東証スタンダード上場企業のジオコードが運営!営業組織を強くするWebマガジン

更新日:2024/07/16 

30代におすすめの転職サイト19選を条件別で比較|未経験やフリーター向けサイトも紹介

【PR】

「キャリアアップ、年収アップを狙いたい」
「育児と仕事を両立したい」
「未経験業種や業界に挑戦したい」

30代は転職の方向性が人それぞれ変わってくる年代です。

どの転職サイトを使うかで転職の成功が決まるので、自分になったサイトを当記事から見つけてください。

この記事で分かること

【30代におすすめ】転職サイト
リクルートエージェント ロゴ
リクルートの専任コンサルタントがフルサポートしてくれるリクルートエージェント。経験・実績を積んだ30代が狙いたい非公開求人を21万件以上保有※2022年9月度
公式サイトはこちら
dodaロゴ
豊富な求人数を誇るdoda。新しい仕事にチャレンジしたい方、これまでのキャリアを活かしたい方、どちらにもおすすめ。 公式サイトはこちら
ビズリーチ ロゴ
ビズリーチは年収アップを狙う30代におすすめ。転職後の平均年収は840万円※2021年1月時点。30代ハイクラス会員の実績 公式サイトはこちら

【監修】
ファイナンシャルプランナー
水野 崇

水野総合FP事務所代表。相談、執筆・監修、講師、取材協力など多方面で活躍する独立系ファイナンシャルプランナー。当サイトでは年収アップなどの観点から転職記事を監修。
【メディア掲載】毎日新聞東京新聞女性自身プレジデントオンライン日本FP協会 他


この記事の目次はこちら

30代におすすめの転職サイト10選

30代におすすめの転職サイトカオスマップ

まず、すべての30代の方におすすめの転職サイトです。

転職サイト特徴・強み
リクルートエージェントリクルート運営のエージェントサービス詳しく見る
ビズリーチ高年収・ハイクラスに強い詳しく見る
doda豊富な求人数に加え、エージェント・スカウト機能もあり詳しく見る
リクルートダイレクトスカウトリクルート運営のハイクラス特化サイト詳しく見る
JAC Recruitment管理職・専門職のハイクラス転職に特化詳しく見る
リクナビNEXTリクルートのメインサービス詳しく見る
DYM就職既卒・フリーター・ニート向けのエージェントサービス詳しく見る

各転職サイトごとに特徴や強みがあるので、自分にあったサイトを選んでください。

リクルートエージェント

ルクルートエージェント バナー

リクルートエージェントは、経験豊富なキャリアアドバイザーから自分の希望条件に適した求人の紹介や、転職サポートを受けられる転職エージェントです。

  • 独自に分析した企業や業界の情報を保有
  • 転職支援実績No.1(※)
  • 退職交渉もサポート

直接訪問による取材で独自に分析した企業や業界の情報を保有しているため、企業の内情を確認できる場合があります。

自己分析のやり方や履歴書の作成方法など転職に関するノウハウが公開されている点も、リクルートエージェントの魅力です。

働きながら転職先を探している30代の方は、内定後の退職交渉のサポートにも対応しているリクルートエージェントを利用しましょう。

公開求人数312,611件
費用無料
対象エリア全国
新着求人情報確認可能(500件)
エージェント機能
スカウト機能
主なサービス・求人紹介
・企業からの直接スカウト
・転職サポート
(2024年4月2日現在)

参考:リクルートエージェント.https://www.r-agent.com/.(2023-12-18)
※参考:リクルートエージェント.「リクルートエージェントの強み」https://www.r-agent.com/(2023.12.18)

ビズリーチ

ビズリーチ公式

ビズリーチは株式会社ビズリーチが運用するスカウト型のハイクラス転職サイトです。

  • 年収1,000万円以上の求人が全体の3分の1
  • プランは有料と無料の2種類
  • 登録後に企業やヘッドハンターから直接スカウトが届く

無料プランでは一部の機能を利用できますが、有料プランに登録すると全機能を利用できるようになります。

また、登録者の7割が自分の市場価値を確認するために利用しているため、市場価値を把握したい30代の方の利用もおすすめです。

ビズリーチ会員の7割以上は市場価値を知るためにビズリーチを利用しています。企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることで、あなたの市場価値を知ることができます。

隙間時間で求人を探したい方や求人紹介を効率よく受けたい30代の方は、ビズリーチの無料プランを利用しましょう。

公開求人数110,615件
費用・スタンダードステージ無料
・プレミアムステージ:有料
・プレミアムステージ:有料
30日間コース 5,478円 (税込) ※Web版からアップグレードする場合
月額5,500円(税込)※
対象エリア全国
新着求人情報非公開
エージェント機能
スカウト機能
主なサービス・企業からの直接スカウト
・ヘッドハンターからの直接スカウト
・専門アプリあり
(2024年4月2日現在)

参考:ビズリーチ.https://www.bizreach.jp/.(2023-12-18)

doda(デューダ)

doda 公式サイト

パーソルキャリア株式会社が運用するdoda(デューダ)は顧客満足度No.1の実績(※)がある総合転職サイトです。

  • 他の転職サイトでは非公開の30代向け求人あり
  • 顧客満足度No.1の実績あり
  • 面接確約オファーを受けられる

doda(デューダ)を仲介して企業から面接確約オファーが届くと、書類選考なしで面接を受けられます。

また、自分の希望条件やスキルなどに合った30代向けの求人が届き、希望条件や経歴などのレジュメの匿名公開や自分のページを閲覧できない企業の設定にも対応しているため、働きながら転職先を探している30代の方も安心です。

年収査定ツールやキャリアタイプ診断など自己分析できるツールが公開されているため、興味がある30代の方はぜひdoda(デューダ)を利用しましょう。

公開求人数240,795(非公開求人数含む)
費用無料
対象エリア全国
新着求人数確認可能(23,008件)
エージェント機能
スカウト機能
主なサービス・専用スタッフから求人提案
・職務経歴書や履歴書の添削
・面接対策のサポート
・企業からの直接スカウト
・自己分析ツールあり
(2024年4月2日現在)

参考:doda(デューダ)https://doda.jp/(2023-12-18)
※参考:オリコン顧客満足度ランキング.「転職エージェント 20代 満足度ランキング」https://career.oricon.co.jp/rank_shoukai/age/ (2023.12.18)

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト バナー

リクルートダイレクトスカウトは株式会社リクルートが運用するハイクラス転職求人が豊富な転職サイトです。

  • 年収800~1,000万円のハイクラス転職求人が豊富
  • レジュメを確認したヘッドハンターからスカウトが届く
  • 担当のキャリアアドバイザーを指名できる

年収800~1,000万円の求人が豊富なため、ハイクラス転職を目指している30代の方におすすめの転職サイトです。

転職先の希望条件や経歴などのレジュメは企業やヘッドハンターに向けて匿名で公開されるため、スカウトが届く場合があります。

また、リクルートダイレクトスカウトは担当のキャリアアドバイザーを指名できるため、実績や経験が豊富な担当者から転職サポートを受けられます。

公開求人数257,818件
費用無料
対象エリア全国
新着情報非公開
エージェント機能
スカウト機能
主なサービス・ヘッドハンター求人提案
・キャリアアドバイザーの転職サポート(指名可能)
・企業からの直接スカウト
(2024年4月2日現在)

参考:リクルートダイレクトスカウト.https://directscout.recruit.co.jp/ad/001/(2023-12-18)

JAC Recruitment

JAC Recruitmentは株式会社ジェイエイシーリクルートメントが運用する外資系企業の転職に強い転職エージェントです。

  • 外資系企業や海外進出企業の求人が豊富
  • 管理職や技術職など公開求人の職種が幅広い
  • 累計43万人以上の就労支援実績あり

JAC Recruitmentは累計43万人以上の豊富な就労支援実績があります。

また、外資系企業や海外進出企業の求人も豊富なため、外資系企業や海外進出企業に転職したい30代の方におすすめの転職エージェントです。

管理職や技術職など幅広い業種や職種の公開求人を取り扱っているため、興味がある30代の方はぜひJAC Recruitmentを利用しましょう。

公開求人数12,216件
費用無料
対象エリア・全国
・海外(シンガポールやマレーシアなど)
新着求人情報非公開
エージェント機能
スカウト機能
主なサービス・転職活動~転職後までサポート
・キャリアプランの提案
・おすすめ求人の紹介
・履歴書や職務経歴書の添削
(2024年4月2日現在)

参考:JAC Recruitment.https://www.jac-recruitment.jp/.(2023-12-18)

リクナビNEXT

リクナビNEXTは株式会社リクルートが運用する国内最大級の求人情報量を誇る転職サイトです。

  • グッドポイント診断で自分の強みが分かる
  • 履歴書と職務経歴書を作成できるツールあり
  • AIが自分におすすめの求人を提案

AIからおすすめ求人の提案を受けられるため、希望条件に合った30代向けの求人を効率的に見つけられます。

また、「グッドポイント診断」を受けると自分の強みが分かるため、自分のアピールポイントが分からない30代の方にもおすすめです。

公開求人146,000件
費用無料
対象エリア全国
新着求人情報確認可能(4,976件)
エージェント機能
スカウト機能
主なサービス・転職サービス
・企業から直接スカウト
・AIがおすす求人を提案
・自分の強みがわかるグッドポイント診断
・専用アプリあり
・転職成功ノウハウを公開
(2024年4月2日現在)

参考:リクナビNEXT https://next.rikunabi.com/ (2023-12-18)
参考:リクナビNEXT グットポイント診断 https://next.rikunabi.com/ (2023-12-18)

DYM就職

DYM就職は株式会社DYMが運用する、研修が充実した求人を多数保有する就職エージェントです。

  • 既卒者やフリーターの転職に強い
  • 就職できるまでエージェントがサポート
  • 内定確定後も相談可能

求人紹介から内定後までエージェントのサポートを受けられるため、初めて転職活動をする30代の方も安心です。

円満に退職したい方の相談にも対応しているため、働きながら転職先を探している30代の方はDYM就職を利用しましょう。

公開求人数非公開
費用無料
対象エリア非公開
新着求人情報非公開
エージェント機能
スカウト機能×
主なサービス・転職に関する相談
・面接対策サポート
・面接日や入社日の調整
・おすすめ求人の提案
・円満退職アドバイス
(2024年4月2日現在)

参考:DYM就職 https://www.dshu.jp/(2023-12-18)

パソナキャリア

パソナキャリアは株式会社パソナが運用する、30代から40代半ばの就職支援実績が豊富な転職サイトです。

  • 年収600~1,200万円のハイクラス転職求人が豊富
  • 就職支援実績が豊富な年代は30代から40代半ば
  • 47都道府県すべてに拠点あり

また、パソナキャリアでは主に年収600〜1,200万円の求人を取り扱っているため、ハイクラス転職を目指せます。

ハイクラス転職を目指している30代の方は、47都道府県すべてに拠点があるパソナキャリアを利用しましょう。

公開求人数35,414(全体の40%)
費用無料
対象エリア・全国
・海外(メキシコやタイ)
新着確認情報確認可能(2,393件)
エージェント機能
スカウト機能
主なサービス・模擬面接や面接のアドバイス
・応募書類の添削サポート
・転職相談
・企業からの直接スカウト
・おすすめ求人の提案
・応募先企業に雇用条件を確認
・応募作企業に年収交渉
・転職後のサポート
(2024年4月2日現在)

参考:パソナキャリア https://www.pasonacareer.jp/(2023-12-18)

マイナビエージェント

マイナビエージェントは業界専任制のキャリアアドバイザーが在籍する転職エージェントです。

  • オリコン顧客満足度調査満足度総合1位(※)
  • 求人紹介から内定までサポート
  • 業界に精通しているキャリアアドバイザーが担当

業界に精通しているキャリアアドバイザーが求人紹介から内定までサポートしてくれるため、初めて転職する30代の方も安心です。

夜間や土曜日もLINEやWebで気軽に相談できるため、相談しやすい転職エージェントを探している30代の方はマイナビエージェントを利用しましょう。

公開求人数57,337件
費用無料
対象エリア・全国
・海外
新着求人情報確認可能
エージェント機能
スカウト機能
主なサービス・職務経歴書の作成ツール
・応募書類の添削サポート
・模擬面接の実施
・面接のアドバイスを受ける
・夜間や土曜の相談に対応
・Web面談やLINE相談に対応
・おすすめ求人の提案
・年収交渉や入社日の調整
(2024年4月2日現在)

参考:マイナビエージェント https://mynavi-agent.jp/(2023-12-18)
※参考:オリコン顧客満足度ランキング.「転職エージェント 総合ランキング」https://career.oricon.co.jp/(2023-12-18)

ミドルの転職

参考:ミドルの転職 https://mid-tenshoku.com/(2023-12-18)

ミドルの転職はエン・ジャパン株式会社が運用する、30代を含むミドル層が対象の求人に特化したハイクラス転職サイトです。

  • ミドル層が対象の求人が豊富
  • 経営管理や管理部長など非公開のハイクラス転職求人あり
  • 非公開のおすすめ求人がスカウトで紹介される

公開求人を年収や役職などの条件で直感的に絞り込めるため、転職サイトの利用経験が浅い30代の方にもおすすめの転職サイトです。

ハイクラス転職求人を探している30代の方は、ミドルの転職を利用しましょう。

公開求人数265,466件
費用無料
対象エリア・全国
・海外(中国や韓国など)
新着求人情報検索結果から絞り込み可能
エージェント機能
スカウト機能
主なサービス・企業から直接スカウト
・おすすめ求人の提案
・応募書類の書き方サポート
・応募書類の添削
・面接のアドバイス
・年収交渉サポート
・入社後の待遇の確認と交渉
(2024年4月2日現在)

30代女性におすすめの転職サイト5選

30代女性におすすめの転職サイトポジショニングマップ

30代の女性は結婚や妊娠などでライフスタイルが変動しやすいため、女性に寄り添った転職サポートを受けられる次のような転職サイトがおすすめです。

  • リクルートエージェント
  • リクナビNEXT
  • パソナキャリア
  • type女性の転職エージェント
  • マイナビ転職女性のおしごと

転職サイトごとの特徴や30代の女性におすすめの理由などをそれぞれ解説します。

キャリアを形成したい方や自分のライフスタイルに合った求人を探したい30代の方は、ぜひ参考にしてください。

リクルートエージェント

ルクルートエージェント バナー

リクルートエージェントはワークライフバランスを重視できるため、ライフイベントが重なりやすい30代の女性におすすめのエージェント型転職サイトです。

  • ライフスタイルに合った求人を検討できる
  • 専用ページからおすすめの求人を確認しやすい
  • キャリア相談にも対応

以上の特徴から、ライフスタイルが変化したタイミングで転職を検討できます。

また、キャリアアドバイザーから紹介されるおすすめ求人の確認や応募を専用ページで気軽に行えます。

キャリア相談に対応しているため、自分の強みや今後のキャリア形成などで悩んでいる30代の方にもおすすめの転職サイトです。

特に、30代の女性は結婚や育児などで生活が変化しやすいため、リクルートエージェントを活用しライフスタイルに合った企業へ転職しましょう。

公開求人数312,611件
費用無料
対象エリア全国
新着求人情報確認可能(500件)
エージェント機能
スカウト機能
主なサービス・求人紹介
・企業からの直接スカウト
・転職サポート
(2024年4月2日現在)

参考:リクルートエージェント https://www.r-agent.com/(2023-12-18)

リクナビNEXT

リクナビNEXTには以下のポイントのような、女性が求人を探すサポートをしてくれる企画や機能が充実している転職サイトです。

  • 女性の転職特集から女性向け求人を確認できる
  • 女性ならではのキーワードで求人を絞り込める
  • AIがおすすめ求人を提案

リクナビNEXTの求人は「子育てママ活躍」や「女性管理職登用あり」など30代の女性が重視しているキーワードで絞り込み検索できます。

また、AIから自分に合った求人の提案を受けられるため、自分の適性や転職する職種・業種などが分からない30代の方にもおすすめの転職サイトです。

育児や仕事をしながら転職先を探している30代女性は、専用アプリやリクルートエージェントなどを活用して効率的に求人を見つけましょう。

公開求人146,000件
費用無料
対象エリア全国
新着求人情報確認可能(4,976件)
エージェント機能
スカウト機能
主な・転職サービス
・企業から直接スカウト
・AIがおすす求人を提案
・自分の強みがわかるグッドポイント診断
・専用アプリあり
・転職成功ノウハウを公開
(2024年4月2日現在)

参考:リクナビNEXT https://next.rikunabi.com/(2023-12-18)
参考:リクナビNEXT グットポイント診断 https://next.rikunabi.com/ (2023-12-18)

パソナキャリア

パソナキャリアは以下のポイントを特徴として働く女性のライフサポートやキャリアアップなど、さまざまな観点から女性のキャリアを支援しています。

  • 女性のキャリア支援に力を入れている
  • 全体の61.7%の方が年収アップ実績あり
  • 女性向けのイベントやセミナー、動画などが充実

転職後の年収がアップした方の割合は全体の61.7%を占めているため、キャリアを形成したい女性や年収を上げたい30代の方はパソナキャリアを利用しましょう。

公開求人数35,414(全体の40%)
費用無料
対象エリア・全国
・海外(メキシコやタイ)
新着確認情報確認可能(2,393件)
エージェント機能
スカウト機能
主なサービス・模擬面接や面接のアドバイス
・応募書類の添削サポート
・転職相談
・企業からの直接スカウト
・おすすめ求人の提案
・応募先企業に雇用条件を確認
・応募作企業に年収交渉
・転職後のサポート
(2024年4月2日現在)

参考:パソナキャリア https://www.pasonacareer.jp/(2023-12-18)

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェントは、女性のアドバイザーが全体の約99.9%を占めている女性の転職に特化した転職エージェントです。

  • 25年以上続く転職エージェントならではのサポート実績
  • 転職後のアフターフォロー
  • 女性の悩みや不安に寄り添うサポート

type女性の転職エージェントには上記の特徴があり、長く続いている転職エージェントならではの30代向け求人が見つかるかもしれません。

また、女性が長く働けるよう転職後のアフターフォローも充実しています。

女性ならではの悩みを気軽に相談できるため、女性の悩みや不安に寄り添うサポートを受けたい30代の方はtype女性の転職エージェントを利用しましょう。

公開求人2,315件
費用無料
対象エリア・全国
・海外
新着求人情報非公開
エージェント機能
スカウト機能
主なサービス・転職サポート
・キャリアに関する相談
・応募書類の添削
・面接のアドバイス
・求人への応募サポート
・おすすめ求人の提案
(2024年4月2日現在)

参考:type女性の転職エージェント https://type.woman-agent.jp/(2023-12-18)

マイナビ転職女性のおしごと

株式会社マイナビが運用するマイナビ転職女性のおしごとは、さまざまな働き方から求人を探せる女性特化型の転職サイトです。

  • 女性におすすめの求人に特化
  • 女性の転職に関するノウハウや役立ち情報が豊富
  • 女性向けキーワードで求人を絞り込みやすい

公開求人を絞り込み検索するために、働きやすい転職先を探す女性が重視しているキーワードが用意されています。

女性の転職に関するノウハウや転職に役立つ情報が豊富のため、エージェントのようなサポートを転職サイトで受けられる点も魅力です。

転職経験が浅い30代女性の方はぜひマイナビ転職女性のおしごとを利用しましょう。

公開求人数57,337件
費用無料
対象エリア・全国
・海外
新着求人情報確認可能(17,812件)
エージェント機能
スカウト機能
主なサービス・企業からの直接スカウト
・転職サポート
・女性の転職に関するノウハウや役立ち情報を公開
・女性向けのキーワードで求人の絞り込み検索が可能
(2024年4月2日現在)

参考:マイナビ転職女性のおしごと https://tenshoku.mynavi.jp/woman/(2023-12-18)

30代男性におすすめの転職サイト5選

30代男性におすすめの転職サイトポジショニングマップ

将来的なキャリアプランが具体的になる方の多い30代男性は、転職で充実したサポートが受けられる次のような転職サイトがおすすめです。

  • doda(デューダ)
  • リクナビNEXT
  • リクルートダイレクトスカウト
  • ビズリーチ
  • AMBI(アンビ)

転職サイトごとの特徴や30代の男性におすすめの理由などをそれぞれ解説します。

転職で年収UPを目指したりワークライフバランスを実現したい30代の男性は、ぜひ参考にしてください。

doda(デューダ)

doda 公式サイト

キャリアプランが明確になっていない30代男性は、自己分析ツール(※)が充実しているdoda(デューダ)がおすすめです。

  • 適職やキャリアタイプが診断できる
  • 年収や業種・職種など求人が幅広い

doda(デューダ)は自分の現状を分析する転職タイプ診断や、適職が分かるキャリアタイプ診断で自分の望むキャリアプランを明確にできます。

キャリアプランを立てて転職の軸を定めたい30代男性は、豊富な求人でさまざまなキャリアタイプに対応できるdoda(デューダ)を利用しましょう。

運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数240,795件(非公開求人を含む)
非公開求人数非公開
費用無料
対象エリア全国
新着求人情報確認可能(27,498件)
エージェント機能
スカウト機能
主なサービス・専用スタッフから求人提案
・職務経歴書や履歴書の添削
・面接対策のサポート
・企業からの直接スカウト
・自己分析ツールあり
・面接確約オファー
(2024年4月2日現在)

※参考:doda 転職時の自己分析のやり方(ツール・チェックつき) https://doda.jp/ (2023-12-18)

リクナビNEXT

ワークライフバランスを重視する30代の男性は、幅広い業種や職種、勤務形態の求人情報を扱うリクナビNEXTの利用がおすすめです。

  • 希望の条件で求人検索できる
  • AIがおすすめ求人を提案

働き方や転勤なしなどさまざまな条件で求人検索できるリクナビNEXTは、ワークライフバランスを実現したい30代男性にも向いている転職サイトです。

AIが希望の条件からおすすめ求人を提案してくれるため、幅広く求人を探したい30代男性はリクナビNEXTを利用しましょう。

運営会社株式会社リクルート
公開求人数146,000件
非公開求人数非公開
費用無料
対象エリア全国
新着求人情報確認可能(5,358件)
エージェント機能
スカウト機能
主なサービス・転職支援サービス
・企業からの直接スカウト
・AIがおすすめ求人を提案
・自分の強みが分かるグッドポイント診断
・専用アプリあり
・転職成功ノウハウを公開
(2024年4月2日現在)

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト バナー

転職で年収UPを目指す30代男性は、年収800〜1,000万円の求人が豊富なリクルートダイレクトスカウトの利用がおすすめです。

  • 年収800~1,000万円のハイクラス転職求人が豊富
  • レジュメを見たヘッドハンターからオファーが届く

リクルートダイレクトスカウトは登録したスキルや経歴を求める企業やヘッドハンターからスカウトが届く転職サイトです。

年収800~1,000万円の求人がボリュームゾーンとなるため、ハイクラス転職を希望する30代やキャリアアップしたい男性におすすめです。

運営会社株式会社リクルート
公開求人数257,818件
非公開求人数非公開
費用無料
対象エリア全国
新着求人情報非公開
エージェント機能
スカウト機能
主なサービス・ヘッドハンターの求人提案
・キャリアアドバイザーの転職サポート(指名可能)
・企業からの直接スカウト
(2024年4月2日現在)

ビズリーチ

ビズリーチ公式

ハイクラス転職を目指す30代男性は、求人の3分の1が年収1,000万円以上のビズリーチもおすすめです。

  • 経営幹部・管理職のハイクラス求人が豊富
  • 企業やヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは求職者・企業・ヘッドハンター全てに審査が設けられており、一定の基準を満たした優良な求人のみを取り扱う転職サイトです。

年収1,000万円以上のハイクラス求人も多数扱っているため、キャリアアップ転職を目指す30代男性はビズリーチを利用しましょう。

運営会社株式会社ビズリーチ
公開求人数110,615件
非公開求人数非公開
費用・スタンダードステージ:無料
・プレミアムステージ:有料30日間コース 5,478円(税込)
 ※Web版月額 5,500円(税込)※アプリ版
対象エリア全国
新着求人情報非公開
エージェント機能
スカウト機能
主なサービス・企業からの直接スカウト
・ヘッドハンターからの直接スカウト
・専用アプリあり
(2024年4月2日現在)

AMBI(アンビ)

若手ハイキャリア向け転職サイトであるAMBI(アンビ)は、年収500万円以上の転職を希望する30代男性におすすめです。

  • 選考前に合否可能性が分かる
  • 企業やヘッドハンターからスカウトが届く

AMBI(アンビ)では気になる企業に「興味あり」を示すと、応募前に合否可能性が◎・〇・△で判定されて選考にかかる時間が短縮できます。

年収500万円以上の求人に効率よくアプローチできるため、ハイキャリアの30代男性はAMBI(アンビ)を利用しましょう。

運営会社エン・ジャパン株式会社
公開求人数13,338件
非公開求人数非公開
費用無料
対象エリア・全国・海外
新着求人情報非公開
エージェント機能
スカウト機能
主なサービス・企業からの直接スカウト
・ヘッドハンターからの直接スカウト
・自己分析ツールあり
・入社決定後もサポート
(2024年4月2日現在)

出典:エン・ジャパン株式会社 https://en-ambi.com/ (2023-12-18)

30代業種・職種未経験からの転職におすすめの転職サイト6選

30代未経験転職におすすめの転職サイトポジショニングマップ

未経験の業種や職種への転職を検討している30代の方には、次の転職サイトがおすすめです。

  • リクルートエージェント
  • doda(デューダ)
  • リクナビNEXT
  • ハタラクティブ
  • DYM就職
  • キャリアスタート

転職サイトごとの特徴や業種、職種未経験の30代におすすめの理由などをそれぞれ解説します。

未経験の業種、職種に転職したい方やおすすめの転職サイトを知りたい30代の方は、ぜひ参考にしてください。

リクルートエージェント

ルクルートエージェント バナー

未経験の業種・職種に挑戦したい30代の方は、実績が豊富なキャリアアドバイザーが担当するリクルートエージェントの利用がおすすめです。

  • 専門領域に特化した転職支援を受けられる
  • 面接の結果に適した求人を紹介
  • 未経験転職でも安心の転職サポート

リクルートエージェントには、常に新しい人材を必要としているITやエンジニアなどの専門領域に特化した転職支援サービスが整っています。

また、未経験業種・職種への転職で不安な選考対策などの転職サポートが充実している点も魅力です。

未経験転職を成功させたい30代の方は、実績が豊富なキャリアアドバイザーが担当するリクルートエージェントを利用しましょう。

公開求人数382611件
費用240,724件
対象エリア全国
新着求人情報確認可能(500件)
エージェント機能
スカウト機能
主なサービス・求人紹介
・企業からの直接スカウト
・転職サポート
(2024年4月2日現在)

参考:リクルートエージェント https://www.r-agent.com/(2023-12-18)

doda(デューダ)

doda 公式サイト

未経験の業種や職種への転職を検討している30代の方は、自己分析ツールや選考対策が充実しているdoda(デューダ)の利用がおすすめです。

  • 自己分析ツールで自分の適職を診断できる
  • 応募書類の作成や面接対策のサポートあり
  • 自分の強みやアピールポイントを把握しやすい

行動パターンや性格などに適した職種や業種を診断する自己分析ツールでは、分析結果をもとに自分の適性に合った業種や職種に挑戦できます。

また、選考対策などの転職サポートが受けられるため、履歴書の書き方や面接に不安を感じている30代の方にもおすすめの転職サイトです。

履歴書や職務経歴書に記載する自分の強みやアピールポイントを把握したい30代の方は、doda(デューダ)の「自己PR発掘診断」(※)を活用しましょう。

公開求人数240,795(非公開求人数含む)
費用無料
対象エリア全国
新着求人数確認可能(23,008件)
エージェント機能
スカウト機能
主なサービス・専用スタッフから求人提案
・職務経歴書や履歴書の添削
・面接対策のサポート
・企業からの直接スカウト
・自己分析ツールあり
(2024年4月2日現在)

参考:doda(デューダ)https://doda.jp/(2023-12-18)
参考:doda(デューダ)「自己PR発掘診断」 https://doda.jp/ (2023-12-18)

リクナビNEXT

未経験業種・職種への転職を考えている30代の方は、

自分の強みが把握できるリクナビNEXTの利用がおすすめです。

  • 転職を成功させるためのノウハウが豊富
  • グッドポイント診断で自分の強みが分かる
  • おすすめの求人をAIが提案

リクナビNEXTの「グッドポイント診断」(※1)を活用すると、面接や履歴書などでアピールできる自分の強みを把握しやすくなります。

アピールできる強みの明確化は、30代の未経験転職においてとても重要です。

また、転職を成功させるためのノウハウも豊富のため、転職経験が浅い30代の方も安心です。

エージェント機能を利用したい30代の方はリクナビエージェントに登録し、リクナビNEXTと併用しましょう。

公開求人146,000件
費用無料
対象エリア全国
新着求人情報確認可能(4,976件)
エージェント機能
スカウト機能
主な・転職サービス
・企業から直接スカウト
・AIがおすす求人を提案
・自分の強みがわかるグッドポイント診断
・専用アプリあり
・転職成功ノウハウを公開
(2024年4月2日現在)

参考:リクナビNEXT https://next.rikunabi.com/(2023-12-18)
※1参考:リクナビNEXT グットポイント診断 https://next.rikunabi.com/ (2023-12-18)

ハタラクティブ

転職サポートをマンツーマンで受けられる、未経験OKの求人が豊富ハタラクティブの利用もおすすめです。

  • 未経験OKの求人が全体の約80%を占める
  • フリーターの転職に強い
  • 応募する企業ごとに面接対策や応募書類の添削を受けられる

面接対策や応募書類の添削を応募する企業ごとに受けられるため、96%以上の書類通過率と80%以上の内定率を実現しています。

丁寧なヒアリングで強みを引き出し、自分に合った仕事や求人を紹介してくれるため、未経験転職を考えている30代の方はハタラクティブを利用してみましょう。

公開求人数3,809件
費用無料
対象エリア全国
新着情報非公開
エージェント機能
スカウト機能×
主なサービス・キャリアアドバイザーの相談
・おすすめ求人の提案
・面接対策
・応募書類の添削
・LINE相談にも対応
・入社後のサポート
(2024年4月2日現在)

参考:ハタラクティブ https://hataractive.jp/(2023-12-18)

DYM就職

未経験の業種や職種への転職を検討している30代の方は、研修制度が整っている求人が多いDYM就職の利用がおすすめです。

  • 業界に特化したキャリアアドバイザーが担当
  • 研修制度が整っている求人が多い
  • 自己分析や求人提案などの転職をサポート

DYM就職はそれぞれの業界に特化したキャリアアドバイザーが担当するため、気になる職種や業種の事情を気軽に質問できます。

また、入社後のフォローも行ってくれるため、未経験業種・職種への転職でも転職後の不安や悩みを相談しやすいところも特徴です。

公開求人数非公開
費用無料
対象エリア非公開
新着求人情報非公開
エージェント機能
スカウト機能×
主なサービス・転職に関する相談
・面接対策サポート
・面接日や入社日の調整
・おすすめ求人の提案
・円満退職アドバイス
(2024年4月2日現在)

参考:DYM就職 https://www.dshu.jp/(2023-12-18)

キャリアスタート

未経験の業界や職種とのミスマッチを防ぎたい30代の方は、転職後の定着率が高いキャリアスタートの利用がおすすめです。

  • 業界未経験者やフリーターの転職に強い
  • 経験豊富なアドバイザーがマンツーマンでサポート
  • 転職後の定着率が92%以上

経験豊富なアドバイザーが一人ひとりの適性に合った求人を提案するため、転職したい職種や業界が決まっていない30代の方も気軽に相談できます。

公開求人数非公開
費用無料
対象エリア主に関東(関東以外の求人もあり)
新着求人情報非公開
エージェント機能
スカウト機能
主なサービス・ZOOM相談や電話相談に対応
・おすすめ求人の提案
・企業からの直接スカウト
・履歴書対策
・面接対策
・自己分析をサポート
(2024年4月2日現在)

参考:キャリアスタート https://careerstart.co.jp/ (2023-12-18)

30代フリーターにおすすめの転職サイト5選

30代フリーターにおすすめの転職サイトポジショニングマップ

フリーターから正社員を目指す30代の方には次の転職サイトがおすすめです。

  • リクルートエージェント
  • リクナビNEXT
  • DYM就職
  • doda(デューダ)
  • JAIC

転職サイトごとの特徴やフリーターから正社員を目指す30代の方におすすめの理由などをそれぞれ解説します。

フリーターよりも昇給がしやすく福利厚生が充実している正社員に転職したいフリーターの方や、30代向けの転職サイトを知りたい方はぜひ参考にしてください。

リクルートエージェント

ルクルートエージェント バナー

リクルートエージェントは内定後の退職交渉にも対応しているため、アルバイトをしながら転職活動を行っている30代フリーターにもおすすめです。

  • 面接日や入社日の調整・退職交渉に対応
  • 転職支援実績No.1

実績が豊富なキャリアアドバイザーが、おすすめ求人の紹介から面接日・入社日の調整などもサポートします。

正社員を目指している30代のフリーターは、転職支援実績No.1のリクルートエージェントを利用しましょう。

公開求人数382,611件
費用240,724件
対象エリア全国
新着求人情報確認可能(500件)
エージェント機能
スカウト機能
主なサービス・求人紹介
・企業からの直接スカウト
・転職サポート
(2024年4月2日現在)

参考:リクルートエージェント https://www.r-agent.com/(2023-12-18)

リクナビNEXT

働きながら正社員の求人を探している30代のフリーターには、専用アプリから求人を気軽に確認できるリクナビNEXTの利用がおすすめです。

  • グッドポイント診断で自分の強みが分かる(※1)
  • 応募書類作成ツールや専用アプリが便利
  • リクルートエージェントに登録するとエージェント機能を利用できる

転職にかかる時間を可能な限り抑えるためにも、履歴書や職務経歴書などの応募書類を作成できるツールをぜひ活用しましょう。

「グッドポイント診断」を活用すると診断結果で把握した自分の強みを面接時にアピールできるのでおすすめです。

リクナビNEXTと同じ株式会社リクルートが運用する「リクルートエージェント」に登録すると、エージェント機能を利用できるようになります。

公開求人146,000件
費用無料
対象エリア全国
新着求人情報確認可能(4,976件)
エージェント機能
スカウト機能
主な・転職サービス
・企業から直接スカウト
・AIがおすす求人を提案
・自分の強みがわかるグッドポイント診断
・専用アプリあり
・転職成功ノウハウを公開
(2024年4月2日現在)

参考:リクナビNEXT https://next.rikunabi.com/(2023-12-18)
※1参考:リクナビNEXT グットポイント診断 https://next.rikunabi.com/ (2023-12-18)

DYM就職

今後のキャリアプランや、これまでに培ってきた経験の棚卸しなどをキャリアアドバイザーがサポートしてくれるDYM就職の利用もおすすめです。

  • 既卒者やフリーターの転職に強い
  • 経験の棚卸しをキャリアアドバイザーがサポート
  • 退職に関する相談に対応

また、入社日の調整や円満に退職するためのアドバイスなど、内定後もサポートを受けられます。

正社員を目指しているフリーターや30代の方は、フリーターの転職に強いDYM就職を利用してください。

公開求人数非公開
費用無料
対象エリア非公開
新着求人情報非公開
エージェント機能
スカウト機能×
主なサービス・転職に関する相談
・面接対策サポート
・面接日や入社日の調整
・おすすめ求人の提案
・円満退職アドバイス
(2024年4月2日現在)

参考:DYM就職 https://www.dshu.jp/(2023-12-18)

doda(デューダ)

doda 公式サイト

dodaではスキルなどが記載されているレジュメに個人情報が掲載されていないため、アルバイトをしながら転職先を探している30代フリーターにもおすすめです。

  • レジュメの匿名公開に対応
  • 顧客満足度No.1の実績あり
  • 面接確約オファーを受けられる

また、特定の企業が自分のレジュメを閲覧できないように設定できるため、退職時のトラブルを予防できます。

書類選考なしでスカウトされた企業の面接を受けられるdoda(デューダ)の「面接確約オファー」を活用して、転職活動を効率的に行いましょう。

公開求人数240,795件(非公開求人数含む)
費用無料
対象エリア非公開
新着求人情報非公開
エージェント機能
スカウト機能×
主なサービス・転職に関する相談
・面接対策サポート
・面接日や入社日の調整
・おすすめ求人の提案
・円満退職アドバイス
(2024年4月2日現在)

参考:doda(デューダ)https://doda.jp/(2023-12-18)

JAIC

株式会社ジェイックが運用するJAICは、求人企業非公開で一人ひとりに適した求人を紹介してるため、30代のフリーターにおすすめです。

  • 求人企業非公開で求人を紹介
  • 18年以上の就職支援実績あり
  • フリーターや業界未経験から正社員を目指せる

JAICは求人企業の質を重視しているため、採用人数が多い企業や退職者が多い企業を除く「優良企業」の求人のみを取り扱っています。

JAICはフリーターや業界未経験者が応募しやすいため、興味がある30代の方はぜひ登録しておきましょう。

公開求人数非公開
費用無料
対象エリア全国
新着求人情報非公開
エージェント機能
スカウト機能
主なサービス・専任アドバイザーのサポート
・無料就職講座の受講
・最大20社の同時面接(書類選考なし)
・入社後の悩み相談に対応
・大学やt何段など中退者向けの就職支援コースあり
(2024年4月2日現在)

参考:JAIC https://www.jaic-college.jp/useful/(2023-12-18)

30代子持ちママにおすすめの転職サイト4選

30代子持ちにおすすめの転職サイトポジショニングマップ

厚生労働省の『令和3年度「出生に関する統計」の概況』(※)によると、女性が第一子を出産する平均年齢は30歳です。そのため、育児をしながら転職先を探す子持ちの30代は珍しくありません。

育児と仕事を両立させたい子持ちの30代におすすめの転職サイトは次のとおりです。

  • doda(デューダ)
  • リアルミーキャリア
  • 女の転職type
  • ママリブラ

転職サイトごとの特徴や30代子育て中の方におすすめの理由などをそれぞれ解説します。


※参考:厚生労働省.『令和3年度「出生に関する統計」の概況』 https://www.mhlw.go.jp/(2023-12-18)

doda(デューダ)

doda 公式サイト

30代子持ちの方は、子持ち女性向けのセミナーを実施しているdoda(デューダ)の利用がおすすめです。

  • 女性の悩みに寄り添った転職サポート
  • 女性向けの自己分析ツールあり
  • 女性のキャリアアドバイザーを希望できる

doda(デューダ)には女性向けの求人を検索しやすい女性向けの転職サイトWoman Career(ウーマン・キャリア)」があります。

女性のキャリアアドバイザーに担当して欲しいと希望を出せるため、育児やキャリア形成など女性の悩みに寄り添った転職サポートを受けやすいです。

また、女性向けの自己分析ツール「モヤモヤ解消診断」(※)を受けると、働く女性が仕事やプライベートで抱きやすい悩みを解消するヒントを把握しやすくなります。

公開求人数382,611
費用無料
対象エリア非公開
新着求人情報非公開
エージェント機能
スカウト機能×
主なサービス・転職に関する相談
・面接対策サポート
・面接日や入社日の調整
・おすすめ求人の提案
・円満退職アドバイス
(2024年4月2日現在)

参考:doda(デューダ)https://doda.jp/(2023-12-18)
※参考:doda モヤモヤ解消診断 https://doda.jp/ (2023-12-18)

リアルミーキャリア

育児とキャリア形成を両立させたい30代の方は、時短正社員への転職支援No.1の実績があるリアルミーキャリアの利用がおすすめです。

  • 時短正社員への転職支援No.1の実績あり
  • 育児中のアドバイザーが転職をサポート
  • アドバイザーが希望条件に合った求人を紹介

求人非公開でアドバイザーが一人ひとりの希望条件やスキル、経歴などに合った求人を紹介します。転職後のミスマッチを防ぎたい30代の方にもおすすめです。

育児中のアドバイザーが担当するため、子持ち女性ならではの悩みに寄り添った転職サポートを受けられます。

時短正社員を目指している子持ちの30代女性は、ぜひ時短正社員への就職支援実績があるリアルミ―キャリアを利用しましょう。

公開求人非公開
費用無料
対象エリア主に東京23区と大阪市
新着情報非公開
エージェント機能
スカウト機能×
主なサービス・キャリアアドバイザーの面談
・おすすめ求人を提案
・職務経歴書の添削
・面接対策
・選考や内定のサポート
・オンライン面談
・LINE相談
(2024年4月2日現在)

参考:リアルミーキャリア https://www.realme-career.com/(2023-12-18)

女の転職type

育児と両立しながらキャリアを積み重ねていきたい30代の方は女の転職typeの利用がおすすめです。

  • 正社員で長く働きたい女性向けの求人が豊富
  • 自分への関心が高い企業の確認が可能

「#育児と両立しやすい」や「#女性管理職在籍」など、正社員で長く働きたい子持ち女性が気になっているキーワードを気軽に検索できます。

自分の希望条件と企業の希望条件がマッチしている「自分への関心が高い企業」を確認できるので、自分に合った求人を効率よく見つけられます。

30代の子持ち女性や正社員で長く働きたい方は、女の転職typeを利用しましょう。

公開求人数1,844件
費用無料
対象エリア・全国
・海外
新着情報確認可能(890件)
エージェント機能
スカウト機能
主なサービス・おすすめ求人の提案
・転職ノウハウの公開
・企業からの直接スカウト
・自分への関心が高い企業の確認
・女性向け求人のみ確認
・自己分析ツールあり
(2024年4月2日現在)

参考:女の転職type. https://woman-type.jp/(2023-12-18)

ママリブラ

ワーキングマザー専門のキャリアアドバイザーから転職支援を受けられるママリブラの利用もおすすめです。

  • ワーママ転職専門のキャリアアドバイザーが担当
  • 求人非公開で希望条件に最適な企業を紹介
  • 入社後半年間のサポート体制付き

ママリブラはこれまで培ってきたキャリアやスキルを活かせる、ハイキャリア転職の求人を豊富に取り扱っています。

取り扱いのある求人はすべて非公開ですが、面談でヒアリングした一人ひとりの経歴やスキル、希望条件に最適な企業の紹介を受けられるため安心です。

また、転職後半年間のサポート体制が整っているため、入社後の悩みも気軽に相談できます。

ハイキャリア転職を目指している30代の子持ち女性はママリブラを利用しましょう。

公開求人数非公開
費用無料
対象エリア非公開
新着求人情報非公開
エージェント機能
スカウト機能×
主なサービス・ワーママ転職専門キャリアアドバイザーの転職サポート
・おすすめ求人の提案
・履歴書作成のアドバイス
・面接対策
・入社半年間の相談サポート
(2024年4月2日現在)

参考:ママリブラ https://www.mamalibra.jp/(2023-12-18)

30代向け転職サイトの上手な選び方

30代向け転職サイトの選び方

転職サイトにより特化している職種や雇用形態、主なサービス内容が異なります。

以下のポイントを参考に30代の方は自分に合った転職サイトを選びましょう。

  • 30代の転職に特化した転職サイトを選ぶ
  • 経験がある業種に特化した転職サイトを選ぶ
  • エージェント型の転職サイトを選ぶ

30代の転職に特化した転職サイトを選ぶ

30代が転職サイトを選ぶときは、30代の転職に特化した転職サイトを選びましょう。

なぜなら、30代は結婚や育児、キャリア形成など人により重要視したいポイントが異なる年代だからです。

例えば、年収を800万円以上にしたい30代の方には以下、ハイクラス転職サイトが適しています。

リクルートダイレクトスカウト・800~1000万円の求人が豊富
・キャリアアドバイザーのサポートがある
無料登録
ビズリーチ・求人の1/3が1000万円以上の求人
・企業やヘッドハンターから
 直接スカウトが届く
無料登録
JAC Recruitment・管理職、専門職のハイクラス転職に特化
・外資系、グローバル企業にも強い
無料登録

【監修者のコメント】

30代は転職で年収アップが可能ですが、転職市場には「35歳転職限界説」があるとされ、特に未経験分野への転職は好条件が難しくなります。
また、転職後すぐに住宅ローンを組む場合など、勤務先の規模によっては勤続年数がリセットされ個人の信用力が一時的に低下します。転職により収入が減ると、ローンの返済が困難になる可能性もあります。
このように、30代の転職はライフイベントと合わせた総合的な判断が求められます。


その他にも、30代女性の転職に特化している転職サイト、30代職種未経験者の求人が豊富な転職サイトなど、転職サイトにより特化している内容は異なります。

自分に適した求人を見つけるためにも、30代向けの求人数が豊富な転職サイトを選びましょう。

経験がある業種に特化した転職サイトを選ぶ

キャリアアップや年収アップを希望する30代の方は、経験がある業種に特化した転職サイトを選びましょう。

なぜなら、30代の転職ではこれまでの経験やスキルが重視されるからです。

個人としての活躍だけでなく、組織により良い影響を与えて貢献できる人材が求められる傾向があります。マネジメント経験や高度な専門性がある場合は、評価につながりやすいでしょう。


出典:リクルートエージェント.「30代の転職は厳しい? 未経験・スキルなしでも可能? 成功のコツを紹介」.https://www.r-agent.com/guide/article15262/.(2023-12-18)

また、自分の強みや自分に適した職種などを無料で診断できる自己分析ツールを用意している転職サイトもあります。

キャリアアップ・年収アップなど希望する30代の方は自己分析ツールを活用し、経験がある業種に特化している転職サイトから求人に応募しましょう。


参考:京の町企業訪問 【自己分析】”自己”を”分析”する方法を知ろう https://kigyo.city.kyoto.lg.jp/ (2023-12-18)

エージェント型の転職サイトを選ぶ

転職したい30代の方にはエージェント型の転職サイトがおすすめです。

なぜなら、エージェント型の転職サイトは自分の悩みや条件に適した非公開求人の紹介や、企業の情報を共有してもらえる場合があるからです。

履歴書と職務経歴書の添削や面接のアドバイスのみでなく、年収交渉や円満退職サポートなどにも対応している転職サイトもあります。

転職サイトにより特化している業種やサービス内容

30代が転職サイトを利用するメリット

転職サイトを利用するメリット

30代が転職サイトを利用するメリットは次の2つです。

  1. スカウト機能がある
  2. 採用担当者と直接やり取りできる

転職サイトならではの魅力を知りたい方や転職サイトを利用すべきか迷っている30代の方は、ぜひ参考にしてください。

メリット①:スカウト機能がある

スカウト機能がある転職サイト4つ

スカウト機能がある転職サイトを利用すると、勤務地や年収など希望条件や履歴書に適した企業からスカウトが届きます。

自分で求人を検索して応募するだけでなく、興味を持ってくれた企業からのスカウトも受けられるため、転職活動を効率的に行いたい30代の方におすすめです。

また、特定の企業から自分のページを閲覧できないように設定も可能です。働きながら転職先を探したい30代の方も安心してください。

メリット②:採用担当者と直接やり取りできる

転職サイトは企業の採用担当者と直接やり取りできるため、認識のずれが生じにくいです。

また、転職エージェントは面接日や入社日などの連絡をキャリアアドバイザーが仲介しますが、転職サイトは直接やり取りできるため伝達ミスを防げます。

仕事の合間時間で見つけた求人へ自分のタイミングで応募ができ、スムーズにやり取りできる点も転職サイトの魅力です。

スカウト機能を活用したい方や企業の採用担当者と直接やり取りしたい30代の方は、転職サイトの利用を検討しましょう。

30代が転職サイトを利用するデメリット

転職サイトを利用するデメリット

一方で、30代が転職サイトを利用すると次のようなデメリットを感じる可能性があります。

  1. 自力で求人を探す手間がかかる
  2. 選考の対策サポートが受けられない

自分に合った方法でスムーズに転職先を探すためにも、転職サイトのメリットのみでなくデメリットも把握しておきましょう。

デメリット①:自力で求人を探す手間がかかる

エージェント機能がない転職サイトは求人紹介を受けられない場合が多いため、自力で求人を探す必要があります。

また、毎日のように新着求人が更新されていても人気の求人は応募が殺到するため、タイミングを逃すと応募できない場合もあります。

求人を探す時間を確保できない方や求人を探す手間を省きたい30代の方には、エージェント機能がある転職サイトがおすすめです。

デメリット②:選考の対策サポートが受けられない

履歴書や職務経歴書の添削や面接対策など、選考に関するサポートを受けられない転職サイトもあります。

また、一部の転職サイトでは年収交渉や労働条件の交渉、円満退職のアドバイスなどを受けられますが、対応していない転職サイトも多いため確認が必要です。

転職サイトと転職エージェントの両方を運用している場合もあるため、選考の対策サポートを受けたい30代の方は転職エージェントへの登録も検討しましょう。

転職サイトを利用する流れ

転職サイトを利用する流れ

転職サイトを利用する流れは次の5ステップです。

  1. 転職サイトに登録する
  2. 求人を検索し応募する
  3. 履歴書と職務経歴書を準備する
  4. 面接に行く
  5. 内定

転職サイトを利用してスムーズに転職先を探したい30代の方は必ず確認しておきましょう。

Step1:転職サイトに登録する

利用したい転職サイトを見つけたら名前や住所、メールアドレスなどの個人情報を入力して、転職サイトに登録しましょう。

転職サイトにより登録の流れや入力を求められる内容は異なるため、スムーズに手続きを行うためにも公式サイトで確認しましょう。

エージェント型の転職サイトでは、登録後にキャリアアドバイザーとの面談が実施され自分の希望条件に合った求人の紹介を受けられます。

そのため、キャリアアドバイザーには今までの経歴や実績を正直に伝え、今後のキャリアプランを正確に理解してもらえるよに自己分析やキャリアの棚卸をして事前に準備をしておきましょう。

また、キャリアアドバイザーの評判は口コミで確認できるので、もしキャリアアドバイザーに不安を感じたら参考にしてください。

Step2:求人を検索し応募する

転職サイトへ登録したら自分の希望条件にあった求人を探しましょう。気になる求人に自分のタイミングで応募できるため転職先を気軽に探せます。

自分の条件に合った求人をスムーズに見つけるためにも、次のような条件や希望する職種や業界、雇用形態、対象エリアなどで絞り込み検索をしましょう。

  • 子持ちの女性:「育児と両立できる」や「土日祝休み」など
  • フリーターの方:「正社員」や「経験者優遇」など
  • 未経験から挑戦したい方:「未経験OK」や「研修あり」など

また、エージェント機能がある転職サイトは、キャリアアドバイザーのみが閲覧できる非公開求人がある場合があります。

キャリアアドバイザーは自分の登録情報や希望条件に合った求人を紹介しているため、求人紹介をスムーズに受けるためにも登録情報を充実させておきましょう。

Step3:履歴書と職務経歴書を準備する

気になる求人に応募したら企業に提出する履歴書と職務経歴書を準備しましょう。履歴書や職務経歴書をもとに書類選考が行われます。

履歴書による書類選考が行われる場合は、面接選考まで進むことを最優先に考えて、採用担当者に「この人に会って面接してみたい。」と思わせるよう、履歴書の内容をよく練って作成することが求められます。


出典:厚生労働省.「書類選考が行われる場合には」.https://www.hellowork.mhlw.go.jp/(2023-12-19)

履歴書や職務経歴書の書き方のノウハウや自分の強みを知れる無料の診断ツールなどを公開している転職サイト(※)もあるため確認しておきましょう。

また、エージェント機能がある転職サイトの場合は履歴書や職務経歴書の添削や面接のアドバイスなどの転職サポートが受けられる可能性があります。

履歴書や職務経歴書の書き方や面接が不安な方、30代の転職を成功させたい方はぜひエージェント機能がある転職サイトを選びましょう。

※参考:doda キャリアタイプ診断 https://doda.jp/(202-12-19)

Step4:面接に行く

書類選考に通ったら面接に行きましょう。面接の方法は企業に行く方法オンラインで面接を受ける方法の2種類です。

面接では履歴書や職務経歴書に記載した内容の確認や応募した理由などを聞かれる場合が多いため、スムーズに返答できるように練習しておきましょう。

面接を受ける前の心得

経歴、志望動機などを事前に整理しておく

●自分のこれまでの職務経歴 

●志望動機 

●自分が持っている希望 

●前社の退職理由 

●長所・短所、特技 

●趣味

……など、予想される質問について事前に整理し、明確に答えられるように準備しておく。


出典:東京労働局.「面接の心得」.https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-hellowork/(2023-12-19)

また、面接は転職先の採用担当者と直接やり取りできる貴重な場です。

仕事内容や労働条件などに関する不明点や疑問点がある方は、転職後に後悔しないためにも面接時に確認しておきましょう。

東京ハローワークでは自分から質問する場合の注意点として以下のように述べています。

自分から質問をする場合には、仕事の内容、必要な技能の程度など職務に関することがらを中心に行い、賃金や労働条件について質問する場合には、ある程度職務に関して話し合った面接の後半部で行うようにする。


出典:東京労働局.「面接の心得」.https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-hellowork/.(2023-12-19)

Step5:内定

書類選考と面接を通過したら内定が決まります。

退職の意思を退職日の1か月前までに伝えることを定めている企業が多いため、働きながら転職先を探している方は内定をもらったら早めに退職の意思を伝えましょう。

正社員などのように、あらかじめ契約期間が定められていないときは、労働者は少なくとも2週間前までに退職届を提出するなど退職の申し出をすれば、法律上はいつでも辞めることができます(会社の就業規則に退職手続きが定められている場合はそれに従って退職の申し出をする必要があります)。


出典:厚生労働省.「第5章 仕事を辞めるとき、辞めさせられるとき」.https://www.mhlw.go.jp/.(2023-12-19)

また、転職先への入社日も退職日を考慮したうえで相談する必要があります。

退職の意思を申し出てから退職する前の期間は企業により異なるため、スムーズに転職するためにも就業規則を確認しておきましょう。

エージェント機能がある転職サイトや転職エージェントの場合、キャリアアドバイザーが入社日や労働条件の交渉をしてくれる場合があります。

円満に退職するためのアドバイスを受けられる転職サイトもあるため、自分がサポートして欲しいサービスが含まれている転職サイトを選びましょう。

30代で転職を考えるのは遅い?

30代はこれまでの経験や実績を元に転職活動を行えるため、遅いどころか転職には最も適したタイミングです。

当サイトのアンケートでも転職したことのある方の年代で最も多かったのは30代でした。

転職に関するアンケート「2.年代を教えてください」

転職に関するアンケートより

しかし、30代では20代よりも応募できる業種や職種が少なくなる傾向もあります。

30代の転職を後悔しないためにも、30代で転職するメリットとデメリットを把握してから転職サイトを利用しましょう。

30代で転職するメリット

30代で転職するメリットはこれまで培ってきた経験やスキルなどを活かして即戦力で働ける点です。

30代の転職は入社後に一から育成する手間やコストがかからないため、企業にとってもメリットです。

給与やボーナスなどの賃金を決める評価の基準は企業ごとに異なるため、資格や働いた経験のある職種に転職したときに年収が上がる可能性があります。

さまざまな経験をしている30代は自分に合わない職種がわかるため、転職後の後悔や早期退職などにつながりにくいです。

30代はこれから活躍していける若い年代に含まれるため、転職を検討している方は30代に転職しましょう。

30代で転職するデメリット

30代の転職はこれまでの経験やスキルなどが重視されやすい一方で、30代が未経験OKの求人に応募しても採用されない可能性があります。

なぜなら、20代と比較すると30代の育成に充てられる期間は短いからです。

また、家や車などのローンを組む場合の審査では年収額と同じくらい勤続年数が重視されるため、30代で転職すると社会的な信用が一時的に低くなる可能性があります。

金融機関が融資を行うときの審査項目として、国土交通省の調査では以下の結果が出ています。

「完済時年齢」(99.0%)、「健康状態」(98.5%)、「担保評価」(98.2%)、「借入時年齢」 (96.9%)、「年収」(95.7%)、「勤続年数」(95.6%)、「連帯保証」(94.2%)等については、 引き続き、9割以上の機関が融資を行う際の審査項目としている。


出典:国土交通省.「令和元年度 民間住宅ローンの実態に関する調査 結果報告書」.https://www.mlit.go.jp/report/.(2023-12-19)

転職後にローンの審査が通らなくなる場合もあるため、車や家などのローン審査を検討している30代の方は転職するタイミングに気をつけましょう。

30代の平均転職回数は2~3回

厚生労働省の「雇用の構造に関する実態調査」(※)では、30代の平均転職回数は2〜3回と回答した方が多いという結果が出ています。

転職回数が多いランキング30~34歳の平均転職回数(割合)35~39歳の平均転職回数(割合)
1位1回(27.1%)3回(25.0%)
2位2回(24.9%)2回(22.2%)
3位3回(23.6%)4回(17.5%)

30~34歳の平均転職回数は1回の方が全体の27.1%、2回または3回と回答した方は全体の48.5%を占めています。

一方で、34〜39歳の平均転職回数は3回の方が全体の25.0%、2回と回答した方は全体の22.2%を占めた結果になりました。

30代は複数の企業で働いた経験がある方が多いため、転職後の職種のミスマッチや年収アップを目指せます。


※参考:厚生労働省.「雇用の構造に関する実態調査」https://www.e-stat.go.jp/stat-search/(2023-12-19)

30代前半と後半では転職難易度が違う

30代前半と後半では転職難易度が異なります。なぜなら、未経験の職種に転職する場合はスキルや経験を培う期間を要するからです。

30代後半は30代前半よりも就職難易度が高いため、未経験の職種に応募する場合は30代前半までに応募しましょう。

30代をターゲットにした求人には「未経験OK」を掲げるものがまだ少なく、特に30代後半になると未経験で採用される数が一気に減る傾向があり、求職者にとって選択肢が少ないことも、転職の難易度を上げる一因になっています。


出典:リクルートエージェント.「30代で未経験での転職は厳しい?転職におすすめの業界・職種と成功に近付くポイント」.https://www.r-agent.com/.(2023-12-19)

一方で、人手不足の業界や職種に応募する場合は、経験やスキルがない30代後半の方も採用される可能性があります。

30代の方が未経験の職種に応募するときは、求人に応募するタイミングや応募する職種などに気をつけましょう。

30代の主な転職理由

30代の転職理由

転職理由が曖昧な状態で転職先を決めると、転職後に後悔する恐れがあります。転職を成功させるためにも自分の転職理由を明確にしておきましょう。

厚生労働省のホームページから全年代の離職理由(※)を確認できます。

30代が転職を検討する主な理由は次の3つです。

  • 労働時間や休日などの労働条件が悪い
  • 職場の人間関係が悪い
  • 仕事にやりがいを感じない

転職理由として挙げる理由をそれぞれ解説します。


※参考:厚生労働省「性、年齢階級・最終学歴・直前の勤め先での就業形態・現在の勤め先での就業形態、直前の勤め先を自己都合により離職した具体的理由別転職者割合」http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/#list07_02(2023-12-19)

主な理由①:労働時間や休日などの労働条件が悪い

時間外労働や休日出勤、労働に対する賃金の低さなど労働条件が悪いため転職を検討する30代の方が多くいます。

労働条件は応募前の求人や入社後に渡される雇用条件通知書などに記載されているため、まずは記載されている条件を応募前に確認しましょう。

また、応募前にキャリアアドバイザーから企業の内情を聞ける場合があります。入社後に後悔しないためにも疑問や不安などを解消してから求人に応募してください。

主な理由②:職場の人間関係が悪い

会社内の雰囲気が悪く離職率が高いなど、職場の人間関係が悪いため転職を考える30代の方もいます。

応募前の見学に対応している企業もあるため、社内の雰囲気を知りたい方はぜひ確認してみてください。

主な理由③:仕事にやりがいを感じない

評価の基準に納得できず、仕事にやりがいを感じられなくなり転職を考える30代の方もいます。

評価の基準は企業ごとに異なるため、転職をサポートするキャリアアドバイザーや気になる求人の採用担当者などへ確認してみてください。

また、仕事内容が自分に合っていない場合も仕事のやりがいを感じない場合があります。

自分に合った職種や自分の強みなどを診断できる無料の自己分析ツールが利用できる転職サイトもあるため、自分に合った求人を探すためにもぜひ活用してください。

30代の転職を成功させるコツ

30代の方が転職を成功させるコツは次の4点です。

  1. 自分のアピールポイントを明確にする
  2. 希望条件に優先順位をつける
  3. 複数の転職サイトを併用する
  4. 書類選考や面接の対策をしっかり行う

気をつけて欲しいポイントをそれぞれ解説します。転職を成功させたい30代の方や転職先をスムーズに見つけたい方はぜひ参考にしてください。

自分のアピールポイントを明確にする

アピールポイントの例

転職を成功させたい30代の方は自分のアピールポイントを明確にしましょう。

これまでの経歴や実績、自己分析ツールの結果などを元に自分の強みを把握すると、履歴書や面接などで自分をアピールしやすくなります。

30代の転職を成功させたい方は、企業の担当者が「採用したい」と感じるような自分の魅力をまずは見つけましょう。

参考:東京都立大学 自己分析・ES作成講座(自己PR・ガクチカ強化編) https://career.tmu.ac.jp/ (2023-12-18)

希望条件に優先順位をつける

30代の転職を成功させたい方は、求人を検索するときの希望条件に優先順位をつけましょう。

転職サイトに掲載されている求人数は豊富ですが、自分の希望条件を全て選択すると抽出される求人が限定的になり転職が難しくなります。

希望条件が多い方は自分の希望条件を書き出し、優先的に適用させたい条件を3つ程度まで絞りましょう。

複数の転職サイトを併用する

転職サイトにより掲載されている求人の内容は異なります。自分に合った求人をスムーズに見つけるためにも複数の転職サイトを併用しましょう。

また、特化している年代が限定されている転職サイトもあるため、30代向けでない転職サイトへの登録を断られる場合があります。

転職サイト以外にも転職エージェントやハローワーク、企業の公式サイトなどから求人に応募できるため、自分が取り組みやすいサービスを利用しましょう。

書類選考や面接の対策をしっかり行う

転職を成功させたい30代の方は、書類選考や面接の対策をしっかりと行いましょう。書類選考や面接を対策すると採用される可能性が高くなります。

履歴書や職務経歴書の書き方や面接対策などのノウハウが掲載されている転職サイトもあります。

エージェント型の転職サイトの場合、履歴書や職務経歴書の添削や面接のアドバイスを受けられる場合があるため、不安な30代の方はぜひ活用してください。

30代で転職をしても年収を上げることはできるのか

年収を上げるための5つのポイント

30代で転職をして年収を上げることは可能です。経験やスキルがある職種や業種に転職すると、即戦力として活躍できるからです。

一方で、未経験の業種や職種に転職する場合は経験やスキルがないため、30代でも転職後に年収が下がる可能性があります。

転職後に年収を上げたい30代の方は経験やスキルがある職種や業種に転職しましょう。

また、経験やスキルのみでなく転職する方の年齢も年収に影響を及ぼす場合があります。

転職後に後悔しないためにも、30代の平均年収や転職後に年収が上がった人の割合などを把握してから転職活動を行いましょう。

30代の平均年収は約431万円

国税庁の「令和3年分民間給与実態統計調査」(※)によると、30代の平均年収は約431万円です。

男女の平均年収男性の平均年収女性の平均年収
30~34歳431万円472万円322万円
35~39歳449万円533万円321万円

また、30~34歳の平均年収は413万円で、35~39歳の平均年収は449万円という結果が出ています。


※参考:国税庁.「令和3年分民間給与実態統計調査」https://www.nta.go.jp/.(2023-12-19)

30代に転職して年収が上がった人は約37.6%

厚生労働省の「令和3年雇用動向調査結果」(※)によると、30代に転職して年収が上がった方の割合は全体の約37.6%です。

年齢転職後に収入が上がった方の割合
30~34歳38.4%
35~39歳36.8%

30代に転職した3分の1以上の方が転職後に年収が上がったと回答しています。

転職する職種やスキルと経験の有無などにより転職後の年収は異なるため、未経験の業界や職種に転職する場合は30代でも年収が低くなる場合があります。

転職後に後悔しないためにも転職後に必ず収入が上がるわけではないと、理解してから転職活動をしてください。


※参考:厚生労働省.「令和3年雇用動向調査結果」https://www.mhlw.go.jp/ (2023-12-19)

30代の転職で年収を上げたいなら転職エージェントを利用する

転職後に年収を上げたい30代の方は転職エージェントを利用してください。

転職エージェントでは専任のキャリアアドバイザーが、企業の採用担当者と労働条件の確認や年収交渉などを行ってくれます。

20代は求人の募集要項通りで転職するケースがほとんどですが、30代はこれまでの経験や実績を元に年収交渉を行う必要があります。

当サイトが実施したアンケートでは、30代の約半分は転職エージェントを利用して転職を行っていました。

30代で転職をした方へ「転職サイトと転職エージェント、どちらを利用しましたか?

転職に関するアンケート 30代 転職サイトと転職エージェント、どちらを利用したか
種別回答数/人割合
転職サイト(求人応募型)9249%
転職エージェント(紹介型)9651%
2024年3月実施「転職に関するアンケート」/調査概要:転職サイト・転職エージェントを使って転職をしたことのある20代以上の男女/有効回答数:488/実施期間:2024年3月26日~4月7日

30代で未経験転職は難しいが不可能ではない

30代は即戦力が重視されるため未経験の職種や業種への転職は難しいです。しかし、不可能ではありません。

未経験の業種や職種への転職を成功させたい30代の方は、次の5つのポイントに注意しましょう。

  1. 30代の転職で企業が求めるのは即戦力
  2. 30代の未経験転職は年収が下がる場合がある
  3. 人材不足の業界は未経験者でも採用される可能性が高い
  4. 未経験転職はなるべく30代前半までにする
  5. 未経験転職に特化した転職サイトやエージェントを利用する

30代の方が未経験の業界や職種に転職するときに注意してほしいポイントをそれぞれ解説します。

30代の転職で企業が求めるのは即戦力

30代の転職では企業から即戦力になる人材が求められます。

そのため、未経験の職種や業種に応募する場合は、30代より新人育成に充てられる期間が長い20代の方が採用されやすいです。

しかし、30代はまだまだ活躍できる年代のため、30代の未経験者を積極的に採用している業界や企業もあります。

応募できる年齢を34歳以下に設定している企業も多いため、未経験の職種や業界に応募する場合は30代前半までに求人へ応募しましょう。

30代の未経験転職は年収が下がる場合がある

30代の転職はこれまでの経験やスキル、即戦力になるかなどが重視されます。

そのため、未経験の職種や業界に転職すると前職よりも年収が下がる場合があります。

また、転職すると継続年数がリセットされるため、家や車などのローンを組むための社会的な信用も一時的に下がる可能性があるため注意しましょう。

人材不足の業界は未経験者でも採用される可能性が高い

30代が未経験の職種や業界に応募する場合も、次のような人材不足の業界は採用される可能性が高いです。

未経験者が採用されやすい職種の例
  • 介護
  • 医療
  • 飲食業
  • 宿泊業
  • タクシー
  • 配送業など

応募するために資格が必要な職種もありますが経験不問で応募できる場合が多いため、未経験の業界に挑戦したい30代の方はぜひ参考にしてください。

未経験転職はなるべく30代前半までにする

未経験の業界に転職したい30代の方はなるべく30代前半までに行いましょう。なぜなら、30代前半と30代後半では就職難易度が異なるからです。

また、未経験の場合は一から育成する必要があるため、30代前半までを募集対象とする求人も多いです。

未経験の業界や職種へスムーズに転職したい30代の方は、30代前半までに行うことをおすすめします。

未経験転職に特化した転職サイトやエージェントを利用する

未経験の業界に転職したい30代の方は、未経験の転職に特化した転職サイトや転職エージェントを利用しましょう。

未経験の転職に特化しているため転職サイトや転職エージェントを利用すると、自分に合った求人を見つけやすくなります。

また、職種や業界により重視されるスキルや経験などが異なりますが、未経験の転職に特化しているため応募書類の添削や面接のアドバイスなども受けられます。

転職のノウハウやセミナー、研修などが利用できる転職サイトがある点も、未経験転職に特化している転職サイトの魅力です。

転職先をスムーズに見つけたい30代の方は、ぜひ未経験の転職に特化している転職サイトを利用しましょう。

30代フリーターが転職を成功させるコツ

フリーターが転職を成功させる4つのコツ

フリーターから正社員を目指している30代の方が転職を成功させるコツは次の4点です。

  • なるべく30代前半に転職をする
  • 転職エージェントまたはエージェント型の転職サイトを利用する
  • 希望条件を低めに設定する
  • アルバイトや派遣での経歴を活かせる業界・職種へ転職する

30代のうちに昇給しやすい正社員へ転職したい方はぜひ参考にしてください。

なるべく30代前半に転職をする

フリーターから正社員への転職を検討している30代の方は、なるべく30代前半に転職をしましょう。

なぜなら、30代前半よりも30代後半の就職難易度が高くなっているからです。

厚生労働省が発表した『平成30年若年者雇用実態調査の概況』では「フリーターの正社員への採用状況」について以下の結果が出ています。

過去3年間(平成 27 年 10 月~平成 30 年 9 月)に「正社員を採用する予定があった」事業所の 割合は全体の 49.9%、「正社員を採用する予定があった事業所」の求人にフリーターからの応募があった事業所の割合は 25.4%で実際にフリーターを正社員として「採用した」事業所の割合は18.5%となっている。 「採用した」(18.5%)の内訳を年齢層別にみると、「15~34 歳のみ」(10.0%)、「35~44 歳のみ」(2.1%)、「15~34 歳及び 35~44 歳の両方」(6.4%)となっている。


出典:厚生労働省.「平成30年若年者雇用実態調査の概況」https://www.mhlw.go.jp/(2023-12-19)

また、転職サイトにより異なりますが正社員を募集する求人は30代前半までの方を対象とするものが多いため、30代後半の方は応募できない場合もあります。

年代を問わずに募集している求人もありますが、スムーズに転職したい30代の方は34歳までに行うことをおすすめします。

転職エージェントまたはエージェント型の転職サイトを利用する

フリーターから正社員を目指している30代の方は、転職エージェントやエージェント型の転職サイトを利用しましょう。

転職エージェントではキャリアカウンセラーが求人紹介や企業との交渉を担当してくれます。

スカウト機能を活用すると企業からスカウトを受けられる点も、転職エージェントの魅力です。

転職活動をどのように進めて良いかわからない方や求人を探す時間を確保できない30代の方は、転職をサポートしてくれる転職エージェントを利用してください。

希望条件を低めに設定する

希望条件を高く設定し過ぎると応募できる求人が少なくなり、転職が困難になる可能性があります。そのため、希望条件を低めに設定することも重要です。

自分に合った求人をスムーズに見つけるためにも、希望条件に優先順位を付けて求人を絞り込むことをおすすめします。

また、キャリアカウンセラーは希望条件に適した求人を紹介するため、自分に合った求人紹介を受けるために登録情報を充実させることが大切です。

スムーズに希望条件を設定するためにも、まずは収入面や労働時間など自分が一番重視したいことを決めましょう。

アルバイトや派遣での経歴を活かせる業界・職種へ転職する

30代はこれまでの経験やスキル、即戦力になるかなどが重視されるため、アルバイトや派遣などで経験した業界に転職することもおすすめです。

30代フリーターでも職務経験がある業界の求人に応募すると、採用される可能性が高くなります。

また、フリーターの経歴が長いと30代までフリーターとして働いてきた理由や正社員を志した経緯などを面接で聞かれる場合があります。

フリーターとして働いてきた理由をポジティブな言葉で伝えられるように、面接前に対策しておきましょう。

30代が転職サイトと合わせて利用したい転職口コミサイト

転職口コミサイトを利用すると転職活動が成功する可能性が高まります。

30代が転職サイトとあわせて活用するのにおすすめの転職口コミサイトは次の5つです。

  • 転職会議
  • OpenWork
  • ミイダス
  • JobQ
  • ライトハウス

転職会議

株式会社リブセンスが運営する転職会議は890万人以上の会員数を誇る転職情報サイトです。

  • 転職口コミ情報375万件以上を掲載
  • 求人情報32万件以上を掲載
  • 口コミ評価が高い企業の求人に応募できる

さまざまな企業の社員や元社員から企業の評判や年収、面接対策などの口コミが数多く集まる転職会議は、応募前の企業研究に役立ちます。

実際の年収や面接で聞かれやすい質問が公開されているため、転職先の内部情報を事前に把握して内定率を高めたい30代はぜひ利用しましょう。

OpenWork

オープンワーク株式会社が運営するOpenWorkは就職や転職のためのジョブマッチング・プラットフォームです。

  • 企業口コミ1,600万件以上を掲載
  • 企業やエージェントからスカウトが届く
  • 働きがいのある企業ランキングを公表

実際にその企業で働いている社員や元社員によるリアルな口コミが見られるOpenWorkは、職場の人間関係や有給の取りやすさなどの細かな職場環境が分かります。

企業やエージェントからスカウトが届いた際にも口コミを元に判断できるため、ブラック企業を避けたい30代はOpenWorkの利用がおすすめです。

ミイダス

パーソルグループのミイダス株式会社が運営するミイダスは、自己診断ツールで自分の市場価値を判断できる転職サイトです。

  • 「ITreview Grid Award 2024 Winter」7部門にて最高位「Leader」を受賞
  • 自己分析ツール「市場価値診断」「可能性診断」を提供
  • 企業やヘッドハンターから直接スカウトが届く

ミイダスでは自分の市場価値や適した年収が分かる市場価値診断や、認知バイアスやパーソナリティなどの分析ができる可能性診断が無料で受けられます。

経歴や診断結果を元に企業やヘッドハンターからオファーが届くため、能力を活かして活躍できる企業に転職したい30代はミイダスを利用しましょう。

JobQ

パーソルグループの株式会社ライボが運営するJobQは、キャリアや転職の疑問を解消できる匿名相談サービスです。

  • 転職に関する疑問を匿名相談できる
  • 転職ノウハウや疑問を解消するコンテンツを掲載
  • 企業の口コミを掲載

JobQでは転職にまつわる疑問を匿名で相談できる他、企業の口コミや他の方からの相談も掲載されており転職活動で役立つ情報が得られます。

Q&A16,000件、回答数35,000件と約90%の質問に回答が寄せられているため、転職活動を進める上で不安がある30代はJobQで相談しましょう。

ライトハウス

エン・ジャパン株式会社が運営するライトハウス(旧:カイシャの評判)は、2,000万件以上の口コミを掲載する日本最大級の会社口コミプラットフォームです。

  • 年間5,000万ユーザーが利用
  • 会社口コミ2,000万件以上を掲載
  • 企業データや口コミ評価を独自基準で可視化

収集した企業情報から独自の指標で特徴を可視化しているライトハウスでは、企業研究や業界内の企業比較が可能です。

女性視点の評価も分かるため、企業情報を調査してホワイト企業に転職したい30代の男性や女性はライトハウスを利用しましょう。

30代が転職サイトと合わせて利用したい公的な転職支援機関

30代は公的な転職支援機関でも複数の選択肢があります。民間の転職サイトとあわせて次のような公的な転職支援機関も利用しましょう。

  • ハローワーク
  • サポステ
  • ジョブカフェ

ハローワーク

公共職業安定所であるハローワークには、おおむね35歳未満の正社員を目指す若者を対象とした「わかものハローワーク」もあります。

  • 全国21か所に「わかものハローワーク」を設置
  • 全国200か所に「わかもの支援コーナー」及び「わかもの支援窓口」を設置
  • 就職支援ナビゲーターがマンツーマンで就職活動をサポート

わかものハローワークでは職業相談や職業紹介、応募書類の作成支援からセミナー参加などさまざまなサービスが無料で受けられます。

また、地方への転職に強いハローワークは、UIJターンなど地元や地方での転職を希望する30代にもおすすめです。

サポステ

サポステ(地域若者サポートステーション)は、15歳から49歳までの就職・転職をバックアップする厚生労働省委託の支援機関です。

  • 全国177か所に拠点あり
  • 令和4年度新規登録者数1.7万人、総利用者数のべ49.9万件
  • 各種講座やセミナーで就職を支援

転職の空白期間が長い方も手厚く支援するサポステは、コミュニケーションやビジネスマナー講座、ジョブトレなどで転職に必要なスキルの取得をサポートします。

転職後も定着するまで細やかにフォローするため、退職後のブランク期間がある30代や、社会復帰に不安がある30代の方はサポステを利用しましょう。

ジョブカフェ

各都道府県主体で設置されるジョブカフェは、若者の就職支援をワンストップで行う施設です。

といった

  • 若者の就職をワンストップでサポート
  • ハローワークやサポステと連携して就職を支援
  • 地域の特色を活かした就職支援が受けられる言えます

ハローワークを併設していることも多いジョブカフェはカウンセリングや職業相談の他、保護者向けのセミナーも実施しています。

都道府県の特色に合わせた就職セミナーや職場体験などの就職支援が受けられるため、就職に悩む30代はカフェに寄るような気持ちで気軽に相談してみてください。

30代が転職する際の注意点

転職を検討している30代の方は次の5点に注意しましょう。

  1. 自分の市場価値を把握する
  2. 高い年収を求めすぎない
  3. 経歴詐称はしない
  4. 自己分析をしっかりと行う
  5. 転職活動は働きながら行う

注意点を把握しておくと転職先をスムーズに見つけやすくなります。

転職先のミスマッチや転職後の後悔を防ぐためにも、転職時の注意点をおさえておきましょう。

自分の市場価値を把握する

30代の方が転職するときはまずは自分の市場価値を把握しておきましょう。市場価値は次の要因で決まります。

市場価値を決める要素3つ
  • スキル
  • 経験
  • 実績など

市場価値を把握することで自分に合った求人を見つけやすくなります。

自分のアピールポイントも把握できるため、転職後に後悔しないためにも応募前に確認しておきましょう。

高い年収を求めすぎない

応募する求人を探すときは年収の高さのみを求めすぎないように注意しましょう。

年収のみを重視すると労働条件や人間関係などの理由から、転職したことを後悔する恐れがあります。

エージェント型の転職サイトの場合はキャリアアドバイザーが企業の内情を教えてくれる場合があるため、確認しておくと安心です。

転職先のミスマッチを防いで長く働くためにも、年収のみでなく労働条件や人間関係などを総合的に考えた上で応募することをおすすめします。

経歴詐称はしない

履歴書や職務経歴書などを作成するときは、卒業した学校や就業していた企業などの経歴を詐称しないでください。

なぜなら、経歴の詐称は軽犯罪に該当する恐れがあるからです。

以下のような記載ミスも経歴詐称になってしまうため、記入後は間違いがないかしっかり確認しましょう。

・学歴、社歴
学校への入学・卒業年度や、企業の在籍期間を誤って記載した

・雇用形態
派遣社員として働いていて本来は派遣会社を記載すべきところを、派遣先の企業名を書いてしまったなど

・資格
資格名称や等級、取得年月の記載ミス。資格保有の有効期限を過ぎていたが気づかなかったなど


出典:doda(デューダ).「経歴詐称が発覚したらどうなる?該当する項目や応募書類で気をつけること」https://doda.jp/(2023-12-19)

また、内定前や内定後に経歴の詐称が発覚すると、内定の取り消しや損害賠償の請求などのトラブルに発展する恐れがあります。

自分の印象を高めたい方は経歴を詐称するのではなく、自分の強みやこれまでの経験などをアピールすることをおすすめします。

自己分析をしっかりと行う

30代の方は転職活動をする前に自己分析をしっかりと行いましょう。

自分のこれまでの経験や実績などを棚卸しすることで、自分の強みやアピールできるポイントを把握できます。

自分の適職や強みなどを無料で診断できるツールが用意されている転職サイトもあります。

転職活動をスムーズに行うためにも、30代での転職活動には自己分析ツールをぜひ活用してください。

転職活動は働きながら行う

転職活動は働きながら行うことがおすすめです。なぜなら、転職するまでに1~3か月程度の期間がかかる場合が多いからです。

転職先がなかなか決まらないと転職するまでの期間が長引く可能性があります。退職後に転職先を探すと求職中の生活が困窮する恐れもあるため注意してください。

また、退職から転職までの期間が半年以上空いているとブランクがあると判断され、就職難易度が高くなる場合があります。

これまでの経験やスキルなどを活かすためにも、働きながら転職活動を行いましょう。

30代の転職サイト利用に関するQ&A

転職サイトや転職エージェントを利用して、転職先を探す30代の方が抱きやすい疑問は次のとおりです。

  • 30代でも大手企業に転職できる?
  • ブランクがあっても転職できる?
  • 30代で転職回数が多いと不利?
  • 30代の転職で持っていると有利な資格は?
  • 30代高卒でも転職できる?

これから転職しようと考えている30代の方や転職サイトや転職エージェントを利用する前に疑問を解消しておきたい方は、ぜひ確認しておきましょう。

30代でも大手企業に転職できる?

30代でも大手企業に転職できます。しかし、年齢を重ねると就職難易度が高くなるため大手企業に転職したい30代の方は早めに転職活動を行いましょう。

一方で、人材が不足している業界や即戦力として働ける人材を確保したい大手企業が、30代を積極的に採用している場合もあります。

エージェント機能がある転職サイトは担当のキャリアアドバイザーが企業の内情を教えてくれる場合があるため、気になる方はぜひ確認しておきましょう。

ブランクがあっても転職できる?

30代はブランクがあっても転職可能です。しかし、半年以上のブランクがあると就職難易度が高まる場合があるため、早めに転職活動を行いましょう。

また、ブランクの期間が長い場合はブランク期間中に何をしていたかを質問される可能性があるため、ポジティブな返答を心がけましょう。

転職エージェントに登録すると、ブランクに関する質問の回答のアドバイスを受けられるためおすすめです。

ブランク期間に関する質問への返答に迷っている30代の方はぜひ転職エージェントやエージェント機能がある転職サイトを利用してください。

30代で転職回数が多いと不利?

転職回数が多いと印象が悪くなる場合があります。一方で、転職回数が1回でも次のような転職理由を伝えると不利になる可能性があるため注意してください。

  • 上司が嫌いだから
  • 仕事がつまらなかったなど

転職回数よりも転職理由の方が重視されやすいため、可能な限りポジティブな返答になるように気をつけましょう。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、転職理由に関するアドバイスや履歴書や職務経歴書などの応募書類の添削、面接対策サポートなどにも対応しています。

転職活動のサポートを受けたい30代の方は、転職エージェントやエージェント型転職サイトを利用してください。

30代の転職で持っていると有利な資格は?

30代の転職で持っていると有利な資格は次の通りです。

  • 宅地建物取引士
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)
  • 簿記
  • 医療事務認定実務者
  • 介護職員初任者研修
  • 登録販売者
  • 衛生管理者など

例えば、介護職に転職する場合は介護職員初任者研修や介護福祉士などの福祉系の資格を保有していると、有利になります。

人手不足の業界の場合は経験や保有資格などが不問の場合もあるため、確認してから応募してください。

30代高卒でも転職できる?

30代の転職は学歴よりもこれまでの経験やスキルなどが重視されます。そのため、30代の高卒でも就職できる可能性があります。

最終学歴が応募条件に含まれる場合があるため、求人に応募する前に忘れずに確認しておきましょう。

コンサル転職におすすめのサービスはありますか?

コンサル業界へ転職したい方はマイビジョンがおすすめです。

「コンサル業界の転職支援に突出した実績あり」もしくは「コンサル業界の実務経験」があるキャリアコンサルタントが在籍しています。

高年収への転職事例も多いので、ぜひ相談してみてください。

30代おすすめ転職サイト|まとめ

30代は即戦力が重視されるため、経験やスキルがある業種や職種に転職する場合は年収を上げることが可能です。

未経験の職種や業種に転職したい30代の方は、転職難易度が低い30代前半のうちに挑戦しましょう。

無料で利用できる転職サイトや転職エージェントも多いため、転職を成功させるためにも複数の転職サイトの併用がおすすめです。

30代向け転職サイトの選び方や転職を成功させるコツ、転職するときの注意点などを参考にしながら、自分に合った転職先を見つけましょう。

SFAは活用されてこそ意味がある

ページ先頭へ戻る