仕事と家庭の両立を求める場合には、企業側の職場環境や福利厚生面をしっかりと確認しましょう。

転職先に「えるぼし認定」を受けた企業を選ぶのもおすすめです。

出典:厚生労働省 えるぼし認定、プラチナえるぼし認定 https://www.mhlw.go.jp/content/11900000/000594317.pdf (2024-1-19)

【関連】女性におすすめの転職サイト15選

キャリアプランとライフプランを立てる

キャリアプランとライフプランを立てることは、20代女性が転職を検討する上での重要なステップです。

まずは仕事の目標やキャリアのゴールを整理し、キャリアアップの時期を明確に定めて将来のビジョンを描きましょう。

同時に家庭やライフスタイルを考慮したライフプランを構築するとスムーズです。

結婚や出産、子育ての時期をあらかじめ決めておくと、休職期間と復帰時期が明確になります。

仕事を長く続けていくためには、仕事とプライベートのバランスが非常に大切です。

ワークライフバランスを考慮しながら自分らしいキャリアを築くためにも、転職活動を行う前にプランを明確にしましょう。

仕事と結婚・出産などのライフイベントは両立できるのか

仕事と結婚、出産などのライフイベントの両立も検討しましょう。

キャリアを優先するのか家庭と仕事を両立させるのかで、選択すべき求人も異なってきます。

仕事とライフイベントを両立させるためには、あらかじめライフプランやキャリアプランを構築しておく必要があります。

仕事の目標や結婚や子育てのタイミングをイメージし、将来のライフイベントに備えましょう。

仕事と家庭の両立には、企業の働き方や福利厚生制度も重要なポイントです。

女性は出産や子育てで一時的に休職するタイミングが生じるケースが大半ですが、復帰に向けての計画的なアプローチも心掛けましょう。

転職活動の際には、育児休暇や産前産後休暇をはじめ、子育て中のリモートワークなど柔軟な労働条件を提供している企業を選択しましょう。

いつまでに何を達成したいのか明確にする

転職活動を成功させるためには、いつまでに何を達成したいのかを定めておくことも大切です。

自分の目標やキャリアプランを具体的に構築すれば設定した目標を達成するために 何が必要なのか認識できます。

まずは、短期的なキャリア目標と中長期的なキャリア目標の両方を設定しましょう。

キャリア目標を立てることで、仕事の具体的な方向性がイメージしやすくなります。

また、目標は現実的に達成可能である内容にしましょう。

無理な目標はストレスやプレッシャーにつながるため、モチベーションを下げてしまうケースもあります。

定期的に目標の進捗を振り返り、必要に応じて調整を行いながらキャリアを着実に積み上げていきましょう。

20代男性が転職する前にするべきこと

20代の男性が転職する際には、まず次の3点を実施しましょう。

  • キャリアプランとライフプランを立てる
  • 自分の市場価値を明確にする
  • いつまでに何を達成したいのか明確にする

転職活動に入るには、まず自己分析を行い自分のスキルや強みを把握したうえでキャリアプランを明確にしましょう。

また、自分の市場価値を明確にするためにも希望する業界や企業の特徴に関するリサーチも重要です。

いつまでに何を達成したいのかを明確にしておけば、自分のライフプランもスムーズに構築できます。

キャリアプランとライフプランを立てる

20代の男性が転職を成功させるためには、キャリアプランとライフプランの策定が非常に重要です。

まずは自分の仕事の目標や興味を整理し、将来のビジョンをイメージして組み立てましょう。

また、キャリアプランと同時にライフプランの検討も必要です。

自分がキャリアアップしたい時期をはじめ、結婚や子育てのタイミングをあらかじめ決めておくとスムーズな転職活動につながります。

仕事を両立させるためには、柔軟な働き方や充実した福利厚生を掲げている企業選びが大切です。

自分のキャリアアップとライフイベントの時期をふまえた転職活動を実施し、満足度の高い職場への転職を成功させましょう。

自分の市場価値を明確にする

20代男性が転職を成功させるためにも、まずは自分の市場価値を明確にしましょう。

まずは自分の経験やスキル、取得している資格などを徹底的に洗い出します。

自己分析により自分の現在地が明確になるほか、今後必要となるキャリアを事前に把握できます。

また、自分の強みや価値が明確になると転職活動時に他の求職者と差をつけられるポイントの把握も可能です。

次に、業界のトレンドや需要の高いスキルなどをリサーチし、自分の経験やスキルを適用できるかどうかを見極めましょう。

転職市場の需要と供給を理解しておくと、転職活動をスムーズに進められます。

自分の市場価値を明確にしたあとは、履歴書や職務経歴書、面接時の回答などをアップデートしましょう。

自分の強みを具体的にアピールできれば、転職の成功にぐっと近づきます。

いつまでに何を達成したいのか明確にする

転職を成功させたい20代男性は、いつまでに何を達成したいのかを明確にしましょう。

キャリア目標の構築は目標達成に向けた仕事を進めていくために必要な要素です。

現実的かつ具体的な目標を設定すれば、設定した目標を達成するために何が必要なのか認識できます。

まずは短期的な目標を決め、その後中長期的な目標へと展開していきましょう。

スキルセットの向上や新たな資格取得、昇給や昇進、独立など自分のキャリアやライフプランに合わせたさまざまな目標を設定できます。

また、目標を効果的に達成するためには現実的な達成期限の設定も効果的です。

自分が定めた目標を定期的に振り返り、進捗状況を確認しながら自分の成長とキャリアアップを進めていきましょう。

20代の転職におすすめな業種

20代の転職におすすめな業種は次の5点です。

  • 営業職
  • 介護職
  • ITエンジニア
  • 建築関連
  • ドライバー

コミュニケーション能力が求められる営業職をはじめ、経験やスキルが重視されるITエンジニアもおすすめです。

また、介護職や建築関連、ドライバーなどは体力が必要とされる職種であるため20代の需要は十分にあります。

いずれも若い世代の柔軟性やアイディアを活かせる環境であるため、積極的に選択肢へ組み込みましょう。

参考:厚生労働省 「中途採用に係る現状等について 」https://www.mhlw.go.jp/content/12602000/000557900.pdf (2024-1-19)

営業職

営業職は20代の転職者にとって魅力的な選択肢です。

積極的なコミュニケーションや交渉力が必要とされる業種です。

営業にはチームワークも重要視されており、同僚やクライアントとの関係構築が必須であるため周囲との交流が得意な方におすすめです。

また、営業職は自分の成果が給与やキャリアに直結する点も魅力です。

自分の成長を感じられる成果主義の環境であるため、ノルマ達成によりキャリアの発展にも期待できます。

営業職は自分のパフォーマンスが評価される業種です。

上手なコミュニケーションや交渉を重ねれば、その分自分の成果に直結します。

自分が出した成果に応じた評価や報酬を得たい方は、ぜひ営業職も視野に入れてみましょう。

介護職

20代で転職する際には介護職もおすすめです。

成長産業である介護職は社会的な貢献度も強く、やりがいを感じやすい職場環境です。

また、仕事を進める中で介護技術やコミュニケーションスキルの向上にも期待できます。

介護には体力も必要であるため、十分な体力を兼ね備えている若い世代の需要が高い業種です。

また、介護者と密に関わる機会が多いため、自分のコミュニケーションスキルとともに他者との信頼関係を構築できます。

介護職は介護を通じて新しい価値観を見出したり、自分の成長を実感できたりする職場環境です。

社会的な意味を感じながら働けるため、人とのコミュニケーションが得意な方は介護職も視野に入れましょう。

ITエンジニア

20代の転職者におすすめな業種の一つがITエンジニアです。

急速に進化するテクノロジー分野では、新しいスキルの獲得や革新的なプロジェクトにチャレンジできます。

プログラミングやシステム開発をはじめ、クラウド技術や人工知能など、ITエンジニアの分野は多岐にわたります。

そのため、自分の興味関心や適性に合わせてキャリアを構築できる点が特徴です。

また、ITエンジニアの仕事には柔軟性が求められており、リモートワークの選択肢が増加傾向にあります。

成果主義の環境で実力がすぐに評価されるため、自分の成長やスキルの向上にも期待できます。

ITエンジニアは市場の需要に対して供給が少ない分野です。

常に人材が必要とされている業種であるため、興味のある方はぜひチャレンジしてみましょう。

建築関連

建築関連の職種は、20代の転職者にとって魅力的なキャリアの一つです。

建築デザイナーや施工管理者など、多岐にわたるポジションが存在するため自分の興味や専門性に合わせて職場を選択できます。

建築関連分野では新しい建築技術や環境に対する取り組みが重要視されているため、自己表現やクリエイティブな力を発揮できる点も魅力です。

また、プロジェクトの進行や完成に携わる機会が多いため仕事への手応えを実感しやすく、やりがいを感じられる環境でもあります。

建築業界はチームワークも求められるほか、さまざまな専門家との協力関係を築くためのコミュニケーション能力も必要です。

さまざまなスキルを磨ける業種であるため、自分を成長させたい方にもおすすめです。

ドライバー

20代の転職においては、ドライバーの仕事もおすすめです。

ドライバーには運送業や配送サービス、ライドシェアなどさまざまな分野の選択肢があります。

いずれの仕事でも地理的な知識やコミュニケーションスキルの向上に期待が持てます。

また、自分のスケジュールを柔軟に調整できることが多いため、仕事とプライベートの両立がしやすい点が魅力です。

配達や運送の場合には物流に関するスキルを高められるほか、新しいエリアや人との出会いが得られます。

また、運転と時間厳守が必須の業種であるため、安全運転やスケジュール管理のスキルも向上可能です。

積極的に働きながらさまざまなスキルを向上させたい20代の方にはドライバーは魅力的な選択肢の一つです。

20代の転職活動に適した服装

20代の転職活動に適した服装は男女問わずビジネススーツです。

ビジネススーツは清潔感や真面目で洗練された印象を与えます。

業界や企業のカルチャーに合わせたワイシャツやブラウスをスーツにあわせるとよいでしょう。

スーツに合わせるアクセサリーやヘアスタイルも清潔感のあるものがおすすめです。

面接時には特に服装や髪型が印象を左右します。

最も良い姿の自分で面接に挑み、企業へ好印象を与えましょう。

参考:ハローワーク 「就職・転職をスムーズに行うためには?面接時」 https://www.hellowork-search.careers/interview (2024-1-19)

20代女性の面接時の服装はビジネススーツがおすすめ

20代の女性が面接に臨む際、ビジネススーツが最も適切です。

リクルートスーツではなくビジネススーツを着こなしている方が社会経験を感じさせるため、面接時の好印象につながります。

堅苦しさを避けつつプロフェッショナルで誠実な印象を与えるためにも、黒やネイビーなどの濃い色が適切です。

また、スーツに合わせるアクセサリーやメイクは控えめなものを選びましょう。

ただし、希望する企業や業界によってはカジュアルなスタイルが求められるケースもあります。

そのため、企業の雰囲気や面接時におすすめの服装に関しての事前リサーチをしっかりと実施しましょう。

自分の個性を保ちつつも場の雰囲気に合わせた適切な服装を選ぶことで、自信を持って面接に臨めます。

20代男性の面接時の服装はビジネススーツがおすすめ

20代の男性が面接に臨む際には、ビジネススーツが最適です。

リクルートスーツではなくビジネススーツを着こなしている方が社会経験を感じさせるため好印象につながります。

スーツには清潔感のあるワイシャツやネクタイを選ぶことも大切です。

また、スーツが野暮ったく見えないようにサイズやシルエットにも注意しましょう。

自分の体にあわせた適切なスーツを選ぶためにも、まずは店頭でのフィッティングをおすすめします。

ただし、一部の業界や企業ではカジュアルなスタイルが求められるケースもあります。

企業側が求めている雰囲気に合わせた服装選びは転職成功への第一歩です。

適切な服装をチョイスするためにも、まずは企業のリサーチを徹底しましょう。

20代転職の際に面接でよく聞かれる質問3選

20代で転職する際に面接でよく聞かれる質問は次の3点です。

  • 人と接する上で大切にしていることはありますか?
  • 仕事をする上で大切にしていることはありますか?
  • 他に受けている企業はありますか?

面接では仕事に対する考え方や人物像をチェックしています。

面接をクリアするためには想定質問や回答内容の事前作成も大切です。

具体的な回答をあらかじめ用意しておけば、面接本番でより効果的な自己アピールができます。

面接でよく聞かれる質問や回答のポイントを確認し、自信を持って面接に臨めるように準備しましょう。

人と接する上で大切にしていることはありますか?

「人と接する上で大切にしていることは礼節をわきまえることです。

親しき仲にも礼儀あり、という言葉があるように、どんなに気心の知れた仲であっても最低限の礼儀は必要です。

そのため、感謝の気持ちや思いやりを忘れないように普段から気をつけています。

礼節をわきまえることで信頼関係もできるため、相手と長く関係を続けられると考えています。」

「人と接する上で大切にしていること」は人間性をチェックされる質問です。

そのため「人と接する上で大切にしていることがない」という回答はよい印象を与えません。

仕事にも応用できる内容の回答を行えば好印象につなげられるでしょう。

仕事をする上で何を大切にしていますか?

「仕事をする上で大切にしていることは、責任感とチームワークです。

責任感を持ち仕事に真摯に向き合うことは周囲への信頼につながります。

また、仕事は常に誰かと関わりながら進めるため、チームワークは仕事を成功させるために不可欠です。

責任感とチームワークを大切にしながら同じ方向へ向けて進んでいくことで、より良い成果を生み出せると考えています。」

「仕事をする上で大切にしていること」は人間性とアピールポイントを見られる質問です。

そのため「仕事で大切にしていることがない」という回答は避け、企業にアピールできる自分の強みを回答に織り交ぜてください。

また、プライベートを重視した内容の回答は避けた方がよいでしょう。

他に受けている企業はありますか?

「はい。現在、他のいくつかの企業とも面接の機会を頂いておりA社は1次選考の結果待ちです。

ただ、私はその中でも特に御社のプロジェクトに大きな魅力を感じています。

前職での経験やスキルを活かせる仕事でもあるため、ぜひ御社で働きたいと考えています。」

「他に受けている企業」についての質問は面接の最後に聞かれがちです。

企業側は会社に対する志望度の高さや早期離職のリスクをチェックしています。

実際に複数企業を受けていても、選考を優位に進めたいという気持ちから嘘をつくケースもあります。

しかし、面接官によっては競合他社の選考スケジュールを把握していることがあるため要注意です。

そのため、選考状況は正直に伝えたうえで企業側が納得できる回答を行いましょう。

参考:厚生労働省 「面接対策ガイドブック」 https://jsite.mhlw.go.jp/hokkaido-hellowork/content/contents/001009264.pdf (2024-1-19)

20代の転職|まとめ

20代は転職を成功させるためのベストタイミングです。

若手を求めている企業が多いため、まずは自分の希望に合致した企業のリサーチを徹底しましょう。

また、転職に関する相談やサポートを受けたい場合には転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントを利用すれば担当のキャリアアドバイザーに悩みや不安を相談しながら効率的に転職活動を行えます。

転職に求めているものを明確にしたうえで、自分の目的に合った転職エージェントを選びましょう。

SFAは活用されてこそ意味がある

ページ先頭へ戻る