東証スタンダード上場企業のジオコードが運営!営業組織を強くするWebマガジン

更新日:2024/07/17 

仕事を辞めたいと思った10の理由|対処法やNG行動も詳しく解説

【PR】

「仕事を辞めたい」「会社に行きたくない」と感じているけど、仕事を辞めるべきか続けるべきか悩むこともあると思います。

今回は仕事を辞めたいと思う理由と対処法、辞めるか辞めないかを判断するサインなどを紹介しています。

また、円満に退職する方法も詳しく解説しますので参考にして下さい。

この記事の目次はこちら

仕事を辞めたいと思った理由9選

仕事を辞めたいと思う主な理由は9つあります。

  • 仕事に対しての給料が見合わない
  • ミスが多く業務が向いていないと感じる
  • 仕事の内容や業務に不満を感じている
  • 昇進やキャリアアップが見込めない
  • 会社から正当な評価を受けられない
  • 仕事とプライベートの調和が取れなくなった
  • 社風や会社の雰囲気になじめない
  • 人間関係が悪い
  • 仕事がめんどくさく働きたくない

給料面や仕事内容、会社の雰囲気や人間関係などに不満があると仕事を辞めたいと思いやすくなります。

また、会社の雰囲気や人間関係が悪い場合にも仕事を辞めたくなりがちです。

仕事に対しての給料が見合わない

仕事を辞めたい理由の一つが、仕事に対しての給料が見合わないと感じることです。

同業他社と比較したときに明らかに給料が低いと「転職した方が稼げそう」「給料が高い職場で働きたい」という気持ちが強くなります。

給料は仕事のモチベーションにも直結するため、自分の仕事内容や働き方が給料と見合っていない場合には金銭面での不満を感じやすくなるでしょう。

今後、給料アップが見込める会社であればよいですが、そうでない場合には給料面への疑問が積み重なり会社に対する不信感を抱いてしまう場合があります。

どんなに好きな仕事であっても生活や趣味に充てるだけの給料が貰えないと退職や転職を考えやすくなるでしょう。

ミスが多く業務が向いていないと感じる

仕事で頻繁にミスをすると仕事に対する自信がなくなり「辞めたい」と思ってしまいがちです。

また、ミスをしたときの自分に対する上司や同僚などの周りの目が怖いと感じるケースもあるでしょう。

一度ミスをすると「またミスしたらどうしよう」と仕事に対して不安を抱いてしまう場合もあります。

仕事でのミスをバネに次の仕事に生かせばよいのですが、一度のミスに責任やプレッシャーを感じてしまう方は仕事にストレスを感じやすくなります。

仕事の内容や業務に不満を感じている

仕事の内容や業務に不満を感じている場合も「仕事を辞めたい」と思ってしまいがちです。

基本的には多くの方が職場で1日の大半を過ごしているため、仕事自体を好きになれないと苦痛な時間が続きやすくなります。

特に、仕事内容や業務に不満があると「一日の時間を無駄にしている」と感じるときもあるでしょう。

仕事はお金を稼ぐ手段と割り切れる方はよいのですが「仕事内容が嫌い」「仕事内容が自分に合わない」という場合、辞めたい気持ちが強くなります。

また、状況を打破しようと努力や工夫を続けてもなかなか環境が変えられない場合にも職場への不満につながるため注意が必要です。

昇進やキャリアアップが見込めない

昇進やキャリアアップが見込めない場合にも仕事を辞めたいと感じやすくなるでしょう。

希望の役職や働きたい部署があっても、自分の希望とは全く関係のない部署に配置され、なかなか自分の希望しているキャリアに近い職場で働けない場合、職場への不満が溜まりやすくなります。

また、自分では一生懸命働いているつもりでも上司から低い評価を受けてなかなか昇進できないケースもあるでしょう。

モチベーションにも直結する昇進やキャリアアップが見込めない状況にあると感じた場合、退職や転職を考えやすくなります。

会社から正当な評価を受けられない

会社から正当な評価を受けられない場合にも仕事を辞めたいと感じてしまうでしょう。

毎日一生懸命仕事をしていても同僚が出世したり、特定の社員がひいきされたりしている環境ではモチベーションが下がります。

正当な評価を受けられない環境では「どうせ評価されないなら頑張る必要がない」と卑屈になり業務の質が低下する可能性もあります。

会社からの評価は今後の昇進やキャリアアップに直結するため、正当な評価を受けられない環境ではやる気も下がり「辞めたい」という気持ちにつながります。

仕事とプライベートの調和が取れなくなった

仕事とプライベートのバランスが取れなくなった場合にも仕事を辞めたいと思いやすい傾向があります。

休日も日々の仕事による疲れが残っていると睡眠時間が長くなり自由な時間が少なくなるほか、万全の状態で出かけられない場合もあります。

また、休日を仕事にあてていると友人や家族との時間を作れずに人間関係が疎遠になるケースもあるでしょう。

「忙しい分だけ仕事の経験やスキルが身に付いている」と割り切れるとよいのですが、忙しすぎると体力や心の限界を感じて「辞めたい」と思うことも多くなります。

社風や会社の雰囲気になじめない

社風や会社の雰囲気になじめない場合も仕事を辞めたいと感じてしまうでしょう。

意見を言いにくい雰囲気や威圧的な上司など働きづらい環境もストレスとなり、好きな仕事の効率が落ちてしまいます。

入社前には気付かなかった会社の嫌な部分が見えてしまうと「就職先を間違ったか?」「早く辞めたほうが良いかも…」という気持ちが大きくなります。

人間関係が悪い

人間関係が悪い場合にも「仕事を辞めたい」と感じやすくなるでしょう。

チームの仲が悪く円滑なコミュニケーションが取れない、上司からは過酷なノルマを課せられる、部下の態度が悪いなど問題は様々です。

同じ職場になる人は選べないため、悪意のある方や性格に問題がある方と一緒に仕事をしているとモチベーションの低下やストレスを避けられなくなります。

仕事がめんどくさく働きたくない

仕事がつまらないや面倒だと感じると一気に仕事に対してのモチベーションが下がり、働きたくないと思うことも出てきます。

仕事に対しやりがいや目的を見失うと、仕事に飽きることや働くこと自体が嫌になり休み明けには体調不良を引き起こすこともあります。

「毎日昼まで寝たい」「好きなことだけして暮らしたい」という理由で仕事を辞めたくなる場合もあります。

仕事を辞めたくなったとき試すべき4つの対処法

仕事を辞めたくなったときには4つの方法を試してみましょう。

  • 辞めたい原因を分析し解決策を見つける
  • 信頼できる人に相談する
  • 休暇を取ってリフレッシュする
  • 辞めたい原因が解決できない場合は転職も検討する

まずは辞めたい原因について自己分析を行い、問題を解決するために周囲へ相談してみましょう。

また、心身のリフレッシュを図るためにも休暇を取り、問題が解決できない場合には転職も視野に入れましょう。

辞めたい原因を分析し解決策を見つける

仕事を辞めたくなったときは、辞めたい原因を分析して解決策を見つけましょう。

仕事を辞めたくなった原因を紙に書き出し、書き出した原因に対して解決策を見つけて行動を起こすことが大切です。

不満に感じている点をできるだけ具体的に書き出していくと「仕事を辞めたい」「会社に行きたくない」と感じる原因が明確になります。

人間関係が原因であれば上司や人事に相談する、仕事内容が原因であれば業務の持ち替えや異動を検討するなど解決策を見つけやすくなります。

仕事に対する不満を一度書き出して整理することで、今の会社でもう少し頑張るか転職するかを見極められるでしょう。

信頼できる人に相談する

仕事を辞めたいと感じたら信頼できる方に相談してみるのも一つの手です。

家族や友人に話を聞いてもらうことで気が楽になったり、客観的な視点から思わぬ解決策が見つかることがあります。

また、悩みそのものが解決しなくても話を聞いてもらうだけで気持ちが楽になることもあるでしょう。

信頼できる上司がいる場合には思い切って職場の悩みや問題点を相談することで問題に対して動いてくれるケースもあります。

その時には、退職や転職を考えているという内容を上司や同僚に話すのは職場にいづらくなる可能性もあるためなるべく避けたほうが良いでしょう。  

参考:仕事を辞めたい時の相談先9選を紹介!考えるべきポイントとはマジキャリ

休暇を取ってリフレッシュする

仕事を辞めたくなったときは一度休暇を取り、仕事のことを忘れ思い切り楽しいことをしてリフレッシュしましょう。

心身に余裕のない状態で毎日仕事を続けているとネガティブな気持ちが生まれやすくなるため、いったん仕事から離れて冷静さを取り戻すことも大切です。

気持ちが落ち着くと自分自身や仕事について客観視できるようになり、問題を解決するための方法や会社を辞めずにできることなど解決策も見いだしやすくなります。 

辞めたい原因が解決できない場合は転職も検討する

仕事を辞めたい原因が多すぎて解決できない場合には転職をすることで解決できるか判断しましょう。

仕事を辞めたいという気持ちが積み重なると「会社を辞めれば悩みが解消する」と感じやすくなります。

しかし、辞めたい原因によっては退職せずに問題を解決できるケースもあるためいったん踏みとどまることも大切です。

仕事内容や人間関係、労働環境など仕事に対する仕事を辞めたい原因を洗い出し、解決できるかできないかを判断しましょう。

問題の原因が自分自身にある場合、転職しても同じ状況に陥ってしまうことがあるため注意が必要です。

今の職場に多くの問題がある場合には、よりよい職場環境や労働条件が整えられている会社への転職を視野にいれるとよいでしょう。

仕事をすぐにでも辞めるべき5つのサイン

仕事をすぐにでも辞めるべき5つのサインがあります。

  • 職場や仕事に対するストレスで体調不良になった
  • キャリアアップやスキルアップが見込めない
  • キャリアチェンジをしようと思っている
  • ハラスメントを受けている
  • 極端な残業や過酷なノルマなどの過重労働

職場や仕事に対するストレスで体調不良が生じている場合には心身ともに限界がきている可能性があります。

また、キャリアアップやスキルアップが見込めない環境やハラスメントが行われている場合も退職を検討したほうがよいでしょう。

職場や仕事に対するストレスで体調不良になった

職場や仕事に対するストレスで体調不良が生じている場合には退職を検討したほうがよいでしょう。

「仕事のことを考えるだけで体調が悪くなる」「通勤中に毎回体調が崩れる」など仕事に対するストレスで体調が悪くなる場合、心身が限界である可能性が高いです。

また、診断されていないだけでうつ病や適応障害、自律神経失調症などの病気になっている場合もあります。

うつ病や適応障害などの精神的な病気はストレス源である職場から離れることを推奨されるケースが大半です。

体調不良の原因が仕事である可能性が高い場合には、一度医療機関を受診して病気が隠れていないかどうかを確認してもらうことをおすすめします。

そして、病気の原因が現在の職場にある場合には担当する医師と相談しながら休職や退職を検討しましょう。

参考:厚生労働省 こころの声 「5分でできる職場のストレスセルフチェック」https://kokoro.mhlw.go.jp/check/ (2024-6-11)

キャリアアップやスキルアップが見込めない

キャリアアップやスキルアップが見込めない職場であれば仕事を辞めたほうが良い場合もあります。

キャリアアップを実現するためには、自分の仕事に対して正当に評価される環境である必要があります。

しかし、真面目に仕事に取り組んだうえで一定の成果を出しているにも関わらず正当な評価を受けられない場合には一向にキャリアアップが見込めません。

また、自分が目標としている仕事を実現するためのスキルアップが行える環境であるのかも大切な要素です。

研修をはじめとしたスキルアップが実現できる環境が整えられていない職場の場合、他の会社に転職したほうがよりよい環境で働けるケースもあります。

参考:GLOBIS CAREER NOTE キャリアアップとは一体何?意味や実現の方法、成功させるコツなどを解説! https://mba.globis.ac.jp/ (2024-6-11)

キャリアチェンジをしようと思っている

キャリアチェンジをしようという気持ちも仕事を止める判断基準の一つになるでしょう。

やりたいことや達成したい目標が明確にあるにもかかわらず「今の会社では実現できない」と感じた場合には、転職したほうがよいケースもあります。

不満を抱えた状態で仕事を続けているとモチベーションも低下するため、よいパフォーマンスを発揮できなくなる可能性も高まります。

転職活動は年齢が上がるにつれ求められるスキルや経験のレベルが高くなるため、キャリアチェンジをしたい場合にはなるべく早く転職に向けて動きましょう。

ハラスメントを受けている

職場でハラスメントを受けている場合、今の仕事をすぐに辞めたほうがよいでしょう。

セクハラやパワハラなどをはじめとするハラスメントは加害者側に問題があるように思われがちですが、問題はそれだけではありません。

実際にハラスメントが行われていても周囲が見て見ぬふりをする、上司や人事が動いてくれないなど職場環境が原因で解決されないケースもあります。

改善の余地が見られない職場の場合には、心身の健康を守るためにもなるべく早く退職に向けた準備を行いましょう。

参考:厚生労働省 あかるい職場の応援団 「ハラスメント基本情報」ハラスメントの定義 https://www.no-harassment.mhlw.go.jp/(2024-6-11)

極端な残業や過酷なノルマなどの過重労働

仕事を辞めたほうが良い場合の判断基準としては、極端な残業や過酷なノルマなどの過重労働も挙げられます。

サービス残業や過剰なノルマ、ノルマを達成できない場合に罰金を課せられる会社もあります。

また、採用時の就労条件とは全く異なる就労条件で働かせる、長時間労働の強要、有給休暇を認めないいわゆる「ブラック企業」と呼ばれる職場もあるでしょう。

労働環境に疑問を抱いている場合には弁護士や労働基準監督署に一度相談してみることも一つの手段です。

それでも問題点の解決が見込めない場合には、過労で手遅れになる前に退職や転職を検討しましょう。

仕事を辞めたい時のNG行動

仕事を辞めたい時は4つのNG行動に注意が必要です。

  • 勢いで会社を退職する
  • いい加減に仕事をこなす
  • 会社に無断で仕事を休む
  • 無理に仕事を詰めすぎない

仕事を辞めたいからといって後先考えずに勢いで会社を退職しないようにしましょう。

また、いい加減に仕事をこなしたり会社に無断で仕事を休むと周りへの迷惑にもなります。

仕事を辞めたい時は無理に仕事を詰めすぎないようにすることも大切です。

勢いで会社を退職する

気持ちが限界に達しても「早く辞めたい」という気持ちから勢いで仕事を辞めるのは避けたほうがよいでしょう。

勢いで会社を退職してしまうと次の仕事が見つからずにストレスがさらに溜まってしまうケースもあります。

また、仕事が決まらない焦りから「もうここで良い」と就職先を適当に決めてしまうこともあるでしょう。

妥協して選んだ就職先では自分の納得できる労働環境でなかった場合に「また辞めたい」と同じことを繰り返す可能性があります。


勢いで仕事を辞めようと感じるくらいストレスを感じている時は、物事を冷静に捉えられずに客観的な判断ができなくなっていることが大半です。

退職してから「辞めなければ良かった」と後悔することのないように退職については慎重に検討しましょう。

いい加減に仕事をこなす

仕事を辞めたいと思っていても今の仕事をいい加減にこなすのはおすすめできません。

いい加減に仕事をこなしていると仕事に対するモチベーションがさらに低下するほか、周囲への印象も悪くなります。

適当に仕事を進めていると上司や同僚からの信頼を失くすだけでなく、ミスにより会社の利益や信用に影響が及ぶ場合もあります。

勤務態度が悪いと退職ではなく解雇という形になり、退職金や失業手当を受け取れなくなる場合もあるため注意しておきましょう。

また、今の会社が他の企業とさまざまなつながりがある場合、転職先に悪い評判が伝わってしまう可能性もあります。

会社に無断で仕事を休む

どんなに仕事を辞めたいと思っていても、会社に無断で仕事を休むのはやめましょう。

無責任な無断欠勤という行為は周りに迷惑をかけるだけではなく、信用問題にも関わります。


無断欠勤により社内での信用を失うだけでなくキャリアアップのチャンスを逃してしまう場合もあるでしょう。

「職場で過ごしにくい」「職場での居場所がない」と感じている場合には状況がますます悪化するケースもあるため注意が必要です。

  
「どうせ辞めるしどうでも良い」という考えの方もいるかもしれませんが、場合によっては退職ではなく会社側から解雇されることもあります。

解雇になると退職金や失業手当が受け取れないばかりか、その後の転職活動に影響を及ぼすリスクもあるため要注意です。

無理に仕事を詰めすぎない

仕事を辞めたいと感じているときには無理に仕事を詰めすぎないようにしましょう。

「仕事を辞めたい」と感じている自分に罪悪感を抱いたり甘えだと考えている方は、無理をして頑張り続けてしまう傾向があります。

仕事で疲れている状態でさらに無理をしてしまうと、積み重なるストレスで心身の不調が生じる可能性があります。

体を壊している状態では今の仕事を続けられないばかりか、前向きな転職活動も進められなくなるため注意が必要です。

無理をして心身に負担がかかり体調を崩す前に、まずは有給休暇や半休制度などを利用して休息を取るように心がけましょう。

仕事を辞めるか考え直すべき4つのサイン

4つのサインが見られたときは仕事を辞めるかどうかを改めて考え直しましょう。

  • 理由もなくただ仕事をしたくない
  • 辞めたい理由が漠然としている
  • 転職を繰り返している
  • 次の仕事が決まっていない

理由もなく仕事をしたくない、辞めたい理由が漠然としている場合は今の仕事を本当に辞めるべきかもう一度考えた方がよいでしょう。

また、転職を繰り返していると就職活動で企業側に悪い印象を与えます。

次の仕事が決まっていない場合も、焦りから就職先を決めることもあるのでおすすめできません。

理由もなくただ仕事をしたくない

理由もなくただ仕事をしたくない場合、仕事を辞めないほうがいいケースがあります。

「働きたくない」という理由で退職をする場合、金銭的に余裕があるのであれば大丈夫でしょう。

ただし、しばらく生活をするだけのお金がない方は退職後に金銭面で不安になったり生活費を考えてストレスにつながるケースもあります。

また、「いつかもう一度働きたい」と考えている方の場合、将来的なキャリアアップの面で何となく退職することはおすすめできません。

安直な理由で今の自分の状況を優先するのではなく、未来の状況を想像して今頑張っておくことも大切です。

理由もなく退職することは自分の首を絞めることにもつながるため避けた方がよいでしょう。

辞めたい理由が漠然としている

目的もなくただ「辞めたい」という理由も、本当に仕事を辞めるべきか一度考え直した方がよいでしょう。

「何となく仕事を辞めたい」「特に理由はないけど仕事に行きたくない」という場合でも自分の中で何か明確な理由があるはずです。

仕事に対する不満や悩みを一度洗い出してみると解決策が浮かぶ場合もあるため、辞めたい理由が漠然としている方は一度自己分析を行いましょう。

転職を繰り返している

転職を繰り返している方も一度本当に仕事を辞めるべきかを考えてみましょう。

短期間での離職が多い方や転職回数が多い方の場合には「すぐ仕事を辞めるのではないか?」と採用担当者へ悪印象を与えます。

転職に対して明確な理由を説明できる場合は別として、目的のない転職を繰り返している場合には今後の目標を立ててからの転職をおすすめします。

次の仕事が決まっていない

次の仕事が決まっていない場合にも、仕事を辞めるべきか考え直したほうが良いでしょう。

退職後の経歴に空白期間が生じた場合には採用担当者に悪い印象を与えるため、転職活動が長引けば長引くほど転職しづらくなります。

安定した仕事があれば転職活動中に経済面を心配することもないため心に余裕ができ、焦って仕事を決めるリスクも減らせます。

勢いで退職する前に転職サイトや転職エージェントなどを利用して、働きながら次の職場探しを進めることをおすすめします。

仕事を辞める決断をしたらまずやること

仕事を辞める決断をしたら、まず4つのやるべきことを済ませましょう。

  • 転職によって改善したいことを明確にする
  • 自己分析を徹底し強みとスキルを洗い出す
  • 希望条件は優先順位をつけて決める
  • 転職サイトやエージェントに登録をする

転職により改善したいことを明確にしたうえで自己分析を行い、自分自身の強みとスキルを洗い出しておきましょう。

また、転職先に希望する条件は優先順位をつけておくとスムーズに転職活動を進められます。

また、転職サイトやエージェントを利用すれば効率的に転職活動を進められます。

転職によって改善したいことを明確にする

転職を成功させるためには、転職によって何を改善したいのかを明確にする必要があります。

まずは業務内容や人間関係など現状の何が不満なのかをはじめ、転職をして何を改善したいのか洗い出しましょう。

転職により改善したいことを明確にしておけば、今の自分が抱えている問題点を改善できる環境の転職先が見つかりやすくなります。

また、転職理由や転職の目的は面接時に尋ねられるケースがあるため、企業側へ自分の転職に向けたビジョンを的確に伝える準備にもつながります。

履歴書や職務経歴書に記載する内容や面接での受け答えにも関わるため、転職に何を求めているのかを自分の中で整理しておきましょう。

自己分析を徹底し強みとスキルを洗い出す

仕事を辞める決断をしたらまずは自己分析を徹底し、自分自身の強みとスキルを洗い出しましょう。

明確な自己分析を行うと、どのような職場や仕事が自分に向いているかを把握できます。

また、過去の経験や現在の職場で学んだことなどを通じて、達成したことや成果、困難を乗り越えた経験なども思い出してみてください。

仕事中の自分自身を振り返ると自分自身の特徴や強みをはじめ、成長できるポイントを整理できます。

自己分析を通じて今後のキャリアプランや方向性をあらかじめ定めておけば、転職を成功させるまでの道筋も明確になります。

自分にぴったりな転職先を見つけるためにも、まずは詳細な自己分析を行い自分自身を見つめ直しましょう。

参考:京のまち企業訪問 就職お役立ちコラム 【自己分析】“自己”を“分析”する方法を知ろう https://kigyo.city.kyoto.lg.jp/(204-6-11)

希望条件は優先順位をつけて決める

転職先に希望する条件は優先順位をつけて決めることも重要です。

希望条件が多すぎると転職先の選択肢を自ら狭めてしまい、閲覧可能な求人が限られてしまいます。

なかなか転職先が決まらない方の中には希望条件が多すぎるケースもあるため、一度見直しを行いましょう。

まずは待遇や給与面など転職先に求めるポイントを洗い出し、絶対に譲れない条件と妥協できる条件に分けてみてください。

優先順位をつけることで柔軟な求人探しが進められるため、希望を絞っているときよりも多くの求人に目を通せます。

思わぬポジションや企業の募集を見つけられる機会も増やせるため、理想の職場に出会える確率も高まるでしょう。

転職サイトやエージェントに登録をする

仕事を辞める決断をしたらまず転職サイトやエージェントに登録しておきましょう。

転職サイトや転職エージェントは求人情報の閲覧をはじめとするさまざまな転職活動のサポートが受けられるサービスです。

転職サイトには多数の企業が求人を掲載しているため、自分の希望条件を選択して検索すればマッチ度の高い求人をチェックできます。

また、転職エージェントでは一人ひとりの希望条件を考慮した求人提案を受けられるほか、書類の添削や面接対策を受けられるサイトもあります。

特に転職エージェントは専用のキャリアアドバイザーによる求人紹介や企業との交渉などのサポートを受けられるため、在職中の方も便利です。

市場にはさまざまな転職サイトや転職エージェントがあるため、自分自身が利用しやすいサービスを選び効率的に転職活動を進めましょう。

仕事を辞めたい人におすすめの転職サイトや転職エージェント

転職サイト求人数強みターゲット層
リクルートエージェント約40万6,000件キャリアアドバイザーによるサポートすべての方
doda(デューダ)約24万8,000件キャリアアドバイザーによるサポートすべての方
リクルートダイレクトスカウト約32万4,000件ダイレクトスカウトシステムによる企業とのコンタクトハイクラス転職希望者
ビズリーチ約10万7,000件企業との直接コンタクトが可能ハイクラス転職希望者
キャリアスタート約1,000件(未経験OKのみ、その他情報記載なし)キャリアアドバイザーによるサポート新卒、第二新卒の若手転職希望者

出典:株式会社リクルート 【公式】リクルートエージェント https://www.r-agent.com/ (2024-6-11)
出典:パーソルキャリア株式会社 【公式】doda https://doda.jp/ (2024-6-11)
出典:株式会社リクルート 【公式】リクルートダイレクトスカウト https://directscout.recruit.co.jp/ (2024-6-11)
出典:株式会社ビズリーチ 【公式】BIZREACH https://www.bizreach.jp/ (2024-6-11)
出典:キャリアスタート株式会社 【公式】キャリアスタート https://careerstart.co.jp/ (2024-6-11)

リクルートエージェント

ルクルートエージェント バナー

リクルートエージェントでは一人ひとりの希望に合わせた求人紹介をはじめ、面接対策や書類添削、企業との条件交渉までの総合的なサポートが受けられます。

求人情報は業界最多の約36万件を保有し、自分の希望条件に合った職場が見つかる可能性も高まるでしょう。

転職に関する不安や悩みは常にキャリアアドバイザーへ相談できるため、初めて転職活動を行う方や未経験業種への転職希望の方も安心です。

出典:株式会社リクルート 【公式】リクルートエージェント https://www.r-agent.com/ (2024-6-11)

doda(デューダ)

doda 公式サイト

dodaは専任のキャリアアドバイザーが約24万件の保有求人の中から一人ひとりの希望に合わせた求人紹介を行います。

また、求人検索機能も充実しており、在宅ワークやリモートワークの有無、年間休日日数や育休取得実績などの希望条件を踏まえた求人検索も可能です。

求人紹介と求人検索の併用でより効率的に転職活動を進められるでしょう。

出典:パーソルキャリア株式会社 【公式】doda https://doda.jp/ (2024-6-11)

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト バナー

リクルートダイレクトスカウトは年収800万円から2,000万円の求人を多数取り揃えており、ハイクラス転職やキャリアアップを目指す方におすすめのサービスです。

また、ダイレクトスカウトシステムを採用しているため、企業の担当者から直接スカウトを受け取ることも可能です。

経験や能力、希望条件などを選んでレジュメを完成させておくだけで企業から連絡を受けられるほか、自分自身を企業に推薦してもらうこともできます。

出典:株式会社リクルート 【公式】リクルートダイレクトスカウト https://directscout.recruit.co.jp/ (2024-6-11)

ビズリーチ

ビズリーチ公式

ビズリーチは掲載求人の三分の一以上が年収1,000万以上で、管理職や専門職、次世代リーダー、グローバル人材などの即戦力やハイクラス人材に特化しています。

企業と直接コンタクトが取れるため、効率的に転職活動したい方やスカウトにより自身の市場価値を測りたい方にぴったりのサービスです。

また、転職のプロフェッショナルであるヘッドハンターが約 6,200人登録されており、ヘッドハンターへの転職相談も行えます。

出典:株式会社ビズリーチ 【公式】BIZREACH https://www.bizreach.jp/ (2024-6-11)

キャリアスタート

キャリアスタートは新卒、第二新卒などの若手の転職をメインにしているサービスで、キャリアアドバイザーによるマンツーマンのサポートが受けられます。

未経験OKの求人も1,000件以上掲載されているため、キャリアに不安がある方もキャリアアドバイザーと相談しながら転職活動を進められるでしょう。

履歴書の添削や面接練習はもちろん、内定後は企業との条件交渉や入社日の調整まで手厚いサポートが受けられます。

出典:キャリアスタート株式会社 【公式】キャリアスタート https://careerstart.co.jp/ (2024-6-11)

円満退職に向けての流れ

スムーズな退職につなげるためには円満退職に向けての流れを把握しておくことが大切です。

  • 退職の意思を上司に伝え退職届を提出
  • 業務の引継ぎや社外へあいさつをする
  • 返却物や受け取るものを確認する

まずは上司に退職の意思を伝えて退職届を提出します。

その後は業務の引き継ぎや社外へのあいさつなどを済ませ、職場に返却すべき物や受け取るものを確認しておきましょう。

退職の意思を上司に伝え退職届を提出

まずは退職の意思を上司に伝えて退職届を提出しましょう。一般的には1か月〜2か月前までに伝えることが推奨されています。

  • 他にやりたいことができた
  • 私生活の関係で遠方に引っ越しをすることになった
  • 元々興味を持っていた企業で働けることになった

など、なるべく前向きな退職理由を伝えるとよい印象のまま職場を離れられます。

また、前向きな退職理由により「退職後にやること」が決まっている場合には引き止められることも少なくなるでしょう。

もしも引き止めにあったときは、「どうしても退職してやりたいことがある」「退職しなければ次のステップに進めない」などの気持ちを強く伝えましょう。

上司に退職の意思を伝えたあとは退職願を作成して提出します。

  • 無地の便箋と封筒を用意する
  • 自己都合退職の場合は「一身上の都合」と記入
  • 退職日、届出年月日、宛名を記入して封をする

会社により退職届のフォーマットが用意されている場合もあるため、一度人事に確認してみてください。

参考:マイナビ転職 「退職願い・退職届の書き方・渡し方」https://tenshoku.mynavi.jp/ (2024-6-11)

業務の引継ぎや社外へあいさつをする

会社に退職の意思を伝えたあとは業務の引き継ぎや社外へのあいさつへ進みましょう。

引継ぎには時間がかかるためなるべく余裕を持ったスケジュールを組み、後任者が困らないようにマニュアルを作成しておくと安心です。

後任者が決定している場合には業務の合間を利用して担当業務についての説明や引き継ぎ事項などを直接伝える機会を設けておくと効率的です。

また、取り引き先やお世話になった社外の方々には退職する旨とあわせて後任者の名前や連絡先を伝えておきましょう。

引き継ぎをきちんとしておかないと後任者や取引先にも迷惑がかかるため、退職予定日の1か月前くらいから取り掛かり確実に済ませておきましょう。

返却物や受け取るものを確認する

業務の引き継ぎや社外へのあいさつの合間に、職場に返却しなければならないものや受け取るものを確認しましょう。

職場への返却物

  • 健康保険被保険者証
  • 会社から貸与されていた身分証
  • 会社で使用していた備品

業務用のスマートフォンや文房具、制服など会社から支給されていたものをリストアップしておくと安心です。

職場から受け取るもの

  • 雇用保険被保険者(転職先への提出や失業手当の給付手続きに必要)
  • 源泉徴収票(転職先への提出や確定申告に必要)
  • 退職証明書(転職先への提出や失業手当の給付手続きに必要)

また、職場から受け取るものは転職先への提出が必要だったり失業手当の給付手続きに必要な書類が大半であるため、受け取り漏れがないよう注意しましょう。

円満に退職するにはタイミングも大事

円満に退職するには退職するタイミングが大切です。

円満退職をするために考慮すべきタイミング

  • 仕事の繁忙期は避ける
  • 業務が一区切りしたとき
  • 組織の変更や人事異動の前

仕事の繁忙期に退職すると人手が足りなくなりとても迷惑がかかるため、業務がひと段落したタイミングに退職時期を合わせましょう。

また、組織の変更や人事異動によりフロアの移動や引き継ぎ作業で忙しくなる組織変更や人事異動の時期も避けておいたほうが無難です。

仕事をすぐに辞めたくなる人の特徴5選

仕事をすぐに辞めたくなる人には共通した5つの特徴があります。

  • 我慢や辛抱が苦手
  • 飽きっぽい
  • 人間関係を築くことが苦手
  • 目標がなくやりたいことがわからない
  • 向上心が強い

我慢や辛抱が苦手な方や飽きっぽい方をはじめ、コミュニケーションが取りにくい方は職場で過ごしにくいと感じやすくなるでしょう。

また、目標もなく仕事をしている方や向上心が強すぎる方も「辞めたい」と感じやすい傾向があります。

我慢や辛抱が苦手

あらゆる我慢や辛抱が苦手な方は「仕事を辞めたい」と感じやすくなるでしょう。

仕事をしている方は人間関係や給料など、大なり小なりの不満を抱えながら働いています。

また、理不尽な指示や納得のいかない出来事を経験することもあるでしょう。

「仕事だから仕方ない」と我慢をしたり割り切れると同じ職場で長く続けられますが、我慢や辛抱が苦手な方はそうはいきません。

我慢ができない方はほんの些細な出来事でも大きなストレスを感じ、「辞めたい」という気持ちが大きくなりやすいでしょう。

仕事のやりがいや喜びよりも大変さに目を向けがちになるため、マイナス面を考える機会が多くなり「辞める」という決断につながりやすくなります。

飽きっぽい

飽きっぽい方も長く仕事を続けることが難しいでしょう。

一般的な会社では自分が担当する仕事を数か月から数年の間、しばらく続ける必要があります。

業務を始めたばかりの頃は仕事を覚えることに必死になりますが、慣れてくると段々自分の仕事に飽きてくる場合もあります。

特に同じことの繰り返しを行う単純作業や誰でもできてしまうような難易度の低い作業だと「つまらない」と感じやすくなるでしょう。

仕事をつまらない、面白くないと感じ始めると会社に行くことが面倒になったり「辞めたい」という気持ちにつながる場合もあります。

自分の仕事と比べたときに面白そうな業務を行っている他の会社に目移りしやすくもなるため、「転職したい」という気持ちにもつながりやすくなるでしょう。

人間関係を築くことが苦手

人間関係を築くことが苦手な方も「仕事を辞めたい」と感じる機会が多くなるでしょう。

仕事は一人で行うものではないため、職場の方や取引先とのコミュニケーションが不可欠です。

「なるべく話さないで仕事をしたい」という気持ちで仕事に取り組んでいると、上司や同僚との連携がうまくいかず業務に支障が出るケースもあります。

また、取引先とのコミュニケーションにより信頼関係を失ったり思わぬクレームにつながり、自分が働いている会社の評判を落とすこともあります。

人間関係を築くことが苦手な方は仕事中に不自由さや居づらさを感じる場面も多くなるため、「辞めたい」という気持ちが次第に強くなるでしょう。

コミュニケーションにストレスを感じる方は、人との関わりが少ない仕事への転職を検討することも一つの手段です。

目標がなくやりたいことがわからない

目標がなくやりたいことがわからない方も仕事をすぐに辞めたくなる機会が多くなるでしょう。

やりたいことがわからないまま何となく就職すると、入社後にやりがいを感じられなかったり業務が自分に合わないことが原因で苦痛を感じる場合があります。

また「他の会社で働いた方が自分に合うかもしれない」という漠然とした気持ちで何度も転職を繰り返すケースもあります。

目標ややりたいことがないまま働き続けると常に自分に合う働き方を探してしまうため、同じ会社で長く続けることは難しくなるでしょう。

短期間で会社を転々としていると仕事の達成感を感じられず、経験やスキルも身につきにくくなります。

向上心が強い

意外に思われる方もいるかもしれませんが、向上心が強い場合も仕事を辞めたいと感じやすくなります。

職場にはさまざまな能力や性格の方が入り混じっているため、一生懸命仕事に取り組む方がいればある程度のラインで妥協しながら仕事をしている方もいるでしょう。

そのため、向上心が強い方は自分と上司や同僚を比べて「周りのやる気がなさすぎる」「周りのモチベーションが低すぎる」と考えてしまう場合があります。

周囲へのストレスが苛立ちが溜まり続けると「ここにいても自分自身が成長できない」と結論づけて退職や転職を考えるようになるでしょう。

向上心が強い方は自分と周囲に同じレベルの能力やモチベーションを求める傾向があるため、納得できる職場環境でなければ転職を考えやすくなります。

仕事を辞めたい|まとめ

仕事を辞めたいと感じたときには、「なぜ辞めたいのか」を考えながら心身のリフレッシュを図ることも大切です。

ただし、仕事のストレスで体調を崩していたりハラスメントが横行している環境の場合にはすぐに仕事を辞めることも視野に入れましょう。

円満退職に向けて仕事を辞めるタイミングも見計らいながら、転職サイトや転職エージェントを活用して効率的に転職活動を進めてみてください。

SFAは活用されてこそ意味がある

ページ先頭へ戻る